観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫| トラベルダイアリー

観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫

ビクトリアフォールズ旅行体験記

世界三大瀑布であるビクトリアフォールズに一度は訪れてみたかったので、念願叶って訪れることが出来ました。公園の入口からは徒歩で歩いていくのですが、入口付近から既に滝の水が滝壺に落ちる音が響いています。そして眼の前に広がるビクトリア滝の迫力はもう“圧巻”の一言です。

ビクトリアフォールズ旅行について

おすすめのポイント
  1. 大迫力のビクトリア滝をヘリコプター遊覧で上空から眺められる
  2. 大自然の中に滞在するので、野生動物との出会いがたくさん
  3. 日本では食べられない珍しいお肉を食べられるチャンス

ビクトリア滝はまず徒歩にて観光し、その後希望者はヘリコプターに乗り、上空から滝を眺めることが出来ます。滝の全景は陸上からでは写真に納めきれないので、ヘリはお勧めです。また、ビクトリアフォールズには野生動物がたくさんいます。ゾウやイボイノシシ、ヒヒなどの動物がそこかしこにいるので、毎日がワクワクの連続です。そして、ボマと呼ばれるバーベキュービュッフェのレストランではイボイノシシなどの野生動物のお肉が味わえます。日本人にはあまり馴染みがないですが、意外と美味しいので思い出に是非召し上がってみてください。

ビクトリアフォールズ旅行のおすすめのスポット

バッファローバーにて水浴びするゾウを眺める

ビクトリアフォールズサファリロッジというホテルにあるバッファローバー。
このバーからはゾウが集まるプール(水飲み場)が見える。夕方に沈みゆく太陽とゾウたちの姿を眺めながら、ゆったりとカクテルやビールを飲み、旅行の思い出を語り合うのは至福の時間。アフリカにいる、ということを再確認できるような眺めに日常での疲れも癒されます。広大なサバンナは日本では見ることの出来ない贅沢な景色です。

ザンベジ川でのサンセットクルーズ

ビクトリアフォールズの上流、ザンベジ川では夕日を眺めながらクルーズを楽しめます。
このクルーズが良いのはスナックとドリンクが料金に含まれているということです。
しかもお酒好きの方に嬉しいのがアルコール飲料も込みという点です。ビールにワイン、そしてフィンガーフードをつまみながらゆったりと約2時間かけてのクルージング。
時にはカバや水鳥などの水辺の野生動物にも出会えます。ホテルに帰ってからも美味しい夕食が待っているので、食べ過ぎには注意ですが、ついつい雰囲気につられて食べ過ぎてしまいます。

ザンビアとジンバブエの国境にかかる橋ビクトリア大橋

ビクトリア大橋はジンバブエとザンビアの国境にかかる橋です。ツアーでは途中でバスからおり、徒歩で橋を渡りました。橋からはビクトリアの滝はほとんど見えないのですが、渓谷の素晴らしい景色が眺められます。車でいけば数分ですが、歩いて渡ることをお勧めします。高所恐怖症の人には少し辛い場所かもしれませんが、晴れている日にはとても気持ちがよいです。

ビクトリアフォールズでのおすすめグルメ

ボマレストランでゲームミートを味わう

“ボマ”とは“火”の意味で、ボマディナーとはアフリカ式のバーベキューのことです。
ボマディナーではイボイノシシやクドゥ(アンテロープの一種)などの野生動物のお肉が
グリルされていて、好みのソースで味わえます。また、食べられる芋虫もあるので、旅の思い出に挑戦するのも面白いですよ。私も挑戦しましたが、カリカリにローストしてあるので味はほとんどしませんでした。少し硬い感じはありましたが…。このレストランでは現地ビールを飲めたり、アフリカンダンスなども見られるので観光客にはお勧めです。

ビクトリアフォールズでのおすすめのショッピングスポット

ビクトリアフォールズ公園入口のお土産屋

ビクトリアフォールズの入口付近にお土産屋があります。ここの商品は綺麗なので、
値段も少し高めですが、値札もしっかりと貼ってあるので安心です。Tシャツや小物類が多いですが、特にジンバブエで買うべきは木彫りの置物です。ジンバブエの木彫りは質が良く、且つ安いです。また野生動物の形をしたカラフルなキーホルダーやマグカップなどもビクトリアフォールズの思い出にいいですね。

ビクトリアフォールズにて宿泊したホテル

ジンバブエ遺跡を模した大型のリゾートホテルキングダム

ビクトリアフォールズの町の中心に位置していて、ビクトリアの滝まで徒歩圏内です。
大型のホテルで日本人グループツアーも多く利用しているホテルです。館内にはお土産屋もあり、スタッフは皆親切です。室内は比較的広く、テラスも付いています。
ホテル敷地内には池やプールなどもあり、散歩をしているだけで、気持ちがいいです。
ただ、ビクトリアフォールズのホテルはどこもそうなのですが、レストランは基本すべて、屋外(オープンエア)になっています。その為、蚊の対策は必須です。肌の弱い自分には辛い点です。

ビクトリアフォールズ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社

添乗員さんが旅慣れた方だった為、初めての場所でも安心していくことが出来ました。
持ち物や治安などの質問にも的確に応えてくれ助かりました。他のお客さんへの対応も良く、とても感じの良い方でした。またツアーの人数もそれほど多くなく、場所柄スムーズに回ることが出来たと思います。ツアーでいくと、普段なかなか関わることのない人達とも話が出来るので、人との関わりが広がって楽しいです。

ビクトリアフォールズ旅行に必要な持ち物

滝の観光用に上下しっかりとしたカッパは必須です。特に滝の水量の多い4月から7月頃まではどんな服装をしていても濡れます。欧米の人は水着を着ている人もいます。その他に濡れても良い靴(ウォーターシューズなど)。サンダルは地面が石畳で濡れているのでお勧めしません。カメラをカバーする袋も必要です。本当に水滴が細かいのでしっかり対策をしていないとカメラを守れません。あとは蚊対策グッズ、日焼け止めなどです。

ビクトリアフォールズ旅行での注意点

ビクトリアフォールズ旅行での注意点
  1. ビクトリアフォールズの水量は一年を通じて変動する
  2. 野生動物が近くにいる時は荷物から目を離さない
  3. 日が暮れてからの1人歩きには野生動物に注意が必要

ビクトリアの滝は1年間を通じて滝の水量が変動します。最も水量が多いのが4月から7月頃、10月~12月頃は滝壺が見えるくらい水量が少なくなります。そして夕暮れから野生動物は活発に動き回るため、1人での外出は危険です。昼間でも注意が必要です。特にヒヒは人間を怖がらず、荷物を奪うなどのトラブルがあったと聞いたので注意が必要です。

まとめ

阪急交通社のツアーで南部アフリカを周遊しましたが、なんと言っても価格が安いことが一番の魅力です。また価格が安いにも関わらず、アフリカ方面はエリア的にベテランで経験豊富な添乗員さんが付く傾向があると個人的に思っています。客層は60代から70代の方が多いようですが、皆さん旅行慣れされている方が多いのでお話しているだけで楽しいです。また機会があれば是非参加したいと思っています。

Reiko

投稿者の過去記事

エジプトをはじめ中近東のイスラム圏やアフリカが好きです。
出張やプライベートで行った海外の街の魅力を紹介していきます。
買い物も大好きなので、海外で出会ったかわいい雑貨やアクセサリーなども出来るだけ紹介していければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子一人旅 in カナダ 英国?中国?いろんな顔を持つバンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記メキシコを離れ、その後はアメリカで友達と合流してバンクーバーに行きました。…
  2. ウユニ旅行体験記前回、ウユニ①の記事でご紹介したツアーでは、乾季と雨季それぞれ違ったウユニ塩湖を…
  3. ニューヨーク旅行体験記昔から好きだった海外ドラマ、セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)の舞台…
  4. ヴェナリア・レアーレ旅行体験記雑誌で見て、一生に一度行ってみたかったヴェナリア・レアーレ(ヴェナ…
  5. 人生に一度じゃ勿体ない!もう一度行きたくなるニューヨークの街| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記「一度は行ってみたい!」と旅だった先は、大都市ニューヨーク。一度行けば満足…
  6. グアム旅行体験記4月末に休暇があり、母親と2人で親子旅をしました。GW前ということで飛行機の価格…
  7. 初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ノースショア編~| トラベルダイアリー
    ノースショア旅行体験記結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めて…
  8. レモンの香る街、フランス・マントンでビタミンチャージ旅行♪ | トラベルダイアリー
    マントン旅行体験記大好きなレモンケーキを食べるたびに目にする「マントン産レモン」の文字。小さい頃…
  9. 石灰岩をくり抜いてできた街!イタリアのマテーラの洞窟住居| トラベルダイアリー
    マテーラ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  10. ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー
    ヒヴァ旅行体験記ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「…

国内旅行おすすめ

  1. 1日だけじゃ足りない⁈まるで映画の世界が楽しめる神戸!| トラベルダイアリー
    神戸旅行体験記 洋館に興味があり、調べて一番にでてきたのは兵庫県の神戸市でした。…
  2. 尾道旅行体験記広島の尾道は瀬戸内海に面した港町です。広島の小京都とも呼ばれ、古い町並みが残り、お寺…
  3. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…
  4. 下関旅行体験記 私が住む福岡から新幹線でたった30分ほどで行ける山口県。関東の友…
  5. ~祝!世界遺産登録“三保松原”~絶景富士山&絶品苺で静岡を満喫♪ | トラベルダイアリー
    三保松原&いちご狩り旅行体験記2020年2月三保松原と久能石垣いちご狩りへ行ってきました。天女の…
  6. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  7. 九州最強のパワースポット!一度は行ってみたい宮崎の高千穂峡| トラベルダイアリー
    高千穂旅行体験記以前から一度行ってみたかった場所の1つ高千穂峡に友達と2人で熊本から日帰りで行っ…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  9. 福岡旅行体験記仕事の疲れを癒やしたい…美味しいものを鱈腹味わいたいと思って。なんでも美味しくて、…
  10. 「一度は食べたいカキ氷」と「ひまわり畑」で楽しむ夏~in益子と真岡| トラベルダイアリー
    益子と真岡旅行体験記栃木県の益子町で「ひまわり祭り」が行われていたので、元気をいただきに行ってき…

最新記事

  1. 北九州で異国気分☆レトロな洋風建築が建ち並ぶ門司港散策| トラベルダイアリー
    北九州旅行体験記横浜や函館、神戸など異国情緒ある港町が大好きでずっと気になっていた北九州市門司港…
  2. 田川旅行体験記福岡県の炭鉱で栄えた町、田川を走る平成筑豊鉄道は、平成元年に誕生し、令和には新しく…
  3. 3000本のモミジにうっとり♪秋の京都は【永観堂】に行くべし!| トラベルダイアリー
    永観堂旅行体験記永観堂(禅林寺)はみかえり阿弥陀様で有名なお寺ですが、それだけではなく秋の紅葉の…
  4. 歴史と自然が調和する港町☆福山市鞆の浦へ日帰りサイクリング| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記リモートワークしながら広島県の尾道に長期滞在中、週末どこかへお出かけしたくなってお…
  5. 初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ノースショア編~| トラベルダイアリー
    ノースショア旅行体験記結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めて…
  6. tabihituji_pavirion2
    東京美術館巡りの旅【青山・渋谷周辺】東京の青山周辺のアートイベント「パビリオン東京2021」の展…
  7. 温泉天国・山形県で、東根温泉と銀山温泉をはしごする旅| トラベルダイアリー
    東根旅行体験記もともとは、同じ山形県にある銀山温泉のノスタルジックな街並みに憧れて、泊まる旅館を探…
  8. 一度は行ってみたいと憧れる!日本三景の1つ広島・宮島の旅| トラベルダイアリー
    宮島旅行体験記関西在住中に岡山と広島の県境に住んでいる友人を訪ねながら、せっかくなので周辺の観光…
  9. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  10. 小豆島で暮らすような旅!豊かな食材と穏やかな自然に癒された| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記リモートワークしながら香川県小豆島の古民家に10日間滞在しました!仕事の始まりと…

Archive



PAGE TOP