魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー

魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」

目次

マラケシュ旅行体験記

誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友人を訪ねに行った際に思い切ってパリから2泊3日で訪れたモロッコ小旅行の一部をご紹介します。日本からは遠いモロッコもヨーロッパからだと便も豊富で気軽に行けちゃいますよ♪

マラケシュ旅行について

おすすめのポイント
  1. マラケシュで最も魅力的な場所?!世界最大規模スーク(市場)で異空間体験
  2. ピンク色の壁とアーチ型の模様が美しいイスラム建築
  3. 地元人も賑わうジャマエル・フナ広場周辺でモロッコ料理を堪能!

モロッコはアフリカ大陸の北西に位置する国。そんなモロッコの第4都市である”マラケシュ”。北アフリカに住む先住民ベルベル人の言葉で” 神の国 ”という意味を持つそうです。街の中のさまざまな表記はアラビア語ですが、フランスの植民地だったため、フランス語も通じます。そんなマラケシュの世界最大規模といわれるスーク(市場)や鮮やかなイスラム建築を一目見れば、あなたも虜になること間違いないでしょう!

マラケシュ旅行のおすすめのスポット

クトゥピーヤ・モスクとミナレット

マラケシュ旧市街の中心にひときわ目立っている高さ69mあるミナレット(塔)。1147年に建てられたといわれるこのモスクは、今でも地元の人々の礼拝所として使われています。モスクの壁四面は、すべて違う模様で装飾されていて見ごたえがあります。夜はライトアップされ、動画のようにアザーン(礼拝が始まる合図)が聞こえるとますます異国感たっぷりですね。

北アフリカ最大のイスラム交易都市として栄えたマラケシュの旧市街

1985年には世界遺産にも登録されているマラケシュの旧市街(メディナ)。東西2km、南北3kmの城壁で囲まれています。細い路地が入り組んでいて、まるで迷路のよう!モロッコらしいピンク色の壁で統一されているので、歩いていても異世界に迷い込んだような間隔に・・・国内外から観光客が訪れるこの場所には1000年以上もの歴史がある建物も!

19世紀に建てられたイスラム建築の傑作ともいわれる” バイア宮殿 ”

外壁はモロッコらしいピンク色、入り口はアーチ型の模様がかわいいバイア宮殿。この宮殿には、王と4人の王妃、20人以上の側室が住んでいたそうです。中に入ると、天井や壁に施された細かい彫刻や鮮やかなステンドグラスが豪華!中央に王様の部屋、中庭を取り囲むように女性たちの部屋が配置されていたそうです。その装飾の美しさは、イスラム建築の傑作といわれるのも納得してしまいます。

マラケシュでのおすすめグルメ

ジャマエル・フナ広場の周辺でモロッコ料理のタジンやシシカバブ!

マラケシュ旧市街の中心に位置する広場。この広場、かつては処刑場として使われていたそうです。広場の名前は、アラビア語で” 死人の集う場所 ”という意味だそうです。そんな広場、夕方から人の出入りが多くなり、屋台や大道芸人も増え、深夜まで賑わっています。” ジャマエル・フナ広場の文化空間 ”として、無形文化遺産にも登録されているそうです。そんな広場の周辺はカフェやレストランでいっぱい!2階のオープンテラスがあるレストランでモロッコ料理タジンやシシカバブを堪能してみては?!

マラケシュでのおすすめのショッピングスポット

世界最大規模ともいわれるスーク(市場)

マラケシュで最も魅力的な場所といっても良いこのスーク(市場)。一歩足を踏み入れると迷路のよう!ジャンルを問わず、貴金属類、絨毯や日本でもお馴染みのモロッコスリッパ(バブーシュ)などの雑貨や日用品までさまざまなものが売られています。気になるお店を見ているうちにどこを歩いていたかわからなくなってしまうので要注意です。道が狭く、夜は迷子になること間違いないので日中に歩きましょう!

マラケシュにて宿泊したホテル

旧市街(メディナ)内にある ” リヤド アルワチュマ ”

ジャマエル・フナ広場から徒歩10分ほどのマラケシュ旧市街(メディナ)内にあるリヤド(ホテル)。モロッコらしい2階建ての伝統的なスタイルのこのホテル。客室の内装には、Tadelakt塗料とZelligeモザイクが使用されていて家具やインテリアもとてもおしゃれです♪ ウェルカムドリンクでモロッコではお馴染みの甘いミントティーのサービスも ♪ シャワールームが扉なしでユニークな作り。屋上テラスでの朝食は、アトラス山脈とクトゥーピヤ・モスクを眺めながら、ゆったりと心地良かったです ♪

