デンバーでロッキー山脈とショッピング・一人旅の3泊5日| トラベルダイアリー

デンバーでロッキー山脈とショッピング・一人旅の3泊5日

デンバー旅行体験記

本当は一人ではなく母とその友人が在デンバーの同級生を訪ねる旅に同行するだけだったのですが…。出発2週間前になんと母たちはキャンセル!急遽一人旅になりました。慌ててデンバーを調べると、ロッキー山脈が近いことが分かり、1日はロッキー山脈観光、残り1日はショッピングすることにして、いざ出発!

デンバー旅行について

おすすめのポイント
  1. マイルハイシティの名の通り高地に位置し、空気がきれい
  2. ロッキー山脈の大自然からショッピングモールまで一通り揃う
  3. 直行便も就航。経由便もロサンゼルスから便が多数ありアクセスが便利

デンバーはユナイテッド航空の直行便が就航しているので(コロナ前)、乗換が不安な方も安心です。街は標高約1600mの高地に位置しており、ホテルのジムで走ろうものならすぐに息が切れてしまいます。空気もきれいで、高地トレーニングに来るマラソン選手もいるとか。訪問時は夏でしたが、ロッキー山脈が近いため冬はスキーリゾートのゲートウェイにもなるそうです。野生動物も見られるロッキーマウンテン国立公園から、アメリカらしい巨大スーパーやショッピングモールまで、アメリカの魅力がぎゅっと詰まった街です。

デンバー旅行のおすすめのスポット

碁盤目状で歩きやすいダウンタウンとおしゃれなラリマースクエア周辺

郊外からダウンタウンへのアクセスはライトレールで。

7月4日の独立記念日を控えて星条旗があふれるダウンタウン。

コロラド州議事堂。上の金はホンモノの金でできている。

デンバー名物、コンベンションセンターを覗く巨大グマ。

郊外からダウンタウンへはライトレールでアクセス可能。デンバーのダウンタウンは道路が碁盤目状になっていて、駅名も○○通りと○○通りの角、みたいになっているから分かりやすいです。目抜き通りの16th Streetは、歩行者天国。両側にお店やレストランが立ち並び、車は入れないけどこの通りの端から端までを運行している無料のバスがあるのでとても便利。しかも1ブロックごとに止まってくれるのです!

デンバーで一番大きいチェリークリーク・ショッピングセンター

フードコードで食べたピザ。1枚で十分のボリューム。

自分用とお土産用に、と買いすぎたBath & Body Works。

買い物好きならお勧めしたいのが、デンバー一大きいショッピングセンターのこちら。ダウンタウンからタクシーで15分、13ドルくらいで着きました。かなり広くお店も100店舗以上入っています。しっかり見たいなら1日がかりかも。もちろんフードコートもあるので、お腹が空いても安心。私はこちらでアメリカ土産の定番・Bath & Body Worksで爆買い。荷物が重くなったので、早めに退散することにしました。

日帰りで行ける!ロッキーマウンテン国立公園で大自然を満喫

ロッキーマウンテン国立公園に入ります。

標高が高すぎて木が生えない。残雪もチラホラ。

エルクが見られました!

オスのエルクの群れが近くに!写真渋滞ができていました。

日本から日帰りツアーに申し込み。標高3500mの全米一高い幹線道路、トレイル・リッジ・ロードに沿って景色を堪能し、麓でランチする内容。公園に入ると点在するビューポイントで高度順応を兼ねて休憩しながらゆっくり進みます。途中、残雪地帯や森林限界地点を超え、ようやく最高地点へ。車の外は真夏の晴天でも寒い!そして歩いただけで息苦しく、頭痛まで。高山病の症状で普通なんだとか。帰り道は車が渋滞。すわ、事故か?と思えば道の脇にエルクが出てきていての写真行列。どこまでものんびりした大自然なのでした。

デンバーでのおすすめグルメ

ロッキー山脈のふもと・エステスパークのレストランでアメリカンランチ

ブリトーランチ

デザートたち。食べてみたかった…。

ロッキーマウンテン国立公園の見学が終わり、標高2200mのエステスパークにあるこちらのレストラン。ここまで来ると呼吸も普通に。ガイドさんはいつもここでランチするそうで、味はお墨付きとのこと。私はブリトーランチにしました。同行者の方はハンバーガーランチ。すごいボリュームです。ブリトーも肉々しくてなかなかのボリューム。美味しく頂きました。お店の冷蔵庫にはデザートの各種ケーキが山盛りに!絶対美味しいと思うが、満腹すぎて断念…。

デンバーでのおすすめのショッピングスポット

3000超m級のお土産屋さん、アルパイン・ビジター・センター

3500mにあるビジターセンター。お土産が充実。

戦利品。食べ物ばかり…。

ロッキーマウンテン国立公園内にあるトレイル・リッジ・ロード沿い、この道路の最高地点近くの標高3500mにあるお土産屋さんです。さすが山だけあって、トレイルミックスという山食?が豊富。しかもロッキー山脈パッケージ。他にもなかなか見かけないピーカンパイ味のポップコーンとか、ピーナッツバタークッキーとか。酸素薄くて意識もうろう・息苦しくてフラフラになりながら血眼になってお土産を物色しました。

デンバーにて宿泊したホテル

コートヤード・バイ・マリオット・デンバー・チェリークリーク

マリオット系列の安心のクオリティ。

ショッピングが目当てだったので、ショッピングモールに近くて寝られればどこでも良く、ちょうどexpediaでセール(1泊50ドル!)していたこちらのホテルにしました。デンバーは基本ホテル代が安めです。チェリークリーク・ショッピングセンターまで歩いて2キロほどの立地です。
マリオット系列なので、お部屋も設備も対応も申し分なく。歩いてすぐのところにコンビニやスーパーSafeway、ファストフード店もあり、ちょっとした買い物もできます。徒歩圏内に駅がないため、ダウンタウンへはタクシーで駅まで行ってからライトレールに乗ることになります。

デンバー旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

今回の航空券は東京-ロサンゼルス-デンバーの経路です。シンガポール航空でロサンゼルスまで行き(A380ロサンゼルス発就航の日だったのでどうしても乗りたかった)、ロサンゼルス⇔デンバーは動物ペイントが可愛いLCCのフロンティア航空にしました(こちらも一回乗ってみたかった)。航空券が2枚に分かれるので、荷物をスルーチェックインできないと言われる、などのマイナートラブルはありましたが、飛行機や経由地を自分の好みで選べる楽しさは個人旅行ならではだと思います。

成田⇔ロサンゼルスはシンガポール航空A380。

ロサンゼルス⇔デンバーは機体ごとに異なる動物モチーフが面白いフロンティア航空。

デンバー国際空港の空港ビル。とんがり屋根はロッキー山脈をモチーフにしているそう。

デンバー旅行に必要な持ち物

デンバーの街にいる限り、ほとんどのものを現地調達できますので必ずこれが必要!というものはないかと思います。現地でも買えますが、あれば絶対使うであろうものはサングラス、そして夏場なら羽織り物の2つです。サングラスは強い日差しから目を守るため(ロサンゼルス並みにギラギラしています、また高層ビルもほとんどないため遮るものがありません)。羽織り物は西海岸同様、室内のエアコン対策+ロッキーマウンテン国立公園に行った時の寒さ対策です。

デンバー旅行での注意点

デンバー旅行での注意点
  1. 日本との時差は15~16時間。時差ボケを覚悟しましょう。
  2. 空気が薄いことを頭に入れて行動しましょう。
  3. 何かと便利な25セント、もらったら貯めておきましょう。

今回のデンバーで一番困ったのが時差ボケです。朝起きても頭がボーっとしているのです。その上、ちょっと走っただけですぐに息が切れ…。これは疲れのせいだけではないはず。空気が薄い高地では無理は禁物だと思いました。また、洗濯しようと思ったら、ホテルの洗濯機は全て25セント式。乾燥機まで使うならと25セントが10枚近く必要なので、洗濯機を使う予定なら両替か予め貯めておきましょう。

まとめ

突然一人で行くことになって慌てて滞在中の計画を立てた今回のデンバー旅行ですが、晴天にも恵まれ、丸2日間の現地滞在は当初の希望通りショッピングとロッキー山脈の大自然を満喫できました。特にロッキーマウンテン国立公園のツアーは期待以上に密度が濃く、「なんちゃって高山病」体験もできて非日常を味わえました。ほかのコースも色々あったのですが、こちらにして正解だったと思います。更に往復の飛行機も希望通りのものに乗れて飛行機好きは大興奮!いいことづくしの旅でした。

 

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. サマルカンド旅行体験記私にとってイスラム圏のウズベキスタンは未知の世界でした。ビザはいるし(当時…
  2. レモンの香る街、フランス・マントンでビタミンチャージ旅行♪ | トラベルダイアリー
    マントン旅行体験記大好きなレモンケーキを食べるたびに目にする「マントン産レモン」の文字。小さい頃…
  3. アナハイム旅行体験記 みんな大好き夢の国。本場のディズニーへ行きたいという夢を、この…
  4. 韓国・済州島の芸術とカフェでヒーリングタイム!| トラベルダイアリー
    済州島旅行体験記済州島にある展示会を見に行きたくて、2泊3日で行きました。済州島には電車がありま…
  5. ギリシャの首都アテネからも日帰りで行けちゃう穴場!エギナ島| トラベルダイアリー
    エギナ島旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  6. 女子一人旅 in イギリス 伝統とオシャレが混在するロンドン| トラベルダイアリー
    ロンドン旅行体験記バーミンガムの次はいよいよロンドンをうろうろします。ここロンドンでも友人の…
  7. 【マレーシア旅行記】自然と近代風景が融合する街クアラルンプール| トラベルダイアリー
    クアラルンプール旅行記海外旅行が好きで、長期休みのたびに色々な国を訪れていました。特にエキゾチック…
  8. ポルトガル人に聞いた!絶対に行ってほしい港町ポルト!ポルトガルの友人達にオススメの旅行先を聞いた…
  9. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  10. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で洗練された街だ…

国内旅行おすすめ

  1. これぞ沖縄!青い海・青い空を感じる 北谷~恩納 西海岸を巡る旅| トラベルダイアリー
    沖縄西海岸旅行体験記若い頃に好きで何度も訪れた沖縄に移住して、もう15年以上経ちますが、やっぱり…
  2. 東京といえば!誰もが一度は訪れる定番の観光スポットを巡る旅| トラベルダイアリー
    東京旅行体験記仕事関連やプライベートで何度も訪れた東京。日本の首都である東京はみなさんもご存知の…
  3. 福岡旅行体験記仕事の疲れを癒やしたい…美味しいものを鱈腹味わいたいと思って。なんでも美味しくて、…
  4. 【東洋のガラパゴス】美しい海に囲まれた奄美で絶対外せないスポット| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記 九州南方にある奄美大島は、別名「東洋のガラパゴス」ともいいます。…
  5. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…
  6. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  8. 栃木・日光で日帰り雨の中でも楽しむ女子旅お互いにパートナーが仕事から夜に帰ってくるため、女二人で…
  9. 【八ヶ岳周辺シリーズ Part1】 樹々と水辺を求めて in May| トラベルダイアリー
    八ヶ岳周辺旅行体験記今回の旅の目的は3つありました。①音のしない空間に行きたい②樹と水に囲ま…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原スキー旅行体験記すっかりゲレンデの雪遊びにハマった娘に、キッズパークが人気の「岩原スキー場」…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP