エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー

エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ

アスワン旅行体験記

ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン(断食)の時期にエジプトに旅行しました。カイロから寝台列車でエジプトの最南端アスワンへ。そんなエジプト旅行の第3弾!エジプトのアスワン観光をご紹介します!

アスワン旅行について

おすすめのポイント
  1. 砂漠の中に残存する壮大な遺跡に感動!
  2. アブシンベル神殿の麓にあるホテルに宿泊!
  3. カイロからアスワンまで寝台列車でゆったりと移動

エジプトの最南端の都市アスワン。学生時代に歴史の授業で聞いたことがあるアスワン・ハイ・ダムがある都市です。アスワン・ハイ・ダム建設のため、水没しかかった古代遺跡をはじめ、数多くの遺跡が世界各国から訪れる人々を魅了しています。カイロからアスワンまで利用した寝台列車や壮大なアスワン周辺の遺跡、砂漠の真ん中に位置するホテルなどアスワン観光の魅力をご紹介します。

アスワン旅行のおすすめのスポット

アスワンハイダム建設で水没の危機にさらされたアブシンベル神殿

紀元前1300年頃、アブシンベル神殿はナイル川岸の大きな岩山を削り建設されました。ラムセス2世が造りあげた神殿の中でも最大級といわれており、大小2つの神殿から成っています。大神殿の高さは、33mもあり、正面には高さ20mを超える4体のラムセス2世像がみられます。大神殿の中にも高さ10m、8体ほどのラムセス2世像が並び、壁や天井には古代エジプトの象形文字が刻まれています。もともとはアスワンハイダムの場所にあった神殿。ダム建設により、水没の危機にさらされましたが、ユネスコとの協力で1000個以上のブロックに切り分け、4年間かけて現在の場所へ移り変えたそうです。

壁や柱に描かれた絵やヒエログリフが鮮やかなコムオンボ神殿

アスワンから北50kmほどの位置にあるコム・オンボにある神殿。紀元前332年~紀元前30年頃のプトレマイオス朝時代に建てられたそうです。入り口の左側には、ワニの形をした豊穣神「セべク」、右側にはハヤブサの姿をした太陽神「ホルス」の2神がまつられています。主軸を中心にすべて左右対称に造られているそうです。壁や柱に描かれた絵やヒエログリフが鮮やかで、中には古代の医療器具など一風変わったレリーフも残されています。

カイロからアスワンまでの寝台列車

アスワン行きの寝台列車は、カイロを夜に出発し、翌朝ルクソールを通って、アスワンに到着します。乗車後の就寝前と翌朝に食事も提供され、2段ベットタイプの個室で多少揺れはありますが、快適に過ごせました。翌朝、ナイル川沿いを走る列車の車窓から見えるエジプトの田舎の田園風景やロバに乗る人の姿など景色もゆっくり楽しむことができます。

アスワンでのおすすめグルメ

アブシンベル神殿の麓にある「ネフェルタリホテル」で3食堪能

アスワンからアブシンベル神殿へはバスで移動。アブシンベル神殿の麓にある「ネフェルタリホテル」で昼食、夕食、翌日の朝食と3食いただきました。豆や野菜入りのスープ料理、お肉やお魚を使ったメインディッシュ、デザートとエジプトのビールやワインも一緒に美味しくいただきました。食器類もシンプルな中にもエジプトらしくて素敵でした。

アスワンでのおすすめのショッピングスポット

アスワンの香水(アロマ)専門店「KYPHI PERFUMES」

アスワンでは、自然の植物から作られた香水(アロマ)とガラス製のさまざまなデザインの香水瓶が販売されている「KYPHI PERFUMES」に案内されました。香水瓶の実演もあり、値段も安くはなく、もともと香水はあまり好きじゃないので興味がなかったはずなのですが・・・香水瓶の可愛さと自然な柔らかい香水(アロマ)のかおりが気に入り購入してしまいました。ガラス製なので持ち帰るのが心配でしたが、しっかり梱包してくれました。

アスワンにて宿泊したホテル

アブシンベル神殿の麓にある「ネフェルタリホテル」

アブシンベル神殿の麓にある「ネフェルタリホテル」に宿泊しました。このホテルは、プールや庭園も併設されている低層型のコテージタイプのホテルです。ナセル湖の湖畔にあり、窓からは湖を一望できます。アブシンベル神殿の麓にあるため、昼間のアブシンベル神殿のみではなく、夜の幻想的な音と光のショーや日の出のアブシンベル神殿などさまざまなアブシンベル神殿を心ゆくまで楽しむことができます。

アスワン旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社 アブシンベルに泊まる!ナイル川クルーズ

イスラム圏でラマダン(断食)の時期ということもあり、ナイル川クルーズ船に3泊4日宿泊しながら、ナイル川周辺の古代遺跡を満喫する団体ツアーに参加しました。現地の日本語ガイドがツアーに付き添っての観光で、もちろんガイドさんもラマダン中。一切飲み食いせずに付き添うガイドさんに関心しました。カイロから寝台列車を利用したアスワンへの観光は、個室で快適であり、遺跡観光もラマダン(断食)中でも通常通り営業しており、ゆったりと旅することが出来ました。

アスワン旅行に必要な持ち物

日差しが強いので日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・帽子・サングラス等)は必須です!日中はそれほどでもありませんが、朝晩の少し涼しい時間に蚊も出没するので虫よけスプレーもあると良いでしょう。暑いので、半袖やノースリーを来たいところですが、イスラム圏のため、肌の露出がない薄手の素材の服装がベストです。砂漠で広大なエリアに遺跡があるので、歩きやすい靴やスニーカーが良いでしょう。また、暑いので脱水にならないように常にミネラルウォーターを持参し、こまめに水分補給することも忘れずに!

アスワン旅行での注意点

アスワン旅行での注意点
  1. 日差しが強いので日焼け対策を忘れずに!
  2. 脱水予防にこまめに水分補給を忘れずに!
  3. 広大なエリアに遺跡があるので歩きやすい服装や靴で快適な旅行を!

日差しが強いの日焼け対策は必須です。また、暑いので常にミネラルウォーターを持参し、脱水にならないようにこまめに水分補給をすることを忘れずに!砂漠で暑いですが、日差しがとにかく強いので、できるだけ肌の露出を避けた服装がベストです。砂漠にある遺跡巡りで足元が悪いので、履きなれた靴やスニーカーなど疲れにくい靴が良いでしょう。

まとめ

カイロから寝台列車を利用してのアスワン周辺観光を少しご紹介しましたが、アスワン周辺にはまだまだ紹介しきれなかった見どころがたくさんあります。ラマダン(断食)中でも寝台列車も個室であり、観光地は通常通り営業しており、ゆったりと観光することができました。飛行機の旅も良いですが列車を利用し、車窓からの風景をゆったりと楽しめる旅もおすすめします。

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ナツメヤシが実る砂漠のオアシス・トズール観光| トラベルダイアリー
    トズ―ル旅行体験記チュニジア南部に位置するトズールは砂漠ツアーの玄関口です。小さな町ですが、程よ…
  2. 友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー
    ゴム旅行体験記イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行き…
  3. 女子一人旅 in イギリス グリニッジで念願の本初子午線をまたぐ トラベルダイアリー
    グリニッジ旅行体験記イギリスに行ったら絶対に行きたいと思っていた場所、グリニッジ天文台をついに訪…
  4. ダナン旅行体験記アジアのリゾートでゆったりのんびりしたい。治安がそこそこ良い、ビーチだけでな…
  5. セビリア旅行体験記夫婦でスペインを1か月間かけて周遊し、様々な都市を訪れました。その中でもセビリ…
  6. 初サンフランシスコ② 夢のようなグレース大聖堂と、坂道ファンクラブ。*| トラベルダイアリー
    初サンフランシスコ旅・2日目サンフランシスコ初日は王道の観光スポットを巡りました。2日目はち…
  7. 【ガイドおすすめ】死ぬまでに見たい!加計呂麻島で絶景スポット巡り| トラベルダイアリー
    加計呂麻島旅行体験記今回は、奄美在住のガイドさんと一緒に“この世の楽園”と称される加計呂麻島へ行…
  8. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  9. シェムリアップ旅行体験記今度の旅行は東南アジアに行きたいと何となく選んだカンボジア、シェムリアッ…
  10. ハノイ旅行体験記初めての一人旅、最初の地はベトナム、ハノイでした。一人旅のスタートはハラハラドキ…

国内旅行おすすめ

  1. 京都紅葉✖︎鍬山神社!〜絶景ビュースポット巡りしませんか?〜| トラベルダイアリー
    鍬山神社旅行体験記11月に見頃を迎えた鍬山神社へ行ってきました。京都市外ということもあり、京都の…
  2. お城から映えスポットまで。今行きたい〜愛知・犬山〜| トラベルダイアリー
    犬山旅行体験記以前もご紹介した名古屋。東京、大阪からすぐに行ける場所にありますが、今回は、そんな…
  3. 愛媛松山の「道後温泉」と「千と千尋の神隠し」のあの名場面を! | トラベルダイアリー
    松山旅行体験記雰囲気のある道後温泉をインターネットで見つけ、日帰りで楽しめるということで行くこと…
  4. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  5. 湯布院旅行体験記 「温泉入りに行きません?」残業続きでクタクタの金曜深夜に、ふと…
  6. 淡路島旅行体験記小さい頃何度か訪れた淡路島。あれから時は流れ、また新たな観光スポットがたくさ…
  7. イルミネーションと自然を満喫するハウステンボスでの休日| トラベルダイアリー
    ハウステンボス旅行体験記会社の同僚と長崎のハウステンボスへ遊びに行きました。子供の頃から何度か訪…
  8. 熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー
    熊本旅行体験記夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐ…
  9. 坂のある風景にシャッターが止まらない!レトロな港町・尾道をぶらり| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記風情ある景色と街並みで多くの映画や物語の舞台にもなっている広島県尾道市。今回2週間…
  10. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP