ボスニアヘルツェゴビナ・モスタルの歴史に触れ、平和を願う

モスタル旅行体験記

中東から西へ移動するように東欧の国々を旅していると、多くの国や都市でユーゴスラビア紛争の話を耳にするようになりました。そこで、この地域の歴史をより深く理解するために、ユーゴスラビア解体時に勃発したボスニア・ヘルツェゴヴィナ内戦の紛争地、モスタルを訪れることにしました。

モスタル旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界遺産に登録されている美しい旧市街
  2. 今も残る内戦の傷跡。歴史を知り、平和について考える
  3. コンパクトな旧市街は半日あれば観光できる

モスタルの見所は、川沿いに広がる美しい旧市街にあります。旧市街の景観や街並みは世界遺産にも登録されています。しかしその美しくゆったりとした雰囲気とは裏腹に、この街には壮絶な民族紛争の過去があり、内戦の生々しい傷跡は今も街の至る所に残ります。モスタル観光では、歴史をより深く知り戦争の愚かさや平和について考える良いきっかけにもなると思います。モスタルへは有名観光地のクロアチア・ドブロブニクからの日帰り観光も可能ですので、ぜひ東欧旅行のルートに組み込んでみてください。

モスタル旅行の見所

美しい旧市街の街並み

ネレトヴァ川沿いに広がる山間に位置する、モスタルの旧市街。丸い石が敷き詰められた石畳に白造りの建物が並んだ美しい街並みは、まるで絵葉書の写真のよう。ほんの二十数年前にここで血で血を洗うような内戦が起こっていたなんて信じられないような、穏やかな時間が流れます。モスタルは、スターリ・モスト橋を挟んで民族および宗教の住み分けがされています。イスラム教徒が暮らす東側にはモスクが建ち、澄んだ青空にミナーレがよく映えます。カトリック教徒が大半を占めるクロアチア人が暮らす西側には教会があり、どこか洗練されたヨーロッパの雰囲気が漂います。イスラムとカトリックが共存するモスタルには、エキゾチックな雰囲気が漂います。

負の世界遺産 モスタルのシンボル「スターリ・モスト」

ネレトヴァ川の上に架かるアーチが美しい橋スターリ・モストは、モスタルのシンボルです。この橋もモスタルの街と共にボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争で悲しい歴史を辿りました。1566年、オスマントルコ朝時代に造られたスターリ・モストは、民族紛争によって1993年に破壊されてしまいました。2004年に今の美しい姿へと完全に復元された後、負の世界遺産として登録されました。現在は、イスラム教徒の居住エリアとクロアチア人の居住エリアをつなぐ架け橋となり、平和と復興のシンボルとして、人々に親しまれています。夜に訪れると、ライトアップされたスターリ・モストを見ることができます。

今も残るボスニア・ヘルツェゴヴィナ内戦の傷跡

イスラム教徒であるボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人の異なる民族が暮らしていたボスニア・ヘルツェゴヴィナ。ユーゴスラビア解体を発端にそれぞれの民族が対立し、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争が起こりました。モスタルは最も激化した紛争地として、3年もの間激しい戦闘が繰り広げられました。街を歩いていると、内戦によって朽ち果てた建物をそこらじゅうで見かけます。壁には銃弾の跡が残り、それは民家にも生々しく残っていることから内戦の壮絶さが伝わってきます。美しく穏やかな旧市街とは対照的に、街中を歩いているとどこか寂しげで、静かな悲しみが漂っているように感じました。

モスタルでのおすすめのショッピングスポット

オールドバザール

イスラム教徒が大半を占めるボシュニャク人が住む東側のエリアに、お土産屋さんが立ち並ぶクユンジュルク通りがあります。ヨーロッパにありながらも、中東トルコの雰囲気に近いエキゾチックな雰囲気です。ボスニア土産と言えば銅製品が有名で、首都サラエボでもたくさん見かけた銅細工の雑貨も並んでいました。薬莢で造られた戦車や飛行機のお土産雑貨は、皮肉にもモスタルならではのお土産なのでしょう。

モスタルにて宿泊したホテル

旧市街外にあるホステル

旧市街まで歩いて15分ほどのホステルに、1泊しました。国際色豊かな宿泊者みんなで、一緒にバーに行ったり朝ご飯を食べたり、とても和気あいあいとした雰囲気でした。私が泊ったホステルのように旧市街から少し離れると、比較的安めの質の良いホステルがあるのでバックパッカー旅にはおすすめです。

モスタル旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

携帯で調べたモスタルの観光情報や歴史を見ながら、1人で街歩きをしました。それでも十分に理解を深められましたし充実した滞在になりました。しかしモスタルのような歴史の深い街は、ツアーガイドの細やかな説明を聞きながら観光するほうがより深い知識や知見を得られるように思います。その一方で、川沿いのカフェで物思いにふけたり自分のペースで観光ができること、観光客のいない夜の旧市街を訪れることができるのは個人旅行ならではでもあります。

モスタル旅行に必要な持ち物

歴史について詳しく解説の載っているガイドブックは、役に立つと思います。
あとは旅の定番品、カメラ、日焼け止め、サングラスは忘れずに持っていきましょう。

モスタル旅行での注意点

モスタル旅行での注意点
  1. 事前にボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モスタルの歴史について調べておく。
  2. モスク見学の際は、服装に注意。それぞれの宗教を敬う行動を。
  3. 石畳は滑りやすいので、歩きやすい靴がおすすめ。

モスタルは、この街が歩んできた歴史を知らずには周れない街です。個人で訪れる人もツアーに参加する人も、事前にボスニア・ヘルツェゴヴィナの歴史、モスタルの歴史を調べて理解しておきましょう。モスクの中に入る際は、タンクトップやショートパンツはNGです。それぞれの宗教を敬い、それにふさわしい行動を心がけましょう。また旧市街の石畳はつるつるとしていて滑りやすいので、滑りにくく歩きやすい靴で行きましょう。

まとめ

つい昨日まで隣人だった人同士が、学校で机を並べていた者同士が、一緒に食事をとっていた者同士が、ある日突然敵と味方に分けられ殺し合わなくてはいけない。そんな恐ろしい悲劇がたった二十数年前にこの街で起きていたなんて、胸が締め付けられる思いです。モスタルの旧市街には美しく穏やかな雰囲気が漂う一方で、至る所で「DON’T FORGET 93」の文字を見かけました。なにもなかったことにしてはいけない、決して繰り返してはいけない、実際にこの街を訪れてそんなモスタルの人々の強い思いを胸に刻みました。
今もなお民族間の溝は完全には埋まっていないそうです。20万人以上の人が亡くなった民族紛争で、大切な人を失った人の気持ちを思うと、お互いの民族が心の底から許し合えるのに膨大な時間がかかるのでしょう。そう遠くない将来このモスタルの地に、本当の意味で平和が訪れることを願います。

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. シャウエン旅行体験記いつか何かの本で見たシャウエンの青い街。なんて素敵なのだろう、いつか絶対に訪…
  2. ウルビーノ旅行体験記ラファエロ没後500年迄にどうしても行ってみたかったラファエロ生誕の地ウルビ…
  3. 中欧の美しき街!ハンガリーの首都ブダペストの魅力たっぷり旅行記| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記映画やミュージカルが好きな私は物語の舞台として度々登場するブダペストを旅行先…
  4. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  5. ブエノスアイレス旅行体験記南米の旅のスタート地点として、この街を訪れました。ヨーロッパのような街…
  6. 台北旅行体験記治安がよく、物価も安く、なおかつすぐに行けてしまう台湾。国内旅行の感覚で行けてしま…
  7. 美しい湖の数々に癒される、プリトヴィッツェ湖群国立公園| トラベルダイアリー
    プリトヴィッツェ旅行体験記世界遺産を紹介するテレビ番組で見た、「女王の涙」と呼ばれるプリトヴィッ…
  8. 地上の楽園!タヒチボラボラ島で過ごした夢の様な日々| トラベルダイアリー
    ボラボラ島旅行体験記モルディブかタヒチの青い海をぜひ見てみたい!と昔から思っていて、今回機会があ…
  9. ベルガモ旅行体験記アールグレイティに欠かせない香料、ベルガモットの故郷が北イタリアの中都市ベルガ…
  10. ドブロクニク旅行体験記魔女の宅急便の舞台とも言われている、ドブロブニクの旧市街。昔からジブリ映画…

国内旅行おすすめ

  1. 都心から約1時間半【南房総】はこんなにアツいスポットだった‼| トラベルダイアリー
    南房総旅行体験記 新型コロナウィルスの流行により、なかなか遠出が出来なくなりましたね…
  2. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…
  3. 【一人旅】都内のオアシス三鷹で3連泊。緑とセミの鳴き声に囲まれる| トラベルダイアリー
    三鷹旅行体験記3連休に乗じて旅行したいと思ったものの、感染症対策のため遠出ははばかられるご時世。…
  4. 仙台旅行体験記 旅行の行き先がなかなか決まらず、航空券をチェックしていると、ふと仙台…
  5. ちゅらさんの舞台!どこまでも素朴な島 小浜島| トラベルダイアリー
    小浜島旅行体験記とにかく島好きなので、沖縄の離島を制覇したい!綺麗な海を目の前にしてただのんびりす…
  6. 【風景美術館】絶景・日本平ホテルに泊まる静岡旅行| トラベルダイアリー
    静岡旅行体験記今回は、日本観光地百選第一位にも輝いたことのある名勝地・日本平へ行ってきました。…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 青森旅行体験記青森といえばねぶた!弘前城!海産物!と思い浮かびますが、実際行ったことがなかっ…
  9. 高知市・いの町旅行体験記日頃の疲れを癒したい、のんびりしてリフレッシュしたい!そんな時には、高知…
  10. 長崎旅行続編!〜ハウステンボス&ちょこっと福岡編〜| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記今回は、長崎旅行続編です。前回は、長崎市街を中心に、中華街や出島、眼鏡橋などを訪れま…

最新記事

  1. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  3. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  4. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  5. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  6. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  7. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  8. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  9. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  10. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…

Archive



PAGE TOP