イタリア・トリノのテッラマードレ サローネ・デル・グスト参加レポ

テッラ・マードレ サローネ・デル・グストへ行ってきました!

テッラ・マードレ サローネ・デル・グストはイタリア・トリノで開催される2年に1度の食の祭典です。タイミングよく、トリノ旅行を計画していた私。2年に1度しかやらないイベントと聞いて、会場へ行かずにはいられませんでした。

テッラ・マードレ サローネ・デル・グストとは!?

おすすめのポイント
  1. イタリア20州の食文化の違いを五感で楽しめる点
  2. 世界各国の郷土料理をその土地の人たちから直接学べる点
  3. 普段は入れない2006年冬季トリノオリンピックの会場に入れる点

テッラ・マードレ サローネ・デル・グスト(Terra Madre Salone del Gusto)は、イタリアが世界に広めた食文化「スローフード」について、楽しみながら学べるイベントです。一般の人も10ユーロで入場出来、イタリア国内外の食文化について学ぶことができます。フードワゴンや試食もたくさん!普段は入るコトのできないトリノ冬季五輪の会場に入れる点も大きな魅力です。

テッラ・マードレ サローネ・デル・グストの見どころ5選

トリノで「食べ物」の過去・現在・未来を楽しく学べます

普段はコンビニやファストフードにお世話になってばかりの私。スローフード生活とはかなりかけ離れた生活を送っていますが…それでも、イベントを通じて「食」について改めて考えることが出来ました。理由は、可愛らしい展示物!会場内には外国人や子どもでもわかりやすいように、絵や数字、グラフ入りの展示パネルがずらり。イタリア語(英語)がわからなくとも、楽しみながら学ぶことができました。

トリノの郷土料理だけじゃない!イタリア20州の郷土料理が大集結

会場は大きく「イタリア」「それ以外」の2つのエリアに分かれていました。どちらも興味深かったですが、イタリアに来たからには、やはりイタリアエリアは見逃せません。エリア内はさらに20州に細分化され、まるで全国ご当地グルメフェスタのように、各州が一押しのご当地グルメを展示販売しています。まだ行ったことのない州のグルメは特に魅力的。次回の旅行の計画を、すぐに立てたくなってしまいました。

トリノで学ぶ、世界の食文化に興味津々

会場手前に設置してある世界の食文化のエリアも見逃せません。こちらは大陸毎に細分化されていて、アジアエリアには、日本ブースもありました!異国の地で嗅ぐ、山椒や鰹節の匂いはなんだかくすぐったい気持ち。それ以外にもお隣韓国のブースやアメリカのブース。そして、私がまだ行ったことのない南アメリカのブースもあり、まるで世界一周旅行をしているような気分でした。

トリノの誇る有名パティシエ・ショコラティエも大集合

イタリア20州の中でも、会場のお膝元となるピエモンテ州エリアは、充実度が違う!郷土料理だけでなく、地元の誇る大手メーカーや専門店のブースも設置されていました。日本のサロン・デュ・ショコラでもおなじみのグイド・ゴビーノ(Guido gobino)も出店。そして、写真のケーキはアヴィダーノ(Avidano)というお店のものです。有名なお菓子屋さんなのですが、トリノ近郊の街にある為、これまで行くことが出来ず…こんなところで奇跡のご対面を果たすことができ、感無量でした。

トリノ五輪の雰囲気も味わえる

メイン会場となるオーバル・リンゴット(Oval Lingotto)は、2006年にトリノで冬季五輪が開催された時のスピードスケート会場だったそう。オリンピックに合わせて、2005年につくられたものだそうなのですが、約15年経った今見ても、未来的なデザインでカッコイイ!目と鼻の先にはオリンピック橋や選手村跡地も健在。会場からも見えますが、時間に余裕があれば橋を渡って是非選手村跡地まで行ってみてはいかがでしょうか?

テッラ・マードレ サローネ・デル・グストのとっておきグルメ

イベントは毎回出展者が変わるため、ここでは会場となるトリノが誇る、とっておきグルメスポットをご紹介します。それが…「アル・ビチェリン(Al Bicerin)」です。アル・ビチェリンはトリノの老舗カフェ兼お菓子屋店。数年前日本進出も果たしましたが、本店は鄙びた雰囲気も最高に素敵なので是非立ち寄って欲しいです。目の前は古い教会。店内にはトリノの郷土菓子やチョコレートがずらり並んでいてお土産購入にもぴったりです。店員さんも観光客慣れしていて、気軽にお土産の相談に乗ってくれますよ♪

テッラ・マードレ サローネ・デル・グストに必要なものとは

「スニーカー×身軽な恰好が正解」
さすがはオリンピック会場だったオーバル・リンゴット!会場はとてつもなく広いので、出来たらスニーカーでの来場がオススメです。会場内には飲食を扱う店がたくさんあります。出来るだけ食べ物飲み物も少なめにして、身軽な恰好で行きましょう。秋のトリノは少し肌寒いですが、会場は屋内なのでは結構暑い…。ボタンやジッパーで着脱がスムーズにできる装いだと、パーフェクトです。

テッラ・マードレ サローネ・デル・グストでの注意点!

サローネ・デル・グストは会場内にも外にも、そして街中にもたくさんの店が並びます。街中の店やフードワゴンなどはクレジットカードが使えることがほとんど。それ以外の店でも基本的にはクレジットカードが使えましたが、VISA、MasterCardしか使えなかったり、専用端末が壊れていたりすることもありました。10ユーロ札やユーロコインを少し多めに持っていくと安心かもしれません。

まとめ

その後、私の「スローフードライフ」はまだまだ道半ばですが、世界の食べ物の違いや食べ方の違いを学ぶことで、普段口に入れるものに対して、より愛情を感じられるように。時々ではありますが、ゆっくり味わって食べる機会が増えたように思います。なにより、イタリア20州の食文化の違いを学ぶことが出来、さらにイタリアが大好きになりました。2年に1度、偶数年に開催されるイベントですので、機会があれば是非遊びに行ってみてください。

 

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ボローニャ旅行体験記ボロネーゼ、ラザニア、魅惑のメニューはぜーんぶココ、ボローニャで誕生しました…
  2. ミラノ旅行体験記世界の流行最先端ミラノ。大好きなモデルの森星さんが、毎年ミラノコレクショ…
  3. バンフ旅行体験記世界21ヵ国44都市を旅をした中で、私が年間4回も訪れた事のある場所カナディアン…
  4. デン・ハーグ旅行体験記母も私も大好きな名画、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。本物を見るため…
  5. 大聖堂、公園、ローカルなお店が魅力のカンタベリー| トラベルダイアリー
    カンタベリーに行ってきました!個人経営からチェーン店までたくさんのお店が揃いながら、中世の雰囲気…
  6. ソレント旅行体験記イタリアの中でも有数のレモンの産地、ソレント。周辺にある、アマルフィやカプリ島…
  7. ベルギーに行ったら訪れたい!中世の街並みが可愛いブルージュ| トラベルダイアリー
    ブルージュ旅行体験記ベルギー北西部の街・ブルージュ。「運河沿いに中世の景観が残る街なみ」というガ…
  8. ヘルシンキ旅行体験記うだるような都会の夏を抜け出して、北欧の大自然のクーラーを、体いっぱい浴びた…
  9. 初心者さんでもオッケー!フランス、ヴァル・トランスでスキー体験| トラベルダイアリー
    ヴァル・トランス旅行体験記海外でスキーをしてみたい!その想いを叶えるべく、春休みを利用して、フラ…
  10. チェコの首都プラハ「市民会館(スメタナホール)」で音楽鑑賞ツアー | トラベルダイアリー
    プラハ市民会館 (スメタナホール)体験記音楽の都としても名高いチェコの首都、プラハでやりたかった…

国内旅行おすすめ

  1. 尾花沢旅行体験記一度訪れてみたかった大正の情緒溢れる温泉街。1泊2日でゆっくりできる旅先を探して…
  2. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  4. 上高地
    松本旅行体験記松本は、長野県第二の都市。日本アルプスへの中継地点という事もあり、山へ登りに行…
  5. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…
  7. 横浜旅行体験記ハワイで最もラグジュアリーな名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が、この度2…
  8. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  9. 鳥取旅行体験記夫が「鳥取に行こう」と言い出したのは新婚一年目のことでした。てっきり目的地は砂丘か…
  10. 淡路島旅行体験記小さい頃何度か訪れた淡路島。あれから時は流れ、また新たな観光スポットがたくさ…

最新記事

  1. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  2. 女子一人旅 in スペイン 黒いマリア様に会いにモンセラットまで| トラベルダイアリー
    モンセラット旅行体験記この日は友人が休みを取ってくれ、モンセラットまでドライブしました。テラ…
  3. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  4. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  5. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  6. 女子一人旅 in スペイン 観光地じゃない街テラッサで素の生活| トラベルダイアリー
    テラッサ旅行体験記泊めてもらった友人が住む街、テラッサ。バルセロナから電車で1時間かからないくら…
  7. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  8. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…
  9. 街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火| トラベルダイアリー
    年越し花火に行ってきました!新年の迎え方は国によって様々で、日本と全く異なる過ごし方に驚くことも…
  10. 京都紅葉✖︎鍬山神社!〜絶景ビュースポット巡りしませんか?〜| トラベルダイアリー
    鍬山神社旅行体験記11月に見頃を迎えた鍬山神社へ行ってきました。京都市外ということもあり、京都の…

Archive



PAGE TOP