突撃、イタリアの夜ごはん!日本と異なるディナー事情とは!?

イタリア人の夜ごはんについて徹底解説します!

毎日のディナータイムは一日を締めくくる、最高のひとときですよね。遠く離れたイタリアでは、どんなものを食べているのか!イタリアが大好きな私が、滞在経験などを踏まえて日本との違いをご紹介します♡

イタリア人の夜ごはんとは、いったいどのようなもの!?

イタリア人にとって夜ごはんとは
  1. しっかり食べて、明日への活力にするもの。
  2. 普段の夜ごはんは自炊派が多めです。
  3. 役割分担なし!男性も女性も積極的に作ります。

イタリア人たちにとってディナーはしっかり食べて、明日への活力をつけるもの。多くの人が割と、おざなりにせずに1回1回を大切にしています。一人暮らしの大学生や社会人なども、自炊派が多めな点も特長。また、ファミリー世帯では「先に帰ってきた方が作る!」といった意見が多く、男女関係なく皆が助け合いながら「楽しい食卓を囲む」という同じ目標に向かっている点に好感が持てます。

イタリア人の夜ごはん、チェックポイント5選

なんでもない日は家ごはんが多め。

日本では「疲れたし、今日外で食べて帰ろうか!」なんてコト、よくありますよね?しかし、イタリア人の多くは「レストランはハレの日に行くところ」という考えの人が多く、基本的には皆さん普段は家に帰って自宅で料理を作ります。日本のように安くて美味しいレストランが少ない…というのも理由のひとつですが、家で食べた方が体に良いものがとれる!という点から、家での食事を大切にしている人も多いです。

夜ごはんはとにかく遅めスタート。

イタリア人は夜ごはんのスタートが結構遅め。レストランも20時半頃から始まるところはザラにあります。私個人も、以前イタリア人の家に招かれた際、19時集合だったのですが、初めに街を案内され、その後「さあ、食材を買おうか!」とスーパーへ行き、結局食べ始めたのは21時過ぎでした。ランチを食べ始める時間も遅い(だいたい13時頃から食べ始めます)為、自然と夜ごはんも遅くなってしまうそう。サッカーの試合など、人気番組(いわゆるゴールデンタイム)も、イタリアでは21時頃からスタートします。

夜ごはんまでの中継ぎ投手、アペリティーヴォ。

Aperitivoはいわゆる、ハッピーアワーのような存在。お酒(ドリンク)一杯と、カウンターに並んだお料理取り放題で、10ユーロ前後で楽しめるものです。最近では本当に様々なスタイルの店が増えており、お酒が飲めない方にも、夜ごはん代わりにある程度、食事をしっかり食べたい方にも大満足できるようなお店が増えてきました。イタリア人たちは仕事や学校の後にお喋りをしたい日は、18時頃からここで気の置けない仲間たちと食べて飲んで、家に帰り、夜ごはんの準備を始めます。

イタリア人は基本的には毎日イタリア料理をいただきます。

日本人は和食、中華、洋食…毎日様々な国の料理を作って食べます。しかし、これは世界的に見たら、かなり「レア」なのだそう。イタリアに行くと、彼らは基本的には自国の料理以外、積極的に食べません。結構食には保守的なイタリア人。街に繰り出しても大都市を除いて、イタリア料理以外の店はあまり出店しておらず、外国資本有名店などもイタリア進出はかなり苦戦すると言われています。

イタリアのレストランでは花売りにご注意。

イタリアでは外で夜ごはんを食べていると、花売りや流しのギター弾きなどが席に近づいてくることがあります。全てが全てではないですが、これらの人たちが来たら念のためご用心。お花を配ったのち、高額請求をしたり、お花や音楽に気を取られている間に別の仲間に財布を盗まれてしまったりするケースがあります。一応イタリア国内では取り締まりが強化されていますが、まだまだ街にはたくさんいます。特に日本人は、優しくて穏やかな性格の人が多い為ターゲットにされがち。近づいてきても毅然とした態度で断りましょう。

イタリア人の夜ごはん、見逃せないポイントとは

イタリアのレストラン、実は種類がたくさんあります。

日本でも「割烹」「居酒屋」といった風に、業態毎に異なる呼び名がありますが、イタリアにもレストランにまつわる言葉がたくさんあります。「トラットリア」「オステリア」「タヴェルナ」等々。正直、決まった定義がないため、あまり深く考える必要はないのですが、ざっくりと言うと「リストランテ(Ristorante)」だけは少しだけ敷居の高い場所であることが多いです。イタリアの飲食店は、店の前やホームページにメニューを載せている店も多いので、それらも参考にしつつ目的に合わせてお店選びをしてみてください。

イタリア人の夜ごはん、お役立ちグッズとは

「Google Maps」
日本では食べログなどの口コミサイトを使ってレストランを検索をする人が多いと思います。イタリアにも同じようなアプリはあるのですが、割と利用者が多くて、信頼性も高いのが「Google Maps」です。見ず知らずの土地で、急にレストラン難民になってしまった時にお役立ち。口コミのコメントの内容はわからなくとも、★の数や口コミの数などを参考に選ぶと、そこまで大外しすることはないでしょう。

イタリア人の夜ごはんで注意点するべき点とは

「月曜定休日(Lunedì Chiuso)」
一昔前はカトリック教徒らしく、どの店も日曜休みとするレストランばかりでした。しかし、昨今の国内の経済状況や観光客誘致などの流れを受け、だんだんと「日曜営業、月曜休み」とするレストランが増えてきました。せっかく楽しみにしていたディナー。「行ったらお店がやってなかった!」なんて、ちょっとガッカリですよね。是非お店の営業時間にはお気をつけください。

まとめ

実は自炊する人の多いイタリア人。多くはマンマ(お母さん)から料理を教わるそうなのですが、最近ではYouTubeのレシピ動画などから、料理の腕を磨く人も多いそうです。動画は日本でも視聴可能。見ているだけで、なんとなく海外旅行気分が味わるものばかりですので、興味がある方は是非チェックしてみてください!思わずお腹が鳴ってしまうこと、請け合いです♡

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ウルビーノ旅行体験記ラファエロ没後500年迄にどうしても行ってみたかったラファエロ生誕の地ウルビ…
  2. モナコ公国についてモナコ公国といえば世界各国の富裕に人気で、治安が良い国として知られていますよね!も…
  3. 韓国・済州島の芸術とカフェでヒーリングタイム!| トラベルダイアリー
    済州島旅行体験記済州島にある展示会を見に行きたくて、2泊3日で行きました。済州島には電車がありま…
  4. バンコク旅行体験記大学生の頃に初めてバンコクを訪れてからというもの、どっぷりバンコクの魅力にハマっ…
  5. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  6. クアラルンプール 旅行体験記アジアな雰囲気と英国統治時代の歴史を感じられるクアラルンプール。…
  7. ゲント旅行体験記ベルギーはEUの中心でありながら小さな国。アクセスが良くて他の国との周遊の際にも…
  8. マーストリヒト旅行体験記マーストリヒトはオランダの最南端、リンブルグ州の州都でオランダ最古の都市…
  9. サンフランスコに行ったついでにバンクーバーの友人にも会いに行こう| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記サンフランシスコの他にもバンクーバーに友人が住んでいて、せっかくなので途中…
  10. ダナン旅行体験記アジアのリゾートでゆったりのんびりしたい。治安がそこそこ良い、ビーチだけでな…

国内旅行おすすめ

  1. 淡路島旅行体験記小さい頃何度か訪れた淡路島。あれから時は流れ、また新たな観光スポットがたくさ…
  2. 国境の長いトンネルを抜けると…?雪国【湯沢町】は温泉・スキー天国!| トラベルダイアリー
    湯沢旅行体験記2020年冬、大好きなスキーと大好きな温泉を満喫しに、湯沢町に行ってきました。サラ…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  4. 日光旅行体験記日光は自然溢れる栃木県の中でも特に人気の観光地です!東京からの場合は浅草から東武鉄道の…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  6. 小樽旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  7. 博多グルメと糸島ドライブで身も心も満たす! | トラベルダイアリー
    博多旅行体験記最近、徐々に知名度を上げている糸島で、いろんなきれいな写真を撮りたくて福岡旅行を決…
  8. 長州歴史&絶景の旅 …
  9. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…
  10. 長崎旅行続編!〜ハウステンボス&ちょこっと福岡編〜| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記今回は、長崎旅行続編です。前回は、長崎市街を中心に、中華街や出島、眼鏡橋などを訪れ…

最新記事

  1. 初めてのバンコク旅行!定番スポット巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記アジアの中でも人気の観光スポットがたくさんあるバンコク。日本からは4時間半〜6…
  2. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  3. 女子一人旅 in スペイン 黒いマリア様に会いにモンセラットまで| トラベルダイアリー
    モンセラット旅行体験記この日は友人が休みを取ってくれ、モンセラットまでドライブしました。テラ…
  4. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  5. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  6. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  7. 女子一人旅 in スペイン 観光地じゃない街テラッサで素の生活| トラベルダイアリー
    テラッサ旅行体験記泊めてもらった友人が住む街、テラッサ。バルセロナから電車で1時間かからないくら…
  8. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  9. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…
  10. 街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火| トラベルダイアリー
    年越し花火に行ってきました!新年の迎え方は国によって様々で、日本と全く異なる過ごし方に驚くことも…

Archive



PAGE TOP