残存する古代遺跡の数々!ナイル川クルーズでエジプトのルクソールへ

ルクソール旅行体験記

ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン(断食)の時期にエジプトに旅行しました。ナイル川の周辺に今も残る古代遺跡の数々をナイル川クルーズで満喫した旅行の第2弾!エジプトのルクソール観光をご紹介します!

ルクソール旅行について

おすすめのポイント
  1. ナイル川の西岸に位置するさまざまな巨大遺跡の数々に圧倒!
  2. 壁に刻まれた絵やヒエログリフ(エジプト象形文字)の可愛さにうっとり!
  3. ナイル川の景観を眺めながら、ナイル川クルーズ船でゆったり過ごすひととき

ルクソールはカイロから南に670kmの位置にある都市。ナイル川クルーズ船に3泊4日宿泊しながら、南のアスワンからルクソールまでゆったりナイル川に沿って建てられた古代遺跡を観光しました。残存する古代遺跡の大きさに圧倒されるとともにナイル川の景観を眺めながらゆったりと過ごすクルーズ船での時間は極上です。そんなエジプト旅行のルクソールでの観光をご紹介します。

ルクソール旅行のおすすめのスポット

日が昇る方向のナイル川東岸には生を象徴するルクソール神殿

ルクソール神殿は、アモン神の妻「ムート神」をまつった神殿です。入り口には、巨大なラムセス2世像と左側には、高さ25mの「オベリスク」が立っています。右側にあった対となる「オベリスク」は、現在はパリのコンコルド広場に立っているそうです。ヒエログリフや神々のレリーフが刻まれた74本の石柱が圧倒的なスケールです。以下にご紹介するカルナック神殿の大神殿と約3kmの参道で繋がっており、ローマ時代にはローマ政府の基地となっていたそうです。この神殿は、何世紀にもわたって埋もれていた遺跡で、周辺は未だ発掘調査中で全貌は明らかになっていないようです。

ルクソール神殿と参道でつながっている世界最大級のカルナック神殿

約4000年前にアモン神をまつって建てられたという神殿で東西540m、南北600mと世界最大級の神殿といわれています。入り口まではスフィンクスの参道が続き、エジプト最大の第1塔門には、ヒエログリフや神々のレリーフが刻まれた23mからなる134本の柱が並んでいます。広さといい、柱の数といい、ルクソール神殿より壮大で圧倒されます。

日が沈む方向のナイル川西岸は死を象徴する王家の谷

日が昇る方角であるナイル川の東岸には、ルクソール神殿やカルナック神殿など生を象徴する建物が、日が沈む方向のナイル川西岸には死を象徴する、王家の谷や王妃の谷などがあります。王家の谷にはツタンカーメン王の墓があり、今も眠っています。ツタンカーメンはわずか9歳で王となり、19歳という若い命で亡くなったそうです。黄金マスクをつけた少年王のミイラと数多くの副葬品がほぼ完全な状態で残っており、カイロの国立考古学博物館に展示されています。

ルクソールでのおすすめグルメ

ナイル川クルーズ船でエジプト料理を堪能!

ナイル川クルーズ船に3泊4日宿泊しながら、ナイル川沿いに建てられた古代遺跡の数々を巡る旅では、クルーズ船内で1日3食いただきます。ビュッフェスタイルで、エジプト料理はもちろん長旅で胃腸が疲れやすい私達には嬉しい日本食なども提供されていました。種類が豊富でラマダン(断食)中の旅でしたが、船内ではビールやワインなどのエジプト産のアルコール類の提供もあり、船内に宿泊している外国人も観光客なので気兼ねなく、お食事と一緒に楽しむことが出来ました。

ルクソールでのおすすめのショッピングスポット

ヒエログリフを使ったTシャツやエジプト十字モチーフのアクセサリー

エジプトの旅で私が気に入ったのは、古代エジプトで使われた3種のエジプト文字の1つ、ヒエログリフです。読めませんが、とにかく可愛くてデザインも素敵です。また、エジプト十字とも呼ばれるヒエログリフの記号アンク(Ankh)。古代エジプトで使用され、「生命」や「生きること」を象徴する意味があるそうです。そんなヒエログリフの文字や記号を利用した名前入りのTシャツやアクセサリーが販売されていました。

ルクソールにて宿泊したホテル

ゆったりとナイル川クルーズ船内に3泊4日宿泊

ナイル川クルーズ船に3泊4日宿泊しながら、ナイル川沿いに建てられた古代遺跡の数々を巡る旅では、重たいスーツケースやバックパックを毎日持ち歩く必要もなく、遺跡巡り以外はゆったりとクルーズ船内で過ごすことができます。クルーズ船内の各部屋には、ベットやトイレ、シャワールームも完備されており、部屋内でスーツケースを開けるスペースもあり、特別狭いというわけでもありません。大きめの窓からは、ナイル川の景色を常に観賞でき、サンデッキで景色を眺めながら、スイーツやアルコールなどを堪能することもできます。

ルクソール旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社 アブシンベルに泊まる!ナイル川クルーズ

イスラム圏でラマダン(断食)の時期ということもあり、ナイル川クルーズ船に3泊4日宿泊しながら、ナイル川周辺の古代遺跡を満喫する団体ツアーに参加しました。現地の日本語ガイドがツアーに付き添っての観光で、もちろんガイドさんもラマダン中。一切飲み食いせずに付き添うガイドさんに関心しました。ナイル川クルーズ船に宿泊での観光は、ナイル川クルーズ船内は各国から来られた観光客、遺跡を巡る人々も観光客のため、現地人との交流は少なく、ラマダン(断食)中ということを全く感じさせない旅でした。

ルクソール旅行に必要な持ち物

日差しが強いので日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・帽子・サングラス等)は必須です!日中はそれほどでもありませんが、朝晩の少し涼しい時間に蚊が出没することもあるので虫よけスプレーもあると良いでしょう。暑いので、半袖やノースリーを来たいところですが、イスラム圏のため、肌の露出がない薄手の素材の服装がベストです。ナイル川クルーズでの遺跡巡りですが、広大なエリアに遺跡があるので、歩きやすい靴やスニーカーが良いでしょう。また、暑いので脱水にならないように常にミネラルウォーターを持参し、こまめに水分補給することも忘れずに!

ルクソール旅行での注意点

ルクソール旅行での注意点
  1. 日差しが強いので日焼け対策を忘れずに!
  2. 脱水予防にこまめに水分補給を忘れずに!
  3. 広大なエリアに遺跡があるので歩きやすい服装や靴で快適な旅行を!

日差しが強いの日焼け対策は必須です。また、暑いので常にミネラルウォーターを持参し、脱水にならないようにこまめに水分補給をすることを忘れずに!クルーズ船内はエアコンが効いているので薄手の長袖で丁度良いです。また、クルーズ船で遺跡を巡りますが、広大なエリアに遺跡があるので、履きなれた靴やスニーカーなど疲れにくい靴が良いでしょう。

まとめ

ナイル川クルーズ船でのルクソール観光を少しご紹介しましたが、魅力が伝わったでしょうか?ラマダン(断食)中でしたが、ナイル川クルーズ船での観光は、現地の人々との交流は少なく、各国の外国人との交流が多くラマダンを感じさせないルクソール観光となりました。古代遺跡を巡りながら、ナイル川クルーズ船から見える絶景とゆったりと過ごせる極上のひとときをぜひ過ごしてみてくださいね ♪

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子一人旅 in ギリシャ 白と青の街にキュン!サントリーニ島| トラベルダイアリー
    サントリーニ旅行体験記アテネに行くこと以外ノープランだったギリシャでしたが、ゲストハウスで同室に…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れグアムの旅③ ~アクティビティ編~| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。日本語サービスも充実していて治安…
  3. スファックスからガベス経由で砂漠の街ドゥーズへ| トラベルダイアリー
    ガベス旅行体験記今回はスファックスからドゥーズへの中間地点としてガベス立ち寄りました。ここでは昼…
  4. brighton_pabirion2
    イギリス【ブライトン】旅行体験記ブライトンはイギリスの南東に位置する、ロンドンから日帰りで訪れる…
  5. モロッコの国鉄ONCFに乗車しカサブランカへ| トラベルダイアリー
    カサブランカ旅行体験記今回はフェズから国鉄ONCFの列車に乗りカサブランカまで移動しました。モロ…
  6. 台湾野球場巡り体験記日本の野球シーズンは通常3月末に開幕し、10月には終わります。実は台湾ではこ…
  7. ゴールドコーストで念願のコアラ抱っこ| トラベルダイアリー
    ゴールドコースト旅行体験記友達の5人家族(中学生と小学生)といつか一緒に旅行したいねと言っており…
  8. ウユニ塩湖旅行体験記SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目…
  9. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  10. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…

国内旅行おすすめ

  1. 舞鶴赤れんが
    舞鶴旅行体験記舞鶴は、親戚がそばに住んでいたので時折訪れていた場所。ここ数年、舞鶴で大きなサ…
  2. 夏の涼しい時期に美味しいご飯と美しい景色の街、函館で満足旅♪| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記函館も2週間ほど滞在しました。北海道はやはり大きいなあ。空気が綺麗だなあ。魚介類美…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  4. アドベンチャーワールド旅行体験記2018年GWにまとまったお休みがあったため、以前から行ってみた…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  6. 大自然に飛び込もう!奄美大島マングローブカヌーツアー| トラベルダイアリー
    マングローブカヌーツアー体験記人生初のマングローブカヌーツアー。初心者の私でもカヌーを漕いでマン…
  7. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…
  8. 浜松・新城日帰り旅行体験記浜松・新城へ日帰りで行ける涼しい観光スポットの新規開拓に行ってきました…
  9. 佐賀バルーンフェスタ旅行体験記幼いころ母がよく連れて行ってくれた佐賀バルーンフェスタ。もう一度行…
  10. 下田旅行体験記海を眺めて癒されたい!忙しさで気持ちがすり減ってしまうと、ふと思います。 でもリゾ…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP