冬に行くと独り占めできる!カナダ・ナイアガラの滝

ナイアガラ旅行体験記

イエローナイフにオーロラを見に行こうと決めた時に、ナイアガラの滝を一緒に見に行きました。
その理由は、オーロラが一回も見れなかったら悲しすぎるから!
「でもナイアガラの滝が見れたからよかったね」って言い訳できるようにです(笑)
でもそこは三大瀑布のひとつ。大迫力でした。

ナイアガラ旅行について

おすすめのポイント
  1. テーブルロック
  2. ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ
  3. 夜のライトアップ
  4. ナイアガラオンザレイク

ナイアガラの滝は見るところがたくさんあります。
カナダ側から見るのかアメリカ側からみるのか。
横からか、下からか、上からか、船に乗ってみるのか。
今回は冬だったので船からというのは見れませんでしたが、冬ならではのナイアガラの滝を見ることができました。

ナイアガラ旅行のおすすめのスポット

テーブルロック

テーブルロックはナイアガラの滝を横から見ることができるスポットです。
ナイアガラの滝が滝つぼに流れ落ちるところを近くで見ることができます。
大迫力で吸い込まれてしまいそうで、少し怖かったです。
昔はここから飛び込んで生還できるかというチャレンジをしていたらしいです…
今は禁止されていますが、想像するだけで恐ろしいです!!
しかもナイアガラの滝は1年間で3㎝程浸食されているとガイドさんが言っていました。
それだけ水量と勢いが強いということですよね。

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ

ビハインドというくらいなので、裏側からナイアガラを見ることができるスポットです。
テーブルロックからエレベーターで下まで降りることができます。
夏場は行列ができるらしいですが、他のツアーで合流した日本人合わせて5人で貸し切りでした。
滝の裏側に5か所くらい水しぶきをあびれるスポットがあるのですが、その時は凍っているので手前側を除き封鎖されていました。
一部凍っているとはいっても、日本では見ることができない大迫力でした。
やっぱりスケールが違います!

夜のライトアップ

冬のナイアガラは水温と気温の差が激しいので、水しぶきが冷やされて大量の水蒸気になってあがっています。
これを見ることができるのは冬だけだそうです。
青空の下で真っ白なナイアガラを見るのも大迫力でしたが、夜はカラフルにライトアップされて素敵でした。
本当にこの巨大な滝を独り占めしているような感覚になります。
近くにスカイロンタワーがあるので、上るとナイアガラの滝はもちろんですが、アメリカ側まで見渡せるので夜景がきれいです。
特に周辺にはカジノが多くあるのでネオンが輝いています。

ナイアガラオンザレイク

ナイアガラの滝から下流の方へ車で30分ほど行くとナイアガラオンザレイクという町に行くことができます。
真ん中に時計台のある小さな町で、お土産屋さんやお菓子屋さんなどがたくさんありお買い物が楽しめます。
町から少し歩くとオンタリオ湖の湖畔に出るので、のんびり湖を眺めた後、近くの公園で童心に戻って雪の中滑り台をしました(笑)
このオンタリオ湖は五大湖で一番小さい湖ですが四国くらいの大きさがあるとガイドさんが言っていました。
規模が大きすぎてよくわかりません…
もちろん対岸は全く見えません!

ナイアガラでのおすすめグルメ

Bravo Pizzeria & Grill

ガイドさんにお勧めのレストランを聞いたところ、ナイアガラ付近はイタリアからの移民が多いのでイタリアンレストランがたくさんあるとのことです。
ですからピザは石窯で焼いてあって美味しいよと教えてもらいました。
その中でもナイアガラの滝やスカイロンタワーから歩いて行けるお店に行きました。
店内は落ち着いていておしゃれな雰囲気です。
ただメニューはなんて書いてあるのかさっぱりだったので、お勧めを聞いて食べました。
ビールも種類豊富で選ぶのが難しかったので、最終的に選ぶ方法はネーミングですよね。
とてもボリュームがあって食べきれないほどだったので、残りはテイクアウトさせてもらいました。
ウェイトレスさんも親切でとても居心地のいいお店です。

ナイアガラでのおすすめのショッピングスポット

北極

こちらのお店は日本人が経営しているお土産屋さんですので、日本語も通じますし、日本円も使えました。
基本的なお土産はここですべてそろいます。
カナダの国旗って日本に比べるとかわいいですよね…
国旗をモチーフにしたグッズやスノードームなどもたくさん売ってます。
ツアーだとだいたい立ち寄るお店だと思います。
ナイアガラの滝から歩いて20~30分くらいで行けるので、個人的にも行けます。

カナダに行ったら絶対買うものがメープルシロップだと思います。
私もいっぱい買いました!
でもメープルシロップにはグレードがあって、一番グレードの高いエクストラライト(今はゴールデン)はなかなか日本に入ってこないらしいです。
ちょっとお値段高くなりますが、ぜひお土産にどうぞ。
メープルバターもおいしかったです!

ナイアガラにて宿泊したホテル

オークスホテル

高台に位置しており、ナイアガラの滝を一望できます。
写真はホテルの窓から見た朝日です。
朝起きてナイアガラの滝、夜寝るときにナイアガラの滝、いつでもナイアガラの滝を見ることができます。
とてもきれいなホテルで、ロビーではセルフでコーヒーを飲むことができました。
朝食はついていなかったので、歩いて10分くらいのコーヒーショップに買いに行きました。

ナイアガラ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

ホリデー「気軽にオーロラ ナイアガラとイエローナイフ7日間」

近畿日本ツーリストのホリデーで予約しました。
現地ガイドだけでしたが、何の問題もありませんでした。
ほぼ自由行動のツアーだったので、食事がほとんどついていませんでした。
ですからレストランを探すのが大変でしたが、現地ガイドさんが地図をくれて、おすすめのレストランなどを教えてくれました。
ただ雪の中を移動するのはとても大変でした。

ナイアガラ旅行に必要な持ち物

冬は暖かいスノーブーツを履いていくといいと思います。
2月に行きましたが、道路は雪で覆われているので滑りますし、寒いです。
私が行ったときは昼でも-15度くらいでした。
私は軽いノースフェイスのスノーブーツで行きましたが、やはり雪が深いので結構しみてしまいました。
頑丈なブーツも買おうか悩んだのですが、やっぱり重いと旅行には負担なのでやめました。
防水スプレーはしっかりしていくことをお勧めします。

ナイアガラ旅行での注意点

ナイアガラ旅行での注意点
  1. 歩行者用の信号がわかりにくい
  2. スーパーが少ない
  3. お土産は重いものが多い

日本は青は進め、赤は止まれですが、カナダは「人が歩いている姿」が進め、「手のひら」が止まれです。
信号によっては人型ではなく「矢印」の時もありました。
しかも手のひらが点滅するので、さらに混乱しました。
渡るときは注意して渡ってください!

私が探せなかっただけかもしれませんが、スーパーがあまりありません。
あったとしてもコンビニのような感じで、お土産屋さんと併設していたので、特別安いとは感じませんでした。

メープルシロップ、ジャム、ワインなどお土産は重いものが多いです。
友人は重量制限超えて、私のスーツケースにお土産入れてました。
買いすぎには注意です!

まとめ

私はこの時初めて北米に行ったのですが、やっぱり日本とは一つ一つスケールが違うなと感じました。
食べ物も、建物も、自然も。
三大瀑布の一つのナイアガラの滝を見たら、あと二つも制覇したくなっちゃいますよね!
イグアスの滝もヴィクトリアの滝も行くの大変そうですけど…
今回は冬で滝の一部や滝つぼが凍っていたので、船には乗れませんでしたが、次回は夏に行って船の上から水しぶきをザバザバあびたいなって思います。
冬は冬で全然人がいなくて、独り占めできちゃうのでお勧めです!

 

 

ゆーみん

投稿者の過去記事

旅行好きアラサーのゆーみんです。
旅行の他にもダイビング、ハイキングも好きです。
2019年にはピースボートで世界一周していました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ベルガモ旅行体験記アールグレイティに欠かせない香料、ベルガモットの故郷が北イタリアの中都市ベルガ…
  2. バンクーバー旅行体験記世界で最も住みやすい街に選ばれたことのあるカナダのバンクーバーは、シティラ…
  3. ガーデンアイランド カウアイ島のワイルドな自然に触れる| トラベルダイアリー
    ハワイ・カウアイ島 旅行体験記オアフ島とハワイ島へ行き、まだまだハワイ諸島の色々な顔を知りたい!…
  4. 「時」を気にする旅に出る、ロンドン、グリニッジ天文台旅行★| トラベルダイアリー
    グリニッジ旅行体験記「グリニッジ天文台」「グリニッジ子午線」…誰もが一度は学校で習ったであろう超…
  5. カトマンズ旅行体験記子どもの頃に見た、大きくてカラフルな、怖い顔なのにどこかユーモラスな神様。ず…
  6. サンフランシスコ旅行体験記何回か行ったことのあるアメリカ。実はあまり好きではないのですが、友人に…
  7. 黒い大地!ハワイのビッグアイランド ハワイ島| トラベルダイアリー
    ハワイ・ハワイ島 旅行体験記ハワイと言えばオアフ島ホノルルがメジャーです。しかしハワイで一番大き…
  8. 京都はお寺だけじゃない!京都の穴場おすすめスポット〜絶景木造橋&イルミネーション〜| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記京都府の日本最長級の木造橋と京都府内2位の人気を誇るイルミネーションへ行ってきまし…
  9. 釜山旅行体験記釜山の甘川洞文化村にあるカラフルな風景を見たいと思い、釜山の旅行を決めました。写真…
  10. モロッコの青い宝石箱 シャウエンの旧市街を散策| トラベルダイアリー
    シャウエン旅行体験記シャウエンの青い街並みが日本でも有名になり、一度どんなところか行ってみたかっ…

国内旅行おすすめ

  1. ~磯山神社の「あじさいまつり」&アンブレラスカイ~in栃木・鹿沼| トラベルダイアリー
    鹿沼旅行体験記神社巡りが好きで情報収集をしていたところ、鹿沼市の「磯山神社」はあじさいの名所で、…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記三世代旅行で熱海へ行ってきました。以前熱海駅前の観光案内所で子連れにオススメのスポ…
  3. 静岡寸又峡 夢のつり橋で空中散歩!~絶景×スリル体験~ | トラベルダイアリー
    寸又峡夢のつり橋旅行体験記「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊橋10」に選ばれた夢のつり橋の存在をネ…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ箱根の旅| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記首都圏で手軽に行ける温泉地として人気の箱根。素敵な温泉地や温泉宿は大人が嬉しい場所…
  5. 地元民と行く!沖縄南部ドライブ ~南城市 絶景&カフェ編~| トラベルダイアリー
    南城旅行体験記学生時代の仲良しグループが沖縄旅行に来るということで、沖縄在住の私も友達の旅行に同…
  6. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  7. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  8. 歩いて、学んで、食べて、休憩して。琴平町の魅力を発見!| トラベルダイアリー
    琴平旅行体験記2019年の秋、恋人と旅行をすることに。どこに行こうか?と話し合った結果、大阪から…
  9. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…
  10. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP