南米とヨーロッパの空気が混在する街 ブエノスアイレス

ブエノスアイレス旅行体験記

南米の旅のスタート地点として、この街を訪れました。ヨーロッパのような街並みや、南米ならではの雰囲気、グルメや隣国への日帰り旅も楽しめちゃう街です。今回はそんなブエノスアイレスのおすすめ情報をご紹介していきます!

ブエノスアイレス旅行について

おすすめのポイント
  1. ヨーロッパ様式の建物が美しい、ブエノスアイレスの中心街!
  2. アルゼンチン牛、アルゼンチンワインが安くて美味しい!
  3. アルゼンチンの聞き心地良い独特なスペイン語!

まるでヨーロッパのような美しい街は、歩いているだけで心が躍ります。ブエノスアイレスはグルメも楽しめる街です。お洒落で洗練されたレストランも多いのですが、肉屋さんでは大きなアルゼンチン牛の塊が安く買えますし、地元産のワインも安くて美味しいのです。アルゼンチンならではの食材を調達すれば、毎日の自炊も旅の楽しみに♩そしてこれは、個人的な好みなのですが、アルゼンチンのスペイン語は独特な訛りで聞いていて心地が良いのです。まるで歌を歌っているかのような流れるようなスペイン語に耳を傾けてみてください!

ブエノスアイレス旅行のおすすめのスポット

「南米のパリ」ヨーロッパ気分が味わえるメインストリート

街のメイン通りは7月9日通りで、この通りには街のシンボルであるオベリスクが堂々とそびえたっています。道の両脇にはヨーロッパ様式の建物が立ち並びます。スペイン植民地時代の建物や石畳が残る美しい街並みは「南米のパリ」と称されています。ブエノスアイレスに住む人種のほとんどが白人であることも、そう称される大きな要因でしょう。街を歩いているとまるでヨーロッパを旅行しているかのような気さえしてきます。

カラフルなボカ地区 カミニート

ヨーロッパを彷彿させるような街並みがある一方で、ボカ地区は南米を旅していることを実感させてくれる場所です。ボカ地区の一角にはカラフルに塗装された建物が並び、どこからかラテンミュージックが聴こえてきます。歩いているだけで明るい気持ちになるような場所です。多くの観光客で賑わっていますが、カラフルなエリアから一本道を外れると治安の悪い貧困地区があるので、注意しましょう。

街中で見られる 情熱的なアルゼンチンタンゴ

ブエノスアイレスのボカ地区は、タンゴ発祥の地です。街中のレストランや路上では、かなり本格的なタンゴを見ることができます。タンゴは、もともと貧困地区であるボカの場末感漂う酒場で踊られたことから始まり、当初は「下品な踊り」と蔑まれていました。それが現代では、情熱的で美しい踊りとして世界中で踊られ、こうして今でもブエノスアイレスの街で親しまれていることを考えると、なんとも感慨深いものです。

ブエノスアイレスでのおすすめグルメ

チョリパン

アルゼンチンのソウルフードです。パンに大きなチョリソーが挟まっており、お好みでトマトや玉ねぎなどの野菜を乗せます。1番重要なのが、チミチュリというアルゼンチンのタレ、これが絶品なのです。街中にはたくさんのチョリパン屋がありますが、ぜひおすすめしたいのは海沿いのチョリパンストリートと呼ばれる通りです。この通りには一定間隔にチョリパンの屋台が並び、炭火でチョリソーを焼いてくれます。かなりボリューミーなので1つでお腹いっぱいになります。

ブエノスアイレスからウルグアイへ~1dayトリップ~

世界遺産の街並み コロニア・デル・サクラメント

港から高速フェリーに乗り、海路で国境を越え、1時間半ほどでウルグアイの古都コロニア・デル・サクラメントに着きます。ここは1680年にポルトガル人によって拓かれた街で、長きに渡りスペインとポルトガルの2国によって支配され続けてきました。城壁に囲まれた旧市街は、当時の街並みがほとんど変わることなく残されていて、街全体が世界遺産に登録されています。街中には両国の建築様式が混在して残っており、いかに歴史に翻弄されつづけてきたかを見て取れます。ブエノスアイレスからは日帰り旅行が可能です。

ブエノスアイレスにて宿泊したホテル

上野山荘

バックパッカーの間で有名な日本人宿です。宿泊者は日本人のみで、宿の中はまるで日本にいるかのよう。せっかく南米まで来ているのに、という気持ちもありますが、全体的に治安の良くない南米では、宿ぐるみの窃盗やセキュリティ面への不安も否めません。そういった意味では、日本人宿に泊まるメリットがあると思いこの宿を選びました。旅に役立つ生の情報を得やすいのも、日本人宿のメリットでもあります。宿は、みんなで大きなアルゼンチン牛を調理したり、ワインを飲み明かしたりと、和気あいあいとした雰囲気でおすすめです。

ブエノスアイレス旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

広い街に見どころが点在しているので、電車やバスを利用する必要がありますが、そんなに複雑ではないので個人旅行でも問題ありませんでした。ただし英語があまり通じないので、個人旅行で回る場合は、必要最低限のスペイン語は覚えておかなければ不便に感じる場面もあるかと思います。言葉の面で不安の残る人は、ツアー参加もありかもしれません。

ブエノスアイレス旅行に必要な持ち物

南米の中では比較的治安は良い方ですが、日本のようにどこでも安心して夜道を歩けるわけではありません。念のため、マネーベルトで金銭を分散させることをおすすめします。カバンの中の財布に少額を入れておけば、仮に強盗に遭ったとしてもその財布を差し出せば、事なきを得るケースも多いのです。旅をする上では、スペイン語帳もあると便利です。

ブエノスアイレス旅行での注意点

ブエノスアイレス旅行での注意点
  1. スリの手口が巧妙!ケチャップ強盗やシャンプー強盗も!
  2. バスターミナル横にはスラム街も!危険な地域を事前に確認!
  3. 街中のATMは使わない、吸い込み、スキミング詐欺が多発!

ケチャップやシャンプーをかけられ、慌てている隙に金銭を盗み取るといった巧妙な手口のスリが多発しているので気を付けましょう。バスターミナルのすぐ横にスラム街があったりと、危険な地域、夜は歩いてはいけない地域が多くありますので、事前に確認してください。路上のATMでは、スキミングやクレジットカードが吸い込まれて出てこなくなったという被害も聞きます。出来る限り、銀行内のATMを利用するようにしましょう。

まとめ

ブエノスアイレスを出発してから、南米の国々を一通り回りましたが、こんなにもヨーロッパと南米の雰囲気が混在している街は、他にはなかったように思います。「ブエノスアイレス」は日本語に直訳すると「良い空気」です。確かに、ヨーロッパのように洗練されているけれど、南米らしいパワーが溢れる、程よい空気間の魅力的な街でした。

 

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  2. バルセロナ旅行体験記小さいころ家族でスペインを旅したとき、荘厳にそびえ立つサグラダファミリア…
  3. パース旅行体験記西オーストラリアの州都パースは緑豊かでほどよく田舎、ほどよく都会な街。のんびりと…
  4. 一生に一度は行ってみたい!ケープタウンで都会と自然を楽しむ旅!| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記アフリカ大陸最南端の国、南アフリカ共和国。日本からの直行便はなく、到着にお…
  5. ロサンゼルス旅行体験記アメリカは昔から行ってみたかった国のひとつ。夢のつまった国でした。私た…
  6. ヴェナリア・レアーレ旅行体験記雑誌で見て、一生に一度行ってみたかったヴェナリア・レアーレ(ヴェナ…
  7. ホーチミン旅行体験記ホーチミンはハノイよりも活気があり、また美しい街でした。首都はハノイだけど発…
  8. ポルト旅行体験記このポルトガル旅行でポルトの街に行こうと思った理由ですが、ソムリエの資格を取った…
  9. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  10. ラップランドのリゾート地サーリセルカで雪遊びを楽しみつくす!| トラベルダイアリー
    サーリセルカ旅行体験記サーリセルカはラップランドと呼ばれ、フィンランド北部地方の中でも最も北に位…

国内旅行おすすめ

  1. 熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー
    熊本旅行体験記夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐ…
  2. 伊勢旅行体験記 名古屋から日帰り旅行で行ける場所を…と思い探していたら、お伊勢さんが…
  3. 高野龍神旅行体験記和歌山県を故郷に持つ、友人夫妻によるナビゲーション。人の好い夫妻のナビと運…
  4. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  5. 京都駅からの景色
    京都市旅行体験記京都といえば、日本有数の観光都市。その玄関口は、新幹線も停まる「京都駅」です…
  6. 自然と歴史に触れながら、美味しいものを満喫!黒豆発祥の地「丹波篠山」| トラベルダイアリー
    丹波篠山旅行体験記兵庫県の中東部に位置し、京都や大阪からのアクセスもよく、日帰りでも行くことがで…
  7. 日本で最初の島?!兵庫・淡路島で国生み神話を巡る旅!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記兵庫県に2年間住むことになったのをきっかけに、せっかくなので楽しんじゃおう!と時…
  8. 訪れる価値あり!現代アートと大自然を体感できる街・十和田市!| トラベルダイアリー
    十和田旅行体験記一度行ってみたかった青森県十和田市。あまり知らない人も多いかもしれませんが、ここ…
  9. 浜松・新城日帰り旅行体験記浜松・新城へ日帰りで行ける涼しい観光スポットの新規開拓に行ってきました…
  10. はじめての一人旅・与論島で癒しの時間を過ごしてきた毎年10月の誕生日が近くなると、その年齢の目標…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP