ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー

ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」

カラカルパクスタン共和国旅行体験記

ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。はじめてその地を訪れたのは、今から12年も前のこと。広大なキジルクム砂漠の地平線と夜には180度に広がる満天の星空が見られる秘境!その感動的な絶景と古代ホラズム王国の遺跡が観られる地をご紹介します。

カラカルパクスタン共和国旅行について

おすすめのポイント
  1. キジルクム砂漠の地平線と180度に広がる満点の星空の絶景
  2. 数百kmにわたって点在する古代ホラズム王国の遺跡巡り
  3. 20世紀最大の環境問題でも有名なアラル海

数百kmにわたって点在する古代ホラズム王国の遺跡。その数は1000以上といわれています。その遺跡の1つアヤズ・カラ(城)の遺跡の麓にあるユルタの宿泊施設。広大なキジルクム砂漠の地平線と夜には感動の満点の星空。そしてかつては世界で4番目の大きさを誇るほどの大きさがあったアラル海は現在では10分の1の大きさに・・・秘境の地で、自然というものについて再び考えさせられる場所です。

カラカルパクスタン共和国旅行のおすすめのスポット

キジルクム砂漠の地平線で運が良ければ放牧されているラクダと遭遇

キジルクム砂漠に位置する古代ホラズム王国の遺跡アヤズ・カラ(城)の麓にあるユルタの宿泊施設。運が良ければ、2~3日に1度帰ってくる放牧されているラクダに出会うことが出来るかもしれません。もちろん、遭遇出来たらラクダに乗せてもらうことも出来ますよ。その砂漠に見える地平線、広大な景色をラクダに乗ってみるとまた違った景色が・・・

古代ホラズム王国の遺跡カラ(城)巡り

古代ホラズム王国の遺跡は数百kmにわたって、1000以上あるといわれています。アム川の流れが変わるたびにカラ(城)を造り替えて生活していたそうです。そのなかでもアヤズ・カラ、トプラク・カラなどは有名。その他のカラも現在でも発掘中のものも多数あります。遺跡好きや歴史に興味のある人にとっては興味深い場所に違いないでしょう。

かつては世界4番目の大きさを誇ったアラル海

カラカルパクスタン共和国の首都ヌクスから北へ車で3時間程でムイナクへ。そこには、かつて世界で4番目の大きさを誇ったアラル海の「船の墓場」が・・・現在は10分の1の大きさになってしまったアラル海。20世紀最大の環境問題ともいわれるその干された砂漠に残る船を見て、自然について考えさせられることでしょう。お時間のある方は、現存するアラル海沿岸まで行ってみては?!

カラカルパクスタン共和国でのおすすめグルメ

ウズベキスタン共和国の伝統料理「パロフ」とウオッカ

ウズベキスタン共和国の伝統料理「パロフ」はカラカルパクスタンでも同様。日本でいうとピラフやチャーハンに似ています。タシケントやサマルカンドのパロフは油っぽいですが、ホラズム州やここカラカルパクスタン共和国のパロフは油も少なめで日本人向き。大自然の中で食べる「パロフ」はまた格別!昼と夜の寒暖差があり、夜は少し冷え込むことも・・・満点の星空の下で体を温めるためにもアルコール度数40度のウオッカも試飲してみては?!

カラカルパクスタン共和国でのおすすめのショッピングスポット

ヌクスのサヴィツキー美術館でカラカルパクスタン刺繍雑貨

カラカルパクスタン共和国の首都にあたるヌクス。町の中心に位置するサヴィツキー美術館では、民族学者であったロシア人のイーゴリ・ザヴィツキー氏のコレクションが展示されている他、カラカルパクスタンの独特な柄の手刺繍が施されたポーチやキーケースなどの小物等が販売されています。お気に入りの1点を見つけてみては?!

カラカルパクスタン共和国にて宿泊したホテル

アヤズ・カラの麓でユルタに宿泊

キジルクム砂漠に位置する古代ホラズム王国のアヤズ・カラ(城)の遺跡の麓にあるユルタ宿泊施設。周辺にはアヤズ・カラ以外何もありませんが、その日本では見られない砂漠に見える地平線と夜には180度に広がる満点の星空には、息をのむほどの感動が!アヤズ・カラの上からユルタを見ると、その広大なキジルクム砂漠の中にあるユルタがまた絵になります。

カラカルパクスタン共和国旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ウズベキスタンの西部に位置するカラカルパクスタン共和国の現地語は、カラカルパク語。ウズベキスタン共和国の現地語であるウズベク語やロシア語は多少通じますが、英語は片言程度。ヌクスまで国内線で行くことも可能ですが、ユルタやカラ巡り、アラル海などへの交通は基本個人タクシーを手配しなければならないため、現地語が出来なければかなり厳しいのが現状です。もし、通訳やタクシーの手配などが必要であれば、投稿者へご連絡いただければ、ホラズム州在住なのですぐにご対応も可能です。

カラカルパクスタン共和国旅行に必要な持ち物

日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・日傘・帽子・サングラス等)、ウエットティッシュ、エコバック、歩きやすい靴(スニーカーなどがベスト)、胃腸薬、夏でもパーカーなど(朝晩の寒暖差が激しいため夜は肌寒い)。ウズベキスタンは日本と比較すると日差しが強いので、日焼け・日差し対策は必須です。また、ついつい美味しい果物を食べすぎてしまったり、全体的に油っぽい料理も多いので、胃腸の調子が乱れやすいことも・・・胃腸薬を持参して、快適な旅行を !

カラカルパクスタン共和国旅行での注意点

カラカルパクスタン共和国旅行での注意点
  1. 塩害により、水がしょっぱいので必ずミネラルウォーターを!
  2. 夏の美味しい果物や生野菜料理は控えめに !
  3. 乾燥しているため、汗の量は少ないけれどこまめに水分補給を !

カラカルパクスタン共和国は、アラル海の環境問題にもみられるように塩害が進み、住民が飲水している水もかなりしょっぱいです。お茶などもミネラルウォーターを使用していない場合もあるので、要注意!おいしい果物や生野菜、伝統料理の「パロフ」なども比較的日本人の口に合い、ついつい食べ過ぎ・飲みすぎてしまいますが、胃腸の調子が乱れやすいので十分注意してください!

まとめ

カラカルパクスタン方面への旅行は、ユルタにシャワーもありますが、ほぼないと考えていた方が無難です。カラ巡りなどでは、キジルクム砂漠を車で周遊、お手洗いなどは出発前や昼食時に済ませておく必要があります。現存しているアラル海の沿岸まで行くことやアラル海の南に位置するバルサケルメス塩湖なども南米のウユニ塩湖まで行かなくても見られる絶景といわれています。お時間のある方はぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか?「ウズベキスタンについて」「旅行について」他何でもご質問がありましたら、ぜひ投稿者のサイトからご相談ください。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 8月 31日 5:11am

    Very Good

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. バンクーバー旅行体験記世界で最も住みやすい街に選ばれたことのあるカナダのバンクーバーは、シティラ…
  2. 優雅な建築やカフェにうっとり♪伝統感じる中欧ウィーンを街歩き| トラベルダイアリー
    ウィーン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  3. 【人気観光地】海!自然たっぷり!絶景!ゴールドコーストの旅| トラベルダイアリー
    ゴールドコースト旅行体験記私は以前オーストラリアのブリスベンに住んでいて、ゴールドコーストからは…
  4. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  5. ヴェローナ旅行体験記シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」のモデルとなった街、イタリア・ヴ…
  6. シャンペ旅行体験記スイス南部、フランスやイタリアからもスグのところにある景勝地「シャンペ(シャン…
  7. モルディブ旅行体験記とにかくきれいな海を見たい!そう思ってずっとあこがれていたモルディブ。新婚旅…
  8. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…
  9. 友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー
    ゴム旅行体験記イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行き…
  10. ラヴェンナ旅行体験記イタリア人のインスタで見た、美しいモザイク画の風景。ずっと気になっていたイタ…

国内旅行おすすめ

  1. こんぴらさん旅行体験記香川県にはこんぴらさんと呼ばれ親しまれる神社があります。このこんぴらさんに…
  2. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  3. 日本で最初の島?!兵庫・淡路島で国生み神話を巡る旅!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記兵庫県に2年間住むことになったのをきっかけに、せっかくなので楽しんじゃおう!と時…
  4. 湯布院旅行体験記 「温泉入りに行きません?」残業続きでクタクタの金曜深夜に、ふと…
  5. 青森旅行体験記青森といえばねぶた!弘前城!海産物!と思い浮かびますが、実際行ったことがなかっ…
  6. 京都北野で2週間滞在!暮らすような旅行をしてみました| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記紅葉前の京都を旅行してきました!関西人なので京都に訪れる機会は今まで何度もあったの…
  7. 小江戸・栃木の「蔵の街」&足利の「フラワーパーク」をめぐる旅!| トラベルダイアリー
    栃木・足利旅行体験記ドラマ「JIN-仁-」などのロケ地となった栃木市の「巴波川(うずまがわ)」と…
  8. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  9. 海と島と橋の景色に感動☆しまなみ海道を渡って今治サイクリング!| トラベルダイアリー
    今治旅行体験記広島県尾道市から自転車でしまなみ海道の島々を渡り、愛媛県・今治市を訪れました!サイ…
  10. 「一度は食べたいカキ氷」と「ひまわり畑」で楽しむ夏~in益子と真岡| トラベルダイアリー
    益子と真岡旅行体験記栃木県の益子町で「ひまわり祭り」が行われていたので、元気をいただきに行ってき…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP