観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫| トラベルダイアリー

観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫

ビクトリアフォールズ旅行体験記

世界三大瀑布であるビクトリアフォールズに一度は訪れてみたかったので、念願叶って訪れることが出来ました。公園の入口からは徒歩で歩いていくのですが、入口付近から既に滝の水が滝壺に落ちる音が響いています。そして眼の前に広がるビクトリア滝の迫力はもう“圧巻”の一言です。

ビクトリアフォールズ旅行について

おすすめのポイント
  1. 大迫力のビクトリア滝をヘリコプター遊覧で上空から眺められる
  2. 大自然の中に滞在するので、野生動物との出会いがたくさん
  3. 日本では食べられない珍しいお肉を食べられるチャンス

ビクトリア滝はまず徒歩にて観光し、その後希望者はヘリコプターに乗り、上空から滝を眺めることが出来ます。滝の全景は陸上からでは写真に納めきれないので、ヘリはお勧めです。また、ビクトリアフォールズには野生動物がたくさんいます。ゾウやイボイノシシ、ヒヒなどの動物がそこかしこにいるので、毎日がワクワクの連続です。そして、ボマと呼ばれるバーベキュービュッフェのレストランではイボイノシシなどの野生動物のお肉が味わえます。日本人にはあまり馴染みがないですが、意外と美味しいので思い出に是非召し上がってみてください。

ビクトリアフォールズ旅行のおすすめのスポット

バッファローバーにて水浴びするゾウを眺める

ビクトリアフォールズサファリロッジというホテルにあるバッファローバー。
このバーからはゾウが集まるプール(水飲み場)が見える。夕方に沈みゆく太陽とゾウたちの姿を眺めながら、ゆったりとカクテルやビールを飲み、旅行の思い出を語り合うのは至福の時間。アフリカにいる、ということを再確認できるような眺めに日常での疲れも癒されます。広大なサバンナは日本では見ることの出来ない贅沢な景色です。

ザンベジ川でのサンセットクルーズ

ビクトリアフォールズの上流、ザンベジ川では夕日を眺めながらクルーズを楽しめます。
このクルーズが良いのはスナックとドリンクが料金に含まれているということです。
しかもお酒好きの方に嬉しいのがアルコール飲料も込みという点です。ビールにワイン、そしてフィンガーフードをつまみながらゆったりと約2時間かけてのクルージング。
時にはカバや水鳥などの水辺の野生動物にも出会えます。ホテルに帰ってからも美味しい夕食が待っているので、食べ過ぎには注意ですが、ついつい雰囲気につられて食べ過ぎてしまいます。

ザンビアとジンバブエの国境にかかる橋ビクトリア大橋

ビクトリア大橋はジンバブエとザンビアの国境にかかる橋です。ツアーでは途中でバスからおり、徒歩で橋を渡りました。橋からはビクトリアの滝はほとんど見えないのですが、渓谷の素晴らしい景色が眺められます。車でいけば数分ですが、歩いて渡ることをお勧めします。高所恐怖症の人には少し辛い場所かもしれませんが、晴れている日にはとても気持ちがよいです。

ビクトリアフォールズでのおすすめグルメ

ボマレストランでゲームミートを味わう

“ボマ”とは“火”の意味で、ボマディナーとはアフリカ式のバーベキューのことです。
ボマディナーではイボイノシシやクドゥ(アンテロープの一種)などの野生動物のお肉が
グリルされていて、好みのソースで味わえます。また、食べられる芋虫もあるので、旅の思い出に挑戦するのも面白いですよ。私も挑戦しましたが、カリカリにローストしてあるので味はほとんどしませんでした。少し硬い感じはありましたが…。このレストランでは現地ビールを飲めたり、アフリカンダンスなども見られるので観光客にはお勧めです。

ビクトリアフォールズでのおすすめのショッピングスポット

ビクトリアフォールズ公園入口のお土産屋

ビクトリアフォールズの入口付近にお土産屋があります。ここの商品は綺麗なので、
値段も少し高めですが、値札もしっかりと貼ってあるので安心です。Tシャツや小物類が多いですが、特にジンバブエで買うべきは木彫りの置物です。ジンバブエの木彫りは質が良く、且つ安いです。また野生動物の形をしたカラフルなキーホルダーやマグカップなどもビクトリアフォールズの思い出にいいですね。

ビクトリアフォールズにて宿泊したホテル

ジンバブエ遺跡を模した大型のリゾートホテルキングダム

ビクトリアフォールズの町の中心に位置していて、ビクトリアの滝まで徒歩圏内です。
大型のホテルで日本人グループツアーも多く利用しているホテルです。館内にはお土産屋もあり、スタッフは皆親切です。室内は比較的広く、テラスも付いています。
ホテル敷地内には池やプールなどもあり、散歩をしているだけで、気持ちがいいです。
ただ、ビクトリアフォールズのホテルはどこもそうなのですが、レストランは基本すべて、屋外(オープンエア)になっています。その為、蚊の対策は必須です。肌の弱い自分には辛い点です。

ビクトリアフォールズ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社

添乗員さんが旅慣れた方だった為、初めての場所でも安心していくことが出来ました。
持ち物や治安などの質問にも的確に応えてくれ助かりました。他のお客さんへの対応も良く、とても感じの良い方でした。またツアーの人数もそれほど多くなく、場所柄スムーズに回ることが出来たと思います。ツアーでいくと、普段なかなか関わることのない人達とも話が出来るので、人との関わりが広がって楽しいです。

ビクトリアフォールズ旅行に必要な持ち物

滝の観光用に上下しっかりとしたカッパは必須です。特に滝の水量の多い4月から7月頃まではどんな服装をしていても濡れます。欧米の人は水着を着ている人もいます。その他に濡れても良い靴(ウォーターシューズなど)。サンダルは地面が石畳で濡れているのでお勧めしません。カメラをカバーする袋も必要です。本当に水滴が細かいのでしっかり対策をしていないとカメラを守れません。あとは蚊対策グッズ、日焼け止めなどです。

ビクトリアフォールズ旅行での注意点

ビクトリアフォールズ旅行での注意点
  1. ビクトリアフォールズの水量は一年を通じて変動する
  2. 野生動物が近くにいる時は荷物から目を離さない
  3. 日が暮れてからの1人歩きには野生動物に注意が必要

ビクトリアの滝は1年間を通じて滝の水量が変動します。最も水量が多いのが4月から7月頃、10月~12月頃は滝壺が見えるくらい水量が少なくなります。そして夕暮れから野生動物は活発に動き回るため、1人での外出は危険です。昼間でも注意が必要です。特にヒヒは人間を怖がらず、荷物を奪うなどのトラブルがあったと聞いたので注意が必要です。

まとめ

阪急交通社のツアーで南部アフリカを周遊しましたが、なんと言っても価格が安いことが一番の魅力です。また価格が安いにも関わらず、アフリカ方面はエリア的にベテランで経験豊富な添乗員さんが付く傾向があると個人的に思っています。客層は60代から70代の方が多いようですが、皆さん旅行慣れされている方が多いのでお話しているだけで楽しいです。また機会があれば是非参加したいと思っています。

Reiko

投稿者の過去記事

エジプトをはじめ中近東のイスラム圏やアフリカが好きです。
出張やプライベートで行った海外の街の魅力を紹介していきます。
買い物も大好きなので、海外で出会ったかわいい雑貨やアクセサリーなども出来るだけ紹介していければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 台湾野球場巡り体験記日本の野球シーズンは通常3月末に開幕し、10月には終わります。実は台湾ではこ…
  2. ハンガリー・ブダペストを2泊3日で楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記ハンガリーの首都ブダペストは、その街の美しさから「ドナウの真珠」と称されてい…
  3. ウィーン旅行体験記親友の海外フォトウェディングのお手伝いで訪れたウィーン。写真撮影後「きょうは甘…
  4. ウラジオストク旅行体験記2019年令和最初の夏。たまたま読んだブログでウラジオストクが日本から近…
  5. モスタル旅行体験記中東から西へ移動するように東欧の国々を旅していると、多くの国や都市でユーゴスラ…
  6. オックスフォードに行ってきました!語学留学をして以来、アカデミックな雰囲気と過ごしやすさがとても…
  7. スニオン岬旅行体験記ギリシャの首都アテネから日帰りで足を伸ばせる自然がいっぱいのスニオン岬。都市…
  8. 友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー
    ゴム旅行体験記イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行き…
  9. ロンドン旅行体験記ずっと憧れがあって行ってみたかったロンドンですが、どこを切り取っても写真になる…
  10. タスマニア旅行体験記オーストラリアへ住んでいた頃、たくさんの人にタスマニアを訪れることをおすすめ…

国内旅行おすすめ

  1. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  2. 新緑の那須高原!パワースポット&美術館をめぐる日帰り旅| トラベルダイアリー
    那須旅行体験記新緑の綺麗な那須高原へ行ってきました。那須温泉神社と殺生石を1時間かけてじっくりと…
  3. 美味しいものがいっぱい!歴史と自然も満喫できる兵庫の穴場「赤穂」| トラベルダイアリー
    赤穂市旅行体験記兵庫県の南西部、岡山県との県境にある「赤穂」。” 忠臣蔵 ”や” 赤穂の塩 ”で…
  4. あゝ美しき和歌山!~自然溢れる絶景スポット巡りの旅~ | トラベルダイアリー
    那智旅行体験記2018年GW、以前から気になっていた和歌山県へ旅行に行ってきました。行きたい場所…
  5. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…
  6. 青森旅行体験記青森といえばねぶた!弘前城!海産物!と思い浮かびますが、実際行ったことがなかっ…
  7. 佐久島旅行体験記アートの島として有名な佐久島に仲の良い友達3人で行ってきました。とても手軽に離島へ…
  8. 小豆島旅行体験記小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。最近インスタグ…
  9. 知床旅行体験記世界遺産に登録されている北海道の知床は、アクセスが大変で気軽に行けないので北海道の秘…
  10. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP