人生で1度は見ておきたい佐賀バルーンフェスタの世界へ飛び込もう!

佐賀バルーンフェスタ旅行体験記

幼いころ母がよく連れて行ってくれた佐賀バルーンフェスタ。もう一度行きたくて行きたくて、、、数年後行ってみるとたまらない気持ちになり期間中2度も足を運んでしまいました。

佐賀バルーンフェスタ旅行について

おすすめのポイント
  1. 空気が澄んでいてきもちいい
  2. おいしいグルメが沢山
  3. 朝から夜まで何時でも楽しめる

佐賀バルーンフェスタは世界の競技者が集まる熱気球大会です。1日を通して様々なイベントが行われているので何時に行っても楽しむことができます。早朝、朝日に照らされたバルーンが飛んでいく様は思わず涙がこぼれてしまう程。夜は(バルーン中の)火によって暗闇の中色とりどりののバルーンが浮かび上がる姿が本当に神々しい。また、佐賀の美味しいものをたくさん集めた”うまかもん市場”やB級グルメが揃った屋台が沢山出展されているので心もお腹も満たされます。

佐賀バルーンフェスタ旅行のおすすめのスポット

早朝の河川敷

何時に行っても楽しめるバルーンフェスタですがバルーンが飛び始める朝一番がおすすめ。早朝、駅を降りてすぐの河川敷でフライト前の膨らんでいくバルーンを眺めていると光がさしてきます。朝陽に照らされたバルーンが飛んでいく風景は本当に素晴らしく、筆者はこの時一番感動しました。河川敷は広いので(目の前にはバルーン振り返ると日の出、目の前にバルーンも日の出も見える、など)見る場所によってまた違う景色が楽しめます。

朝~昼の河川敷

太陽が高く昇っていくのに合わせてバルーンは空に浮かんでいきます。カラフルなバルーンが空気の澄んだ青空を浮遊しているのはとても綺麗で、小さくなっていく姿にはなんだか愛おしい気持ちに。浮かんだバルーンが水面に映っている様も素敵です。全ての競技バルーンが飛んでいくと、次は動物やキャラクターをモチーフにしたバルーンたちが現れます。子供たちはもちろん会場全体を盛り上げます。

夜の河川敷

日が沈むと熱気球夜間係留(「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」と呼ばれるイベント)が始まります。暗闇の中、河川敷一面に広がるカラフルで巨大なバルーンが音楽に合わせ(バルーンの中の)バーナーの火に照らされて浮かび上がる姿はこれまでの元気なバルーンとはまた違い幻想的。また、この夜のイベントの最後には花火を見ることもできます。

佐賀バルーンフェスタでのおすすめグルメ

うまかもん市場・屋台・焼肉館

バルーンの競技会場とは反対側には気軽にお食事ができる屋台や市場があります。佐賀の美味しい食べ物はもちろん全国のB級グルメが沢山揃っており、試食もあるため胃袋が足りません!こちらも朝7時頃(バルーンフェスタ開始時刻)からオープンしており、椅子や机なども十分用意されているためいつでものんびりお腹を満たすことができます。また、佐賀牛をバーベキューで楽しめる焼肉館も特設されています。

佐賀バルーンフェスタでのおすすめのショッピングスポット

うまかもん市場・ふるさと物産館

佐賀旅のお土産はこちらで!さらに佐賀の魅力を知ることができるうまかもん市場やふるさと物産館。県の特産物が充実しています。地元の農家やお店が海の幸から山の幸まで様々なものを販売しており、それらを使ったスイーツや飲み物、お惣菜などをいただくこともできます。佐賀のお米で作られた日本酒は飲みすぎ注意です!!そして切子などの伝統工芸品もまた私たちの目を楽しませてくれます。

佐賀バルーンフェスタにて宿泊したホテル

安くて便利、気負わず泊まれるアパホテル佐賀駅南口

筆者は(バルーンフェスタへ行った)当時、学生だったためできるだけリーズナブルなホテルを選びました。こちらのホテルは必要最低限のものは揃っているので、こだわりがなければ十分くつろぐことができます。また、駅が近くお食事処も沢山あったのでホテル代を抑えて贅沢な佐賀の幸を楽しむことができました。佐賀駅の近くに泊まることで次の日も色々なところへ移動しやすくとても便利です。

佐賀バルーンフェスタ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

佐賀にはアウトレットや有名な温泉地、美味しいグルメも沢山あるので、一緒に行く家族や友達とあらかじめ行きたい場所をピックアップしてルートを決めておくと良いかもしれません。ちなみに筆者は1回目は友達と事前に計画を練って(一泊二日でアウトレット、バルーンフェスタ、武雄温泉旅)、2回目は一人で1日中バルーンフェスタに憑りつかれていました。

佐賀バルーンフェスタ旅行に必要な持ち物

ダウンやマフラーや手袋、ホッカイロなどでしっかり防寒。バルーンフェスタが開催される時期は10月~11月ですが河川敷なので風もあるため早朝や夜は特に寒さを感じます。それが少し気持ちよかったりするのですが、油断は禁物です。天気が良いとお昼は暖かくて気持ちいいので河川敷の芝生の上で寝転びたくなるかもしれません。レジャーシートがあれば完璧です!

佐賀バルーンフェスタ旅行での注意点

佐賀バルーンフェスタ旅行での注意点
  1. 日によってイベントが違うことや無いことがある。
  2. お手洗いの場所が遠く、少ないので混むことがある。
  3. 河川敷で足場が少し悪かったり急な斜面の場所がある。

バルーンフェスタの開催は一週間弱。気になるイベントがある場合は事前にホームページで日時を確認しておきましょう。また天候により実施されないこともあるので要注意です。そして事前にお手洗いの場所を把握すること、動きやすい服装(靴なども)をお勧めします。

まとめ

久しぶりに行った佐賀バルーンフェスタに感動しすぎて衝動が抑えられず、2日後筆者はアルバイトを交代してもらい4時前に起き始発で佐賀へ向かいました。この時も”また明日もこれを体感したい”と思えるほどでした。1人で行っても家族や友達、恋人と行っても何度でも楽しめる佐賀バルーンフェスタ!ぜひ世界中の皆さんに体感してほしいです!

ひなこ役者

投稿者の過去記事

長崎県出身、東京在住。
様々な土地を歩くことが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 九份・十分旅行体験記短い休みで海外に行こう!となったらやっぱりアジアに限られてしまいます。そ…
  2. モルディブ旅行体験記とにかくきれいな海を見たい!そう思ってずっとあこがれていたモルディブ。新婚旅…
  3. みんな大好きハワイオアフ島でちょっと穴場のスポットへ行ってみよう♪| トラベルダイアリー
    オアフ島旅行体験記社員旅行先がハワイのオアフ島でした。私はハワイはあまり行かないので、ハワイ大好き…
  4. 地上の楽園!タヒチボラボラ島で過ごした夢の様な日々| トラベルダイアリー
    ボラボラ島旅行体験記モルディブかタヒチの青い海をぜひ見てみたい!と昔から思っていて、今回機会があ…
  5. 日本と深い歴史がある親日国ウズベキスタンの首都 「タシケント 」| トラベルダイアリー
    タシケント旅行体験記中央アジアの玄関口ともいわれるウズベキスタンの首都 ” タシケント ”。日本…
  6. ロンドン旅行体験記昔からハリーポッターが好きで、いつかロンドンに行ってみたいと思っていた夢が叶い…
  7. 自然とクメール建築が作り出す絶景!シェムリアップのアンコール遺跡| トラベルダイアリー
    シェムリアップ旅行体験記カンボジアと聞くと誰もが最初に思い描く遺跡「アンコール・ワット」。実は、…
  8. グアム旅行体験記日本から約4時間。時差もたった1時間。気軽に行けてビーチアクティビティを楽しめる…
  9. メルボルン旅行体験記知人が留学中ということで誘われて行くことになったメルボルン。オシャレな街並み…
  10. バラナシ旅行体験記「臭い、汚い、けたたましい」頭文字のKをとって、インドの3Kと旅人の間では言わ…

国内旅行おすすめ

  1. あまり知られていない名所!兵庫のおすすめ自然スポット巡り| トラベルダイアリー
    猿尾滝 玄武洞公園旅行体験記兵庫県といえば、神戸の夜景や姫路城が有名どころですが、今回は知る人ぞ知…
  2. ポップカルチャーも織り交ぜて、大人の原宿&表参道で遊ぶ!| トラベルダイアリー
    原宿・表参道旅行体験記原宿ってガチャガチャしてるからなんだかとっつきにくい…と思っていたのですが…
  3. 知床旅行体験記世界遺産に登録されている北海道の知床は、アクセスが大変で気軽に行けないので北海道の…
  4. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  5. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…
  6. 静岡・山梨旅行体験記静岡県と山梨県と言えば、世界文化遺産である富士山と思い浮かびますね。…
  7. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…
  8. 宇治旅行体験記 京都らしい街並みや風光明媚な景色を楽しみ有名な社寺仏閣を巡り、歴…
  9. 気の向くままにのんびりと島根県の離島、隠岐諸島を旅行!| トラベルダイアリー
    隠岐諸島旅行体験記中ノ島で開催されるキンニャモニャ祭りに参加するため行きました。お祭りの陽気な雰囲…
  10. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP