3歳児も思い切り楽しめる!江戸情緒溢れる「蕨宿場まつり」| トラベルダイアリー

3歳児も思い切り楽しめる!江戸情緒溢れる「蕨宿場まつり」

宿場まつりに行ってきました!

毎年11月3日文化の日に、蕨市の旧中山道にて開催される「中仙道武州蕨宿宿場まつり」、通称「宿場まつり」は、昭和59年にスタートして2019年に36回を迎えました。地元では有名なお祭りで、江戸情緒溢れる「織姫道中パレード」では、大名行列のように着物姿のお姫様や戦国武将たちが闊歩する様子は圧巻です。中山道本町通りは、江戸時代に中山道の第2番目の宿場町として栄え、いまだ当時の面影を残す風情溢れる歴史的な町並みとなっています。2つのメイン会場である「宿場本陣演しもの」と「わらび双子広場」では、多くの人が訪れます。地元で一番の盛り上がりを見せるお祭りへ、子供と一緒に行ってきました。

宿場まつりとは

おすすめのポイント
  1. 祭りの始まりを知らせる「浜名湖大太鼓」は大迫力
  2. 「織姫道中パレード」で華やかな江戸情緒を体験
  3. 「宿場本陣演しもの」では様々なステージが開催
  4. 賑やかな「サンバパレード」で盛り上がる
  5. 「双子広場キッズエリア」は子供が夢中になるオモチャや催し物が満載

「宿場まつり」のメインイベントである「織姫道中パレード」では、「浜名湖大太鼓」の迫力ある轟音で、祭りのイベントが始まります。立派な戦国武将や着物姿の織姫たちが、約1㎞の長い大行列を作って歩く、江戸情緒溢れる見ごたえたっぷりのパレードです。子供たちが大好きな蕨市のマスコット「わらじろう」「ワラビー」「ふタコ」が歩き、可愛らしい「わらじろう」の仮装をした地元の子供たちがそれに続きます。「宿場本陣演しもの」では様々なステージが開催され、「ミス織姫、宿場小町」の表彰式もあります。
そして「双子広場キッズエリア」は子供が夢中になるオモチャや催し物が満載で、特にミニトレイン乗車体験や、消防車に乗れる体験は、子供たちなら大喜び間違いなし。大人も子供も一緒に楽しめるお祭りです。

宿場まつりの見どころ

祭りの始まりを知らせる「浜名湖大太鼓」は大迫力

地響きのような轟音でその迫力に圧倒される「浜名湖大太鼓」は、高らかに祭りの始まりを知らせてくれます。大太鼓和牛の一枚皮で作った大太鼓では日本一と言われており、蕨市と災害協定を結んでいる静岡県湖西市からこの日のために運ばれたものだそうです。大太鼓に続くお囃子も祭り気分を盛り上げてくれます。轟音に最初は怖がっていた私の子供も、そのうち興味が出てきてずっと後ろについて歩いていました。

「織姫道中パレード」で華やかな江戸情緒を体験

「宿場まつり」のメインイベントである「織姫道中パレード」では、前列に中仙道蕨宿マスコットの「わらじろう」と、蕨市のマスコット「ワラビー」「ふタコ」が歩き、「わらじろう」の仮装をした地元の子供たちが続きます。子供たちは大好きな「ワラビー」が現れると大喜びで一緒に写真を撮りたがります。立派な戦国武将や、人力車に乗った着物姿の織姫たちが、約1㎞の長い大行列を作って歩きます。その中には武将に扮した蕨市長も一緒に歩いていました。鉄砲集頭による鉄砲の音、昔本当に使われていたという牛車、牛若丸と弁慶、蕨でホームステイをしている外国人の赤忍者などが続きます。一番の盛り上がりはミス織姫&ミス宿場小町の登場です。とても華やかなパレードで、江戸風情溢れる様子に大人も子供も歓声を上げていました。

「宿場本陣演しもの」では様々なステージが開催

メインステージの「宿場本陣演しもの」では、市長挨拶から始まり、ミス織姫、宿場小町の表彰式や、地元蕨の太鼓の会による演奏、中学生合奏部による合奏、中学生吹奏楽部による演奏、ゲストミュージシャンによる演奏などが披露されます。2019年は子供たちによる大人気『パフリカ』のダンスも披露され、たくさんの子供たちがそれを見ながら一緒に踊りました。ここに本部が設置されていて宿場まつりのプログラムも配布しているので、ステージの演目スケジュールや、開催イベント場所の確認をすると良いです。また隣接した施設で「歴史民俗資料館」があるので、蕨市の歴史を知ることもできます。

賑やかな「サンバパレード」で盛り上がる

「織姫道中パレード」の後は「サンバパレード」が始まります。こちらも約1㎞にわたる大行列で、賑やかな曲に合わせてサンバを踊る本格的なカーニバルです。サンバを踊るのは「G.R.E.S. Alegria」というチームで、埼玉県戸田市を本拠地とし、国内屈指の規模とトップクラスのパフォーマンスを誇り、毎年浅草サンバカーニバルで上位入賞を果たしているそうです。子供はその大音量と迫力に少々圧倒されていましたが、沿道の人々は楽しい音楽と華やかなパフォーマンスに、皆さんとっても盛り上がっていました。

「双子広場キッズエリア」は子供が夢中になるオモチャや催し物が満載

小さな子供でも楽しめる「双子広場キッズエリア」には、100円で楽しめる手作りのゲームやガチャガチャが並びます。中仙道蕨宿マスコット「わらじろうのじゃんけんパチンコ」「わらじろうのルーレットゲーム」「スマートボール」「鉄道模型無料走行体験」など、ぬくもりあるオモチャで大人も童心に返って一緒に遊べます。「わらび双子広場ステージ」では、子供たちによるチアダンス、HIP HOPダンス、フラダンス、空手、ウクレレ演奏など、様々な演目が披露されます。
そして子供たちが一番夢中になるのが、ミニトレインの乗車体験です。JRの車掌さんから帽子を貸してもらい電車に乗れるので、車掌さん気分で電車に乗れます。また消防士さんの制服を着て本物の消防車に乗れる体験もできるので、子供たちはみんな大はしゃぎで列をなしていました。

宿場まつりで見つけたグルメ

「自分で作れるわたあめ屋さん」で初めてのわたあめ作り

たくさんある屋台の中でも、特に人気だった「自分で作れるわたあめ屋さん」は、小さい子供でも作れるので、私の子供も大喜びでした。最初にわたあめの原料となるザラメを緑かピンクの好きな方を選び、お店の人が機械に入れてくれます。暫くすると綿が出てくるので、子供に割りばしを持たせてくるくる回しながら綿を絡めると、大きなわたあめが出来上がります。初めて作るわたあめに子供は興味津々。自分で作る楽しさを味わえます。袋に入って売っているわたあめも良いですが、100円でわたあめ作りを体験できるので、子供にオススメです。

可愛い「ふりふりポテト」はお土産にも

フライドポテトの屋台はいくつかありますが、とっても可愛い動物柄の袋に入れてくれる「ふりふりポテト」は、一目見て子供が気に入りました。ひよこ、うさぎ、うし、クマ、パンダ、ペンギンの袋から好きなものを選てもらいます。300円でたっぷり入っていますし、袋入りなので食べきれなくても持ち帰れるのが嬉しい。チーズ、ガーリック、バーベキュービーフ、コンソメ、明太マヨ、のり塩バター、ローストしょうゆバターと、フレーバーも豊富です。

宿場まつりに必要なアイテム・服装・その他

たくさんの屋台があって食べ歩きするので、ウェットティッシュは必須です。ごみを捨てる場所もありますが、ちょっとしたごみを入れておいたり、食べきれない時のためにレジ袋があると便利です。また旧中山街道沿いにパレードや屋台がずらっと続くので、歩きやすい靴で行く方が良いと思います。メイン会場で配布しているプログラムをもらうか、事前にホームページからプリントアウトしておき、ステージでの催し物のスケジュールや、イベントごとの場所を地図で確認しておくことをオススメします。

宿場まつりでの注意点

特にパレード中はかなり多くの人が街道にひしめき合うので、小さな子供がいるファミリーは迷子に注意が必要です。お気に入りのゆるきゃらの登場について行ってしまったり、気になるゲームコーナーに目を奪われてはぐれてしまう恐れがあります。またトイレの場所を事前に確認しておかないと、数に限りがあったり混雑でなかなか辿り着かなかったり、並んでいたりする可能性もあるので注意が必要です。トイレの場所も予め会場地図で確認しておく方が良いと思います。

まとめ

「宿場まつり」は「見るまつりから参加するまつりへ」をコンセプトとしているだけあって、たくさんの蕨市民が積極的に参加しています。私自身これまでは遠方の有名なお祭りに参加することがほとんどでしたが、地元の方々と触れ合える、手作り感のあるお祭りも、とても素敵だなと感じました。参加することで自分たちでお祭りを作り上げる意識が高まり、自分の住んでいる地域のことをさらに深く知ることができ、愛着が湧くようになりました。2020年度はコロナの影響で残念ながら中止となってしまいましたが、2021年にはぜひ多くの方に訪れて欲しいと思います。

mayuaya

mayuaya

投稿者の過去記事

旅行会社勤務で3歳の娘をもつママ。
仕事もプライベートでも旅行とグルメが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




海外旅行おすすめ

  1. タスマニア旅行体験記オーストラリアへ住んでいた頃、たくさんの人にタスマニアを訪れることをおすすめ…
  2. 台北旅行体験記台湾は日本よりも小さな島国で、一周1000kmほど。有名な自転車メーカーがあり、自…
  3. ベルギー旅行の拠点にオススメ!美味しい物いっぱいのブリュッセル| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記ベルギーの首都ブリュッセル。ベルギーはフランスやオランダ、ドイツと隣接する…
  4. 女子一人旅 in ネパール どこを見ても神様だらけの街カトマンズ| トラベルダイアリー
    カトマンズ旅行体験記子どもの頃に見た、大きくてカラフルな、怖い顔なのにどこかユーモラスな神様。ず…
  5. スミニャック地区のプールヴィラをメインにしたバリ旅行♪| トラベルダイアリー
    バリ旅行体験記リゾート地でも一度ヴィラに泊まりたいという思いがありました。バリだとわりとリーズナ…
  6. フランスいちのビックスケール♡フォンテーヌブロー宮殿 旅行| トラベルダイアリー
    フォンテーヌブロー宮殿旅行体験記「フランスいち大きな宮殿」と聞いて以来ずっと行ってみたかった、フ…
  7. シカゴ旅行体験記シカゴ郊外から、シカゴの中心であるダウンタウンへ遊びに行ってきました。ダウンタウ…
  8. バラナシ旅行体験記「臭い、汚い、けたたましい」頭文字のKをとって、インドの3Kと旅人の間では言わ…
  9. カンクン旅行体験記どうしてもカリブ海に行ってみたい。どうせ行くなら世界屈指のリゾート地でしょ!!…
  10. メルボルン旅行体験記世界一住みやすいと言われているメルボルン!今回はワイナリーやビール工場などお…

国内旅行おすすめ

  1. 愛媛松山の「道後温泉」と「千と千尋の神隠し」のあの名場面を! | トラベルダイアリー
    松山旅行体験記雰囲気のある道後温泉をインターネットで見つけ、日帰りで楽しめるということで行くこと…
  2. 名古屋旅行体験記東京、大阪から新幹線ですぐ。どちらからもアクセスのいい愛知県名古屋。今回は、名古…
  3. 【風景美術館】絶景・日本平ホテルに泊まる静岡旅行| トラベルダイアリー
    静岡旅行体験記今回は、日本観光地百選第一位にも輝いたことのある名勝地・日本平へ行ってきました。…
  4. 湯布院旅行体験記 「温泉入りに行きません?」残業続きでクタクタの金曜深夜に、ふと…
  5. 別府旅行体験記 普段国内、海外を問わず旅行中は動き回ることが多いのですが、たまにはの…
  6. こんぴらさん旅行体験記香川県にはこんぴらさんと呼ばれ親しまれる神社があります。このこんぴらさんに…
  7. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…
  8. KAWAGOE
    プチ旅行気分でレトロを味わう小江戸川越・女子日帰り旅 京都や石川などで古い街…
  9. 伊勢旅行体験記 名古屋から日帰り旅行で行ける場所を…と思い探していたら、お伊勢さんが…
  10. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…

最新記事

  1. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…
  2. サンディエゴ在住の友人のアメリカ式結婚式に参加しました♪| トラン
    アメリカ式の結婚式に行ってきました!友人の旦那様がアメリカ人で、今サンディエゴに住んでいる事から…
  3. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  5. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…
  6. ちょっとリッチにタイ航空のビジネスクラスでバンコクへ♪| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記妹(短大)と私の就職祝いにと大学卒業時におばあちゃんがプレゼントしてくれました…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…
  8. スミニャック地区のプールヴィラをメインにしたバリ旅行♪| トラベルダイアリー
    バリ旅行体験記リゾート地でも一度ヴィラに泊まりたいという思いがありました。バリだとわりとリーズナ…
  9. 奄美大島 断崖絶壁!宮古崎で絶景散歩を楽しもう♪| トラベルダイアリー
    宮古崎旅行体験記鹿児島県奄美市にある宮古崎へ行ってきました!道のりは少し険しかったのですが、たど…
  10. サンフランスコに行ったついでにバンクーバーの友人にも会いに行こう| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記サンフランシスコの他にもバンクーバーに友人が住んでいて、せっかくなので途中…

Archive






PAGE TOP