女子一人旅 in ネパール ユニークな神様だらけのカトマンズ

カトマンズ旅行体験記

子どもの頃に見た、大きくてカラフルな、怖い顔なのにどこかユーモラスな神様。ずっと心に残っていていつか必ず訪れてみたいと思っていた国のひとつが、ここネパールでした。
ようやく夢が叶い来ることができたカトマンズ。戸惑うこともあったけれど楽しい街でした。

カトマンズ旅行について

おすすめのポイント
  1. 街中いたるところに神様がいっぱい
  2. ヒンドゥー教と仏教が共存する不思議な世界
  3. 交通ルールなんてないも同然の車にびっくり

神様だらけだーって思うほど道のあちこちに小さな祠があり、みんなが祈りを捧げています。また、ヒンドゥー教の寺院と仏教の寺院があり、平和に共存しています。どちらの寺院も常にたくさんの人がいてお祈りをしたり、休んでいたりと思い思いに過ごしていて、その中に交じって座って休んでいると時間がゆっくりと過ぎていくような気分になります。
一方、移動手段はおそらくタクシーかバイクになると思いますが、交通ルールが無いようなものでよく事故らないなと感心するほどです。すれ違いざまにぶつかるのではとヒヤヒヤさせてくれます。

カトマンズ旅行のおすすめのスポット

ついにあの神様とご対面!ダルバールスクエア

旧王宮の前に広がる広場で、多くの寺院や博物館が集まるエリアです。さまざまな形の寺院が立ち並ぶ中に、生き神様クマリが暮らす館もあります。時間によってはクマリが窓から顔を出してくれるそうでその時間は館の前は人だかりができます。
この広場に、私がネパールに行きたいと思わせてくれたあの大きな神様がいました!立体的に彫られた(描かれた)その神様カーラ・バイラヴはカラフルでとても目立ち、たくさんのネパール人が祈りを捧げていました。
寺院の縁側に座って広場を眺めていると時間を忘れられます。

丘の上に立つチベット仏教寺院、スワヤンブナート

中心地から少し離れた丘の上に立つネパール最古と言われているチベット仏教寺院です。麓から歩いたので結構な距離を歩きましたが途中には野生の猿がいたりと自然がいっぱいです。頂上まで到着すると、丸くておおきいストゥーパが現れます。天気がいいと青い空に白い塔が映えとても美しいです。この日は、ちょうど雨上がりだったおかげで空気が澄み、普段は大気汚染で見えないヒマラヤが遠くに見ることができ、ご褒美をもらったような気分になりました。
こちらは展望台もありそこからカトマンズの街を一望できます。

死について考えさせられるヒンドゥー寺院、パシュパティナート

こちらはネパール最大のヒンドゥー教寺院パシュパティナートです。ガンジス川の支流にあたる川のほとりに建つ寺院で、こちらでは死者の火葬が行われています。河川敷に平たい場所がありそこに死者を運び火葬し、その後、遺灰は親族たちによって川に流されます。火葬されているすぐそばで沐浴をする人もいます。それらの様子は川の対岸から眺めることができるのですが、たなびいてくる煙、泣いて悲しむ親族たち、沐浴をする人らを眺めていたら死生を考えずにはいられませんでした。

カトマンズでのおすすめグルメ

看板もない、メニューもない、現地の人しか訪れない激安ダルバート

偶然出会った日本人男性に、ものすごく汚いけどおいしくて激安の店があるけど行く?と言われ行ってみることに。そこは看板がないどころかどう見ても掘っ立て小屋のような場所で、間違いなく観光客は行かないであろう店でした。他のネパール人が食べている料理(丸い銀色のプレートにごはんとおかずが数品乗っているダルバート)を指さして同じものを食べてみることに。
・・・おいしい!!お店を切り盛りしている若い女性はニコニコしておかわりをすすめてくれる。おなかいっぱい食べてチャイを飲んでも100円しない。おなかも壊さなかったし、数日通ってしまいました。

カトマンズでのおすすめのショッピングスポット

ダルバールスクエアの周りは奇妙なおみやげやさんがたくさん

あちこちにお店がたくさんあります。外国人観光客をターゲットにしたフェアトレード品やかわいいものを扱うきれいで少し高めの雑貨屋さんから、ちょっとほこりをかぶった、いかにも怪しそうなおみやげやさんまでいろいろあり見ているだけでも楽しめます。ネパールは紅茶の産地でもあるそうで、とてもおいしい茶葉を買うことができます。私は普通の茶葉と、チャイ用の茶葉を購入しました。

カトマンズにて宿泊したホテル

Madhuban guest house

3か所のゲストハウスに滞在しましたが、安ホテルのせいか、そもそもそういう土地なのかわかりませんが、基本的に水道から出てくるお水は茶色いです。シャワーもお湯が出てくるだけありがたく、やはり茶色いです。だけど部屋自体は汚くはないし、だんだん慣れてきます。
私は1泊400円程の安ホテルに滞在したのでお水が茶色かったのかもしれません。
もちろん朝食なんて出てきません。

カトマンズ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ホテルはいつも事前に予約をするのですが今回はお昼頃に到着だったので現地で直接ホテルを見て決めました。ホテルは本当にピンキリですがたくさんあります。よさそうなホテルに行き、部屋を見せてもらって、値段を聞いて決めても十分です。よさそうだけどシャワーが水だったり、ベッドが・・・・だったり、いろいろとチェックできます。
もちろん、ある程度の値段のホテルに滞在するのであればそんな心配はないのでしょうけれど。
あちこちホテルを見て回る時間もとても楽しいものでした。

カトマンズ旅行に必要な持ち物

衛生状態があまり良いとは言えませんので気になる方はウェットティッシュを持って行ったほうが良いと思います。
また、おなかを壊す可能性もありますので念のためティッシュペーパーをいつもよりも多めに持っていくとをおススメします。私のように旅行者向けではないお店にもチャレンジしたいタイプの方はあったほうがいいです。ポケットティッシュをいくつも持つより、トイレットペーパーの芯を抜いてつぶして1個持っていけばいろいろとしのげます。

カトマンズ旅行での注意点

カトマンズ旅行での注意点
  1. 道が暗いので夜間はあまりで歩かないようにしましょう。
  2. 長期滞在者がたむろするあやしいエリアがあります。
  3. 稀ですが、ストライキが起きることがあります。

基本的には平和な街です。ですが、電力事情がよくないため道が真っ暗だったりするので夜間の外出はあまりしないほうがよさそうです。また、長期滞在の外国人観光客のたむろするエリアは少々怪しいニオイがしますのであまり近づかないほうがいいでしょう。
まれですが、バンダというストライキが起こると飛行機、バス、タクシー、お店、会社、学校、何もかもが休みになり待ちが閑散としたのにはびっくりしました。ある意味レアですが予定が狂ってしまいます。

まとめ

カトマンズは日本語を話す人も多く、良くも悪くもフレンドリーです。親切心で声をかけてくれとことん世話を焼いてくれる人もたくさんいます。反対に客引きなどで声をかけられることもとても多いです。
ホーチミンで完全に人を信用できなくなり、親切心を疑いの目で見ていた私の事情を聞いて涙を流して一緒に悔しがってくれた人のおかげでもう一度信じよう(十分気を付けて、ですが)と思わせてくれた、そんな優しい人たちであふれた街でした。

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 自然とクメール建築が作り出す絶景!シェムリアップのアンコール遺跡| トラベルダイアリー
    シェムリアップ旅行体験記カンボジアと聞くと誰もが最初に思い描く遺跡「アンコール・ワット」。実は、…
  2. サハリン
    ユジノサハリンスク旅行体験記樺太(サハリン)という、現在でも帰属が決まっておらず、日本に最も近い…
  3. バイロンベイ旅行体験記バイロンベイといえばオーストラリア最東端の街で、おしゃれで素敵な街!ヒ…
  4. エスファハーン旅行体験記かつて、巨万の富と人が集まり交易の都市として栄えていたエスファハーン。そ…
  5. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  6. グアム旅行体験記4月末に休暇があり、母親と2人で親子旅をしました。GW前ということで飛行機の価格…
  7. 西洋と東洋が交差する街・魅惑のイスタンブール| トラベルダイアリー
    イスタンブール旅行体験記トルコ航空利用でジョージアに行く際に乗継ぎ地のイスタンブールでも何日か滞…
  8. マーストリヒト旅行体験記マーストリヒトはオランダの最南端、リンブルグ州の州都でオランダ最古の都市…
  9. ドブロクニク旅行体験記魔女の宅急便の舞台とも言われている、ドブロブニクの旧市街。昔からジブリ映画…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

国内旅行おすすめ

  1. 地元民と行く!沖縄南部ドライブ~豊見城 ビーチ&ショッピング編~| トラベルダイアリー
    豊見城旅行体験記学生時代の仲良しグループが沖縄に来るということで、沖縄在住の私も旅行に同行させて…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 沖縄旅行体験記「沖縄に行こう」旦那がそう言いだしたのは2月。沖縄といえば、どこまでも広がる海…
  4. 国営ひたち海浜公園で青の絶景を楽しむ旅~in 茨城・ひたちなか~| トラベルダイアリー
    ひたちなか旅行体験記ネモフィラとチューリップどちらも観賞できる日に「国営ひたち海浜公園」へ行って…
  5. 博多グルメと糸島ドライブで身も心も満たす! | トラベルダイアリー
    博多旅行体験記最近、徐々に知名度を上げている糸島で、いろんなきれいな写真を撮りたくて福岡旅行を決…
  6. 小樽旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  7. 栃木・日光で日帰り雨の中でも楽しむ女子旅お互いにパートナーが仕事から夜に帰ってくるため、女二人で…
  8. 鎌倉旅行体験記 昔から、いつか行ってみたいと憧れていた鎌倉と江ノ島。神奈川に住む…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  10. フォトジェニックだけじゃない!真の貴船神社の魅力に迫る| トラベルダイアリー
    貴船神社旅行体験記SNSで見つけた美しい灯籠が一目見たくて、貴船神社へ行ってきました!訪れてみる…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP