ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー

ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」

カラカルパクスタン共和国旅行体験記

ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。はじめてその地を訪れたのは、今から12年も前のこと。広大なキジルクム砂漠の地平線と夜には180度に広がる満天の星空が見られる秘境!その感動的な絶景と古代ホラズム王国の遺跡が観られる地をご紹介します。

カラカルパクスタン共和国旅行について

おすすめのポイント
  1. キジルクム砂漠の地平線と180度に広がる満点の星空の絶景
  2. 数百kmにわたって点在する古代ホラズム王国の遺跡巡り
  3. 20世紀最大の環境問題でも有名なアラル海

数百kmにわたって点在する古代ホラズム王国の遺跡。その数は1000以上といわれています。その遺跡の1つアヤズ・カラ(城)の遺跡の麓にあるユルタの宿泊施設。広大なキジルクム砂漠の地平線と夜には感動の満点の星空。そしてかつては世界で4番目の大きさを誇るほどの大きさがあったアラル海は現在では10分の1の大きさに・・・秘境の地で、自然というものについて再び考えさせられる場所です。

カラカルパクスタン共和国旅行のおすすめのスポット

キジルクム砂漠の地平線で運が良ければ放牧されているラクダと遭遇

キジルクム砂漠に位置する古代ホラズム王国の遺跡アヤズ・カラ(城)の麓にあるユルタの宿泊施設。運が良ければ、2~3日に1度帰ってくる放牧されているラクダに出会うことが出来るかもしれません。もちろん、遭遇出来たらラクダに乗せてもらうことも出来ますよ。その砂漠に見える地平線、広大な景色をラクダに乗ってみるとまた違った景色が・・・

古代ホラズム王国の遺跡カラ(城)巡り

古代ホラズム王国の遺跡は数百kmにわたって、1000以上あるといわれています。アム川の流れが変わるたびにカラ(城)を造り替えて生活していたそうです。そのなかでもアヤズ・カラ、トプラク・カラなどは有名。その他のカラも現在でも発掘中のものも多数あります。遺跡好きや歴史に興味のある人にとっては興味深い場所に違いないでしょう。

かつては世界4番目の大きさを誇ったアラル海

カラカルパクスタン共和国の首都ヌクスから北へ車で3時間程でムイナクへ。そこには、かつて世界で4番目の大きさを誇ったアラル海の「船の墓場」が・・・現在は10分の1の大きさになってしまったアラル海。20世紀最大の環境問題ともいわれるその干された砂漠に残る船を見て、自然について考えさせられることでしょう。お時間のある方は、現存するアラル海沿岸まで行ってみては?!

カラカルパクスタン共和国でのおすすめグルメ

ウズベキスタン共和国の伝統料理「パロフ」とウオッカ

ウズベキスタン共和国の伝統料理「パロフ」はカラカルパクスタンでも同様。日本でいうとピラフやチャーハンに似ています。タシケントやサマルカンドのパロフは油っぽいですが、ホラズム州やここカラカルパクスタン共和国のパロフは油も少なめで日本人向き。大自然の中で食べる「パロフ」はまた格別!昼と夜の寒暖差があり、夜は少し冷え込むことも・・・満点の星空の下で体を温めるためにもアルコール度数40度のウオッカも試飲してみては?!

カラカルパクスタン共和国でのおすすめのショッピングスポット

ヌクスのサヴィツキー美術館でカラカルパクスタン刺繍雑貨

カラカルパクスタン共和国の首都にあたるヌクス。町の中心に位置するサヴィツキー美術館では、民族学者であったロシア人のイーゴリ・ザヴィツキー氏のコレクションが展示されている他、カラカルパクスタンの独特な柄の手刺繍が施されたポーチやキーケースなどの小物等が販売されています。お気に入りの1点を見つけてみては?!

カラカルパクスタン共和国にて宿泊したホテル

アヤズ・カラの麓でユルタに宿泊

キジルクム砂漠に位置する古代ホラズム王国のアヤズ・カラ(城)の遺跡の麓にあるユルタ宿泊施設。周辺にはアヤズ・カラ以外何もありませんが、その日本では見られない砂漠に見える地平線と夜には180度に広がる満点の星空には、息をのむほどの感動が!アヤズ・カラの上からユルタを見ると、その広大なキジルクム砂漠の中にあるユルタがまた絵になります。

カラカルパクスタン共和国旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ウズベキスタンの西部に位置するカラカルパクスタン共和国の現地語は、カラカルパク語。ウズベキスタン共和国の現地語であるウズベク語やロシア語は多少通じますが、英語は片言程度。ヌクスまで国内線で行くことも可能ですが、ユルタやカラ巡り、アラル海などへの交通は基本個人タクシーを手配しなければならないため、現地語が出来なければかなり厳しいのが現状です。もし、通訳やタクシーの手配などが必要であれば、投稿者へご連絡いただければ、ホラズム州在住なのですぐにご対応も可能です。

カラカルパクスタン共和国旅行に必要な持ち物

日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・日傘・帽子・サングラス等)、ウエットティッシュ、エコバック、歩きやすい靴(スニーカーなどがベスト)、胃腸薬、夏でもパーカーなど(朝晩の寒暖差が激しいため夜は肌寒い)。ウズベキスタンは日本と比較すると日差しが強いので、日焼け・日差し対策は必須です。また、ついつい美味しい果物を食べすぎてしまったり、全体的に油っぽい料理も多いので、胃腸の調子が乱れやすいことも・・・胃腸薬を持参して、快適な旅行を !

カラカルパクスタン共和国旅行での注意点

カラカルパクスタン共和国旅行での注意点
  1. 塩害により、水がしょっぱいので必ずミネラルウォーターを!
  2. 夏の美味しい果物や生野菜料理は控えめに !
  3. 乾燥しているため、汗の量は少ないけれどこまめに水分補給を !

カラカルパクスタン共和国は、アラル海の環境問題にもみられるように塩害が進み、住民が飲水している水もかなりしょっぱいです。お茶などもミネラルウォーターを使用していない場合もあるので、要注意!おいしい果物や生野菜、伝統料理の「パロフ」なども比較的日本人の口に合い、ついつい食べ過ぎ・飲みすぎてしまいますが、胃腸の調子が乱れやすいので十分注意してください!

まとめ

カラカルパクスタン方面への旅行は、ユルタにシャワーもありますが、ほぼないと考えていた方が無難です。カラ巡りなどでは、キジルクム砂漠を車で周遊、お手洗いなどは出発前や昼食時に済ませておく必要があります。現存しているアラル海の沿岸まで行くことやアラル海の南に位置するバルサケルメス塩湖なども南米のウユニ塩湖まで行かなくても見られる絶景といわれています。お時間のある方はぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか?「ウズベキスタンについて」「旅行について」他何でもご質問がありましたら、ぜひ投稿者のサイトからご相談ください。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 8月 31日 5:11am

    Very Good

    • 上田優月
    • 2023年 4月 04日 12:09pm

    こんにちは。
    突然のご連絡失礼いたします。
    4月中旬にウズベキスタン旅行予定です。
    ユルタに宿泊し、アラル海を見に行くツアーを探しているのですがうまく見つけられず、、
    もしおすすめのツアーがございましたら教えていただけますでしょうか?

    • こんにちは。
      ご連絡ありがとうございます。
      私の知人のウズベキスタン現地旅行会社をご紹介させていただきます。
      上田さんの希望にあったプランを計画してくれます。
      https://srptravel.com/
      ウズベキスタンへのお越しをお待ちしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ランカウイ島 旅行体験記アジアンビーチリゾートの魅力は、何と言ってもコスパが良い事です。物価が安…
  2. 釜山旅行体験記釜山の甘川洞文化村にあるカラフルな風景を見たいと思い、釜山の旅行を決めました。写真…
  3. バラナシ旅行体験記「臭い、汚い、けたたましい」頭文字のKをとって、インドの3Kと旅人の間では言わ…
  4. おもしろ楽しい!アイルランドの街、ブラーニーでお城探訪★| トラベルダイアリー
    ブラーニー城観光体験記テレビで見て以来気になっていたアイルランドにある一風変わったお城「ブラーニ…
  5. 黒い大地!ハワイのビッグアイランド ハワイ島| トラベルダイアリー
    ハワイ・ハワイ島 旅行体験記ハワイと言えばオアフ島ホノルルがメジャーです。しかしハワイで一番大き…
  6. 寧波旅行体験記友人に遊びにおいでよと誘われ、どこに住んでいるかもよくわからないまま二つ返事で行く…
  7. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  8. カンクン旅行体験記カンクンは、メキシコのラテン文化漂う陽気なエキゾチック感と、リゾートならではの…
  9. ヘルシンキ旅行体験記うだるような都会の夏を抜け出して、北欧の大自然のクーラーを、体いっぱい浴びた…
  10. brighton_pabirion2
    イギリス【ブライトン】旅行体験記ブライトンはイギリスの南東に位置する、ロンドンから日帰りで訪れる…

国内旅行おすすめ

  1. 京都駅からの景色
    京都市旅行体験記京都といえば、日本有数の観光都市。その玄関口は、新幹線も停まる「京都駅」です…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記三世代旅行で熱海へ行ってきました。以前熱海駅前の観光案内所で子連れにオススメのスポ…
  3. 静岡浜名湖ガーデンパークへ行こう~そこは花の楽園でした~ | トラベルダイアリー
    浜名湖ガーデンパーク体験記4月に知人から浜名湖ガーデンパークのネモフィラが見頃との情報を得たので…
  4. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  5. 札幌旅行体験記数年に1回程度、学会発表に参加しなくてはならないため、どうせ行くなら空いている時間…
  6. 雄大な自然風景と街並みに癒される♪秋の湯布院日帰り観光| トラベルダイアリー
    湯布院旅行体験記大分県・湯布院に紅葉を見に行きました!今回は別府から日帰りで訪れたので、バスターミ…
  7. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  8. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  9. ~ガラス&星の王子さまに癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記今回の箱根旅行は女性ふたり旅でしたので、カフェやガラスの森美術館などを中心に巡り、…
  10. 小豆島旅行体験記小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。最近インスタグ…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP