突撃、イタリアの夜ごはん!日本と異なるディナー事情とは!?

イタリア人の夜ごはんについて徹底解説します!

毎日のディナータイムは一日を締めくくる、最高のひとときですよね。遠く離れたイタリアでは、どんなものを食べているのか!イタリアが大好きな私が、滞在経験などを踏まえて日本との違いをご紹介します♡

イタリア人の夜ごはんとは、いったいどのようなもの!?

イタリア人にとって夜ごはんとは
  1. しっかり食べて、明日への活力にするもの。
  2. 普段の夜ごはんは自炊派が多めです。
  3. 役割分担なし!男性も女性も積極的に作ります。

イタリア人たちにとってディナーはしっかり食べて、明日への活力をつけるもの。多くの人が割と、おざなりにせずに1回1回を大切にしています。一人暮らしの大学生や社会人なども、自炊派が多めな点も特長。また、ファミリー世帯では「先に帰ってきた方が作る!」といった意見が多く、男女関係なく皆が助け合いながら「楽しい食卓を囲む」という同じ目標に向かっている点に好感が持てます。

イタリア人の夜ごはん、チェックポイント5選

なんでもない日は家ごはんが多め。

日本では「疲れたし、今日外で食べて帰ろうか!」なんてコト、よくありますよね?しかし、イタリア人の多くは「レストランはハレの日に行くところ」という考えの人が多く、基本的には皆さん普段は家に帰って自宅で料理を作ります。日本のように安くて美味しいレストランが少ない…というのも理由のひとつですが、家で食べた方が体に良いものがとれる!という点から、家での食事を大切にしている人も多いです。

夜ごはんはとにかく遅めスタート。

イタリア人は夜ごはんのスタートが結構遅め。レストランも20時半頃から始まるところはザラにあります。私個人も、以前イタリア人の家に招かれた際、19時集合だったのですが、初めに街を案内され、その後「さあ、食材を買おうか!」とスーパーへ行き、結局食べ始めたのは21時過ぎでした。ランチを食べ始める時間も遅い(だいたい13時頃から食べ始めます)為、自然と夜ごはんも遅くなってしまうそう。サッカーの試合など、人気番組(いわゆるゴールデンタイム)も、イタリアでは21時頃からスタートします。

夜ごはんまでの中継ぎ投手、アペリティーヴォ。

Aperitivoはいわゆる、ハッピーアワーのような存在。お酒(ドリンク)一杯と、カウンターに並んだお料理取り放題で、10ユーロ前後で楽しめるものです。最近では本当に様々なスタイルの店が増えており、お酒が飲めない方にも、夜ごはん代わりにある程度、食事をしっかり食べたい方にも大満足できるようなお店が増えてきました。イタリア人たちは仕事や学校の後にお喋りをしたい日は、18時頃からここで気の置けない仲間たちと食べて飲んで、家に帰り、夜ごはんの準備を始めます。

イタリア人は基本的には毎日イタリア料理をいただきます。

日本人は和食、中華、洋食…毎日様々な国の料理を作って食べます。しかし、これは世界的に見たら、かなり「レア」なのだそう。イタリアに行くと、彼らは基本的には自国の料理以外、積極的に食べません。結構食には保守的なイタリア人。街に繰り出しても大都市を除いて、イタリア料理以外の店はあまり出店しておらず、外国資本有名店などもイタリア進出はかなり苦戦すると言われています。

イタリアのレストランでは花売りにご注意。

イタリアでは外で夜ごはんを食べていると、花売りや流しのギター弾きなどが席に近づいてくることがあります。全てが全てではないですが、これらの人たちが来たら念のためご用心。お花を配ったのち、高額請求をしたり、お花や音楽に気を取られている間に別の仲間に財布を盗まれてしまったりするケースがあります。一応イタリア国内では取り締まりが強化されていますが、まだまだ街にはたくさんいます。特に日本人は、優しくて穏やかな性格の人が多い為ターゲットにされがち。近づいてきても毅然とした態度で断りましょう。

イタリア人の夜ごはん、見逃せないポイントとは

イタリアのレストラン、実は種類がたくさんあります。

日本でも「割烹」「居酒屋」といった風に、業態毎に異なる呼び名がありますが、イタリアにもレストランにまつわる言葉がたくさんあります。「トラットリア」「オステリア」「タヴェルナ」等々。正直、決まった定義がないため、あまり深く考える必要はないのですが、ざっくりと言うと「リストランテ(Ristorante)」だけは少しだけ敷居の高い場所であることが多いです。イタリアの飲食店は、店の前やホームページにメニューを載せている店も多いので、それらも参考にしつつ目的に合わせてお店選びをしてみてください。

イタリア人の夜ごはん、お役立ちグッズとは

「Google Maps」
日本では食べログなどの口コミサイトを使ってレストランを検索をする人が多いと思います。イタリアにも同じようなアプリはあるのですが、割と利用者が多くて、信頼性も高いのが「Google Maps」です。見ず知らずの土地で、急にレストラン難民になってしまった時にお役立ち。口コミのコメントの内容はわからなくとも、★の数や口コミの数などを参考に選ぶと、そこまで大外しすることはないでしょう。

イタリア人の夜ごはんで注意点するべき点とは

「月曜定休日(Lunedì Chiuso)」
一昔前はカトリック教徒らしく、どの店も日曜休みとするレストランばかりでした。しかし、昨今の国内の経済状況や観光客誘致などの流れを受け、だんだんと「日曜営業、月曜休み」とするレストランが増えてきました。せっかく楽しみにしていたディナー。「行ったらお店がやってなかった!」なんて、ちょっとガッカリですよね。是非お店の営業時間にはお気をつけください。

まとめ

実は自炊する人の多いイタリア人。多くはマンマ(お母さん)から料理を教わるそうなのですが、最近ではYouTubeのレシピ動画などから、料理の腕を磨く人も多いそうです。動画は日本でも視聴可能。見ているだけで、なんとなく海外旅行気分が味わるものばかりですので、興味がある方は是非チェックしてみてください!思わずお腹が鳴ってしまうこと、請け合いです♡

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ハワイウェディングで海とグルメを満喫| トラ
    ハワイ旅行体験記友人の結婚式参列のためにハワイへ行って来ました。お城のような素敵なウェディングチ…
  2. ティンプー旅行体験記プナカから峠を超えてついに首都ティンプーにやってきました。首都だけあり、…
  3. 初心者さんでもオッケー!フランス、ヴァル・トランスでスキー体験| トラベルダイアリー
    ヴァル・トランス旅行体験記海外でスキーをしてみたい!その想いを叶えるべく、春休みを利用して、フラ…
  4. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…
  5. 興味ありから大好きになりました・・・!!UAE・アブダビ編| トラベルダイアリー
    アブダビ旅行体験記UAEドバイ編で申し上げました通り、中東の文化に興味がありました。その中でUA…
  6. ベルリン旅行体験記ドイツ旅行は何度も経験があったものの、なかなか行く機会のなかった首都ベルリン。…
  7. ロンドン旅行体験記ずっと憧れがあって行ってみたかったロンドンですが、どこを切り取っても写真になる…
  8. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  9. ノスタルジックでカワイイ街!クロアチアの首都サグレブ| トラベルダイアリー
    ザグレブ旅行体験記ヨーロッパと言えばフランスやイギリス、イタリアなど観光客に人気の国がたくさんあ…
  10. ネゴンボ旅行体験記スリランカは「インド洋の真珠」とも呼ばれ、豊かな自然に囲まれた美しい島国です。…

国内旅行おすすめ

  1. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  2. こんぴらさん旅行体験記香川県にはこんぴらさんと呼ばれ親しまれる神社があります。このこんぴらさんに…
  3. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…
  4. お城から映えスポットまで。今行きたい〜愛知・犬山〜| トラベルダイアリー
    犬山旅行体験記以前もご紹介した名古屋。東京、大阪からすぐに行ける場所にありますが、今回は、そんな…
  5. 大神神社・やまのべの道旅行体験記お天気に誘われて、奈良は大神神社のご神体「三輪山」登拝の旅へ…
  6. 別府旅行体験記 普段国内、海外を問わず旅行中は動き回ることが多いのですが、たまにはの…
  7. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  8. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  9. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  10. 白浜~串本・那智勝浦旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神~白浜を観光。次…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP