フランダースの犬だけじゃない!ベルギー・アントワープ旅日記

アントワープ旅行体験記

小さい頃、母に読んでもらったおはなし・フランダースの犬。いつか見たいと思っていた物語のハイライトで登場する「ルーベンスの絵」を観に行くため、念願のアントワープ旅行へ行ってまいりました。ここではその時の旅レポを綴ります♡

アントワープ旅行について

おすすめのポイント
  1. 「フランダースの犬」の物語の舞台
  2. アールヌーヴォー建築の魅力にうっとり
  3. ダイヤモンドとチョコレートの街

ベルギーの首都、ブリュッセルから電車で約40分のところにあるベルギー第二の都市・アントワープ。ここは世界的にはダイヤモンド産業が有名。また、日本人の間ではフランダースの犬の舞台となった街としても知られています。市内に繰り出すとダイヤモンド専門店やベルギーらしい建築様式の建物がたくさん。また、ベルギーならではの絶品チョコレートたちも見逃せません。

アントワープ旅行のおすすめのスポット

聖母大聖堂

フランダースの犬の物語の中で、ネロとパトラッシュを最後に包み込むルーベンスの絵。本物はここ、アントワープ聖母大聖堂(英:The Cathedral of Our Lady)の中にあります。一度めに行った時はなんと、入館時刻終了(17時までしか開いていないのでご注意ください)!2度目でようやくその姿を見ることができました。想像以上に大きな絵画は、柔らかい色彩のため圧迫感がなく、いつまでも見ていられる優しい雰囲気。是非入館時間に気を付けて!(笑)足を運んでみてください。

アントワープ市庁舎

建物自体に関しては、聖母大聖堂よりも迫力があり、心を奪われたのがこちらのアントワープ市庁舎(英:Antwerp City Hall)です。16世紀につくられた市庁舎は、当時のベルギーの様式にイタリア・ルネサンス時代のエッセンスが加えられたもの。そのためか、瀟洒な雰囲気が華やかで、まるで王宮のような佇まいでした。市庁舎前にあるブラボーの像も、イタリアのダビデ像の巨人を倒す姿と重なり、しみじみと心を揺さぶるものがありました。

アントワープ中央駅

アントワープ中央駅(英:Antwerp Central Station)はアントワープへの陸の玄関口。周辺も賑わいがある為、駅から外に出る時、うっかり振り返るのを忘れてしまいそうになるのですが、建物自体を鑑賞することをお忘れなく!まるで宮殿のような駅は、訪れる時間帯によって様々な顔を見せてくれます。また、すぐ横にはヨーロッパいち古いアントワープ動物園の優美な入口もあり、さらにウットリ。海外の駅は魅力的なものが多いですが、アントワープ中央駅は、特に目を奪われるものがありました。

アントワープでのおすすめグルメ

Del Reyのチョコレート

アントワープ発のチョコレート店デルレイ。中でもダイヤモンドの形をした一口タイプのチョコレートはお土産アイテムとして人気で、ショウウインドウにもたくさん飾られています。ダイヤモンド産業で富を築いたアントワープらしい一品でオススメ。デルレイは正直、日本でも買うことは出来ますが…日本で買うとお高い(涙)。ぜひ元々ファンの方も、そうでない方も、現地でダイヤモンド級の高貴なお味をご堪能ください。

アントワープでのおすすめのショッピングスポット

Mier通り周辺

メールはアントワープの目抜き通り。日本のユニクロなども進出していて、馴染みのある店が右に左に続くので、海外でのお買い物にあまり慣れていない方も、ショッピングしやすいことと思います。お買い物にあまり興味がない方も、ベルギーらしいアールヌーヴォー建築がたくさん並ぶ街並みは、そぞろ歩きするだけで気持ちが高まること請け合い。昼間の景色も素敵ですが、夕刻以降のライトアップされた建物もまたオツです。

アントワープにて宿泊したホテル

Hilton Antwerp Old Town

「ヒルトン・アントワープ・オールド・タウン」は、アントワープの観光地密集エリアの近くにあるホテル。中でも今回の旅の一番の目的であった聖母大聖堂までは、徒歩2-3分の距離だった為、朝昼、閉館前と3回もその姿を観に行くことが出来、大満足でした。アントワープ中央駅からも徒歩20分程度。少々歩くものの、街の賑わいを感じながらの移動だったので、さほど苦痛には感じませんでした。

アントワープ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちはオランダとセットで個人手配でベルギー旅行に行きました。オランダとベルギーとはバスや電車で簡単に行き来することが出来るので、セットるのはオススメ。ガイドブックも2つの国がセットになったタイプがたくさん出ていました。治安も良いので、旅慣れている方なら個人旅行で充分かと思いますが、その一方で、街の歴史等への理解を深めたい方には、ツアーも魅力的だと思います。

アントワープ旅行に必要な持ち物とは

「公共交通機関の路線図」
ベルギー国内は陸路が発達しています。しかし、路線図は基本的にはオランダ語(フランス語)表記。私たちはオランダ語もフランス語もわからなかった為、英語が併記されている首都ブリュッセルを抜けると、一気に駅名が読めずに毎回慌ててしまいました。ガイドブックに付いているものでも、画面メモでも良いと思います。自分が「見やすい!」と感じた路線図を一つ携帯しておくと安心です。

アントワープ旅行で気を付けることとは!?

アントワープ旅行での注意点
  1. アントワープは呼び名がたくさんあります。
  2. フランダースの犬以外の魅力の方が多いかもしれません。
  3. 冬は積雪も。公共交通機関での移動時ご注意。

アントワープは英語名に由来する呼び名。他にも現地では、オランダ語由来の「アントウェルペン」や、フランス語由来の「アンヴェルス」などもよく使われていますので、頭の片隅に入れておくと安心です。また、フランダースの犬については、実は日本人以外、そこまで高い関心を持っていません。お土産アイテムなどもあまりないので、過度な期待は禁物です。ベルギー第二の都市ゆえ、交通網は発達しています。しかしながら冬は雪の影響などでダイヤが乱れがちですので、時間に余裕を持った行動を心がけましょう。

まとめ

初めてのアントワープ旅行。それまで、ヨーロッパの建築物は、なんとなくどこも似ているものだと勝手に思っていたので、ベルギーならではのアールヌーヴォー建築の数々に、旅行中終始魅せられっぱなしでした。料理もデザートもおいしく治安も良い為、女性同士の旅行も安心。首都ブリュッセルへは成田空港からの直行便が出ているので、機会があったら是非足を運んでみてください!

 

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. バンコク旅行体験記バンコクには2019年秋に友人と二人で訪れました。成田空港からの直行便で格安ツ…
  2. 「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ| トラベルダイアリー
    アントワープ旅行体験記ベルギー北東部の街・アントワープ。名作「フランダースの犬」の舞台ということ…
  3. おもしろ楽しい!アイルランドの街、ブラーニーでお城探訪★| トラベルダイアリー
    ブラーニー城観光体験記テレビで見て以来気になっていたアイルランドにある一風変わったお城「ブラーニ…
  4. バリ旅行体験記子連れで行ける海外旅行を探し見つけたのがバリ島。日本から直行便で約7時間程度。…
  5. バコロド旅行体験記以前、フィリピン・ネグロス島のバコロドで行われる「マスカラフェスティバル」につ…
  6. イスタンブール旅行体験記不思議な縁があり、4回も訪れたことのあるイスタンブール。1回目は友達と、…
  7. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  8. 花蓮旅行体験記花蓮に行こうと思ったのは、職場の先輩からおすすめされたのがきっかけです。これまで台…
  9. 「世界一美しい首都」を実感できた街 ストックホルム| トラベルダイアリー
    ストックホルム旅行体験記今回は旅行代理店の北欧4か国周遊ツアーを利用しました。ストックホルムへは…
  10. brighton_pabirion2
    イギリス【ブライトン】旅行体験記ブライトンはイギリスの南東に位置する、ロンドンから日帰りで訪れる…

国内旅行おすすめ

  1. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  2. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…
  3. 京都旅行体験記お稲荷さんの総本宮「伏見稲荷大社」。関西では初詣スポットとして有名ですが、近年では…
  4. 春夏秋冬を楽しめる!観光客が絶えない京都・嵐山の旅| トラベルダイアリー
    嵐山旅行体験記関西に住むことになったのきっかけに、休みがあれば周辺の観光名所を散策して過ごしまし…
  5. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  6. 車で周る兵庫・淡路島のたっぷり充実 日帰りドライブ| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記大阪からも近くてドライブにはピッタリの淡路島。インスタグラムや、雑誌などで見かけ…
  7. 歩いて、学んで、食べて、休憩して。琴平町の魅力を発見!| トラベルダイアリー
    琴平旅行体験記2019年の秋、恋人と旅行をすることに。どこに行こうか?と話し合った結果、大阪から…
  8. KAWAGOE
    プチ旅行気分でレトロを味わう小江戸川越・女子日帰り旅 京都や石川などで古い街…
  9. 【一人旅】鎌倉で非日常を味わい、美食を堪能し、御朱印をいただく| トラベルダイアリー
    鎌倉旅行体験記つれづれに御朱印について調べていたところ、鎌倉・江之島にある江島神社の御朱印に惹か…
  10. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP