ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー

ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ

ゴール旅行体験記

仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことのないスリランカを選びました。行ってみたらその長閑さと人々のおおらかさ、ご飯のおいしさに惹かれ、それ以来4度ほど訪問しています。特に好きだったのは南西部のゴールとその近辺のビーチエリアです。

ゴール旅行について

おすすめのポイント
  1. 気候が穏やかで海もきれい。のんびりした時間が流れる。
  2. 植民地時代のかわいい街並みが残っている。
  3. スリランカ全般ですが、食べ物がとにかく美味しい!

首都コロンボからゴールまではバスで3時間ほどで到着できます。喧騒のコロンボに比べ、ゴール付近はインド洋のように穏やかです。ゴールの町のシンボルは海辺に突き出た灯台で、その周辺にかつての植民地時代の街並みが点在しています。ゴール近辺にはウナワトゥナ、ヒッカドゥワなど、名だたるビーチが連なり、どこのビーチもヤシの木陰と白い砂浜が広がるリゾートそのもの。紅茶はもちろん美味しいですが、スリランカ料理もとてもおいしいので(後述)、癖になること間違いなし!

ゴール旅行のおすすめのスポット

世界遺産にも登録された古き良きゴールの街並み

ゴールのシンボル・灯台。

ゴール灯台周辺。

旧市街の街並み。

かつてオランダやイギリスの支配下にあった要塞都市ゴールのシンボルは入り江に建つ灯台です。その周辺はタイムスリップしたかのような静かなコロニアル時代の街並みが広がっています。この辺一帯は「ゴールの旧市街と要塞」として、世界遺産にも登録されているのです。スリランカの南西部一番の大都市ですが、人もそれほど多くなく、旧市街は貸し切り状態!のんびり散策できました。

ゴール近郊にはきれいなビーチがたくさん

ホテルの部屋から。この景色で目覚める贅沢さ。

ウナワトゥナのビーチ。理想のリゾート像です。

ウナワトゥナの周辺。何もない…。

ゴールを含む南西海岸一帯はとてもきれいなビーチエリアでにぎやかなビーチリゾートから静かで大人の雰囲気の隠れ家的リゾートまでいくつものビーチが点在しています。私のお気に入りはゴールのすぐ右隣りにある「ウナワトゥナ」というビーチリゾート。ヤシの木が生える白い砂浜…。思い描くビーチそのものです。周辺にはお店とかほとんどないので、何をするでもなくただビーチで本を読んだりウトウトしたりとまったり時間を過ごせます。

建築家ジェフェリー・バワが建てたホテルも見逃せない

ビーチに歩いて行けるロビー。

ジェットウィング・ライトハウス・ホテルの吹き抜けにあるオブジェ。

戦争のオブジェから目が離せません。

ゴールの灯台から南西海岸を少し北側に行ったところにある、超有名ホテルが「ジェットウィング・ライトハウスホテル」です。スリランカの有名建築家ジェフェリー・バワが設計したホテル。私の軍資金では宿泊できませんでしたが、ロビーでお茶を飲みに行ってみました。紅茶はどこで飲んでも美味しいのでお値段が高い以外特に印象に残らなかったのですが、ビーチに出られる開放的な設計と、螺旋階段の戦場のオブジェが印象的でした!いつか泊まってみたいものです。

田舎気分が味わえる。ゴール近郊で列車に乗車体験

駅の時刻表。

駅のホーム。列車がやってきました。

車掌さんが安全確認。

車内の様子。走っていますがドア全開(笑)。

レトロなスリランカの列車。

列車本数が少ないので線路の上を通学路にする子供たち。

線路を牛が横断します。

滞在していたウナワトゥナには列車の駅があります。スリランカの列車ってどんなのかな?と興味が出てきて1駅だけ乗ってみることに。駅に行くと、列車の時刻表が黒板に書かれていました!本数が少ない!!運よく10分後に列車が来るので、切符を買うとたったの10ルピー(5円ほど)。安い!電車の中は日本と同じですが、なんと走行中もドアが開きっぱなし!お国柄ですねー。10分ほどで次の駅に到着し、プチ列車旅は終了です。電車が去った後の線路には、学校帰りの子供たちが。いいなぁ、この長閑さ、憧れる。ちなみに隣駅からホテルまでトゥクトゥクに乗ったら200ルピーでした。電車の20倍!

ゴールでのおすすめグルメ

ビバ!スリランカのローカルフード!

スリランカカレー!手で混ぜて食べるのが美味しい。

食感が病みつきになるコットゥ・ロティ。ピリ辛です。

ふんわりココナツミルク香るアーッパ。

濃くておいしいヨーグルト。ハチミツとメイプルシロップの中間のようなシロップをかけるとかなり美味!

スリランカの代表的なお料理はスリランカ・カレー。ご飯の周りにおかずを色々のっけて、混ぜながら手で食べる。これがまた、美味しいんです。外国人にはちゃんとスプーンも提供されるのですが、手で食べたほうが断然美味しい(気がする)。ご飯に載せるおかずはバラエティ豊かで、チキンカレーみたいなカレー味もあれば、野菜のカレー風味炒めとか、スープカレー状のものとか。パリパリのチップスみたいなのを粉々に砕いてトッピングすると美味しさが増します。カレーのほかには、コットゥ・ロティという小麦粉でできたきしめん状のものを小さく切って、野菜といためて甘辛く味付けたもの。タイのパッタイの麺を細切れにし、ピリ辛くした感じ。食感が面白く、ピリ辛風味が癖になります。他には、アーッパというクレープの皮をお椀型にパリっと焼いたもの。生地にココナッツミルクが入っていてほんのり甘い感じがいい。朝食に卵とか具をのせて食べるのがスリランカ流ですが、私は皮だけを何枚も食べ続けていました(笑)。あとはヨーグルト。なんか濃いんです、味が。そこにはちみつっぽいシロップをかけると最高のデザート。それにミルクティの合うこと!何食べてもこんなおいしい国には来たことないです。

ゴールにて宿泊したホテル

ゴール近郊・ウナワトゥナにあるThaproban Beach House

ホテル外観。

ファミリールームなので2階もある部屋です。

ビーチ沿いに建つホテルです。口コミの良さで決めたのだけど、バケーションシーズンで安い部屋が埋まっており、1泊80ドルの部屋を選択。その価値ありで、お部屋の設備も文句なし、部屋からの眺めも文句なし。あまりの居心地の良さにまた来たいと思ってしまいました。まずはロケーション。部屋の窓を開けるとそこにはヤシの木に見え隠れするビーチが!砂浜も目の前です。ザザーン…という波の音を聴きながら眠りにつけます。止まった部屋は80ドルだけあって、家族部屋仕様?になっており2階建ての部屋でした。一人旅にはもったいない…。ホテルは欧米人ターゲットで作られているようで、無料のヨガクラスとか瞑想クラスが受けられます。レストランとしても営業しているようで、お食事も美味しかったです。周辺には何もないので、のんびりと過ごすリゾートステイにもってこいのお宿です。

ゴール旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

スリランカは直行便は週2回ほどありますが、香港経由、シンガポール経由、デリー経由などいろんな経路で来ることができます。長期休暇の時は経由地と組み合わせて2か国周遊も楽しめるので、航空会社選びは大切なポイントですね。いずれの場合も帰国便の現地発はほとんどが深夜発なので、ホテルのレイトチェックアウトを頼んだりしてうまく時間を調整する必要ありです。現地での公共交通機関は慣れてないと利用が難しいので、事前にホテルに送迎を頼んだり、現地発ツアーを申し込むのも手だと思います。

ゴール旅行に必要な持ち物

暑い時期は蚊が多いです。スリランカの蚊は日本の蚊よりも強力なのか?かゆみが強い気がします。虫よけスプレーと虫刺されのかゆみ止めは必須です。また、日用品は一応売っていますが、日本のものとは規格が違っていたりするので、身の回りのものはできるだけ持参が望ましいです。(例えば、歯ブラシのブラシの部分が異様に大きかったり、パンツもおじさんぽいのしかなかったり)。

ゴール旅行での注意点

ゴール旅行での注意点
  1. トゥクトゥクみたいな乗り物はボラれがちなので避けるのが無難。
  2. コロンボ周辺は交通量が激しく無法地帯?車に注意です。
  3. ホテル以外のところでは洋式トイレが少ないかも…。

首都コロンボ周辺の道路状況は混雑がひどく、車もトゥクトゥクもバイクも人も牛も入り乱れている感じです。運転が荒いのか、狭い隙間にどんどん入り込もうとするので歩くのが怖いくらいです。またトゥクトゥクはかなり高めの値段設定の上に、人を見てぼったくって来ますので、事前に料金をちゃんと確認してから乗るようにしましょう。スリランカの一般的なトイレはいわゆる和式に近く、紙がないのが普通です(紙でなく手で拭いて、そして水で流す)。外国人にはハードルがかなり高いので、トイレはホテルで済ませてから&有名な観光名所で行くようにするのが無難です。

まとめ

インドみたいな感じかなーと思っていたのですが、全く違いました。特にインドの後に来るスリランカは天国。何が違うというとまず人が優しくて大らかです。スリランカでは意地悪な人、嘘つきには出会いませんでした。道路はゴミゴミはしていますがインドみたいに人が道端に寝ていたり、などということはなく、ちゃんとマナーとかモラルがあって気持ちよく滞在できました。そして思ったよりもご飯が美味しく、もともと物価も安いので食べるのが好きな人にはお勧めです。カラフルな雑貨もありますし、美味しい紅茶も安く買えるので、女子旅にはピッタリです。ぜひまた来たいです!

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. イスタンブール旅行体験記初のイスラム圏、イスタンブールは今までのどの国とも違う雰囲気をまとった街…
  2. ストックホルム旅行体験記高校生の時にはじめて行った、スウェーデンの首都ストックホルム。社会人にな…
  3. 香港旅行体験記インスタ映えスポットが目白押しの香港。離れて住む大好きな友人と現地集合にて弾丸女子…
  4. 香港旅行体験記 日本から僅か4時間程、気軽に訪れることのできるのに世界でも有数の観光…
  5. マドリード旅行体験記卒業旅行で大学の友達とスペインに行くことに!スペインの東海岸沿いを旅する…
  6. ランカウイ島 旅行体験記アジアンビーチリゾートの魅力は、何と言ってもコスパが良い事です。物価が安…
  7. サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行体験記メキシコとグアテマラ国境にほど近い小さな町、サンクリ…
  8. 女子一人旅 in アメリカ 有名スポットだらけのサンフランシスコ| トラベルダイアリー
    サンフランシスコ旅行体験記旅のはじめ、ベトナムのハノイで偶然知り合い、半日一緒に観光をしていたと…
  9. ハワイ旅行体験記誰もが一度は憧れるハワイ。行ってみたかった旅行先のひとつでした。日本からは6時間…
  10. ハワイ島旅行体験記子連れ旅行の定番かつ人気NO1のハワイ。ハワイ島のダイナミックな自然と、オアフ…

国内旅行おすすめ

  1. 南阿蘇鉄道でトロッコ列車を満喫する日帰り南阿蘇の旅| トラベルダイアリー
    南阿蘇旅行体験記熊本地震で崩落した阿蘇大橋、5年の年月をかけて24時間体制で復旧工事が進められま…
  2. 味を占めた一人旅第二弾!キレイな水が見たいぞ忍野八海| トラベルダイアリー
    忍野八海旅行体験記 第一弾の三重旅行からしばらく経ち、桜の季節が少し過ぎた頃『どこか…
  3. 歩いて、学んで、食べて、休憩して。琴平町の魅力を発見!| トラベルダイアリー
    琴平旅行体験記2019年の秋、恋人と旅行をすることに。どこに行こうか?と話し合った結果、大阪から…
  4. 異国情緒漂う長崎市街を満喫!レンタカーで巡る長崎旅行| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記九州には何度か訪れていますが、今まで訪問する機会がなかった長崎。今回お得なツアーを…
  5. 水上旅行体験記 群馬県には草津や伊香保などの温泉街が有名ですが、調べると水上…
  6. ♪インスタ映えスポット♪友達と日帰りぶらり旅 in 京都| トラベルダイアリー
    京都市内旅行体験記こんにちは!今回は、京都市内にあるインスタでよく見かけるあの有名スポットやレス…
  7. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  8. 直島旅行体験記 美術館やアート作品が数多くある直島で”映える”写真を撮りたい!と思い…
  9. 大自然 奄美大島で海ガメと泳ぐ| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記まだあまり観光地化されておらず、素朴な自然が楽しめると聞いたので行ってみました…
  10. 刺激が欲しい人必見‼世界遺産「知床」で大自然を大冒険しよう| トラベルダイアリー
    知床旅行体験記北海道といえば「新千歳空港」に行く私ですが普段とは違う旅がしたい‼と思い、今回…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP