魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー

魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」

マラケシュ旅行体験記

誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友人を訪ねに行った際に思い切ってパリから2泊3日で訪れたモロッコ小旅行の一部をご紹介します。日本からは遠いモロッコもヨーロッパからだと便も豊富で気軽に行けちゃいますよ♪

マラケシュ旅行について

おすすめのポイント
  1. マラケシュで最も魅力的な場所?!世界最大規模スーク(市場)で異空間体験
  2. ピンク色の壁とアーチ型の模様が美しいイスラム建築
  3. 地元人も賑わうジャマエル・フナ広場周辺でモロッコ料理を堪能!

モロッコはアフリカ大陸の北西に位置する国。そんなモロッコの第4都市である”マラケシュ”。北アフリカに住む先住民ベルベル人の言葉で” 神の国 ”という意味を持つそうです。街の中のさまざまな表記はアラビア語ですが、フランスの植民地だったため、フランス語も通じます。そんなマラケシュの世界最大規模といわれるスーク(市場)や鮮やかなイスラム建築を一目見れば、あなたも虜になること間違いないでしょう!

マラケシュ旅行のおすすめのスポット

クトゥピーヤ・モスクとミナレット

マラケシュ旧市街の中心にひときわ目立っている高さ69mあるミナレット(塔)。1147年に建てられたといわれるこのモスクは、今でも地元の人々の礼拝所として使われています。モスクの壁四面は、すべて違う模様で装飾されていて見ごたえがあります。夜はライトアップされ、動画のようにアザーン(礼拝が始まる合図)が聞こえるとますます異国感たっぷりですね。

北アフリカ最大のイスラム交易都市として栄えたマラケシュの旧市街

1985年には世界遺産にも登録されているマラケシュの旧市街(メディナ)。東西2km、南北3kmの城壁で囲まれています。細い路地が入り組んでいて、まるで迷路のよう!モロッコらしいピンク色の壁で統一されているので、歩いていても異世界に迷い込んだような間隔に・・・国内外から観光客が訪れるこの場所には1000年以上もの歴史がある建物も!

19世紀に建てられたイスラム建築の傑作ともいわれる” バイア宮殿 ”

外壁はモロッコらしいピンク色、入り口はアーチ型の模様がかわいいバイア宮殿。この宮殿には、王と4人の王妃、20人以上の側室が住んでいたそうです。中に入ると、天井や壁に施された細かい彫刻や鮮やかなステンドグラスが豪華!中央に王様の部屋、中庭を取り囲むように女性たちの部屋が配置されていたそうです。その装飾の美しさは、イスラム建築の傑作といわれるのも納得してしまいます。

マラケシュでのおすすめグルメ

ジャマエル・フナ広場の周辺でモロッコ料理のタジンやシシカバブ!

マラケシュ旧市街の中心に位置する広場。この広場、かつては処刑場として使われていたそうです。広場の名前は、アラビア語で” 死人の集う場所 ”という意味だそうです。そんな広場、夕方から人の出入りが多くなり、屋台や大道芸人も増え、深夜まで賑わっています。” ジャマエル・フナ広場の文化空間 ”として、無形文化遺産にも登録されているそうです。そんな広場の周辺はカフェやレストランでいっぱい!2階のオープンテラスがあるレストランでモロッコ料理タジンやシシカバブを堪能してみては?!

マラケシュでのおすすめのショッピングスポット

世界最大規模ともいわれるスーク(市場)

マラケシュで最も魅力的な場所といっても良いこのスーク(市場)。一歩足を踏み入れると迷路のよう!ジャンルを問わず、貴金属類、絨毯や日本でもお馴染みのモロッコスリッパ(バブーシュ)などの雑貨や日用品までさまざまなものが売られています。気になるお店を見ているうちにどこを歩いていたかわからなくなってしまうので要注意です。道が狭く、夜は迷子になること間違いないので日中に歩きましょう!

マラケシュにて宿泊したホテル

旧市街(メディナ)内にある ” リヤド アルワチュマ ”

ジャマエル・フナ広場から徒歩10分ほどのマラケシュ旧市街(メディナ)内にあるリヤド(ホテル)。モロッコらしい2階建ての伝統的なスタイルのこのホテル。客室の内装には、Tadelakt塗料とZelligeモザイクが使用されていて家具やインテリアもとてもおしゃれです♪ ウェルカムドリンクでモロッコではお馴染みの甘いミントティーのサービスも ♪ シャワールームが扉なしでユニークな作り。屋上テラスでの朝食は、アトラス山脈とクトゥーピヤ・モスクを眺めながら、ゆったりと心地良かったです ♪

マラケシュ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

マラケシュでは、アラビア語がわからなくても比較的フランス語や英語が通じるのでガイドブック片手に時間にとらわれず、気楽に旅をするには良いでしょう。マラケシュでは、ユーロが使えるレストランなども多いので、モロッコ紙幣への両替は少額からでも良いでしょう。スーク(市場)などでの買い物では、見た目から外国人と目立ちやすいので値段を高くふっかけてくることが多いです。事前に調査しておくことをおすすめします。

マラケシュ旅行に必要な持ち物

モロッコは日差しが強いので、日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・帽子・サングラス等)は必須です。ウエットティッシュ、虫よけスプレー、エコバック、歩きやすい靴(スニーカーなどがベスト)、胃腸薬、夏でもパーカーなど(朝晩の寒暖差が激しいため夜は肌寒いことも)。また、イスラム教の国なので、できるだけ肌の露出を避けた服装がベストです。

マラケシュ旅行での注意点

マラケシュ旅行での注意点
  1. 旧市街(メディナ)やスーク(市場)では道も狭く人込みなのでスリに注意!
  2. イスラム教の国なので、肌の露出は控えめの服装を心掛けて!
  3. 生野菜や果物は控えめに!ミネラルウォーターを常時して!

マラケシュの旧市街(メディナ)やスーク(市場)は道幅も狭く、人が多いのでスリに要注意!肌の露出を控えてあまり目立たない服装を心掛けてると良いでしょう。また、生野菜や果物はお腹の調子を崩しやすいので、控えめにするのがベストです。暑いので、常にミネラルウォーターを持参して、こまめに水分補給を忘れずに!

まとめ

主にマラケシュの旧市街や中心地をご紹介してきましたが、マラケシュにはまだまだ見どころがたくさんあります。イスラム圏の国らしい独特な雰囲気や建造物の装飾などは、見ごたえもあり、虜になる人も多いですよね。女性の心をくすぐる日本でもお馴染みのモロッコ雑貨もた~くさん ♪ 日本からは遠いモロッコですが、ぜひ時間を作って一度は訪れて見て欲しい場所の1つです。

 

アバター

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. セムク・チャンペイ旅行体験記基本的にノープランだった中南米旅行。ガイドブックは持たずに、実際に行…
  2. リミニ旅行体験記イタリア旅行といえば「名所史跡巡り」を挙げる方が多いハズ!しかしイタリア人曰く「…
  3. ハバナ旅行体験記メキシコのカンクンからキューバの首都ハバナまでは、飛行機で1時間ほどです。たった…
  4. フェズブー・ジュルード門 | トラベルダイアリー
    モロッコ【フェズ】旅行体験記モロッコ北部に位置する【フェズ】ですが、ここではフェズブルーが用いら…
  5. 兵庫県明石公園の楽しみ方〜幸せスポット巡りをしてきました〜| トラベルダイアリー
    明石公園巡り体験記明石公園は日本百名城である明石城がある公園。景観もよく多くの人が訪れる憩いの場…
  6. 1泊2日旅で、ソウルのグルメとショッピングを堪能!| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記韓国料理が好きで、本場の味を食べたくなり旅行することにしました。インスタグラムな…
  7. ゲント旅行体験記ベルギーはEUの中心でありながら小さな国。アクセスが良くて他の国との周遊の際にも…
  8. 初めてのバンコク旅行!定番スポット巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記アジアの中でも人気の観光スポットがたくさんあるバンコク。日本からは4時間半〜6…
  9. 日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力 | トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記年末年始休暇を使ってロシアのウラジオストクに一人旅をしてきました。マイナ…
  10. ヘルシンキ旅行体験記ヨーロッパへの旅行と聞くと移動に時間もかかり、時差もあり大変と思う方も多いで…

国内旅行おすすめ

  1. 友ヶ島旅行体験記2018年GWに友ヶ島へ旅行に行ってきました。そこはまるでジブリの世界に迷い込ん…
  2. 広島旅行体験記広島県の竹原市から船で15分のところにある大久野島はうさぎ島と呼ばれています。戦時…
  3. ~祝!世界遺産登録“三保松原”~絶景富士山&絶品苺で静岡を満喫♪ | トラベルダイアリー
    三保松原&いちご狩り旅行体験記2020年2月三保松原と久能石垣いちご狩りへ行ってきました。天女の…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ箱根の旅| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記首都圏で手軽に行ける温泉地として人気の箱根。素敵な温泉地や温泉宿は大人が嬉しい場所…
  5. 京都旅行体験記関西方面に旅行される方には京都観光はマストですよね!大阪、京都とは一風変わった雰囲…
  6. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原旅行体験記一年振りのスキー旅行。コロナの影響でスキー場の営業を縮小していたり、ホテルでのキッ…
  7. 小豆島旅行体験記小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。最近インスタグ…
  8. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  9. 尾花沢旅行体験記一度訪れてみたかった大正の情緒溢れる温泉街。1泊2日でゆっくりできる旅先を探して…
  10. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…

最新記事

  1. 脱日常!ヒマラヤ山脈の絶景広がるポカラでリフレッシュ| トラベルダイアリー
    ポカラ旅行体験記毎日仕事に疲れ果てていた時。3連休に2日有給を足して5日間の休みが取れそうで、の…
  2. ヴィース教会&お城観光に便利!ロマンティック街道の町フュッセン| トラベルダイアリー
    フュッセン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  3. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原旅行体験記一年振りのスキー旅行。コロナの影響でスキー場の営業を縮小していたり、ホテルでのキッ…
  4. タイ・バンコクで遺跡寺院巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記東南アジアへの渡航歴があまりなかったので行って見ました。ベトナムやカンボジアと…
  5. 年末年始のニューヨークにて、タイムズスクエアのカウントダウン| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記憧れのホリデーシーズンのニューヨーク。年末年始ともあり飛行機代14万、ホテ…
  6. 美味しいものがいっぱい!歴史と自然も満喫できる兵庫の穴場「赤穂」| トラベルダイアリー
    赤穂市旅行体験記兵庫県の南西部、岡山県との県境にある「赤穂」。” 忠臣蔵 ”や” 赤穂の塩 ”で…
  7. ガーデンアイランド カウアイ島のワイルドな自然に触れる| トラベルダイアリー
    ハワイ・カウアイ島 旅行体験記オアフ島とハワイ島へ行き、まだまだハワイ諸島の色々な顔を知りたい!…
  8. エッサウィラ旅行体験記モロッコといえば、一般的には砂漠やラクダのイメージですよね。今回は、パリに…
  9. 買い物だけじゃない!色んな顔を持つ街バンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記友人が留学していた事があり、バンクーバー良いよと聞いていたのでずっと行って…
  10. ちゅらさんの舞台!どこまでも素朴な島 小浜島| トラベルダイアリー
    小浜島旅行体験記とにかく島好きなので、沖縄の離島を制覇したい!綺麗な海を目の前にしてただのんびりす…

Archive



PAGE TOP