360度春!イタリア・プラロルモのチューリップ祭りに参加♪

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)へGO!

プラロルモはピエモンテ州の小都市。毎年咲き誇るチューリップ畑が有名で、期間中はテレビや雑誌でもたくさん紹介されます。「私もいつか行ってみたい!」思い切ってレンタカーでプラロルモへ行ってまいりました。

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)とは!?

おすすめのポイント
  1. 古城とお花畑の絶妙コラボにうっとり出来る点
  2. 春の花が咲き誇るヨーロッパの庭園を生で見学出来る点
  3. 街の人たちと交流しながら地元産グルメをチェックできる点

プラロルモのチューリップ祭は、正式名称を「メッセル・トゥリパーノ(Messer Tulipano)」といいます。街のシンボル「プラロルモ城(Castello di Pralormo)」で3月下旬から5月上旬にかけて行われるイベントは、北イタリアに春の訪れを告げる素敵なイベント!古城とお花畑の共演や、可愛らしい庭園、地元の特産品販売所などを、のんびりとした雰囲気の中で味わうことができます。

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)の見所

プラロルモ城に咲き誇る満開のチューリップ

プラロルモのチューリップ祭では、75,000以上もの花々が、私たちを出迎えてくれます。メインはチューリップ。…といっても、普段私たちがよく見るチューリップはごくわずか。見たこともないような色、形をしたものもたくさん咲いているので、1つ1つ愛でながら「これ、チューリップかなぁ?」なんて語らうだけでも、春を満喫できます。イタリア語(英語)が分かる方は、花壇や木の幹に添えられた説明板もあわせてチェック!さらに花々への理解が深まることと思います。

プラロルモ城の見事なヨーロピアンガーデン

プラロルモ城の起源は13世紀にまで遡るそう。長い歴史の中で、その時々の城主によって増築や改築が繰り返され、何百年もの間、美しい姿が保たれています。特に1800年代に城のオーナーだったプラロルモ伯爵が、ヨーロッパ諸国の腕の立つ庭師たちに依頼し、庭園はイタリアじゅうをくぎ付けにする大変美しいものとなりました。イングリッシュガーデンならぬ?!イタリアンガーデン。自宅のガーデニングにも役立ちそうなレシピが見つかるかもしれません。

日本では見られないプラロルモの草花に興味深々

園内には珍しい色、形のチューリップのみならず、珍しい春の花もたくさん咲いていました。特に興味深かったのが、スイセン。日本でよく見る「白×黄」のニホンズイセンとは違い、ヨーロッパ原産のキズイセンがたくさん咲いていて、見ているだけで「イタリアに来たぞー!」という気持ちが高まりました。私は、残念ながら、あまり花に詳しくないのですが、花が好きな方は、もっともっと日本とイタリアの植生の違いを楽しめることと思います。

プラロルモのご当地グルメ&地元の人との素敵な交流

イベント期間中は庭園内の入口付近にテント小屋が並び、地元の人たちがチーズや卵、スパイスなどを売っていました。いわるゆ日本の朝市や直売所のようなものでしょうか…。店員さんはご高齢の方が中心の為、イタリア語しかできない方がほとんど。言葉が通じないことも何度もありましたが、それでもお互いニコニコしているだけで心が通い合い、とてもあたたかな気持ちになりました。テントには、ジェラート等のその場で楽しめるグルメもあるので是非立ち寄ってみてください。

プラロルモ城でさらにイタリア旅行気分を味わえます

イベント期間中はなんとプラロルモ城の中を見学することもできます。古城めぐりが好きな方にはもってこい。豪華絢爛なシャンデリアやカトラリー、調度品は、まるで絵本の中のヨーロッパのお姫様たちの世界を思い出します。イベントへの入場料の他に、お城へ入るための入場料が必要なのですが、イベント参加者は1ユーロの割引が適用されます。せっかくの機会なのでぜひ、時間に余裕がある方はセットで行ってみてはいかがでしょうか?

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)の食

プラロルモを含むピエモンテ州は、農業や酪農業が盛んな州。特にお米、牛乳やチーズ等は、イタリア全土で親しまれています。さすが卵や牛乳、お野菜といったものはお土産にするのは難しそう…。ということで、旅の思い出にもぴったりの「花」にまつわるアイテムをチェックしてみてはいかがでしょうか。会場には地元産のハーブティ。ピエモンテ米や郷土菓子にエディブルフラワーを混ぜた製品などがあり、見た目も華やかでした。是非立ち寄ってみてください。

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)持ち物

「花の図鑑」
チューリップ祭の会場内には、花壇や木の幹にイタリア語(ものによっては英語も併記有)の説明板があります。しかし、異国の言葉は1つ1つ読み進めるのが大変!もし花が好きで「せっかくなので今日見た花たちの理解をさらに深めたい!」という方は、日本から図鑑を持っていくと、その場でも帰国後もさらに楽しめるかもしれません。会場には花好きの外国人もたくさん!日本語で書かれた図鑑は、異文化交流のきっかけとしてもお役立ちです。

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)注意点

「他の方とすれ違ったら笑顔でボンジョルノ!」
庭園内にはイタリア国内外からたくさんの人たちが、春の訪れを一目見ようとやってきます。すれ違いざまに向こうから「ボンジョルノ!」「コンニチハ!」なんて挨拶されることもしばしば。そんな時はもちろん、挨拶を返してあげてください。イタリアでは街でも店でも、人と会ったら挨拶をするのはマナー。出来たら積極的にこちらからも「ハロー!」「ボンジョルノ!」と挨拶をしましょう。

まとめ

これまで大都市ばかり旅行していた私は最初、小さな街を旅することが少し不安でしたが、プラロルモへ行ってみると想像以上に見どころがたくさん!イタリアの小さな街の魅力にすっかり魅せられてしまいました。最近ではNHKで放送している「小さな村の物語」を見ては、次に行く場所を決めるまでに…。プラロルモはピエモンテ州の州都トリノから、レンタカーで1時間ほどで行くことができます。是非、春に北イタリア旅行を計画されている方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. サンフランスコに行ったついでにバンクーバーの友人にも会いに行こう| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記サンフランシスコの他にもバンクーバーに友人が住んでいて、せっかくなので途中…
  2. ケアンズ旅行体験記寒い冬の季節、どこか暖かい南国に出かけたい気持ちになった事はありませんか?今回…
  3. キューケンホフ旅行体験記一生に一度、チューリップが咲き誇る時期にオランダに行ってみたいと思ってい…
  4. ポルト旅行体験記このポルトガル旅行でポルトの街に行こうと思った理由ですが、ソムリエの資格を取った…
  5. カンクン旅行体験記日本でも有名なリゾート地で、ハネムーンに人気のカンクン。カンクンは見所が盛り沢…
  6. モロッコのもう一つの青の町・エッサウィラがかわいすぎる!| トラベルダイアリー
    エッサウィラ旅行体験記エッサウィラという名前も聞いたことがなかったけど、せっかく遠いモロッコまで…
  7. 日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力 | トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記年末年始休暇を使ってロシアのウラジオストクに一人旅をしてきました。マイナ…
  8. 女子一人旅 in ペルー ついに南米へ!インカ帝国を感じるクスコ| トラベルダイアリー
    クスコ旅行体験記キレイで快適なヨーロッパを後にして次に向かったのは南米、ペルー。もちろんメインは…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れグアムの旅② ~グルメ編~ | トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…
  10. 優しい笑顔と色彩の街!クロアチアの首都ザグレブ旅行★| トラベルダイアリー
    ザグレブ旅行体験記旅行好きの祖母のススメで、生まれて初めてクロアチア周遊旅行へ行ってきました!数…

国内旅行おすすめ

  1. 宮城旅行体験記私の大好きな場所宮城県。おばあちゃんちが宮城県ということもあって小さいころから度々…
  2. こんぴらさん参拝旅行体験記「一度はこんぴらさんにお参りしてみたい!」母からのリクエストを受け…
  3. ~祝!世界遺産登録“三保松原”~絶景富士山&絶品苺で静岡を満喫♪ | トラベルダイアリー
    三保松原&いちご狩り旅行体験記2020年2月三保松原と久能石垣いちご狩りへ行ってきました。天女の…
  4. 仙台旅行体験記 旅行の行き先がなかなか決まらず、航空券をチェックしていると、ふと仙台…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  6. 伊勢旅行体験記 名古屋から日帰り旅行で行ける場所を…と思い探していたら、お伊勢さんが…
  7. 宮島旅行体験記「週末、行きますか」「どこ行こうか」「…広島とか?」親しい同僚と、いつもこんな…
  8. 金沢旅行体験記北陸新幹線の開通により、数年前から少しずつ人気上昇中の石川県の県庁所在地、金沢へ……
  9. 人吉旅行体験記JR九州の観光列車「かわせみやませみ」に乗ってみたい。その衝動だけで乗車券を購…
  10. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP