残存する古代遺跡の数々!ナイル川クルーズでエジプトのルクソールへ

ルクソール旅行体験記

ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン(断食)の時期にエジプトに旅行しました。ナイル川の周辺に今も残る古代遺跡の数々をナイル川クルーズで満喫した旅行の第2弾!エジプトのルクソール観光をご紹介します!

ルクソール旅行について

おすすめのポイント
  1. ナイル川の西岸に位置するさまざまな巨大遺跡の数々に圧倒!
  2. 壁に刻まれた絵やヒエログリフ(エジプト象形文字)の可愛さにうっとり!
  3. ナイル川の景観を眺めながら、ナイル川クルーズ船でゆったり過ごすひととき

ルクソールはカイロから南に670kmの位置にある都市。ナイル川クルーズ船に3泊4日宿泊しながら、南のアスワンからルクソールまでゆったりナイル川に沿って建てられた古代遺跡を観光しました。残存する古代遺跡の大きさに圧倒されるとともにナイル川の景観を眺めながらゆったりと過ごすクルーズ船での時間は極上です。そんなエジプト旅行のルクソールでの観光をご紹介します。

ルクソール旅行のおすすめのスポット

日が昇る方向のナイル川東岸には生を象徴するルクソール神殿

ルクソール神殿は、アモン神の妻「ムート神」をまつった神殿です。入り口には、巨大なラムセス2世像と左側には、高さ25mの「オベリスク」が立っています。右側にあった対となる「オベリスク」は、現在はパリのコンコルド広場に立っているそうです。ヒエログリフや神々のレリーフが刻まれた74本の石柱が圧倒的なスケールです。以下にご紹介するカルナック神殿の大神殿と約3kmの参道で繋がっており、ローマ時代にはローマ政府の基地となっていたそうです。この神殿は、何世紀にもわたって埋もれていた遺跡で、周辺は未だ発掘調査中で全貌は明らかになっていないようです。

ルクソール神殿と参道でつながっている世界最大級のカルナック神殿

約4000年前にアモン神をまつって建てられたという神殿で東西540m、南北600mと世界最大級の神殿といわれています。入り口まではスフィンクスの参道が続き、エジプト最大の第1塔門には、ヒエログリフや神々のレリーフが刻まれた23mからなる134本の柱が並んでいます。広さといい、柱の数といい、ルクソール神殿より壮大で圧倒されます。

日が沈む方向のナイル川西岸は死を象徴する王家の谷

日が昇る方角であるナイル川の東岸には、ルクソール神殿やカルナック神殿など生を象徴する建物が、日が沈む方向のナイル川西岸には死を象徴する、王家の谷や王妃の谷などがあります。王家の谷にはツタンカーメン王の墓があり、今も眠っています。ツタンカーメンはわずか9歳で王となり、19歳という若い命で亡くなったそうです。黄金マスクをつけた少年王のミイラと数多くの副葬品がほぼ完全な状態で残っており、カイロの国立考古学博物館に展示されています。

ルクソールでのおすすめグルメ

ナイル川クルーズ船でエジプト料理を堪能!

ナイル川クルーズ船に3泊4日宿泊しながら、ナイル川沿いに建てられた古代遺跡の数々を巡る旅では、クルーズ船内で1日3食いただきます。ビュッフェスタイルで、エジプト料理はもちろん長旅で胃腸が疲れやすい私達には嬉しい日本食なども提供されていました。種類が豊富でラマダン(断食)中の旅でしたが、船内ではビールやワインなどのエジプト産のアルコール類の提供もあり、船内に宿泊している外国人も観光客なので気兼ねなく、お食事と一緒に楽しむことが出来ました。

ルクソールでのおすすめのショッピングスポット

ヒエログリフを使ったTシャツやエジプト十字モチーフのアクセサリー

エジプトの旅で私が気に入ったのは、古代エジプトで使われた3種のエジプト文字の1つ、ヒエログリフです。読めませんが、とにかく可愛くてデザインも素敵です。また、エジプト十字とも呼ばれるヒエログリフの記号アンク(Ankh)。古代エジプトで使用され、「生命」や「生きること」を象徴する意味があるそうです。そんなヒエログリフの文字や記号を利用した名前入りのTシャツやアクセサリーが販売されていました。

ルクソールにて宿泊したホテル

ゆったりとナイル川クルーズ船内に3泊4日宿泊

ナイル川クルーズ船に3泊4日宿泊しながら、ナイル川沿いに建てられた古代遺跡の数々を巡る旅では、重たいスーツケースやバックパックを毎日持ち歩く必要もなく、遺跡巡り以外はゆったりとクルーズ船内で過ごすことができます。クルーズ船内の各部屋には、ベットやトイレ、シャワールームも完備されており、部屋内でスーツケースを開けるスペースもあり、特別狭いというわけでもありません。大きめの窓からは、ナイル川の景色を常に観賞でき、サンデッキで景色を眺めながら、スイーツやアルコールなどを堪能することもできます。

ルクソール旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社 アブシンベルに泊まる!ナイル川クルーズ

イスラム圏でラマダン(断食)の時期ということもあり、ナイル川クルーズ船に3泊4日宿泊しながら、ナイル川周辺の古代遺跡を満喫する団体ツアーに参加しました。現地の日本語ガイドがツアーに付き添っての観光で、もちろんガイドさんもラマダン中。一切飲み食いせずに付き添うガイドさんに関心しました。ナイル川クルーズ船に宿泊での観光は、ナイル川クルーズ船内は各国から来られた観光客、遺跡を巡る人々も観光客のため、現地人との交流は少なく、ラマダン(断食)中ということを全く感じさせない旅でした。

ルクソール旅行に必要な持ち物

日差しが強いので日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・帽子・サングラス等)は必須です!日中はそれほどでもありませんが、朝晩の少し涼しい時間に蚊が出没することもあるので虫よけスプレーもあると良いでしょう。暑いので、半袖やノースリーを来たいところですが、イスラム圏のため、肌の露出がない薄手の素材の服装がベストです。ナイル川クルーズでの遺跡巡りですが、広大なエリアに遺跡があるので、歩きやすい靴やスニーカーが良いでしょう。また、暑いので脱水にならないように常にミネラルウォーターを持参し、こまめに水分補給することも忘れずに!

ルクソール旅行での注意点

ルクソール旅行での注意点
  1. 日差しが強いので日焼け対策を忘れずに!
  2. 脱水予防にこまめに水分補給を忘れずに!
  3. 広大なエリアに遺跡があるので歩きやすい服装や靴で快適な旅行を!

日差しが強いの日焼け対策は必須です。また、暑いので常にミネラルウォーターを持参し、脱水にならないようにこまめに水分補給をすることを忘れずに!クルーズ船内はエアコンが効いているので薄手の長袖で丁度良いです。また、クルーズ船で遺跡を巡りますが、広大なエリアに遺跡があるので、履きなれた靴やスニーカーなど疲れにくい靴が良いでしょう。

まとめ

ナイル川クルーズ船でのルクソール観光を少しご紹介しましたが、魅力が伝わったでしょうか?ラマダン(断食)中でしたが、ナイル川クルーズ船での観光は、現地の人々との交流は少なく、各国の外国人との交流が多くラマダンを感じさせないルクソール観光となりました。古代遺跡を巡りながら、ナイル川クルーズ船から見える絶景とゆったりと過ごせる極上のひとときをぜひ過ごしてみてくださいね ♪

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 9月 06日 6:16am

    Good

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 南アフリカケープタウンで過ごした充実した日々、観光&買い物♪| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記ジンバブエ、ザンビア、ボツワナも回る南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れ…
  2. バンフ旅行体験記世界21ヵ国44都市を旅をした中で、私が年間4回も訪れた事のある場所カナディアン…
  3. モロッコ人も迷う迷路のような街・世界遺産フェズを散策| トラベルダイアリー
    フェズ旅行体験記モロッコ雑貨に興味がありフェズを訪れました。フェズでは主要な観光スポット、レスト…
  4. チボリ公園体験記デンマークの首都コペンハーゲンにある世界最古の遊園地「チボリ公園(Tivoli)…
  5. 今や観光大国に!?猛スピードで進化し続けるモスクワが熱い!| トラベルダイアリー
    モスクワ旅行体験記モスクワといえば、カラフルなネギ坊主の聖ワシーリー寺院。名前は知らなくてもテレ…
  6. 一生に一度は行ってみたい!ケープタウンで都会と自然を楽しむ旅!| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記アフリカ大陸最南端の国、南アフリカ共和国。日本からの直行便はなく、到着にお…
  7. ベルリン旅行体験記ドイツ旅行は何度も経験があったものの、なかなか行く機会のなかった首都ベルリン。…
  8. ワッフルの焼ける甘~い匂い!ブリュッセル散策| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記フランスへ旅行したときにパリから赤い列車のタリスに乗ってブリュッセルまで移…
  9. 真夏に広がる銀世界!スイス、グレイシャー・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    グレイシャ―・パラダイス旅行体験記ヨーロッパで最も標高の高い展望台、スイスのグレイシャー・パラダ…
  10. タイ・バンコクで遺跡寺院巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記東南アジアへの渡航歴があまりなかったので行って見ました。ベトナムやカンボジアと…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ伊豆の旅| トラベルダイアリー
    伊豆旅行体験記海鮮が大好きな私は伊豆へ行くことも多いですが、今回は「星野リゾート界 伊東」に泊ま…
  2. 石川・加賀の山中温泉~情緒溢れる温泉街を自転車で~| トラベルダイアリー
    加賀旅行体験記加賀には、自然あふれる散歩コースがたくさんあると聞き、非日常な雰囲気を味わえると思…
  3. はじめての香川・小豆島!王道コースで島のいろはを知る旅| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記関西に在住することになったのをキッカケにせっかくなので関西から行きやすいスポット…
  4. 栃木・日光で日帰り雨の中でも楽しむ女子旅お互いにパートナーが仕事から夜に帰ってくるため、女二人で…
  5. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  6. 時間がなくても楽しめます!一日で巡る高知・兵庫・和歌山の旅! | トラベルダイアリー
    鍾乳洞・渦潮・海鮮満喫旅行体験記2018年GW以前から行きたかった四国&関西地方への旅行に出かけ…
  7. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  8. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  9. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  10. 仙台旅行体験記 旅行の行き先がなかなか決まらず、航空券をチェックしていると、ふと仙台…

最新記事

  1. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  2. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  3. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  4. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  5. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  6. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  7. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  8. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  9. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  10. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…

Archive



PAGE TOP