人生で1度は見ておきたい佐賀バルーンフェスタの世界へ飛び込もう!

佐賀バルーンフェスタ旅行体験記

幼いころ母がよく連れて行ってくれた佐賀バルーンフェスタ。もう一度行きたくて行きたくて、、、数年後行ってみるとたまらない気持ちになり期間中2度も足を運んでしまいました。

佐賀バルーンフェスタ旅行について

おすすめのポイント
  1. 空気が澄んでいてきもちいい
  2. おいしいグルメが沢山
  3. 朝から夜まで何時でも楽しめる

佐賀バルーンフェスタは世界の競技者が集まる熱気球大会です。1日を通して様々なイベントが行われているので何時に行っても楽しむことができます。早朝、朝日に照らされたバルーンが飛んでいく様は思わず涙がこぼれてしまう程。夜は(バルーン中の)火によって暗闇の中色とりどりののバルーンが浮かび上がる姿が本当に神々しい。また、佐賀の美味しいものをたくさん集めた”うまかもん市場”やB級グルメが揃った屋台が沢山出展されているので心もお腹も満たされます。

佐賀バルーンフェスタ旅行のおすすめのスポット

早朝の河川敷

何時に行っても楽しめるバルーンフェスタですがバルーンが飛び始める朝一番がおすすめ。早朝、駅を降りてすぐの河川敷でフライト前の膨らんでいくバルーンを眺めていると光がさしてきます。朝陽に照らされたバルーンが飛んでいく風景は本当に素晴らしく、筆者はこの時一番感動しました。河川敷は広いので(目の前にはバルーン振り返ると日の出、目の前にバルーンも日の出も見える、など)見る場所によってまた違う景色が楽しめます。

朝~昼の河川敷

太陽が高く昇っていくのに合わせてバルーンは空に浮かんでいきます。カラフルなバルーンが空気の澄んだ青空を浮遊しているのはとても綺麗で、小さくなっていく姿にはなんだか愛おしい気持ちに。浮かんだバルーンが水面に映っている様も素敵です。全ての競技バルーンが飛んでいくと、次は動物やキャラクターをモチーフにしたバルーンたちが現れます。子供たちはもちろん会場全体を盛り上げます。

夜の河川敷

日が沈むと熱気球夜間係留(「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」と呼ばれるイベント)が始まります。暗闇の中、河川敷一面に広がるカラフルで巨大なバルーンが音楽に合わせ(バルーンの中の)バーナーの火に照らされて浮かび上がる姿はこれまでの元気なバルーンとはまた違い幻想的。また、この夜のイベントの最後には花火を見ることもできます。

佐賀バルーンフェスタでのおすすめグルメ

うまかもん市場・屋台・焼肉館

バルーンの競技会場とは反対側には気軽にお食事ができる屋台や市場があります。佐賀の美味しい食べ物はもちろん全国のB級グルメが沢山揃っており、試食もあるため胃袋が足りません!こちらも朝7時頃(バルーンフェスタ開始時刻)からオープンしており、椅子や机なども十分用意されているためいつでものんびりお腹を満たすことができます。また、佐賀牛をバーベキューで楽しめる焼肉館も特設されています。

佐賀バルーンフェスタでのおすすめのショッピングスポット

うまかもん市場・ふるさと物産館

佐賀旅のお土産はこちらで!さらに佐賀の魅力を知ることができるうまかもん市場やふるさと物産館。県の特産物が充実しています。地元の農家やお店が海の幸から山の幸まで様々なものを販売しており、それらを使ったスイーツや飲み物、お惣菜などをいただくこともできます。佐賀のお米で作られた日本酒は飲みすぎ注意です!!そして切子などの伝統工芸品もまた私たちの目を楽しませてくれます。

佐賀バルーンフェスタにて宿泊したホテル

安くて便利、気負わず泊まれるアパホテル佐賀駅南口

筆者は(バルーンフェスタへ行った)当時、学生だったためできるだけリーズナブルなホテルを選びました。こちらのホテルは必要最低限のものは揃っているので、こだわりがなければ十分くつろぐことができます。また、駅が近くお食事処も沢山あったのでホテル代を抑えて贅沢な佐賀の幸を楽しむことができました。佐賀駅の近くに泊まることで次の日も色々なところへ移動しやすくとても便利です。

佐賀バルーンフェスタ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

佐賀にはアウトレットや有名な温泉地、美味しいグルメも沢山あるので、一緒に行く家族や友達とあらかじめ行きたい場所をピックアップしてルートを決めておくと良いかもしれません。ちなみに筆者は1回目は友達と事前に計画を練って(一泊二日でアウトレット、バルーンフェスタ、武雄温泉旅)、2回目は一人で1日中バルーンフェスタに憑りつかれていました。

佐賀バルーンフェスタ旅行に必要な持ち物

ダウンやマフラーや手袋、ホッカイロなどでしっかり防寒。バルーンフェスタが開催される時期は10月~11月ですが河川敷なので風もあるため早朝や夜は特に寒さを感じます。それが少し気持ちよかったりするのですが、油断は禁物です。天気が良いとお昼は暖かくて気持ちいいので河川敷の芝生の上で寝転びたくなるかもしれません。レジャーシートがあれば完璧です!

佐賀バルーンフェスタ旅行での注意点

佐賀バルーンフェスタ旅行での注意点
  1. 日によってイベントが違うことや無いことがある。
  2. お手洗いの場所が遠く、少ないので混むことがある。
  3. 河川敷で足場が少し悪かったり急な斜面の場所がある。

バルーンフェスタの開催は一週間弱。気になるイベントがある場合は事前にホームページで日時を確認しておきましょう。また天候により実施されないこともあるので要注意です。そして事前にお手洗いの場所を把握すること、動きやすい服装(靴なども)をお勧めします。

まとめ

久しぶりに行った佐賀バルーンフェスタに感動しすぎて衝動が抑えられず、2日後筆者はアルバイトを交代してもらい4時前に起き始発で佐賀へ向かいました。この時も”また明日もこれを体感したい”と思えるほどでした。1人で行っても家族や友達、恋人と行っても何度でも楽しめる佐賀バルーンフェスタ!ぜひ世界中の皆さんに体感してほしいです!

ひなこ役者

投稿者の過去記事

長崎県出身、東京在住。
様々な土地を歩くことが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 古代オリンピック発祥の地!神話の世界そのもののアテネ| トラベルダイアリー
    アテネ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字は…
  2. アルプスの麓 ベルガモ アグリツーリズモの旅| トラベルダイアリー
    ベルガモ旅行体験記ミラノから車で2時間ほどのところにあるベルガモ。市街地は中世の雰囲気が残る…
  3. 女子一人旅 in アメリカ 有名スポットだらけのサンフランシスコ| トラベルダイアリー
    サンフランシスコ旅行体験記旅のはじめ、ベトナムのハノイで偶然知り合い、半日一緒に観光をしていたと…
  4. brighton_pabirion2
    イギリス【ブライトン】旅行体験記ブライトンはイギリスの南東に位置する、ロンドンから日帰りで訪れる…
  5. バンフ旅行体験記世界21ヵ国44都市を旅をした中で、私が年間4回も訪れた事のある場所カナディアン…
  6. ギリシャの首都アテネからも日帰りで行けちゃう穴場!エギナ島| トラベルダイアリー
    エギナ島旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  7. 台湾・台北で朝から晩までしっかり食べる!遊ぶ!買う!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記近場で美味しいものが食べられる海外に行きたい!という理由から、台湾の台北へ!東…
  8. ウシュアイア旅行体験記アルゼンチンのフエゴ島に位置するウシュアイア。この街を訪れる旅人のほとんど…
  9. ミラノ旅行体験記世界の流行最先端ミラノ。大好きなモデルの森星さんが、毎年ミラノコレクショ…
  10. ルアンパバーン旅行体験記ラオスについて聞いたことはあるものの、日本人にはあまり馴染みのない国なの…

国内旅行おすすめ

  1. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ伊豆の旅| トラベルダイアリー
    伊豆旅行体験記海鮮が大好きな私は伊豆へ行くことも多いですが、今回は「星野リゾート界 伊東」に泊ま…
  3. 石垣島旅行体験記日本の果てに行ってみたい…それが石垣島に行こうと思ったきっかけです。石垣島は沖縄…
  4. 1日1本 観光特急「しまかぜ」で行くちょっと贅沢な三重・鳥羽の旅| トラベルダイアリー
    鳥羽旅行体験記両親に日頃の感謝の意味も込めて、一緒にゆったり美味しいものを食べられる旅をと京都か…
  5. お城から映えスポットまで。今行きたい〜愛知・犬山〜| トラベルダイアリー
    犬山旅行体験記以前もご紹介した名古屋。東京、大阪からすぐに行ける場所にありますが、今回は、そんな…
  6. 不要な縁は切りたい!過去の思い出に京都の縁切り神社でさようなら| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記転職をしようと決めた。会社に今後の進退を報告する書類を出した所、引き留めるために何…
  7. 【風景美術館】絶景・日本平ホテルに泊まる静岡旅行| トラベルダイアリー
    静岡旅行体験記今回は、日本観光地百選第一位にも輝いたことのある名勝地・日本平へ行ってきました。…
  8. 愛媛松山の「道後温泉」と「千と千尋の神隠し」のあの名場面を! | トラベルダイアリー
    松山旅行体験記雰囲気のある道後温泉をインターネットで見つけ、日帰りで楽しめるということで行くこと…
  9. 大神神社・やまのべの道旅行体験記お天気に誘われて、奈良は大神神社のご神体「三輪山」登拝の旅へ…
  10. 京都紅葉✖︎鍬山神社!〜絶景ビュースポット巡りしませんか?〜| トラベルダイアリー
    鍬山神社旅行体験記11月に見頃を迎えた鍬山神社へ行ってきました。京都市外ということもあり、京都の…

最新記事

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  4. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  5. 白老町の魅力とは?!注目されている北海道の小さな町| トラベルダイアリー
    新千歳空港からアクセスも良く、国立アイヌ民族博物館ウポポイがオープンした白老町の魅力をご紹介します。…
  6. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  7. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  10. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…

Archive



PAGE TOP