360度春!イタリア・プラロルモのチューリップ祭りに参加♪

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)へGO!

プラロルモはピエモンテ州の小都市。毎年咲き誇るチューリップ畑が有名で、期間中はテレビや雑誌でもたくさん紹介されます。「私もいつか行ってみたい!」思い切ってレンタカーでプラロルモへ行ってまいりました。

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)とは!?

おすすめのポイント
  1. 古城とお花畑の絶妙コラボにうっとり出来る点
  2. 春の花が咲き誇るヨーロッパの庭園を生で見学出来る点
  3. 街の人たちと交流しながら地元産グルメをチェックできる点

プラロルモのチューリップ祭は、正式名称を「メッセル・トゥリパーノ(Messer Tulipano)」といいます。街のシンボル「プラロルモ城(Castello di Pralormo)」で3月下旬から5月上旬にかけて行われるイベントは、北イタリアに春の訪れを告げる素敵なイベント!古城とお花畑の共演や、可愛らしい庭園、地元の特産品販売所などを、のんびりとした雰囲気の中で味わうことができます。

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)の見所

プラロルモ城に咲き誇る満開のチューリップ

プラロルモのチューリップ祭では、75,000以上もの花々が、私たちを出迎えてくれます。メインはチューリップ。…といっても、普段私たちがよく見るチューリップはごくわずか。見たこともないような色、形をしたものもたくさん咲いているので、1つ1つ愛でながら「これ、チューリップかなぁ?」なんて語らうだけでも、春を満喫できます。イタリア語(英語)が分かる方は、花壇や木の幹に添えられた説明板もあわせてチェック!さらに花々への理解が深まることと思います。

プラロルモ城の見事なヨーロピアンガーデン

プラロルモ城の起源は13世紀にまで遡るそう。長い歴史の中で、その時々の城主によって増築や改築が繰り返され、何百年もの間、美しい姿が保たれています。特に1800年代に城のオーナーだったプラロルモ伯爵が、ヨーロッパ諸国の腕の立つ庭師たちに依頼し、庭園はイタリアじゅうをくぎ付けにする大変美しいものとなりました。イングリッシュガーデンならぬ?!イタリアンガーデン。自宅のガーデニングにも役立ちそうなレシピが見つかるかもしれません。

日本では見られないプラロルモの草花に興味深々

園内には珍しい色、形のチューリップのみならず、珍しい春の花もたくさん咲いていました。特に興味深かったのが、スイセン。日本でよく見る「白×黄」のニホンズイセンとは違い、ヨーロッパ原産のキズイセンがたくさん咲いていて、見ているだけで「イタリアに来たぞー!」という気持ちが高まりました。私は、残念ながら、あまり花に詳しくないのですが、花が好きな方は、もっともっと日本とイタリアの植生の違いを楽しめることと思います。

プラロルモのご当地グルメ&地元の人との素敵な交流

イベント期間中は庭園内の入口付近にテント小屋が並び、地元の人たちがチーズや卵、スパイスなどを売っていました。いわるゆ日本の朝市や直売所のようなものでしょうか…。店員さんはご高齢の方が中心の為、イタリア語しかできない方がほとんど。言葉が通じないことも何度もありましたが、それでもお互いニコニコしているだけで心が通い合い、とてもあたたかな気持ちになりました。テントには、ジェラート等のその場で楽しめるグルメもあるので是非立ち寄ってみてください。

プラロルモ城でさらにイタリア旅行気分を味わえます

イベント期間中はなんとプラロルモ城の中を見学することもできます。古城めぐりが好きな方にはもってこい。豪華絢爛なシャンデリアやカトラリー、調度品は、まるで絵本の中のヨーロッパのお姫様たちの世界を思い出します。イベントへの入場料の他に、お城へ入るための入場料が必要なのですが、イベント参加者は1ユーロの割引が適用されます。せっかくの機会なのでぜひ、時間に余裕がある方はセットで行ってみてはいかがでしょうか?

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)の食

プラロルモを含むピエモンテ州は、農業や酪農業が盛んな州。特にお米、牛乳やチーズ等は、イタリア全土で親しまれています。さすが卵や牛乳、お野菜といったものはお土産にするのは難しそう…。ということで、旅の思い出にもぴったりの「花」にまつわるアイテムをチェックしてみてはいかがでしょうか。会場には地元産のハーブティ。ピエモンテ米や郷土菓子にエディブルフラワーを混ぜた製品などがあり、見た目も華やかでした。是非立ち寄ってみてください。

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)持ち物

「花の図鑑」
チューリップ祭の会場内には、花壇や木の幹にイタリア語(ものによっては英語も併記有)の説明板があります。しかし、異国の言葉は1つ1つ読み進めるのが大変!もし花が好きで「せっかくなので今日見た花たちの理解をさらに深めたい!」という方は、日本から図鑑を持っていくと、その場でも帰国後もさらに楽しめるかもしれません。会場には花好きの外国人もたくさん!日本語で書かれた図鑑は、異文化交流のきっかけとしてもお役立ちです。

プラロルモ チューリップ祭(Messer Tulipano)注意点

「他の方とすれ違ったら笑顔でボンジョルノ!」
庭園内にはイタリア国内外からたくさんの人たちが、春の訪れを一目見ようとやってきます。すれ違いざまに向こうから「ボンジョルノ!」「コンニチハ!」なんて挨拶されることもしばしば。そんな時はもちろん、挨拶を返してあげてください。イタリアでは街でも店でも、人と会ったら挨拶をするのはマナー。出来たら積極的にこちらからも「ハロー!」「ボンジョルノ!」と挨拶をしましょう。

まとめ

これまで大都市ばかり旅行していた私は最初、小さな街を旅することが少し不安でしたが、プラロルモへ行ってみると想像以上に見どころがたくさん!イタリアの小さな街の魅力にすっかり魅せられてしまいました。最近ではNHKで放送している「小さな村の物語」を見ては、次に行く場所を決めるまでに…。プラロルモはピエモンテ州の州都トリノから、レンタカーで1時間ほどで行くことができます。是非、春に北イタリア旅行を計画されている方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ラップランドのリゾート地サーリセルカで雪遊びを楽しみつくす!| トラベルダイアリー
    サーリセルカ旅行体験記サーリセルカはラップランドと呼ばれ、フィンランド北部地方の中でも最も北に位…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ネゴンボ旅行体験記スリランカは「インド洋の真珠」とも呼ばれ、豊かな自然に囲まれた美しい島国です。…
  4. インドへ行ってみて分かったこと。初めてのデリー1人旅、3泊4日| トラベルダイアリー
    デリー旅行体験記旅行者の「聖地」インド。旅行好きを語るからにはインドを避けては通れません。たまた…
  5. 【人気観光地】海!自然たっぷり!絶景!ゴールドコーストの旅| トラベルダイアリー
    ゴールドコースト旅行体験記私は以前オーストラリアのブリスベンに住んでいて、ゴールドコーストからは…
  6. 人生に一度じゃ勿体ない!もう一度行きたくなるニューヨークの街| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記「一度は行ってみたい!」と旅だった先は、大都市ニューヨーク。一度行けば満足…
  7. ローザンヌ旅行記日本でのオリンピック開催をきっかけに、行きたい気持ちが強烈に高まった「オリンピッ…
  8. ブリスベン旅行体験記2016年、当時オーストラリアに住んでいた姉を訪ね初めてのブリスベンへ。自然…
  9. ポルトガル人に聞いた!絶対に行ってほしい港町ポルト!ポルトガルの友人達にオススメの旅行先を聞いた…
  10. ホイアン旅行体験記 ベトナム中部の小さな街ホイアンでゆっくりのんびり過ごす、癒しの女…

国内旅行おすすめ

  1. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  2. 鹿児島旅行体験記九州地方の最南端となる鹿児島県!沖縄までは飛行機を利用するとフライト時間も長…
  3. 石川・加賀の山中温泉~情緒溢れる温泉街を自転車で~| トラベルダイアリー
    加賀旅行体験記加賀には、自然あふれる散歩コースがたくさんあると聞き、非日常な雰囲気を味わえると思…
  4. 日本の美しさを。北陸 石川県「金沢」を感じる癒しの旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記日本庭園が好きで、日本三名園である金沢の兼六園に以前から行ってみたいと思っていたの…
  5. 下関旅行体験記 私が住む福岡から新幹線でたった30分ほどで行ける山口県。関東の友…
  6. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  7. 白浜旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神を観光。次なる目的地は「南紀・白…
  8. 不要な縁は切りたい!過去の思い出に京都の縁切り神社でさようなら| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記転職をしようと決めた。会社に今後の進退を報告する書類を出した所、引き留めるために何…
  9. Dlofre's Campus日帰り旅体験記休日にカフェを新規開拓するべく訪れた「Dlofre'…
  10. 1泊2日をエキサイティングに楽しむには淡路島で決まり!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記淡路島は山の自然と海の自然の両方が楽しめる、観光には非常におすすめのスポットです…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP