特急で台北から2時間、日本まで111kmの花蓮を楽しむ旅

花蓮旅行体験記

花蓮に行こうと思ったのは、職場の先輩からおすすめされたのがきっかけです。これまで台北や台中には行ったことがありましたが、台湾東部はまだ未体験でしたので行ってみることにしました。訪れたのは夏の7月。太陽が降り注ぐあたたかい田舎町がそこにはありました。

花蓮旅行について

おすすめのポイント
  1. 台湾の田舎、きれいな山と海を堪能しよう!
  2. 台北とは違う、日本チェーン店や日本語のない街を歩こう
  3. ローカル食堂で花蓮名物グルメを堪能しよう!

台湾旅行ですと台北や、新幹線の走る西海岸沿いが多くなると思いますが、日本企業の進出も多く「若干日本っぽい…」と思うこともあると思います。
花蓮は電車網があまり発達していない台湾東海岸ですので、独特の町並みを堪能することができます。少し不便なところもありますが、その不便さも含めて楽しんでみませんか?

花蓮旅行のおすすめのスポット

松園別館

花蓮市内の高台にある、洋風建築です。ここは日本統治時代に日本軍の施設として建築されたもので、今は一般に開放されています。
(入場料はかかります)建物の中にはおしゃれなカフェスペースなどもありますが、日本人としてここを訪れるのならばぜひ庭園の脇にある防空壕に入っていただきたいです。ここの中はかつて特攻で散った方々の展示があります。
特攻は鹿児島にある知覧基地が有名ですが、台湾からも特攻は出ています。この建物は高台にあることから、特攻に出る軍用機をここから見守ったと伝えられています。防空壕の中で、ここに平和に遊びに来られることの意味を考えてみるのも一つだと思います。

七星潭

花蓮の中心部から車で10分くらいのところにあるビーチです。緯度的には花蓮は日本の石垣島に近く、台北よりも南にあります(実は台北は石垣島より北にあるのです。)
花蓮と石垣島は何度か高速船で結ばれていた時期もあるので、ここの海は沖縄の海とつながっています。青いビーチがとてもきれいな名所です。
市街地から歩くととんでもなく遠いので、タクシーかバスがおすすめです。

鯉魚潭

花蓮中心部から車で30分程度のところにある人造湖です。山の中にあるので気持ち良い風が吹いています。
湖畔には貸ボートやさんがあり、ボートを楽しむことができます。
私がでかけたときには可愛いひよこ?みたいな風船が浮いていました。なんだか憎めない顔してますよね。周囲のお店ではフルーツジュースが名物として販売していますので、お好きな方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
(あくまでナマモノになるので、お腹の調子と要相談)

花蓮でのおすすめグルメ

小籠包(公正包子)

小籠包といえば薄い皮に包まれた水餃子っぽいものですが、ここ花蓮での小籠包は厚いふかふかのかわにつつまれた、一言でいうとミニ肉まん、です。
皮が分厚く食べごたえがありそうですが、ジュワーッとした肉汁と共に食べるとパクパクと食べてしまいます。この大きさでひとつ5元という破格の値段。
お腹いっぱい食べても二人で1000円いかないです。普段は地元の人たちで賑わうお店ですが、24時間営業なので朝昼晩いつでも楽しめる味です。

ワンタン麺

花蓮の名物その2。ツルッとしたワンタンです。スープもさっぱりしており夏場でも食べやすいです。クセもないので日本人には抵抗なく食べられると思います。
(台湾の料理は豚の血を固めたものが入っていたりするのですがワンタン麺の場合は基本透明なので入っておりません)
下で紹介しているホテルの目の前に人気のワンタン麺のお店がありますのでぜひ!

花蓮にて宿泊したホテル

ジャストスリープ花蓮

ビジネスホテルとシティホテルの中間になるホテルです。ホテルの内装はスタイリッシュで部屋も適度に広く使いやすいです。
ホテルの中にライブラリーコーナーがあり、無料のコーヒーメーカーが置いてあるので本を読みながら休憩できます。
ただし本はすべて中国語で書かれているので日本人に用があるのかは謎。日本語のガイドブックの一冊や二冊置いてあれば観光客にも喜ばれそうなものだが…。
ホテルのフロントの方は優しく、日本語メールに対応してくださる方がいました。ガイドの手配なども事前にできたので安心して旅行をすることができました。
(日本語のレベルは片言ですが、英語と混ぜながら意思疎通はなんとか取れます)

花蓮旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

台湾に行く際はLCCで行くことが多いです。飛行時間も台湾までの時間なら狭い座席ピッチでも耐えられるので…(これがシンガポールくらいまでに伸びるとキツイので、シンガポール航空とかで行きますが)
台湾は鉄道が発展しているのですが、花蓮のある東海岸は新幹線もなく、鉄道の本数も限られます。花蓮に行く場合は鉄道で向かうケースが多いのですが、国内国外問わず観光客に人気のため特急のチケットは争奪戦になります。
(時間短縮を狙うなら松山空港からでている国内線という手もありますが、値段は高いです)
予約方法は難しくありませんので、台湾鉄道のホームページなどで確認し、販売日当日(2週間ほど前から売り出します)に購入することをオススメします。
日本語で解説されてるサイトもたくさんありますので、思い出の一つとしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。難しそうだなぁ、
(かつ団体行動ができる方)という方は旅行会社のツアーなどもあります。(筆者は団体行動が苦手なのでツアーにはせず個人手配です…旅行のときくらい自由に動きたいですからね…)

花蓮旅行に必要な持ち物

台湾のガイドブックは西海岸を中心にしたものが多く、花蓮の説明は少ないです。
情報を調べるのにスマホがあるとないでは大違いなので、Wi-FiもしくはSIMカードを用意して街なかでもスマホを使えるようにしておくとかなり便利になります。
どうしても用意が難しい方はオフラインで使えるマップアプリ(map.meは必携)を入れておくと便利です。

花蓮旅行での注意点

花蓮旅行での注意点
  1. 特急列車の予約はお早めに!予約開始当日に取りましょう
  2. 台北ほどは日本語は通じませんので、不安な方は翻訳アプリの用意を
  3. 西海岸に比べると田舎町なので買い物は台北でどうぞ

前の項で説明もしていますが、電車の予約は発売日に!が鉄則です。台北についてから窓口でやろう〜とか言っていると花蓮にいけなくなる可能性もありますのでご注意ください。
また、花蓮は田舎町であまりお土産物屋さんは充実していません。有名なパイナップルケーキを買いたい、など希望がある場合は台北で用意したほうが吉です。

まとめ

台北を離れ台湾東武の田舎町をご案内しましたが、花蓮は自然豊かでのんびりできる観光地です。
先住民(台湾では原住民、といいます。先住民だと「すでに滅んだ人たち」の意味になります)も多く住むエリアなので、独特な文化も味わうことができます。
台北や新幹線の旅に慣れたら電車に乗って台湾東部に行ってみるのも楽しいと思いますよ!

 

mutukiy

mutukiy旅するOL

投稿者の過去記事

旅行が好きなOLです。平日は働いて有給をとっていろんなところに出かけるのが大好きです。野球観戦も好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




海外旅行おすすめ

  1. シカゴ旅行体験記シカゴ郊外から、シカゴの中心であるダウンタウンへ遊びに行ってきました。ダウンタウ…
  2. ロッテルダム旅行体験記オランダ第二の都市ロッテルダムは近代的な街並みで国際港としても有名です。街…
  3. 女子一人旅 in カンボジア シェムリアップでアンコール遺跡巡り| トラベルダイアリー
    シェムリアップ旅行体験記ものすごく有名な観光遺跡、アンコールワットのある街シェムリアップ。まさに…
  4. マラケシュ旅行体験記雑誌などでモロッコ風インテリアが特集されて、可愛らしいスリッパやクッションな…
  5. カンクン旅行体験記日本でも有名なリゾート地で、ハネムーンに人気のカンクン。カンクンは見所が盛り沢…
  6. マカオ旅行体験記「香港行くならもちろんマカオも行きたいよね!」ということで決まったマカオ日帰り旅…
  7. セビリア旅行体験記夫婦でスペインを1か月間かけて周遊し、様々な都市を訪れました。その中でもセビリ…
  8. ベルギーに行ったら訪れたい!中世の街並みが可愛いブルージュ| トラベルダイアリー
    ブルージュ旅行体験記ベルギー北西部の街・ブルージュ。「運河沿いに中世の景観が残る街なみ」というガ…
  9. ウユニ塩湖旅行体験記SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目…
  10. パリ旅行体験記「フランス行ったことない」「なんとっ!」…ということで、私は7度目、旦那は人生…

国内旅行おすすめ

  1. 小豆島旅行体験記小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。最近インスタグ…
  2. 長州歴史&絶景の旅 …
  3. グループや家族でワイワイ!魅力たっぷりな鬼怒川を遊び尽くそう!友人達と温泉旅行をするため、都心か…
  4. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  5. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…
  6. 沖縄旅行体験記「沖縄に行こう」旦那がそう言いだしたのは2月。沖縄といえば、どこまでも広がる海…
  7. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  8. 箱根旅行体験記箱根は神奈川県南西に位置しており、関東方面から週末のリフレッシュに最適な場所です!…
  9. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  10. 尾花沢旅行体験記一度訪れてみたかった大正の情緒溢れる温泉街。1泊2日でゆっくりできる旅先を探して…

最新記事

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ浅草の旅| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記「東京ソラマチ」で開催していた「こいのぼりフェスティバル」が気になっていて、ちょう…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  3. みんな大好きハワイオアフ島でちょっと穴場のスポットへ行ってみよう♪| トラベルダイアリー
    オアフ島旅行体験記社員旅行先がハワイのオアフ島でした。私はハワイはあまり行かないので、ハワイ大好き…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  5. 女子一人旅 in トルコ 自然と人間が作った世界遺産カッパドキア| トラベルダイアリー
    カッパドキア旅行体験記イスタンブールから夜行長距離バスに揺られてカッパドキアまで行きました。…
  6. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…
  7. サンディエゴ在住の友人のアメリカ式結婚式に参加しました♪| トラン
    アメリカ式の結婚式に行ってきました!友人の旦那様がアメリカ人で、今サンディエゴに住んでいる事から…
  8. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  10. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…

Archive






PAGE TOP