女子一人旅 in トルコ エキゾチックな街イスタンブール

イスタンブール旅行体験記

初のイスラム圏、イスタンブールは今までのどの国とも違う雰囲気をまとった街です。
アジアのようでヨーロッパのようでもあり、大都市のようで素朴さもあり、イスラム圏なのにとっても緩く、見るものすべてが今までの国と違って本当に楽しい場所でした。

イスタンブール旅行について

おすすめのポイント
  1. 海と空と街がとにかく美しくシャッターが止まりません
  2. 旧市街、新市街と全く違う雰囲気を持つエリアがあります
  3. おせっかいすぎるほど親切な人ばかりでこころがほっこりします

青い空と海、その間にはたくさんのモスクの丸い屋根と細い塔(ミナレット)がぽこぽことある美しい風景が広がります。
ザ、観光地の旧市街エリアと、地元の人の日常に交じることのできる新市街、いろいろな顔を持つイスタンブールは飽きることがありません。
親日家が多いせいなのか国民性なのか、親切な人ばかりに出会えます。通りすがりの方に道を聞けばわざわざ反対方向なのに連れて行ってくれたり、日本語、英語が一切話せなくても一生懸命伝えようとしてくれたり、親切にしてくれるそんなあったかい街です。

イスタンブール旅行のおすすめのスポット

ド定番スポット1 スルタンアフメットジャーミィ



オスマントルコ時代、一番繁栄していた時のスルタン(皇帝)、アフメットのために建てられたジャーミィ(モスク)。
旧市街のど真ん中にそびえる大きなジャーミィで常に観光客の行列でいっぱいです。敷地に入ると広い中庭があり、ジャーミィ特有の丸い屋根がポコポコとあるモスクが目の前に入ります。カメラを構えても全て入りきらないほどの大きさです。
中も広く、天井も高く、その美しさにただただ立ち尽くしてしますほどです。壁のタイル、ステンドグラス、天井のデザイン、色鮮やかな絨毯、もうどこを見ても「キレイ」の言葉しか出てきませんでした。

ド定番スポット2 アヤソフィア

スルタンアフメットジャーミィの隣りに建っているアヤソフィアは、もともとキリスト教の教会として建てられたのですが、その後イスラム教のジャーミィとなったそうです。キリスト教時代に壁に描かれていたキリストのフレスコ画を塗りつぶし、その上にイスラム教のデザインに塗り替えられました。
現在は一部壁がはがされ、元のフレスコ画を見ることができ、歴史を感じることができます。
こちらもいつも大行列です。私が訪れたときはミュージアムでしたが、最近このアヤソフィアをジャーミィに戻したというニュースを見たので、今後はどうなってしまうのでしょう。

イスタンブールの街を一望できるガラタ塔


新市街のエリアのはずれにあるガラタ塔はそんなに高い塔ではありませんが、数百年以上も前に建てられた歴史のある塔です。
頂上は展望台になっていて、高さはないものの周りに高い建物がないためイスタンブールの街を一望できる素敵な場所です。
私は新市街メインストリートをぶらぶら歩きながら細い小道を抜けてガラタ塔まで歩いていくルートが大好きです。途中にお店もたくさんあり眺めながら塔を目指して歩くとあっという間についてしまいます。

フレスコ画が美しいカーリエ博物館

市内中心地から少し離れたところにあるのでバスかメトロを使って行くしかないのですが、とても美しいビザンツ時代のキリスト教のフレスコ画を見ることができる博物館です。壁に直接描かれていて光に当たらなかったせいか色鮮やかなキリストの絵は鮮明です。
こちらもアヤソフィアと同じくキリスト教の教会がイスラム教モスクになり、現在はまたキリスト教の頃に修復された建物です。また、こちらもジャーミィに戻すというニュースがあったので今後どうなるのか。。。

イスタンブールでのおすすめグルメ

食べるなら新市街がおススメ

旧市街のレストランは観光客向けでちょっと値段も高くおススメできません。(裏通りなど観光客のあまり行かない店は大丈夫です)
一方、新市街のメインストリートにあるロカンタ(食堂)は大体どこも安いのにたくさんの種類があり、しかもおいしくて大満足できます。入り口を入るとガラス張りの奥にたくさんの料理が並んでいます。中にいるおじさんに食べたいものを指をさすとお皿に盛ってくれます、量が多い時や少ない時は適当にジェスチャーをすると通じて減らして(増やして)くれます。

イスタンブールでのおすすめのショッピングスポット

グランドバザール、エジプシャンバザール

イスタンブールのお土産と言えばここでしょう。
迷路のように入り組んだ広い市場です。グランドバザールはほぼ観光客向けになっているので日本語の客引きがとても多くちょっとうんざりしますが値引き交渉してみたりぐるぐる迷ったりできる楽しいスポットです。
対してエジプシャンバザールは地元の人も多く買いに来るマーケットでスパイス類が多く売っています。

イスタンブールにて宿泊したホテル

tree of life

イスタンブールでは良くも悪くも有名な日本人宿でした。現在はもう廃業してしまいありません。
長期滞在している管理人さんが毎日日本食を作ってくれ、マンガなどもたくさん置いてあるのでリラックスして過ごすことができるゲストハウスです。格安なので長期滞在で引きこもりのように過ごしている日本人が多かったです。そのため、友達になったトルコ人に「どうして外国に旅行に来てわざわざ日本を感じながらひきこもるの?」と言われ、その通りだと思い、後半は別の宿に移動しました。

イスタンブール旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

航空券もゲストハウスも全て自分で手配しました。
イスタンブールは広いのでゲストハウスから高級ホテルまでとにかく選択肢がたくさんあります。エリアもたくさんありますのでどこを拠点にしていいかとても悩みました。が、今回は無難に旧市街エリアにしました。どこに行くにも便利でした。また、別途料金はかかりますが空港までの送迎をしてくれる宿も多いので安心して市内まで移動することもできます。

イスタンブール旅行に必要な持ち物

女性はスカーフを1枚持っていきましょう。
モスクに入るときはスカーフで髪の毛を隠さなければいけません。また、タンクトップや短パンは男性も女性もモスクには入ることができませんので気を付けましょう。
うっかり忘れても、おしゃれなトルコブランドの服やスカーフもお手頃で手に入るのでお土産がてら買うこともおススメです。
都市なので、ウェットティッシュもなんでもすぐに手に入るので忘れ物をしても慌てる必要はありません。

イスタンブール旅行での注意点

イスタンブール旅行での注意点
  1. 旧市街では強引な客引きやぼったくりに注意しましょう
  2. モスクに入るときは露出の多い服装は避けましょう
  3. お祈りの時間はモスクに入れないことがあるので注意しましょう

とってもゆるいですがイスラム教徒の多い国です。街歩きはタンクトップや短パンでも問題はありませんがモスクには入れませんので気を付けましょう。
旧市街は、日本語が上手な人が巧みに近づいてきます。うっかりついて行くと超高額な絨毯屋に。。。もちろん、親日家が多いので純粋に親切心で話しかけてきてくれる人も多いのですが、用心してください。(ちなみに、ベトナムで学んだ私は声をかけてきた人が怪しいとすぐに気づきましたが途中まで騙されてみました。コーヒーをおごってもらい、途中でうまく逃げましたがやはり絨毯屋さんでした。)

まとめ

イスタンブールは私にとって大好きな場所になりました。
イスラム教の国を訪れたのが初めてだったせいもありますが、見るものが今まで見てきたものと大きく異なり衝撃だらけで、でも温かくて優しい街に魅了されました。
最初は気味が悪く聞こえたお祈りの時間に大音量で流れるアザーンの音色も気が付けば心地よくて大好きな音に変わるほどでした。

 

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ボツワナ・チョベ国立公園にて初めてのサファリ体験! 間近でゾウの水浴びを観察| トラベルダイアリー
    チョベ旅行体験記南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れました。チョベ国立公園では動物たちがのんびり…
  2. ミコノス島旅行体験記 大学時代の友人と、念願の5泊7日ギリシャ旅行。せっかくなら白の…
  3. ウシュアイア旅行体験記アルゼンチンのフエゴ島に位置するウシュアイア。この街を訪れる旅人のほとんど…
  4. 世界遺産がある街エルジェムを経由してスファックスへ| トラベルダイアリー
    エルジェム旅行体験記エルジェムにはローマのコロッセオと並ぶ素晴らしい円形闘技場があります。この立…
  5. ティンプー旅行体験記プナカから峠を超えてついに首都ティンプーにやってきました。首都だけあり、…
  6. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  7. ドブロクニク旅行体験記魔女の宅急便の舞台とも言われている、ドブロブニクの旧市街。昔からジブリ映画…
  8. ロンドン旅行体験記ずっと憧れがあって行ってみたかったロンドンですが、どこを切り取っても写真になる…
  9. brighton_pabirion2
    イギリス【ブライトン】旅行体験記ブライトンはイギリスの南東に位置する、ロンドンから日帰りで訪れる…
  10. チャイティーヨ山旅行体験記首都のヤンゴンから入り、特に予定も旅の期限もなくスタートしたミャンマー…

国内旅行おすすめ

  1. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  2. 王道スポットから意外と知らない大阪のディープスポット観光!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 修学旅行や家族旅行で何度も行ったことがある大阪ですが、行くたびに…
  3. 【一人旅】アジアの玄関口、福岡・太宰府で、歴史を学ぶお勉強気分に浸る| トラベルダイアリー
    太宰府旅行体験記土日に時間ができたため、1泊旅行に行こうとしたものの、季節は梅雨。なるべくなら雨…
  4. 一度は行ってみたいと憧れる!日本三景の1つ広島・宮島の旅| トラベルダイアリー
    宮島旅行体験記関西在住中に岡山と広島の県境に住んでいる友人を訪ねながら、せっかくなので周辺の観光…
  5. 名古屋旅行体験記愛・地球博が行われた際の公園に2022年にジブリパークが開園します。今はトト…
  6. 国境の長いトンネルを抜けると…?雪国【湯沢町】は温泉・スキー天国!| トラベルダイアリー
    湯沢旅行体験記2020年冬、大好きなスキーと大好きな温泉を満喫しに、湯沢町に行ってきました。サラ…
  7. 北九州で異国気分☆レトロな洋風建築が建ち並ぶ門司港散策| トラベルダイアリー
    北九州旅行体験記横浜や函館、神戸など異国情緒ある港町が大好きでずっと気になっていた北九州市門司港…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  9. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  10. モザイクタイルミュージアム旅行体験記岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザ…

最新記事

  1. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  2. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  3. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  4. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  5. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  6. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  7. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  8. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  9. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  10. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…

Archive



PAGE TOP