3歳児も思い切り楽しめる!肉グルメの「わらんちゅフェスティバル」| トラベルダイアリー

3歳児も思い切り楽しめる!肉グルメの「わらんちゅフェスティバル」

わらんちゅフェスティバルに行ってきました!

地元埼玉県蕨市のお祭り「わらんちゅフェスティバル」へ行って来ました。開催場所の蕨市民公園は、緑豊かで広大な芝生の広場があり、噴水やアスレチックなど子供の遊具も充実した市民の憩いの場です。ここでたくさんのグルメショップや、歌とダンスのステージなど、多くの人で賑わうお祭りが開催されました。その時の様子をご紹介します。

わらんちゅフェスティバルとは

おすすめのポイント
  1. 様々な肉グルメを存分に味わえる
  2. 特設ステージでの歌やダンスで盛り上がる
  3. 本物の消防士体験で子供も大はしゃぎ

「わらんちゅフェスティバル」は埼玉県蕨市にある蕨市民公園でのお祭りです。2019年10月に第3回わらんちゅフェスティバルが開催され、来場者25,000人に、50店舗以上の出店があって大盛況でした。特設ステージでは歌やダンスで盛り上がり、会場が一体感に包まれます。肉フェスならではの様々な肉グルメを堪能することができ、広い芝生の上でシートを敷いてピクニック気分で楽しめるので、小さい子供も気兼ねなく参加できました。また本物の消防車や消防士体験に子供は大はしゃぎ!素敵な体験ができました。

わらんちゅフェスティバルの見どころ

様々な肉グルメを存分に味わえる

「わらんちゅフェスティバル」は肉好きのためのイベントで、「NO MEAT, NO LIFE!」をコンセプトにしているイベント。その名の通り「肉フェス」とも言われ、唐揚げ、ハンバーガー、ローストビーフ、ホルモン煮、フランク盛り、サーロイン串、サーロインステーキ、ハラミ焼き、ケバブ、豚玉、肉そば、もつ鍋などの肉料理を中心に、他にもカレー、寿司、タピオカなどの店も揃います。広い芝生の広場にたくさんの出店がひしめき合い、活気に満ちていました。どこからともなく美味しいにおいが漂って食欲をそそられます。芝生にレジャーシートを敷きながら食べられるのも、ピクニック気分で楽しいです。肉イベントは高いことが多いですが、「わらんちゅフェスティバル」は500円前後なのも嬉しいです。

本格サンバで会場全体が一体感に包まれる

特設ステージでは、サンバチームJapan Samba Factory(ジャパン サンバ ファクトリー)による本格サンバが披露されました。毎年8月に行われる浅草サンバカーニバルにも出場しているチームだそうです。華やかな色とりどりの衣装に陽気な音楽で、会場全体が一体感に包まれて盛り上がりました。蕨市のマスコットキャラクターの一つ「エンジェルわらぶー」も一緒に踊ります。ちなみに「エンジェルわらぶー」は、蕨市出身であるTHE ALFEEの高見沢俊彦さんがデザインしたキャラクターで、2010年に誕生しました。

特設ステージでの歌やダンスで盛り上がる

特設ステージでは、ブラジリアンミュージックダンス、4歳〜20歳までのメンバーが在籍するキッズダンスサークル「Y.KIDS’ DANCE」によるダンス、キッズチアダンス、キッズHIP HOPダンス、大人のHIP HOPダンス、極真空手の演武、フラ、高校ダンス部など、子供から大人まで様々な年代の人の歌やダンスが披露されました。大人から子供まで一緒に歌って踊って大盛り上がりでした。

本物の消防士体験で子供も大はしゃぎ

このイベントのもう一つの目玉が「消防士体験」です。本物の消防車を目の前で見たり、写真を撮ったりするだけでなく、本物の消防士の制服を着て運転席に乗せてもらうことができます。ちゃんと子供用サイズの制服が用意されていて驚き。さらに消防士さんから消火器の使い方を教えてもらい、一人ずつ疑似消火体験もできました!かっこいい消防士さんが、優しく丁寧に対応してくれます。大好きな消防車を目の前に、子供たちは大はしゃぎ。ますます消防車が好きになりました。貴重な体験ができました。

職業体験コーナーやちびっこ縁日で子供も参加

歌やダンス、グルメの店以外にも、様々なショップが出店しています。バルーンアート、タロット占い、アクセサリー販売、日本茶と茶菓子と茶器類販売、布小物販売、蕨ブランド認定品販売、子供ネイル、がらポン抽選会、チョークアートなどのショップや、職業体験コーナー、ちびっこ縁日もあり、子供も参加できるので一緒に楽しめました。

わらんちゅフェスティバルで見つけたグルメ

ポルケッタ ハンバーガー

イベント中に常に行列が絶えないほどの人気だった「ポルケッタ ハンバーガー」。牛肉100%パティ、カリカリベーコン、とろけるチーズ、シャキシャキレタス、新鮮なトマトが入った、こだわりのハンバーガです。ボリュームたっぷりで食べ応え十分。このイベントでこだわりのハンバーガーを食べられるのは、ここだけとのこと。とっても美味しかったです。

わらんちゅフェスティバルに必要なアイテム・服装・その他

「わらんちゅフェスティバル」は屋外での肉フェスなので、レジャーシート、ウェットティッシュ、ごみを入れるレジ袋は必須です。動きやすい服装や靴で行きましょう。パラソルのついた席スペースも一部ありますが、席数に限りがあるのと、子供たちは人混みから少し離れた所にレジャーシートを敷いて座った方が寛げるのでオススメです。またソフトドリンクや子供のお菓子、パンなどちょっとした食べ物も持参した方が無難です。肉フェスは多くのグルメショップが出店していますが、どれも買うまでに結構並ぶので、すぐに食べられるようなものを持参しておくと子供にも安心です。

わらんちゅフェスティバルでの注意点

蕨市民公園には大きい駐車場がありますが、お酒を飲む方はもちろん運転できないので公共交通機関を使いましょう。京浜東北線の蕨駅から徒歩15分の距離にあります。近所にはスーパー(マックスバリュー)やコンビニもあるので、多少予め飲み物など調達してから行くと良いかもしれません。

まとめ

「わらんちゅフェスティバル」は地元市民以外もたくさんのお客さんで賑わいました。肉フェスなので大人向きのイベントだと思っていましたが、ちびっこ縁日や消防士体験など子供向けのイベントも多くあり、ステージでの歌やダンスは世代を超えて大いに盛り上がることができました。肉フェスのグルメも大人から子供まで好きなメニューがたくさんありました。2020年度は残念ながらコロナの影響で中止となってしまいましたが、2021年度はさらにパワーアップして開催予定ということなので楽しみです。

 

mayuaya

mayuaya

投稿者の過去記事

旅行会社勤務で3歳の娘をもつママ。
仕事もプライベートでも旅行とグルメが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 真夏に広がる銀世界!スイス、グレイシャー・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    グレイシャ―・パラダイス旅行体験記ヨーロッパで最も標高の高い展望台、スイスのグレイシャー・パラダ…
  2. スミニャック地区のプールヴィラをメインにしたバリ旅行♪| トラベルダイアリー
    バリ旅行体験記リゾート地でも一度ヴィラに泊まりたいという思いがありました。バリだとわりとリーズナ…
  3. 友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー
    ゴム旅行体験記イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行き…
  4. ホーチミン旅行体験記ベトナムの近代都市として発展中のホーチミン。今回ホーチミンを旅するにあたり、…
  5. ナイアガラ旅行体験記イエローナイフにオーロラを見に行こうと決めた時に、ナイアガラの滝を一緒に見に…
  6. レモンの香る街、フランス・マントンでビタミンチャージ旅行♪ | トラベルダイアリー
    マントン旅行体験記大好きなレモンケーキを食べるたびに目にする「マントン産レモン」の文字。小さい頃…
  7. カトマンズ旅行体験記インドと国境を接するネパール。最初はインド旅行のついでに訪れたネパールでした…
  8. チェンマイ旅行体験記タイの古都チェンマイは美しいお寺や自然が豊かで、 田舎町のような雰囲気があり…
  9. ペーザロ旅行体験記オペラ好きの両親の「行ってみたい!」の気持ちにこたえるべく向かったマルケ州、ペ…
  10. スプリット旅行体験記クロアチアのアドリア海に面した街、スプリットをご存じでしょうか。クロアチア旅…

国内旅行おすすめ

  1. 別府旅行体験記 普段国内、海外を問わず旅行中は動き回ることが多いのですが、たまにはの…
  2. 舞鶴赤れんが
    舞鶴旅行体験記舞鶴は、親戚がそばに住んでいたので時折訪れていた場所。ここ数年、舞鶴で大きなサ…
  3. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  4. 金沢旅行体験記北陸新幹線の開通により、数年前から少しずつ人気上昇中の石川県の県庁所在地、金沢へ……
  5. 彫刻の森美術館旅行体験記SNSなどで有名な「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」が一目見たくて、日帰りで訪…
  6. 那覇旅行体験記沖縄が好きで今まで本島には何回も訪れたことがあるので、定番コースではなく沖縄のカフェ…
  7. 松山旅行体験記 愛媛県の新居浜市への出張3日間を終え、移動日まるまる使って松山に観光…
  8. 熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー
    熊本旅行体験記夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐ…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  10. 静岡 掛川花鳥園 可愛い鳥たち大集合♡~癒しの楽園へようこそ~| トラベルダイアリー
    掛川花鳥園体験記静岡の掛川花鳥園へ鳥と戯れに行ってきました。実際に鳥たちに触れながら観察が出来た…

最新記事

  1. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  2. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…
  3. 女子一人旅 in バチカン 偶然ローマ教皇を拝見!!| トラベルダイアリー
    バチカン旅行体験記そういえば、バチカンってローマの中にあるよなーとふと思い出したので早速行ってみ…
  4. 幻想的なランタンにうっとり!世界遺産ホイアンを楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ホイアン旅行体験記南北に長いベトナムのほぼ中央に位置する港町ホイアン。ここはランタンで有名で、柔…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ上越国際の旅| トラベルダイアリー
    上越国際スキー旅行体験記前回ゲレンデデビューしてすっかり雪遊びに夢中になった娘は、またすぐにスキ…
  6. 人生に一度じゃ勿体ない!もう一度行きたくなるニューヨークの街| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記「一度は行ってみたい!」と旅だった先は、大都市ニューヨーク。一度行けば満足…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ湯沢中里の旅| トラベルダイアリー
    湯沢中里旅行体験記子供の雪遊びでゲレンデデビューさせたいと思い、キッズパークのあるスキー場ランキ…
  8. 横浜旅行体験記ハワイで最もラグジュアリーな名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が、この度2…
  9. ポップカルチャーも織り交ぜて、大人の原宿&表参道で遊ぶ!| トラベルダイアリー
    原宿・表参道旅行体験記原宿ってガチャガチャしてるからなんだかとっつきにくい…と思っていたのですが…
  10. 女子一人旅 in イタリア ここもデモ!そして体調不良、ローマ| トラベルダイアリー
    ローマ旅行体験記風邪をひいたまま到着したローマ。治るどころか悪化させてしまい、体調は絶不調。それ…

Archive



PAGE TOP