皆が知らないリゾートへ行くなら?ベトナムのフーコックで決まり!

フーコック旅行体験記

海外旅行へ行くなら、レアな場所に行ってみたい!と旅慣れた人なら思うはず。アジアのあまりメジャーではないリゾートを調べていたところ、ベトナムのフーコックが目に止まり、乾季の時期的にもちょうど良かったので、フーコック旅行を決行しました!

フーコック旅行について

おすすめのポイント
  1. まさに大人のリゾート。ホテルが静かで綺麗。
  2. 忙しく過ごす日常から離れられる。
  3. ベトナムグルメに気軽にチャレンジ出来る

フーコックはまだ開発中のリゾート地であるため、空港、街、ホテルと全体的に人が少なく、とても静かに過ごすことが出来ます。他の大きなリゾートと違い、賑やかなナイトスポットは少なく、喧騒から離れた大人のリゾート気分を味合わせてくれます。また、泊まったホテルからの夕暮れの景色が格別で、滞在中は毎日夕陽を見て過ごしました。日常を忘れさせてくれる程のひとときがフーコックにはあります。物価も安いので、あまり馴染みのないベトナム料理にも気軽に挑戦することが出来ます。

フーコック旅行のおすすめのスポット

ロングビーチ側のホテルのプールサイドでのんびり。


今回は数あるホテルの中から、ロングビーチ側のホテルを選びました。結果、この選択が大正解!ホテルはビーチに面している為、プールサイドからビーチへ徒歩で出られ、ビーチサイドでマッサージを受けることも出来ました。ずっと眺めていても飽きない光景なので、日中のほとんどの時間をプールサイドで過ごせるほどです。昼間はプールで泳いだり、プールサイドでアルコールを飲みながらリラックス。夕方にはなんとプールの先に、素晴らしい夕陽が沈んでいくではありませんか!視界を邪魔するものが何も無いので、水平線に夕陽が沈むまでの瞬間を堪能出来ました。

自然を堪能!マイナスイオンたっぷりのチャン渓流を散策して深呼吸。

フーコックには、まだ観光地と呼べるものが少ない中で、行ってよかったのがこのチャン渓流。昼間はホテルにずっとおこもりだったので、1日だけは出かけてみようとタクシーで向かいました。入場料1万ドン(約50円)を支払い敷地に入ると、初めは歴史博物館のような数々のモニュメントが目に入ります。その先、渓流までは自然いっぱいの林の中を30分程歩きます。最後に行きつく滝つぼは、そこまで大きなものではありませんが、晴天下の木洩れ日にキラキラ輝いて、とても素敵なスポットでした。水は少し冷たく、足をつけて遊ぶのはとても気持ちが良かったです。

フーコックに来たら絶対シーフードに挑戦!


フーコックに来たからには、シーフードを満喫してください!ウニが一つ約100円、エビやイカも破格で食べることが出来ます。ナイトマーケット周辺には沢山のシーフードレストランがありますが、人気のありそうなお店や、美味しそうなメニューを探しながら歩くことが楽しかったです。お店によって扱うシーフードが違う事もあるので、食べたいものがあるかどうかを聞いて入店しても良いと思います。事前に調べたお料理の写真を見せたり、おすすめを聞いておまかせの調理法で注文してみましょう。

フーコックでのおすすめグルメ

シーフードはRa Khoi Seafood Restaurant


フーコックナイトマーケット内にもレストランは沢山あるのですが、私達が直感的に決めたお店がこちら。ネオンが眩しい怪しいお店かと思いきや、れっきとしたシーフードレストランでした。生け簀でどのシーフードを選べるのですが、やはり気になるのはお魚丸ごとグリル!日本ではあまり食べることが出来ない熱帯系のお魚が3000~4000円程度で食べられます。私たちは2人だったので、大きすぎないサイズのお魚を選んで、調理はお任せ。蒸し焼きにされた丸ごと魚の身をほぐして、ダシとパクチー山盛りで頂き、ビールもとっても進みました!

フーコックでのおすすめのショッピングスポット

フーコックナイトマーケットは必須!


リゾート地に来たら、夜のお出かけも楽しみたいものですよね。フーコックにはまだそこまで沢山のナイトスポットは無いようですが、外せないのがフーコックナイトマーケット。シーフードの屋台や、雑貨のお土産、真珠のアクセサリーのお店なども並びます。賑やかなエリアと聞いていたものの、プーケットやバリなどに比べるとまだまだ人は少なく、とても歩きやすかったです。

フーコックにて宿泊したホテル

Dusit Princess Moonrise Phu Quoc

タイの大手Dusitグループだということもあり、ブランドに安心感がありました。タクシーを使えば、空港からも10分、ナイトマーケットにも10分というアクセスの良さは選んで正解でした。ホテルの清潔感も満足できるレベルです。なんと言っても最大の魅力はプール越しに見える海と夕陽。その割にお値段もそこまで高額というわけでは無いので、また来たいと思えるホテルです。

フーコック旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

個人手配のメリット
1.自分の都合に合わせたフライトを選ぶことが出来る
2.現地の物価が安い為、コストを抑えられる
3.ホテルを直前でも変更出来る。

個人手配のデメリット
1.ホテルが送迎サービスを用意していない場合、自分で手配する必要がある。
2.英語が苦手な方には不利。

フーコック旅行に必要な持ち物

ほとんどの時間をホテル内で過ごしていたとはいえ、ナイトマーケットへのタクシーや外食ではベトナムドンの現金が必要です。服装は軽装のリゾートスタイルで支障はないですが、渓流へのお散歩には、スニーカーがあれば尚良かったなと思います。夕陽を眺める際は、かなり西日が眩しいのでサングラスも必須です。

フーコック旅行での注意点

フーコック旅行での注意点
  1. ベトナムドンへの両替は計画的に!
  2. 日差しがとても強いので、サングラスや日焼け対策を!
  3. 旅行日数もじっくり考えて計画を!

ホテル周辺は閑散としていて、気軽に立ち寄ることのできる両替所をほとんど見かけませんました。フーコックの空港到着時や乗り継ぎのホーチミンでる程度両替をしておくことをお勧めします。プールサイドで過ごす時間が多かったとはいえ、日差しがかなり強いので日焼け対策には気を使った方が良いでしょう。また、日本から直行便がなく乗り継ぎが避けられないので、移動にかかる時間を加味して旅行日数を計画した方が良いと思います。

まとめ

私にとってのフーコック旅行は、ローカル気分も味わえる大人のリゾート旅でした。派手なバーやクラブなどは無いので、その分ゆっくりと現地の食事を楽しんだり、自然に触れてリフレッシュをして、伸び伸びとした時間を過ごしました。何より、ホテルにも街にも人がそこまで多くないので、騒がしく感じることなく南国を楽しめるのは開発中ならではの体験だったと思います。ホテルから見た夕陽は、他のどこで見るよりも美しく鮮明で、素敵な思い出が出来ました。

 

harucolor

harucolor

投稿者の過去記事

旅好きから海外在住へ。丈夫なお腹と図太い精神で、観光地からローカル巡りまで楽しんでいます。定番の旅もいいけど、ちょっとニッチな旅もしてみたい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. サンクトペテルブルク旅行体験記世界三大美術館の1つ、エルミタージュ美術館に行ってみたくて足を伸ば…
  2. イスタンブール旅行体験記不思議な縁があり、4回も訪れたことのあるイスタンブール。1回目は友達と、…
  3. 女子一人旅 in フランス パリでついに念願の美術館巡り| トラベルダイアリー
    パリ旅行体験記 お世話になりっぱなしだった友人とお別れをして次に向かった先は、パリで…
  4. 台湾野球場巡り体験記日本の野球シーズンは通常3月末に開幕し、10月には終わります。実は台湾ではこ…
  5. 独自の文化や伝統が残る☆アイルランドの首都ダブリンを観光| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記豊かな自然と独自の歴史文化あふれるアイルランド。首都ダブリンをメインに観光した…
  6. ゲント旅行体験記ベルギーはEUの中心でありながら小さな国。アクセスが良くて他の国との周遊の際にも…
  7. マラケシュ旅行体験記雑誌などでモロッコ風インテリアが特集されて、可愛らしいスリッパやクッションな…
  8. シンガポール旅行体験記テレビで見て以来絶対に泊まりたかったマリーナベイサンズ。マリーナベイサンズ…
  9. 幻想的なランタンにうっとり!世界遺産ホイアンを楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ホイアン旅行体験記南北に長いベトナムのほぼ中央に位置する港町ホイアン。ここはランタンで有名で、柔…
  10. グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…

国内旅行おすすめ

  1. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…
  2. 兵庫「城崎温泉」の源泉で作る、最高の温泉たまごを。| トラベルダイアリー
    城崎旅行体験記本格的に寒くなる前に、城崎の温泉街で外湯巡りを楽しみたかったため、冬になるまえに旅…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ上越国際の旅| トラベルダイアリー
    上越国際スキー旅行体験記前回ゲレンデデビューしてすっかり雪遊びに夢中になった娘は、またすぐにスキ…
  4. 石垣島旅行体験記日本の果てに行ってみたい…それが石垣島に行こうと思ったきっかけです。石垣島は沖縄…
  5. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  6. 静岡・山梨旅行体験記静岡県と山梨県と言えば、世界文化遺産である富士山と思い浮かびますね。…
  7. 京都旅行体験記関西方面に旅行される方には京都観光はマストですよね!大阪、京都とは一風変わった雰囲…
  8. KAWAGOE
    プチ旅行気分でレトロを味わう小江戸川越・女子日帰り旅 京都や石川などで古い街…
  9. 尾道旅行体験記広島の尾道は瀬戸内海に面した港町です。広島の小京都とも呼ばれ、古い町並みが残り、お寺…
  10. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP