自然とクメール建築が作り出す絶景!シェムリアップのアンコール遺跡| トラベルダイアリー

自然とクメール建築が作り出す絶景!シェムリアップのアンコール遺跡

シェムリアップ旅行体験記

カンボジアと聞くと誰もが最初に思い描く遺跡「アンコール・ワット」。実は、カンボジアにはその他にも数々の遺跡があるんです。女子4人で少しリッチに卒業旅行をと小人数グループに現地日本語ガイドと送迎車がつくツアーで満喫したシェムリアップの旅についてご紹介します!

シェムリアップ旅行について

おすすめのポイント
  1. 大自然の中に建てられた壮大なクメール建築の数々に感動!
  2. 天女の舞といわれるカンボジアの伝統舞踊アプサラダンスを鑑賞!
  3. パクチーなど香草を使ったカンボジア料理を堪能!

カンボジアの首都プノンペンから北西約300kmにある町、シェムリアップ。シェムリアップはクメール王朝時代の古都、人類の遺産ともいえるアンコール遺跡群がある町です。アンコール・ワットをはじめとする創意工夫を凝らしたクメール建築が世界各国から来る人々を魅了しています。また、天女の舞といわれているカンボジアの伝統舞踊アプサラダンスを鑑賞しながら、食する香草を使ったカンボジア料理もクセになる味わいです!

シェムリアップ旅行のおすすめのスポット

日の出から日の入りまで時間の経過とともに楽しむアンコール・ワット

12世紀に約30年間かけて建てられたといわれるアンコール・ワットは、カンボジアの国旗にも象徴されており、カンボジアを代表する世界遺産です。クメール建築の最高傑作ともいわれています。建築当時はヒンドゥー寺院として建てられましたが、後に仏教寺院として改修されています。アンコール・ワットは上に登ることもでき、しっかり全体を見たい場合は、1日では足りないくらいの広大さです。

崩壊した遺跡に樹齢数百年の木が絡みついた「タ・プローム」

アンコール・ワットに次いで有名なアンコール・トムの内部にある寺院「タ・プローム」。寺院「タ・プローム」に樹齢数百年にもなるガジュマルの木が絡みつき一体化しています。アンジェリーナ・ジョリー主演の映画『トゥームレイダー』のロケ地としても有名な場所です。崩壊した遺跡に絡みつく、自然と遺跡の作り出した絵がとても神秘的で、アンコール・ワットよりも感動したという観光客も多いそうです。

クレーンⅡレストランでカンボジアの伝統舞踊アプサラダンスを鑑賞

アンコール時代から披露されていた天女の舞といわれるアプサラダンス。現在遺跡として残っている寺院は当時の王様たちが政治を行っていた場所になります。歴代の王様たちは、それぞれ舞踊団を持っていて、重要な王室行事や儀式などで美しい舞が披露されていたそうです。このダンスはアンコールの滅亡とともに一度閉ざされましたが、20世紀半ばにアンコール・ワットの壁に描かれたレリーフをもとに創作されたそうです。綺麗な衣装をまとった女性たちのしなやかな手の動きが魅力的なアプサラダンスは、想像以上に魅力的で鑑賞してみる価値ありです!

シェムリアップでのおすすめグルメ

パクチーや香草を使った健康的なカンボジア料理を堪能!

シェムリアップ市場周辺のレストランでカンボジア料理をいただきました!カンボジアの料理はタイ料理のように辛くはなく、ベトナム料理ほどパクチーなどの香草がきつくなくマイルドでヘルシーな味わいです。香草を使った料理が好きな人には、おすすめです ♪ また、食後のスイーツも小豆やかぼちゃ、タピオカやココナッツなどを使ったヘルシーで栄養満点の女性に嬉しいものがたくさんあります。

シェムリアップでのおすすめのショッピングスポット

シェムリアップのプサー・ルー市場周辺でかわいいバックや雑貨

シェムリアップの大きな市場であるプサー・ルー市場周辺では、食料品類から洋服やバックなどの日用品までさまざまなものが販売されています。地元の食材を見て歩くのも楽しいですよ。その中でも私の目をひいたのは、セメント袋から作られたトートバックやポーチ。セメントが入っていたくらいなのでとても丈夫なので、水に濡れても大丈夫、幅広く使えます。象のデザインもカンボジアらしくてかわいいです ♪

シェムリアップにて宿泊したホテル

シェムリアップで5つ星の ソカアンコールリゾートホテル

女子4人でちょっとリッチな旅をとシェムリアップで5つ星のソカアンコールリゾートに宿泊しました。オールドマーケットや魅力的な異国感を味わえるショッピング街、アンコールワットへも徒歩圏内という様々な観光スポットへのアクセスが便利な場所に位置しています。アンコールワットも日の出から日の入りまで観賞でき、アロママッサージのサービスを受けたり、友人の1人が誕生日だったのでケーキの予約などもさせていただきましたが、サービスもとても良くて、とにかく贅沢な最高のひとときを過ごさせていただきました!

シェムリアップ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

JTB 旅物語 ベトナム&カンボジアツアー

女子4人だけで少しリッチに卒業旅行をと団体のツアーではなく、小人数グループに現地日本語ガイドや送迎車がつくツアーを利用しました。団体のツアーよりは少し高めでしたが、ベトナムとカンボジアで現地日本語ガイドがつき、ワゴン車で観光案内してくれました。移動もスムーズでちょっとした融通もきくので、個人旅行しているような感覚でゆったりと旅をすることが出来ました。

シェムリアップ旅行に必要な持ち物

日差しが強いので日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・帽子・サングラス等)、自然の中に遺跡があるので虫よけスプレーも必須です。時期にもよりますが、朝晩は少し肌寒いのでパーカーやカーディガンなど着脱しやすい服装がベストです。広大なエリアンに遺跡があり、結構歩くので、歩きやすい靴やスニーカーが良いでしょう。また、暑いので脱水にならないように常にミネラルウォーターを持参し、こまめに水分補給することも忘れずに!

シェムリアップ旅行での注意点

シェムリアップ旅行での注意点
  1. 日差しが強いので日焼け対策を忘れずに!
  2. 脱水予防にこまめに水分補給を忘れずに!
  3. かなり歩くので歩きやすい服装や靴で快適な旅行を!

日差しが強いので日焼け対策は必須です。また、暑いので常にミネラルウォーターを持参し、脱水にならないようにこまめに水分補給をすることを忘れずに!時期にもよりますが、朝晩は少し涼しいのでパーカーやカーディガンなど着脱しやすい服装がベストです。アンコール遺跡群は広大なエリアにあり、かなり歩くので履きなれた靴やスニーカーなど疲れにくい靴が良いでしょう。

まとめ

自然と融合するクメール建築の一部をご紹介しましたが、シェムリアップにはまだまだ見どころがたくさんあります。実は雑貨天国でもあるので、遺跡以外にも楽しめる要素がたくさんです。アンコール・ワットはぜひ、日の出から日の入りまでの時間の経過が作り出す神秘的な景観を満喫することをおすすめします ♪ ぜひ、親日国でも有名なカンボジアを一度訪れてみてくださいね。

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. サマルカンド旅行体験記私にとってイスラム圏のウズベキスタンは未知の世界でした。ビザはいるし(当時…
  2. 女子一人旅 in カナダ 英国?中国?いろんな顔を持つバンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記メキシコを離れ、その後はアメリカで友達と合流してバンクーバーに行きました。…
  3. モントリオール旅行体験記モントリオールはカナダの東部ケベック州にある都市。ケベック州はフランス系…
  4. おもしろ楽しい!アイルランドの街、ブラーニーでお城探訪★| トラベルダイアリー
    ブラーニー城観光体験記テレビで見て以来気になっていたアイルランドにある一風変わったお城「ブラーニ…
  5. 美しい湖の数々に癒される、プリトヴィッツェ湖群国立公園| トラベルダイアリー
    プリトヴィッツェ旅行体験記世界遺産を紹介するテレビ番組で見た、「女王の涙」と呼ばれるプリトヴィッ…
  6. マドリード旅行体験記マドリードではアートやグルメな旅が堪能できます。スポーツの印象が強いと思いま…
  7. ハロン湾旅行体験記ハノイの街を気の向くままに観光をしていたら何人もの人にハロン湾をおススメされま…
  8. モロッコ人も迷う迷路のような街・世界遺産フェズを散策| トラベルダイアリー
    フェズ旅行体験記モロッコ雑貨に興味がありフェズを訪れました。フェズでは主要な観光スポット、レスト…
  9. フランスいちのビックスケール♡フォンテーヌブロー宮殿 旅行| トラベルダイアリー
    フォンテーヌブロー宮殿旅行体験記「フランスいち大きな宮殿」と聞いて以来ずっと行ってみたかった、フ…
  10. パロ旅行体験記空港があるので旅の最初と最後に訪れることになるパロ。ちょうどティンプーとプナカの中…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原スキー旅行体験記すっかりゲレンデの雪遊びにハマった娘に、キッズパークが人気の「岩原スキー場」…
  2. 上高地
    松本旅行体験記松本は、長野県第二の都市。日本アルプスへの中継地点という事もあり、山へ登りに行…
  3. 別府旅行体験記 普段国内、海外を問わず旅行中は動き回ることが多いのですが、たまにはの…
  4. 自然と歴史に触れながら、美味しいものを満喫!黒豆発祥の地「丹波篠山」| トラベルダイアリー
    丹波篠山旅行体験記兵庫県の中東部に位置し、京都や大阪からのアクセスもよく、日帰りでも行くことがで…
  5. 京都旅行体験記お稲荷さんの総本宮「伏見稲荷大社」。関西では初詣スポットとして有名ですが、近年では…
  6. モザイクタイルミュージアム旅行体験記岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザ…
  7. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…
  8. 静岡浜名湖ガーデンパークへ行こう~そこは花の楽園でした~ | トラベルダイアリー
    浜名湖ガーデンパーク体験記4月に知人から浜名湖ガーデンパークのネモフィラが見頃との情報を得たので…
  9. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  10. 道後旅行体験記はじめての四国旅行でどこに行こうかと考えた時に一番に思い浮かべたのが道後温泉でした…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP