自然とクメール建築が作り出す絶景!シェムリアップのアンコール遺跡| トラベルダイアリー

自然とクメール建築が作り出す絶景!シェムリアップのアンコール遺跡

シェムリアップ旅行体験記

カンボジアと聞くと誰もが最初に思い描く遺跡「アンコール・ワット」。実は、カンボジアにはその他にも数々の遺跡があるんです。女子4人で少しリッチに卒業旅行をと小人数グループに現地日本語ガイドと送迎車がつくツアーで満喫したシェムリアップの旅についてご紹介します!

シェムリアップ旅行について

おすすめのポイント
  1. 大自然の中に建てられた壮大なクメール建築の数々に感動!
  2. 天女の舞といわれるカンボジアの伝統舞踊アプサラダンスを鑑賞!
  3. パクチーなど香草を使ったカンボジア料理を堪能!

カンボジアの首都プノンペンから北西約300kmにある町、シェムリアップ。シェムリアップはクメール王朝時代の古都、人類の遺産ともいえるアンコール遺跡群がある町です。アンコール・ワットをはじめとする創意工夫を凝らしたクメール建築が世界各国から来る人々を魅了しています。また、天女の舞といわれているカンボジアの伝統舞踊アプサラダンスを鑑賞しながら、食する香草を使ったカンボジア料理もクセになる味わいです!

シェムリアップ旅行のおすすめのスポット

日の出から日の入りまで時間の経過とともに楽しむアンコール・ワット

12世紀に約30年間かけて建てられたといわれるアンコール・ワットは、カンボジアの国旗にも象徴されており、カンボジアを代表する世界遺産です。クメール建築の最高傑作ともいわれています。建築当時はヒンドゥー寺院として建てられましたが、後に仏教寺院として改修されています。アンコール・ワットは上に登ることもでき、しっかり全体を見たい場合は、1日では足りないくらいの広大さです。

崩壊した遺跡に樹齢数百年の木が絡みついた「タ・プローム」

アンコール・ワットに次いで有名なアンコール・トムの内部にある寺院「タ・プローム」。寺院「タ・プローム」に樹齢数百年にもなるガジュマルの木が絡みつき一体化しています。アンジェリーナ・ジョリー主演の映画『トゥームレイダー』のロケ地としても有名な場所です。崩壊した遺跡に絡みつく、自然と遺跡の作り出した絵がとても神秘的で、アンコール・ワットよりも感動したという観光客も多いそうです。

クレーンⅡレストランでカンボジアの伝統舞踊アプサラダンスを鑑賞

アンコール時代から披露されていた天女の舞といわれるアプサラダンス。現在遺跡として残っている寺院は当時の王様たちが政治を行っていた場所になります。歴代の王様たちは、それぞれ舞踊団を持っていて、重要な王室行事や儀式などで美しい舞が披露されていたそうです。このダンスはアンコールの滅亡とともに一度閉ざされましたが、20世紀半ばにアンコール・ワットの壁に描かれたレリーフをもとに創作されたそうです。綺麗な衣装をまとった女性たちのしなやかな手の動きが魅力的なアプサラダンスは、想像以上に魅力的で鑑賞してみる価値ありです!

シェムリアップでのおすすめグルメ

パクチーや香草を使った健康的なカンボジア料理を堪能!

シェムリアップ市場周辺のレストランでカンボジア料理をいただきました!カンボジアの料理はタイ料理のように辛くはなく、ベトナム料理ほどパクチーなどの香草がきつくなくマイルドでヘルシーな味わいです。香草を使った料理が好きな人には、おすすめです ♪ また、食後のスイーツも小豆やかぼちゃ、タピオカやココナッツなどを使ったヘルシーで栄養満点の女性に嬉しいものがたくさんあります。

シェムリアップでのおすすめのショッピングスポット

シェムリアップのプサー・ルー市場周辺でかわいいバックや雑貨

シェムリアップの大きな市場であるプサー・ルー市場周辺では、食料品類から洋服やバックなどの日用品までさまざまなものが販売されています。地元の食材を見て歩くのも楽しいですよ。その中でも私の目をひいたのは、セメント袋から作られたトートバックやポーチ。セメントが入っていたくらいなのでとても丈夫なので、水に濡れても大丈夫、幅広く使えます。象のデザインもカンボジアらしくてかわいいです ♪

シェムリアップにて宿泊したホテル

シェムリアップで5つ星の ソカアンコールリゾートホテル

女子4人でちょっとリッチな旅をとシェムリアップで5つ星のソカアンコールリゾートに宿泊しました。オールドマーケットや魅力的な異国感を味わえるショッピング街、アンコールワットへも徒歩圏内という様々な観光スポットへのアクセスが便利な場所に位置しています。アンコールワットも日の出から日の入りまで観賞でき、アロママッサージのサービスを受けたり、友人の1人が誕生日だったのでケーキの予約などもさせていただきましたが、サービスもとても良くて、とにかく贅沢な最高のひとときを過ごさせていただきました!

シェムリアップ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

JTB 旅物語 ベトナム&カンボジアツアー

女子4人だけで少しリッチに卒業旅行をと団体のツアーではなく、小人数グループに現地日本語ガイドや送迎車がつくツアーを利用しました。団体のツアーよりは少し高めでしたが、ベトナムとカンボジアで現地日本語ガイドがつき、ワゴン車で観光案内してくれました。移動もスムーズでちょっとした融通もきくので、個人旅行しているような感覚でゆったりと旅をすることが出来ました。

シェムリアップ旅行に必要な持ち物

日差しが強いので日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・帽子・サングラス等)、自然の中に遺跡があるので虫よけスプレーも必須です。時期にもよりますが、朝晩は少し肌寒いのでパーカーやカーディガンなど着脱しやすい服装がベストです。広大なエリアンに遺跡があり、結構歩くので、歩きやすい靴やスニーカーが良いでしょう。また、暑いので脱水にならないように常にミネラルウォーターを持参し、こまめに水分補給することも忘れずに!

シェムリアップ旅行での注意点

シェムリアップ旅行での注意点
  1. 日差しが強いので日焼け対策を忘れずに!
  2. 脱水予防にこまめに水分補給を忘れずに!
  3. かなり歩くので歩きやすい服装や靴で快適な旅行を!

日差しが強いので日焼け対策は必須です。また、暑いので常にミネラルウォーターを持参し、脱水にならないようにこまめに水分補給をすることを忘れずに!時期にもよりますが、朝晩は少し涼しいのでパーカーやカーディガンなど着脱しやすい服装がベストです。アンコール遺跡群は広大なエリアにあり、かなり歩くので履きなれた靴やスニーカーなど疲れにくい靴が良いでしょう。

まとめ

自然と融合するクメール建築の一部をご紹介しましたが、シェムリアップにはまだまだ見どころがたくさんあります。実は雑貨天国でもあるので、遺跡以外にも楽しめる要素がたくさんです。アンコール・ワットはぜひ、日の出から日の入りまでの時間の経過が作り出す神秘的な景観を満喫することをおすすめします ♪ ぜひ、親日国でも有名なカンボジアを一度訪れてみてくださいね。

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 9月 05日 7:24am

    Good

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 【台湾】♪定番の観光スポット巡り♪ 2泊3日 in台北_トラベルダイアリー
    台北旅行体験記今回は2020年1月に行った台湾旅行についてご紹介します!(まだのコロナが流行する…
  2. 【ガイドおすすめ】死ぬまでに見たい!加計呂麻島で絶景スポット巡り| トラベルダイアリー
    加計呂麻島旅行体験記今回は、奄美在住のガイドさんと一緒に“この世の楽園”と称される加計呂麻島へ行…
  3. カメラ好きなら行くっきゃない!フランス南西部の街、トゥールーズ| トラベルダイアリー
    トゥールーズ体験記フランス東部の街トゥールーズ。行ってみたら女性らしい一面や男の子っぽい一面。様…
  4. 香港旅行体験記インスタ映えスポットが目白押しの香港。離れて住む大好きな友人と現地集合にて弾丸女子…
  5. 幼児連れでも楽しめた!2歳児との海外旅行はグアムで正解!| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記子連れ海外に関しては2歳になってすぐハワイに行き惨敗。ロングフライトと時差がきつ…
  6. 台湾をもっともっと楽しむ!ローカル台中旅行| トラベルダイアリー
    台中旅行体験記人気の海外旅行先である、台湾。せっかく遊びに行くのなら、メジャーな台北や台南だけでな…
  7. ヴィース教会&お城観光に便利!ロマンティック街道の町フュッセン| トラベルダイアリー
    フュッセン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  8. モロッコのもう一つの青の町・エッサウィラがかわいすぎる!| トラベルダイアリー
    エッサウィラ旅行体験記エッサウィラという名前も聞いたことがなかったけど、せっかく遠いモロッコまで…
  9. 今や観光大国に!?猛スピードで進化し続けるモスクワが熱い!| トラベルダイアリー
    モスクワ旅行体験記モスクワといえば、カラフルなネギ坊主の聖ワシーリー寺院。名前は知らなくてもテレ…
  10. 自然が作り出した絶景!クルーズ船に宿泊して1泊2日ハロン湾を満喫| トラベルダイアリー
    ハロン湾旅行体験記ベトナムの北部、クアンニン省のトンキン湾北西部にあるハロン湾。ハノイから車で片…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  2. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…
  3. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  5. 異国情緒を感じる♪爽やかな港町・函館の元町エリアをぶらり街歩き| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記2泊3日で夏の北海道・函館を旅行しました。函館というと五稜郭や函館山の夜景といった…
  6. 何度行ってもまた行きたくなる!魅力いっぱいでおしゃれな神戸| トラベルダイアリー
    神戸旅行体験記明石に2年間住んでいた時に神戸へは観光やショッピングで良く訪れました。明石から新快…
  7. 下田旅行体験記海を眺めて癒されたい!忙しさで気持ちがすり減ってしまうと、ふと思います。 でもリゾ…
  8. 南阿蘇鉄道でトロッコ列車を満喫する日帰り南阿蘇の旅| トラベルダイアリー
    南阿蘇旅行体験記熊本地震で崩落した阿蘇大橋、5年の年月をかけて24時間体制で復旧工事が進められま…
  9. 金沢旅行体験記北陸新幹線の開通により、数年前から少しずつ人気上昇中の石川県の県庁所在地、金沢へ……
  10. ポップカルチャーも織り交ぜて、大人の原宿&表参道で遊ぶ!| トラベルダイアリー
    原宿・表参道旅行体験記原宿ってガチャガチャしてるからなんだかとっつきにくい…と思っていたのですが…

最新記事

  1. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  2. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  3. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  4. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  5. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  6. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  7. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  8. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  9. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  10. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…

Archive



PAGE TOP