マラケシュ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

マラケシュでは、アラビア語がわからなくても比較的フランス語や英語が通じるのでガイドブック片手に時間にとらわれず、気楽に旅をするには良いでしょう。マラケシュでは、ユーロが使えるレストランなども多いので、モロッコ紙幣への両替は少額からでも良いでしょう。スーク(市場)などでの買い物では、見た目から外国人と目立ちやすいので値段を高くふっかけてくることが多いです。事前に調査しておくことをおすすめします。

マラケシュ旅行に必要な持ち物

モロッコは日差しが強いので、日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・帽子・サングラス等)は必須です。ウエットティッシュ、虫よけスプレー、エコバック、歩きやすい靴(スニーカーなどがベスト)、胃腸薬、夏でもパーカーなど(朝晩の寒暖差が激しいため夜は肌寒いことも)。また、イスラム教の国なので、できるだけ肌の露出を避けた服装がベストです。

マラケシュ旅行での注意点

マラケシュ旅行での注意点
  1. 旧市街(メディナ)やスーク(市場)では道も狭く人込みなのでスリに注意!
  2. イスラム教の国なので、肌の露出は控えめの服装を心掛けて!
  3. 生野菜や果物は控えめに!ミネラルウォーターを常時して!

マラケシュの旧市街(メディナ)やスーク(市場)は道幅も狭く、人が多いのでスリに要注意!肌の露出を控えてあまり目立たない服装を心掛けてると良いでしょう。また、生野菜や果物はお腹の調子を崩しやすいので、控えめにするのがベストです。暑いので、常にミネラルウォーターを持参して、こまめに水分補給を忘れずに!

まとめ

主にマラケシュの旧市街や中心地をご紹介してきましたが、マラケシュにはまだまだ見どころがたくさんあります。イスラム圏の国らしい独特な雰囲気や建造物の装飾などは、見ごたえもあり、虜になる人も多いですよね。女性の心をくすぐる日本でもお馴染みのモロッコ雑貨もた~くさん ♪ 日本からは遠いモロッコですが、ぜひ時間を作って一度は訪れて見て欲しい場所の1つです。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 9月 01日 1:33pm

    Good

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 1日で散策できる!デンマークの魅力が ギュっと詰まった街 コペンハーゲン| トラベルダイアリー
    コペンハーゲン旅行体験記 今回は旅行代理店の北欧4か国周遊ツアーを利用しましたが、行…
  2. ジェノヴァ旅行体験記青い海、降り注ぐ太陽。横浜や神戸にも似た雰囲気を持つ港町ジェノヴァは、なんと…
  3. ヘルシンキ旅行体験記ヨーロッパへの旅行と聞くと移動に時間もかかり、時差もあり大変と思う方も多いで…
  4. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…
  5. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  6. カナダで世界三大瀑布ナイアガラの滝を飽きるまで堪能!| トラベルダイアリー
    オンタリオ旅行体験記自然が大好きなので日本では見ることの出来ない壮大な景色に憧れがあり、カナダ旅…
  7. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  8. バンクーバー最大の公園【スタンレーンパーク】| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記バンクーバーは他民族都市とも言われるほど移民の多い街と言われています。20…
  9. グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…
  10. 友人に会いにサンフランシスコへ・・・観光客より観光しました①| トラベルダイアリー
    サンフランシスコ旅行体験記友人に会いにサンフランシスコへ行きました。会うつもりで2週間ほど滞在さ…

国内旅行おすすめ

  1. 札幌旅行体験記数年に1回程度、学会発表に参加しなくてはならないため、どうせ行くなら空いている時間…
  2. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…
  3. はじめての一人旅・与論島で癒しの時間を過ごしてきた毎年10月の誕生日が近くなると、その年齢の目標…
  4. お寺も自然も近代遺産も!京都の哲学の道~南禅寺・蹴上を観光| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記紅葉前の京都を旅行してきました!一言に京都といっても広く見どころが多いので、この記…
  5. 大自然に飛び込もう!奄美大島マングローブカヌーツアー| トラベルダイアリー
    マングローブカヌーツアー体験記人生初のマングローブカヌーツアー。初心者の私でもカヌーを漕いでマン…
  6. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 3000本のモミジにうっとり♪秋の京都は【永観堂】に行くべし!| トラベルダイアリー
    永観堂旅行体験記永観堂(禅林寺)はみかえり阿弥陀様で有名なお寺ですが、それだけではなく秋の紅葉の…
  9. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  10. 期間限定の絶景を楽しむたび!~in 茨城・桜川「雨引観音」~| トラベルダイアリー
    桜川旅行体験記先日のテレビ番組で、あじさいの絶景SPに「雨引観音」が紹介されているのを観ました。…

最新記事

  1. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  2. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  3. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  4. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  5. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  6. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  7. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  8. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  9. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  10. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…

Archive



PAGE TOP