石灰岩をくり抜いてできた街!イタリアのマテーラの洞窟住居| トラベルダイアリー

石灰岩をくり抜いてできた街!イタリアのマテーラの洞窟住居

マテーラ旅行体験記

丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字は全く読めず、英語が通じるかも不安ということで友人と一緒にギリシャと南イタリア周遊の団体ツアーに参加しました。ギリシャから南イタリアへクルーズ船で上陸後、アルベロベッロ観光を経て、続いては・・・一面また違った絶景が広がっていました。ここでは、世界遺産マテーラの洞窟住居をご紹介します!

マテーラ旅行について

おすすめのポイント
  1. 石灰岩をくり抜いてつくられた「サッシ」といわれる洞窟住居の景観に感動!
  2. 教会や大聖堂、洞窟の家の中などを観光して歴史を体感!
  3. 「サッシ」といわれる洞窟住居が見えるレストランでイタリア料理を堪能!

「サッシ」といわれるマテーラの洞窟住居は、石灰岩の浸食によって形成されたグラヴィナ渓谷にできた街です。この地に人々が住み着いたのは8~13世紀頃といわれ、旧石器時代の出土品も発見されています。17世紀には、バジリカータ州の州都に選ばれるまで繁栄し、人口が拡大するとともに貧富の差が生まれ、住環境の悪化に伴い乳児死亡率が増加。1950年代には住民を強制移住させ、街は廃墟となったそうです。現在は洞窟住居や岩窟教会などユニークな生活の様子が文化遺産として注目され、1993年には世界遺産に登録されています。そんな何とも異様な景観が広がる世界遺産マテーラの洞窟住居をご紹介します。

マテーラ旅行のおすすめのスポット

巨大な岩塊をくり抜いた「サンタ・マリア・デ・イドリス教会」

13世紀に建設された石造のドゥオモの南側サッソ・カヴェオーソ地区にひときわ目を引く巨大な岩塊をくり抜いて作られた教会があります。「サンタ・マリア・デ・イドリス教会」は、11世紀に建てられたといわれており、中には11~13世紀頃に描かれたフレスコ画が並んでいて、信仰の場であった様子が伺えます。内部の撮影は禁止になっているので、ぜひ一度訪れて鑑賞してみてください。

長い修復工事の末、再び扉が開かれた「マテーラ大聖堂」

「サッシ」の一番高いところにあるチヴィタ地区の中でもさらに一番高い場所に建てられたこの大聖堂の歴史は古く、完成したのは1270年だそうです。マドンナ・デッラ・ブルーナの指定の下で聖母マリアと聖ユースタスに捧げられています。外観はロマニコプリエーゼ(プーリアロマネスク)様式、内部はバロック様式となっています。13年間にわたる長い修復工事が終わり、2016年からは扉が開かれ、内部も見学できます。

グラヴィナ渓谷に今も残る数々の洞窟

マテーラの洞窟住居の街の裏側に広がるグラヴィナ渓谷には、マテーラの洞窟住居の起源ともいえる景観が残されています。グラヴィナ渓谷の岩肌には、今も多くの洞窟の姿が見えます。この「サッシ」に、8~13世紀に東方からイスラム勢力を逃れた修道僧が住み着き、130以上の洞窟住居を構えたのがはじまりといわれるマテーラの洞窟住居の街並み。マテーラ周囲からは、旧石器時代の出土品も発見されているため、かなり古くから人々が住んでいたと考えられているそうです。マテーラの洞窟住居と隣接するこの景観も貴重です。

マテーラでのおすすめグルメ

テラス席からマテーラのサッシの絶景「Il Terrazzino」

レストランの入り口に入るとマテーラの洞窟住居の街並みが一望できるレストランでアラビアータとメインは牛肉料理のイタリア料理をいただきました。店内は洞窟で、雰囲気がとても良いお店でした。料理も普通に美味しかったです。マテーラのバジリカータ州の名物パスタ料理「カヴァテッリ」や「サルシッチャ」(生ソーセージ)、「チャレッダ」といわれるパンは地方のイタリア人も買いにくるほどで、イタリアのIGP(特産品保護指定)認定を受けた名産品だそうです。残念ながら団体ツアーに参加だったので、食べられませんでしたがフリーで訪れた際にはぜひ食してみたいです。

マテーラでのおすすめのショッピングスポット

マテーラの洞窟住居の街並みに並ぶお店

マテーラでは、街並みを歩いているといろいろなお店がありますが、お土産屋さん的なお店はあまり見かけませんでした。イタリアのIGP(特産品保護指定)認定を受けた名産品マテーラの「チャレッダ」といわれるパンは、硬い外皮の中にしっとりもちもちの生地が詰まっていて、地方のイタリア人も買いに来るほどだそうです。1週間くらい日持ちするので、お土産に購入してみるのも良いかもしれません。

マテーラにて宿泊したホテル

ナポリのホテル

団体ツアーに参加したため、マテーラ観光後はナポリへ移動しての宿泊というプランでした。残念ながら、マテーラの洞窟住居には宿泊できませんでしたがマテーラの洞窟住居にもホテルがたくさんあり、宿泊できます。世界遺産に宿泊となると一見料金も高そうですが、高めからお手頃な価格のホテルまでさまざまです。フリーで訪れた際は、ぜひ洞窟ホテルに宿泊してみたいです。

マテーラ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社 ギリシャ&南イタリア9日間

ギリシャと南イタリアの旅行は、英語圏でもなく言葉の面で不安ということで友人と2人で団体ツアーに参加しました。早朝から深夜までのハードスケジュールの9日間でしたが、ギリシャも南イタリアも有名な観光地を周遊でき、充実した旅となりました。団体ツアーに参加すると、もっとゆっくり観光したい!と誰もが思うところですが・・・またの機会に今度はフリーで再訪したいと思える地がたくさんありました。

マテーラ旅行に必要な持ち物

マテーラに訪れたのは1月末だったので、日差しもそれほど強くなく、寒さもそれほど厳しくなく、お天気も比較的良くて観光しやすかったです。マテーラでは、日差しを妨げる木々などが少なくやや高地にあるため、冬の時期でも日焼け対策は必須でしょう。ゆるやかな登坂や下り坂の連続、足元が悪い場所も多いので履きなれた靴やスニーカーも必須です。

マテーラ旅行での注意点

マテーラ旅行での注意点
  1. 登り坂と下り坂の連続、足元も悪いので歩きやすい靴がベスト!
  2. 写真撮影が禁止されている教会もあるので要注意!
  3. 夏は日差しが強くなるため、日焼け対策を忘れずに!

マテーラの洞窟住居では、登り坂と下り坂の連続です。階段も多く、結構歩いて足がクタクタになるので、履きなれた靴やスニーカーは必須です。写真撮影が禁止されている教会もあるので事前に調べて行くことをおすすめします。夏には日差しが強くなるので、日焼け対策を忘れずに!

まとめ

南イタリアのマテーラの洞窟住居についてご紹介しましたが、他では見られない異様な景観の街並みの魅力が伝わったでしょうか?団体ツアーに参加だったので、マテーラに宿泊することはできませんでしたが、マテーラの洞窟住居に宿泊することも可能ですので、ぜひ時間にゆとりがある旅で訪れた際には、洞窟住居に宿泊してみてはいかがでしょうか?

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 9月 11日 6:49am

    Good

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 冬のグリンデルワルドにて大迫力のアイガーを望む| トラベルダイアリー
    グリンデルワルド旅行体験記スイスの名峰として知られるアイガーの北側の絶壁とヴェッターホルンを眼前…
  2. 「世界一美しい首都」を実感できた街 ストックホルム| トラベルダイアリー
    ストックホルム旅行体験記今回は旅行代理店の北欧4か国周遊ツアーを利用しました。ストックホルムへは…
  3. 初の中東でカルチャーショック!ドーハは衝撃の連続!| トラベルダイアリー
    ドーハ旅行体験記初の中東はカタールの首都ドーハでした。ドーハは「世界一退屈な街」なんて言われてい…
  4. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…
  5. メルズーガ旅行体験記中学生のころにサン・テグジュペリの「星の王子様」を読んでから、ずっと砂漠の世…
  6. 街全体が世界遺産?!カラフルな街並のグアナファトへ! | トラベルダイアリー
    グアナファト旅行体験記皆さんは、メキシコのグアナファトという街を知っていますか??グアナファトは…
  7. 初心者さんでもオッケー!フランス、ヴァル・トランスでスキー体験| トラベルダイアリー
    ヴァル・トランス旅行体験記海外でスキーをしてみたい!その想いを叶えるべく、春休みを利用して、フラ…
  8. サンマリノ旅行体験記F1が大好きで若い頃からサンマリノグランプリの聖地、サンマリノ共和国に行くこ…
  9. カッパドキア旅行体験記トルコ旅行と言えば絶対に外せないのが、カッパドキアの奇岩群巡りです。カッパ…
  10. ヨーロッパでも雰囲気が違う⁈やっぱりすごいロシア!ウラジオストク| トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記私の初めての海外旅行がウラジオストクでした。韓国やタイなどよりマイナーだ…

国内旅行おすすめ

  1. 九州最強のパワースポット!一度は行ってみたい宮崎の高千穂峡| トラベルダイアリー
    高千穂旅行体験記以前から一度行ってみたかった場所の1つ高千穂峡に友達と2人で熊本から日帰りで行っ…
  2. 海と島と橋の景色に感動☆しまなみ海道を渡って今治サイクリング!| トラベルダイアリー
    今治旅行体験記広島県尾道市から自転車でしまなみ海道の島々を渡り、愛媛県・今治市を訪れました!サイ…
  3. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  4. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…
  5. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  6. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…
  7. 京都旅行体験記京都はこれまで2回旅行をしたことがありましたが、何度でも訪れたくなるのが京都です♪…
  8. 国境の長いトンネルを抜けると…?雪国【湯沢町】は温泉・スキー天国!| トラベルダイアリー
    湯沢旅行体験記2020年冬、大好きなスキーと大好きな温泉を満喫しに、湯沢町に行ってきました。サラ…
  9. 伊東日帰り旅行体験記5年前に見た城ケ崎海岸からの景色が忘れられず、日帰り旅行へ行ってきました。伊…
  10. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…

最新記事

  1. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  2. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  3. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  4. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  5. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  6. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  7. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  8. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  9. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  10. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…

Archive



PAGE TOP