3歳児も思い切り楽しめる!江戸情緒溢れる「蕨宿場まつり」| トラベルダイアリー

3歳児も思い切り楽しめる!江戸情緒溢れる「蕨宿場まつり」

宿場まつりに行ってきました!

毎年11月3日文化の日に、蕨市の旧中山道にて開催される「中仙道武州蕨宿宿場まつり」、通称「宿場まつり」は、昭和59年にスタートして2019年に36回を迎えました。地元では有名なお祭りで、江戸情緒溢れる「織姫道中パレード」では、大名行列のように着物姿のお姫様や戦国武将たちが闊歩する様子は圧巻です。中山道本町通りは、江戸時代に中山道の第2番目の宿場町として栄え、いまだ当時の面影を残す風情溢れる歴史的な町並みとなっています。2つのメイン会場である「宿場本陣演しもの」と「わらび双子広場」では、多くの人が訪れます。地元で一番の盛り上がりを見せるお祭りへ、子供と一緒に行ってきました。

宿場まつりとは

おすすめのポイント
  1. 祭りの始まりを知らせる「浜名湖大太鼓」は大迫力
  2. 「織姫道中パレード」で華やかな江戸情緒を体験
  3. 「宿場本陣演しもの」では様々なステージが開催
  4. 賑やかな「サンバパレード」で盛り上がる
  5. 「双子広場キッズエリア」は子供が夢中になるオモチャや催し物が満載

「宿場まつり」のメインイベントである「織姫道中パレード」では、「浜名湖大太鼓」の迫力ある轟音で、祭りのイベントが始まります。立派な戦国武将や着物姿の織姫たちが、約1㎞の長い大行列を作って歩く、江戸情緒溢れる見ごたえたっぷりのパレードです。子供たちが大好きな蕨市のマスコット「わらじろう」「ワラビー」「ふタコ」が歩き、可愛らしい「わらじろう」の仮装をした地元の子供たちがそれに続きます。「宿場本陣演しもの」では様々なステージが開催され、「ミス織姫、宿場小町」の表彰式もあります。
そして「双子広場キッズエリア」は子供が夢中になるオモチャや催し物が満載で、特にミニトレイン乗車体験や、消防車に乗れる体験は、子供たちなら大喜び間違いなし。大人も子供も一緒に楽しめるお祭りです。

宿場まつりの見どころ

祭りの始まりを知らせる「浜名湖大太鼓」は大迫力

地響きのような轟音でその迫力に圧倒される「浜名湖大太鼓」は、高らかに祭りの始まりを知らせてくれます。大太鼓和牛の一枚皮で作った大太鼓では日本一と言われており、蕨市と災害協定を結んでいる静岡県湖西市からこの日のために運ばれたものだそうです。大太鼓に続くお囃子も祭り気分を盛り上げてくれます。轟音に最初は怖がっていた私の子供も、そのうち興味が出てきてずっと後ろについて歩いていました。

「織姫道中パレード」で華やかな江戸情緒を体験

「宿場まつり」のメインイベントである「織姫道中パレード」では、前列に中仙道蕨宿マスコットの「わらじろう」と、蕨市のマスコット「ワラビー」「ふタコ」が歩き、「わらじろう」の仮装をした地元の子供たちが続きます。子供たちは大好きな「ワラビー」が現れると大喜びで一緒に写真を撮りたがります。立派な戦国武将や、人力車に乗った着物姿の織姫たちが、約1㎞の長い大行列を作って歩きます。その中には武将に扮した蕨市長も一緒に歩いていました。鉄砲集頭による鉄砲の音、昔本当に使われていたという牛車、牛若丸と弁慶、蕨でホームステイをしている外国人の赤忍者などが続きます。一番の盛り上がりはミス織姫&ミス宿場小町の登場です。とても華やかなパレードで、江戸風情溢れる様子に大人も子供も歓声を上げていました。

「宿場本陣演しもの」では様々なステージが開催

メインステージの「宿場本陣演しもの」では、市長挨拶から始まり、ミス織姫、宿場小町の表彰式や、地元蕨の太鼓の会による演奏、中学生合奏部による合奏、中学生吹奏楽部による演奏、ゲストミュージシャンによる演奏などが披露されます。2019年は子供たちによる大人気『パフリカ』のダンスも披露され、たくさんの子供たちがそれを見ながら一緒に踊りました。ここに本部が設置されていて宿場まつりのプログラムも配布しているので、ステージの演目スケジュールや、開催イベント場所の確認をすると良いです。また隣接した施設で「歴史民俗資料館」があるので、蕨市の歴史を知ることもできます。

賑やかな「サンバパレード」で盛り上がる

「織姫道中パレード」の後は「サンバパレード」が始まります。こちらも約1㎞にわたる大行列で、賑やかな曲に合わせてサンバを踊る本格的なカーニバルです。サンバを踊るのは「G.R.E.S. Alegria」というチームで、埼玉県戸田市を本拠地とし、国内屈指の規模とトップクラスのパフォーマンスを誇り、毎年浅草サンバカーニバルで上位入賞を果たしているそうです。子供はその大音量と迫力に少々圧倒されていましたが、沿道の人々は楽しい音楽と華やかなパフォーマンスに、皆さんとっても盛り上がっていました。

「双子広場キッズエリア」は子供が夢中になるオモチャや催し物が満載

小さな子供でも楽しめる「双子広場キッズエリア」には、100円で楽しめる手作りのゲームやガチャガチャが並びます。中仙道蕨宿マスコット「わらじろうのじゃんけんパチンコ」「わらじろうのルーレットゲーム」「スマートボール」「鉄道模型無料走行体験」など、ぬくもりあるオモチャで大人も童心に返って一緒に遊べます。「わらび双子広場ステージ」では、子供たちによるチアダンス、HIP HOPダンス、フラダンス、空手、ウクレレ演奏など、様々な演目が披露されます。
そして子供たちが一番夢中になるのが、ミニトレインの乗車体験です。JRの車掌さんから帽子を貸してもらい電車に乗れるので、車掌さん気分で電車に乗れます。また消防士さんの制服を着て本物の消防車に乗れる体験もできるので、子供たちはみんな大はしゃぎで列をなしていました。

宿場まつりで見つけたグルメ

「自分で作れるわたあめ屋さん」で初めてのわたあめ作り

たくさんある屋台の中でも、特に人気だった「自分で作れるわたあめ屋さん」は、小さい子供でも作れるので、私の子供も大喜びでした。最初にわたあめの原料となるザラメを緑かピンクの好きな方を選び、お店の人が機械に入れてくれます。暫くすると綿が出てくるので、子供に割りばしを持たせてくるくる回しながら綿を絡めると、大きなわたあめが出来上がります。初めて作るわたあめに子供は興味津々。自分で作る楽しさを味わえます。袋に入って売っているわたあめも良いですが、100円でわたあめ作りを体験できるので、子供にオススメです。

可愛い「ふりふりポテト」はお土産にも

フライドポテトの屋台はいくつかありますが、とっても可愛い動物柄の袋に入れてくれる「ふりふりポテト」は、一目見て子供が気に入りました。ひよこ、うさぎ、うし、クマ、パンダ、ペンギンの袋から好きなものを選てもらいます。300円でたっぷり入っていますし、袋入りなので食べきれなくても持ち帰れるのが嬉しい。チーズ、ガーリック、バーベキュービーフ、コンソメ、明太マヨ、のり塩バター、ローストしょうゆバターと、フレーバーも豊富です。

宿場まつりに必要なアイテム・服装・その他

たくさんの屋台があって食べ歩きするので、ウェットティッシュは必須です。ごみを捨てる場所もありますが、ちょっとしたごみを入れておいたり、食べきれない時のためにレジ袋があると便利です。また旧中山街道沿いにパレードや屋台がずらっと続くので、歩きやすい靴で行く方が良いと思います。メイン会場で配布しているプログラムをもらうか、事前にホームページからプリントアウトしておき、ステージでの催し物のスケジュールや、イベントごとの場所を地図で確認しておくことをオススメします。

宿場まつりでの注意点

特にパレード中はかなり多くの人が街道にひしめき合うので、小さな子供がいるファミリーは迷子に注意が必要です。お気に入りのゆるきゃらの登場について行ってしまったり、気になるゲームコーナーに目を奪われてはぐれてしまう恐れがあります。またトイレの場所を事前に確認しておかないと、数に限りがあったり混雑でなかなか辿り着かなかったり、並んでいたりする可能性もあるので注意が必要です。トイレの場所も予め会場地図で確認しておく方が良いと思います。

まとめ

「宿場まつり」は「見るまつりから参加するまつりへ」をコンセプトとしているだけあって、たくさんの蕨市民が積極的に参加しています。私自身これまでは遠方の有名なお祭りに参加することがほとんどでしたが、地元の方々と触れ合える、手作り感のあるお祭りも、とても素敵だなと感じました。参加することで自分たちでお祭りを作り上げる意識が高まり、自分の住んでいる地域のことをさらに深く知ることができ、愛着が湧くようになりました。2020年度はコロナの影響で残念ながら中止となってしまいましたが、2021年にはぜひ多くの方に訪れて欲しいと思います。

 

mayuaya

mayuaya

投稿者の過去記事

旅行会社勤務で3歳の娘をもつママ。
仕事もプライベートでも旅行とグルメが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…
  2. バイロンベイ旅行体験記バイロンベイといえばオーストラリア最東端の街で、おしゃれで素敵な街!ヒ…
  3. バリ旅行体験記子連れで行ける海外旅行を探し見つけたのがバリ島。日本から直行便で約7時間程度。…
  4. インドネシア島旅行体験記インドネシア=バリ島やウブドなどのイメージがありますが、世界最多の島数が…
  5. クラビ旅行体験記一度タイへ旅行した人なら、タイが大好きになりますよね。バンコクの街を巡ったら、次…
  6. チンクエテッレ旅行体験記「本当にこんなにカラフルな街があるの!?」新しく買ったパソコンのデスクト…
  7. 台湾旅行体験記休みの都合上、3日しか休みが取れない!だけど海外旅行に行きたい!そこで選んだのが、…
  8. 逆さマッターホルンを求めて…。スイス・リッフェル湖への旅| トラベルダイアリー
    リッフェル湖旅行「逆さ富士」ならぬ「逆さマッターホルン」が見られるといわれる、スイスの景勝地「リ…
  9. コルドバ旅行体験記新婚旅行で行きました。温暖で過ごしやすい気候と、どことなく陽気な印象、どこか心…
  10. ボローニャ旅行体験記ボロネーゼ、ラザニア、魅惑のメニューはぜーんぶココ、ボローニャで誕生しました…

国内旅行おすすめ

  1. 白浜~串本・那智勝浦旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神~白浜を観光。次…
  2. 石川・加賀の山中温泉~情緒溢れる温泉街を自転車で~| トラベルダイアリー
    加賀旅行体験記加賀には、自然あふれる散歩コースがたくさんあると聞き、非日常な雰囲気を味わえると思…
  3. 青い海とスポーツ選手のキャンプ、宮崎の青島で素敵な時間を過ごせる♪| トラベルダイアリー
    青島旅行体験記宮崎へは仕事で2週間ほど滞在しました。青島と宮崎駅周辺ですが、休日は観光地的な場所…
  4. あゝ美しき和歌山!~自然溢れる絶景スポット巡りの旅~ | トラベルダイアリー
    那智旅行体験記2018年GW、以前から気になっていた和歌山県へ旅行に行ってきました。行きたい場所…
  5. 宮城旅行体験記私の大好きな場所宮城県。おばあちゃんちが宮城県ということもあって小さいころから度々…
  6. 白浜旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神を観光。次なる目的地は「南紀・白…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  8. 別府旅行体験記 普段国内、海外を問わず旅行中は動き回ることが多いのですが、たまにはの…
  9. 新宮旅行体験記青春18きっぷ初の旅!日本の真ん中岐阜県から、電車を乗り継ぎどこまで行けるか試…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記三世代旅行で熱海へ行ってきました。以前熱海駅前の観光案内所で子連れにオススメのスポ…

最新記事

  1. 初めてのバンコク旅行!定番スポット巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記アジアの中でも人気の観光スポットがたくさんあるバンコク。日本からは4時間半〜6…
  2. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  3. 女子一人旅 in スペイン 黒いマリア様に会いにモンセラットまで| トラベルダイアリー
    モンセラット旅行体験記この日は友人が休みを取ってくれ、モンセラットまでドライブしました。テラ…
  4. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  5. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  6. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  7. 女子一人旅 in スペイン 観光地じゃない街テラッサで素の生活| トラベルダイアリー
    テラッサ旅行体験記泊めてもらった友人が住む街、テラッサ。バルセロナから電車で1時間かからないくら…
  8. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  9. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…
  10. 街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火| トラベルダイアリー
    年越し花火に行ってきました!新年の迎え方は国によって様々で、日本と全く異なる過ごし方に驚くことも…

Archive



PAGE TOP