B級グルメと恐竜王国を巡る福井の旅

福井旅行体験記

47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか行く機会がなく、さらに新幹線がないことからなかなか行けていなかったのですがついに今回行くことができました。

福井旅行について

おすすめのポイント
  1. 大人から子供まで愛される、ご当地B級グルメを堪能しよう
  2. サスペンスドラマの名所、東尋坊は実際行ってみると一大観光地!
  3. 駅前に佇む巨大恐竜!福井恐竜王国を楽しもう

福井の一番有名な観光地はやはり東尋坊ではないでしょうか。切り立った岩が織りなす景色はなかなかに壮観。あるきやすい靴でぜひ訪れてみてほしいです。
日本海に面していることもあり豊かな海産物が名物ですが、B級グルメも充実しておりお子さんも楽しめる味がたくさん揃っています!お刺身とかは大人には美味しいけれども、子供には評判がイマイチなのよね、なんて方にも福井はおすすめスポットです!
恐竜を売りにしているので福井の駅前に巨大恐竜モニュメントがありますので、到着した瞬間からワクワクできますよ!

福井旅行のおすすめのスポット

東尋坊

サスペンスドラマでよく舞台になる東尋坊ですが、実際はそんなおどろおどろしさもなく、明るい観光地です。お土産物屋さんも多く食べ歩きしながら巡ることもできますよ!駐車場はお土産物屋さんごとに用意されており、店内で買い物をすると駐車場代が無料になるお店が多いです。
崖を外から見てみたい!という方には遊覧船も出ていますので興味がある方は乗船するのもおすすめです。

福井県立恐竜博物館

福井は恐竜王国を名乗っており至るところで恐竜のモニュメントやイラストが掲示されているのですが、その理由は日本で発見される恐竜の化石の八割が福井から出ている、という事実に基づいています。
おそらく地層が採掘に適しているからと考えられますが、その地域特性を活かして建てられたのがこの恐竜博物館です。恐竜博物館は日本でトップクラスと言われ、世界三大恐竜博物館に数えられています。(残りは中国とカナダにあります)
そんな博物館の展示はとにかく圧巻!等身大に再現された恐竜像たちがリアルに展示されています。モノによっては鳴き声を上げたり動いたりするものも。恐竜に詳しくない人でも楽しめる施設となっていますのでぜひ訪れてみてください。
かつやま恐竜パークが隣接しており、こちらでは子供も楽しめる化石掘り体験などのアトラクションも用意されていますので興味のある方はそちらもおすすめです。体を動かすのが好きな方は展示より体験のほうが良いかもしれません。恐竜博物館でも屋外展示エリアの解説コースなどもあります(有料)予約が必要になりますので確認の上おでかけください。

福井駅前の恐竜モニュメント

福井は恐竜王国で、上で紹介した通り恐竜博物館もあるのですが福井駅からは離れており時間を取らないと行くことは難しいです。
出張や他の用事がありあまり時間が取れない方には福井駅前の広場をおすすめします。駅前のモニュメントなんて大したことないんでしょ?と思われそうですが、数は違えどクオリティは博物館に展示されているものと変わらないレベルのモニュメントです。その巨大さにはただただ驚くばかりです。
更にこのモニュメントは動くんです!9-21時の間、30分毎に特別演出がありますので、ぜひ時間を合わせて見に行ってみてください。夜は日没後22時までライトアップが行われていますので夕飯のあとに立ち寄るのもオススメです。

福井でのおすすめグルメ

ボルガライス

ボルガライスとは一体…?名前からでは一見わかりませんが、「オムライスの上にとんかつを載せたもの」です。福井のB級グルメとして人気の一品です。
ボルガライスという言葉の由来はロシア由来、イタリア由来、イギリス由来など諸説ありまして、ボルガライスの協会である日本ボルガラー協会のホームページでも「諸説あり」という扱いとなっております。
オムライスだけでもお腹いっぱいになるのに、とんかつなんて載せられたら胃が破裂するよ?!なんて思われるかもしれませんが、カツは思ったよりサクサクで軽く、ソースもこってりしすぎず、オムライスも若干小ぶりですので、ペロリと食べられてしまいます。
私が訪れたヨコガワ分店さんはオープンキッチンのため調理している様子が見られたのですが、オムライス担当とカツ担当の息の合わせ方が素晴らしかったです。同時に出来上がるようにしないと片一方が冷えてしまい微妙な出来になってしまうため、息を合わせて作るさまは見ていて楽しいです。
ぜひ、自分のボルガライスはどれかなー?と追いかけつつ待ち時間も楽しんでください!

福井でのおすすめのショッピングスポット

ソースカツ丼

ソースカツ丼は新潟や会津などにもあり、似た味でいうと秩父のわらじカツ丼なんかも似ておりますが、ここのソースカツ丼はカツが小ぶりで食べやすいのが特徴です。また、キャベツが下に引かれていないのでサクサクしたままカツを食べられます!ヨーロッパ軒さんは福井県内に数店舗あります。
元々は東京早稲田が発祥のお店らしいのですが、関東大震災で店舗が焼け落ち、それならいっそ、と故郷の福井に帰ってきたのが始まりだそうです。
福井名物ソースカツ丼の裏には関東大震災があったというのが驚きです。関東大震災がなければソースカツ丼は早稲田の学生飯として人気が出ていたのかもしれません。

福井にて宿泊したホテル

アズイン福井

福井駅からは徒歩10分くらいかかりますが、提携駐車場が多くレンタカーなど車で移動する予定の方にはおすすめです。普通のビジネスホテルなのですが、大浴場があるためのんびり足を伸ばして旅の疲れを取ることができます。
また、ここの朝食はレストラン日下部という昔ながらの洋食屋さんが出してくださる(しかも宿泊者は朝食無料)のですが、この朝ごはんがまた美味しい!手作りの味で煮物や焼き物や卵料理がどれを食べても美味しい。隣接したキッチンからどんどん新しいお料理を持ってきてくれます。店員さんも明るく親切で、元気の出る朝ごはんを楽しめます。

福井旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

じゃらんの航空券付きパックで予約しました。福井には東京から新幹線や特急が出ておらず、時間を短縮して向かう場合は空路が一番早くなります。(大阪からアクセスする場合はサンダーバードで2時間、名古屋からアクセスする場合はしらさぎで2時間少しなので特急で向かうこともできます。大阪へのアクセスが一番容易なため、福井在住者は都会に出る場合大阪方面に出るケースが多いです)
羽田と小松空港往復チケットとホテルがついたパックを使って予約しています。
ビジネスホテルは駅周辺を中心にそれなりにあるので特に予約で困ることはないと思います。空路は土日でもビジネス客が多いのと、1時間に一本かつ比較的小型の機材での運行になるのでできるだけ早めに予約することをおすすめします。

福井旅行に必要な持ち物

特に特別な持ち物は必要ありませんが、東尋坊は比較的強い風が吹いていることが多いので飛ばされにくい帽子をおすすめします。
(私は風が強いところや両手を常に自由にしておかないと危ない場所に行くときは必ず紐付きの帽子をかぶるようにしています。安全とおしゃれなら安全をとったほうが旅は楽しめると思います。怪我をしてしまうと旅行の思い出が怪我に塗り替わってしまうので、悲しいですよ。)

福井旅行での注意点

福井旅行での注意点
  1. 福井は新幹線で行けない街、アクセス方法はよく考えて
  2. 恐竜博物館はかなりの山の中、予定を組むときにはお気をつけて
  3. 福井駅と繁華街は少し離れている(徒歩10-15分)ので宿を取るときにはご注意を

北陸新幹線の延伸工事は現在も進められていますが、この記事を書いている現時点(2020年5月)では開業しておらず、予定では2023年春となっています。
ですので、福井に首都圏から行く場合は小松空港経由がオススメです。(ちなみに小松空港は石川県にあります、福井には福井空港はあるのですが1970年代に定期便がなくなっており事実上空港が無い状態です)
JALとANAが1時間毎に交互に運行していますのでどちらのマイルを集めている方でも安心です。恐竜博物館は福井駅からは40分、小松空港からは1時間以上かかりますのでスケジュールを組む際は注意してください。レンタカーでアクセスするのがオススメです。

まとめ

東尋坊、恐竜、グルメと多岐にわたり紹介してきましたが大人から子供まで楽しめる福井は魅力がいっぱいです。
派手すぎない歓楽街も夜ごはんのあとに散策するのにちょうどいい広さです。金沢も車で行ける範囲なので、長いお休みが取れるのであれば一緒に周遊するのもオススメです。
少しまちなかを外れると豊かな緑が広がる風景はドライブするだけでものんびり癒やされます。羽田から飛行機で気軽に訪れることができますので、1泊2日のプチ旅行を楽しむのもオススメです。

mutukiy旅するOL

投稿者の過去記事

旅行が好きなOLです。平日は働いて有給をとっていろんなところに出かけるのが大好きです。野球観戦も好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  2. ラヴェンナ旅行体験記イタリア人のインスタで見た、美しいモザイク画の風景。ずっと気になっていたイタ…
  3. どこか懐かしい雰囲気のハノイ旧市街とサパへの小旅行| トラベルダイアリー
    ハノイ旅行体験記ハノイには2度訪れました。最初は母との母娘旅。2回目は女一人旅。定番の雑貨ショッ…
  4. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  5. 女子一人旅 in ポルトガル なぜか日本を感じる街リスボン| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記ミラノで緊急搬送された翌日、移動日だったため何とか空港まで移動して飛行機でポル…
  6. ローマ旅行体験記イタリアの首都「ローマ」とローマ市内にある世界最小の国「バチカン市国」へ行ってき…
  7. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  8. 日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力 | トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記年末年始休暇を使ってロシアのウラジオストクに一人旅をしてきました。マイナ…
  9. ティンプー旅行体験記プナカから峠を超えてついに首都ティンプーにやってきました。首都だけあり、…
  10. 一体どうやって?!断崖絶壁岩の頂に建つギリシャのメテオラ修道院群| トラベルダイアリー
    メテオラ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…

国内旅行おすすめ

  1. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  2. 道後旅行体験記はじめての四国旅行でどこに行こうかと考えた時に一番に思い浮かべたのが道後温泉でした…
  3. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…
  4. 坂のある風景にシャッターが止まらない!レトロな港町・尾道をぶらり| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記風情ある景色と街並みで多くの映画や物語の舞台にもなっている広島県尾道市。今回2週間…
  5. 新宮旅行体験記青春18きっぷ初の旅!日本の真ん中岐阜県から、電車を乗り継ぎどこまで行けるか試…
  6. 美味しいものがいっぱい!歴史と自然も満喫できる兵庫の穴場「赤穂」| トラベルダイアリー
    赤穂市旅行体験記兵庫県の南西部、岡山県との県境にある「赤穂」。” 忠臣蔵 ”や” 赤穂の塩 ”で…
  7. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…
  8. 初心者でも大丈夫!沖縄おすすめ絶景【大石林山】| トラベルダイアリー
    大石林山旅行体験記沖縄の北部に位置する大石林山を知っていますか?大石林山は2021年7月26日にユ…
  9. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  10. 札幌旅行体験記数年に1回程度、学会発表に参加しなくてはならないため、どうせ行くなら空いている時間…

最新記事

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  4. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  5. 白老町の魅力とは?!注目されている北海道の小さな町| トラベルダイアリー
    新千歳空港からアクセスも良く、国立アイヌ民族博物館ウポポイがオープンした白老町の魅力をご紹介します。…
  6. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  7. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  10. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…

Archive



PAGE TOP