冬に行くと独り占めできる!カナダ・ナイアガラの滝

ナイアガラ旅行体験記

イエローナイフにオーロラを見に行こうと決めた時に、ナイアガラの滝を一緒に見に行きました。
その理由は、オーロラが一回も見れなかったら悲しすぎるから!
「でもナイアガラの滝が見れたからよかったね」って言い訳できるようにです(笑)
でもそこは三大瀑布のひとつ。大迫力でした。

ナイアガラ旅行について

おすすめのポイント
  1. テーブルロック
  2. ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ
  3. 夜のライトアップ
  4. ナイアガラオンザレイク

ナイアガラの滝は見るところがたくさんあります。
カナダ側から見るのかアメリカ側からみるのか。
横からか、下からか、上からか、船に乗ってみるのか。
今回は冬だったので船からというのは見れませんでしたが、冬ならではのナイアガラの滝を見ることができました。

ナイアガラ旅行のおすすめのスポット

テーブルロック

テーブルロックはナイアガラの滝を横から見ることができるスポットです。
ナイアガラの滝が滝つぼに流れ落ちるところを近くで見ることができます。
大迫力で吸い込まれてしまいそうで、少し怖かったです。
昔はここから飛び込んで生還できるかというチャレンジをしていたらしいです…
今は禁止されていますが、想像するだけで恐ろしいです!!
しかもナイアガラの滝は1年間で3㎝程浸食されているとガイドさんが言っていました。
それだけ水量と勢いが強いということですよね。

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ

ビハインドというくらいなので、裏側からナイアガラを見ることができるスポットです。
テーブルロックからエレベーターで下まで降りることができます。
夏場は行列ができるらしいですが、他のツアーで合流した日本人合わせて5人で貸し切りでした。
滝の裏側に5か所くらい水しぶきをあびれるスポットがあるのですが、その時は凍っているので手前側を除き封鎖されていました。
一部凍っているとはいっても、日本では見ることができない大迫力でした。
やっぱりスケールが違います!

夜のライトアップ

冬のナイアガラは水温と気温の差が激しいので、水しぶきが冷やされて大量の水蒸気になってあがっています。
これを見ることができるのは冬だけだそうです。
青空の下で真っ白なナイアガラを見るのも大迫力でしたが、夜はカラフルにライトアップされて素敵でした。
本当にこの巨大な滝を独り占めしているような感覚になります。
近くにスカイロンタワーがあるので、上るとナイアガラの滝はもちろんですが、アメリカ側まで見渡せるので夜景がきれいです。
特に周辺にはカジノが多くあるのでネオンが輝いています。

ナイアガラオンザレイク

ナイアガラの滝から下流の方へ車で30分ほど行くとナイアガラオンザレイクという町に行くことができます。
真ん中に時計台のある小さな町で、お土産屋さんやお菓子屋さんなどがたくさんありお買い物が楽しめます。
町から少し歩くとオンタリオ湖の湖畔に出るので、のんびり湖を眺めた後、近くの公園で童心に戻って雪の中滑り台をしました(笑)
このオンタリオ湖は五大湖で一番小さい湖ですが四国くらいの大きさがあるとガイドさんが言っていました。
規模が大きすぎてよくわかりません…
もちろん対岸は全く見えません!

ナイアガラでのおすすめグルメ

Bravo Pizzeria & Grill

ガイドさんにお勧めのレストランを聞いたところ、ナイアガラ付近はイタリアからの移民が多いのでイタリアンレストランがたくさんあるとのことです。
ですからピザは石窯で焼いてあって美味しいよと教えてもらいました。
その中でもナイアガラの滝やスカイロンタワーから歩いて行けるお店に行きました。
店内は落ち着いていておしゃれな雰囲気です。
ただメニューはなんて書いてあるのかさっぱりだったので、お勧めを聞いて食べました。
ビールも種類豊富で選ぶのが難しかったので、最終的に選ぶ方法はネーミングですよね。
とてもボリュームがあって食べきれないほどだったので、残りはテイクアウトさせてもらいました。
ウェイトレスさんも親切でとても居心地のいいお店です。

ナイアガラでのおすすめのショッピングスポット

北極

こちらのお店は日本人が経営しているお土産屋さんですので、日本語も通じますし、日本円も使えました。
基本的なお土産はここですべてそろいます。
カナダの国旗って日本に比べるとかわいいですよね…
国旗をモチーフにしたグッズやスノードームなどもたくさん売ってます。
ツアーだとだいたい立ち寄るお店だと思います。
ナイアガラの滝から歩いて20~30分くらいで行けるので、個人的にも行けます。

カナダに行ったら絶対買うものがメープルシロップだと思います。
私もいっぱい買いました!
でもメープルシロップにはグレードがあって、一番グレードの高いエクストラライト(今はゴールデン)はなかなか日本に入ってこないらしいです。
ちょっとお値段高くなりますが、ぜひお土産にどうぞ。
メープルバターもおいしかったです!

ナイアガラにて宿泊したホテル

オークスホテル

高台に位置しており、ナイアガラの滝を一望できます。
写真はホテルの窓から見た朝日です。
朝起きてナイアガラの滝、夜寝るときにナイアガラの滝、いつでもナイアガラの滝を見ることができます。
とてもきれいなホテルで、ロビーではセルフでコーヒーを飲むことができました。
朝食はついていなかったので、歩いて10分くらいのコーヒーショップに買いに行きました。

ナイアガラ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

ホリデー「気軽にオーロラ ナイアガラとイエローナイフ7日間」

近畿日本ツーリストのホリデーで予約しました。
現地ガイドだけでしたが、何の問題もありませんでした。
ほぼ自由行動のツアーだったので、食事がほとんどついていませんでした。
ですからレストランを探すのが大変でしたが、現地ガイドさんが地図をくれて、おすすめのレストランなどを教えてくれました。
ただ雪の中を移動するのはとても大変でした。

ナイアガラ旅行に必要な持ち物

冬は暖かいスノーブーツを履いていくといいと思います。
2月に行きましたが、道路は雪で覆われているので滑りますし、寒いです。
私が行ったときは昼でも-15度くらいでした。
私は軽いノースフェイスのスノーブーツで行きましたが、やはり雪が深いので結構しみてしまいました。
頑丈なブーツも買おうか悩んだのですが、やっぱり重いと旅行には負担なのでやめました。
防水スプレーはしっかりしていくことをお勧めします。

ナイアガラ旅行での注意点

ナイアガラ旅行での注意点
  1. 歩行者用の信号がわかりにくい
  2. スーパーが少ない
  3. お土産は重いものが多い

日本は青は進め、赤は止まれですが、カナダは「人が歩いている姿」が進め、「手のひら」が止まれです。
信号によっては人型ではなく「矢印」の時もありました。
しかも手のひらが点滅するので、さらに混乱しました。
渡るときは注意して渡ってください!

私が探せなかっただけかもしれませんが、スーパーがあまりありません。
あったとしてもコンビニのような感じで、お土産屋さんと併設していたので、特別安いとは感じませんでした。

メープルシロップ、ジャム、ワインなどお土産は重いものが多いです。
友人は重量制限超えて、私のスーツケースにお土産入れてました。
買いすぎには注意です!

まとめ

私はこの時初めて北米に行ったのですが、やっぱり日本とは一つ一つスケールが違うなと感じました。
食べ物も、建物も、自然も。
三大瀑布の一つのナイアガラの滝を見たら、あと二つも制覇したくなっちゃいますよね!
イグアスの滝もヴィクトリアの滝も行くの大変そうですけど…
今回は冬で滝の一部や滝つぼが凍っていたので、船には乗れませんでしたが、次回は夏に行って船の上から水しぶきをザバザバあびたいなって思います。
冬は冬で全然人がいなくて、独り占めできちゃうのでお勧めです!

 

 

ゆーみん

投稿者の過去記事

旅行好きアラサーのゆーみんです。
旅行の他にもダイビング、ハイキングも好きです。
2019年にはピースボートで世界一周していました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ヴェナリア・レアーレ旅行体験記雑誌で見て、一生に一度行ってみたかったヴェナリア・レアーレ(ヴェナ…
  2. モロッコの活気溢れる街・マラケシュで観光名所巡り| トラベルダイアリー
    マラケシュ旅行体験記マラケシュは見どころが多いので、2連泊しました。それでもまだまだ時間が足りな…
  3. 台北旅行体験記東京から飛行機で4時間、那覇からなら1時間ちょっと、気軽に訪れることができる海外と…
  4. 冬のグリンデルワルドにて大迫力のアイガーを望む| トラベルダイアリー
    グリンデルワルド旅行体験記スイスの名峰として知られるアイガーの北側の絶壁とヴェッターホルンを眼前…
  5. 一体どうやって?!断崖絶壁岩の頂に建つギリシャのメテオラ修道院群| トラベルダイアリー
    メテオラ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  6. アナハイム旅行体験記 みんな大好き夢の国。本場のディズニーへ行きたいという夢を、この…
  7. 乗り継ぎ時間でちょこっと楽しめる、ドバイのデザートサファリツアー| トラベルダイアリー
    ドバイ旅行体験記中東エリアのみならず、ヨーロッパやアフリカへ行く場合、エミレーツ航空は重要な選択…
  8. サンクトペテルブルグ弾丸観光と夜行列車で行ったキジー島| トラベルダイアリー
    サンクトペテルブルク旅行体験記実は今回の旅はキジー島がメインで、サンクトペテルブルクはそのついで…
  9. マドリード旅行体験記マドリードではアートやグルメな旅が堪能できます。スポーツの印象が強いと思いま…
  10. ロンドン旅行体験記昔からハリーポッターが好きで、いつかロンドンに行ってみたいと思っていた夢が叶い…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ軽井沢の旅| トラベルダイアリー
    軽井沢旅行体験記秋の紅葉を楽しめて、買い物もグルメも充実、そして子供の遊び場も豊富な観光エリアは…
  2. 国営ひたち海浜公園で青の絶景を楽しむ旅~in 茨城・ひたちなか~| トラベルダイアリー
    ひたちなか旅行体験記ネモフィラとチューリップどちらも観賞できる日に「国営ひたち海浜公園」へ行って…
  3. ~ガラス&星の王子さまに癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記今回の箱根旅行は女性ふたり旅でしたので、カフェやガラスの森美術館などを中心に巡り、…
  4. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…
  5. はじめての一人旅・与論島で癒しの時間を過ごしてきた毎年10月の誕生日が近くなると、その年齢の目標…
  6. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  7. 癒し旅♪【大自然・歴史・温泉】はじめての松本観光!| トラベルダイアリー
    松本旅行体験記姉が住んでいる松本へ初めて行ってきました。松本と言えば、最初は松本城しか思いつかなか…
  8. 1日1本 観光特急「しまかぜ」で行くちょっと贅沢な三重・鳥羽の旅| トラベルダイアリー
    鳥羽旅行体験記両親に日頃の感謝の意味も込めて、一緒にゆったり美味しいものを食べられる旅をと京都か…
  9. 石川・加賀の山中温泉~情緒溢れる温泉街を自転車で~| トラベルダイアリー
    加賀旅行体験記加賀には、自然あふれる散歩コースがたくさんあると聞き、非日常な雰囲気を味わえると思…
  10. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP