「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ| トラベルダイアリー

「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ

アントワープ旅行体験記

ベルギー北東部の街・アントワープ。名作「フランダースの犬」の舞台ということで、張り切って出発前にアニメ鑑賞して訪れました(笑) 有名な大聖堂をはじめ、訪れて初めて知ったアントワープの見どころもご紹介したいと思います。

アントワープ旅行について

おすすめのポイント
  1. ベルギー第二の都市でショッピングスポットが多い
  2. 街並みは美しく見どころも集中していて歩きやすい
  3. 首都ブリュッセルからもオランダからも訪れやすい位置

アントワープは首都ブリュッセルに次ぐベルギー第二の都市。街にはアントワープ出身の画家ルーベンスに関する観光スポット、カフェやレストランが多く見られます。ファッションの街としても知られ国内外のブランドが軒を連ね、これらは中央駅から徒歩圏内に集まっているため観光しやすかったです。ブリュッセルから鉄道で約40分、またオランダの都市ロッテルダムからも約1時間なのでベルギーからもオランダからも訪れやすい街だと思いました!

アントワープ旅行のおすすめのスポット

ノートルダム大聖堂

アントワープの中心に堂々とそびえるローマ・カトリック教会のノートルダム大聖堂。近くに建つ市庁舎とともに世界遺産にも登録されていて、高い尖塔と金色の大きな時計が印象的です。日本では『フランダースの犬』に登場した大聖堂としても有名で主人公ネロが切望したルーベンスの作品を実際に鑑賞することができます。宗教画がずらりと並ぶ教会内部は美術館の様な雰囲気もあり、心洗われる空間でした。

アントワープ中央駅

アントワープの大聖堂といえば上述したノートルダム大聖堂が有名ですが、実はもうひとつ「鉄道の大聖堂」と呼ばれるアントワープ中央駅舎も必見です。鉄道でアントワープを訪れるとこの駅に到着するので是非時間をとって構内を見学してみてください♪ 巨大な鉄とガラスで建設されたドーム状の駅舎は、本当に大聖堂の様に美しく見応えたっぷりです!

中世の小径

ノートルダム大聖堂の近くに中世の面影が残る細い路地があります。かつては靴職人が集まる住居だったそうで、現在はレストランが数軒入る閑静な一角となっています。私は街全体が中世の様なブルージュを観光した後ここを訪れたので正直大きく感動したわけではないのですが「都会のアントワープで静かな趣ある雰囲気も見てみたい」という方は訪れてみても良いかもしれません♪ 路地への入り口がこじんまりとしているので見つけるのに苦労しましたが、地元の方や周辺のお店の方に尋ねたら親切に教えてくれました。

アントワープでのおすすめグルメ

Désiré de Lilleのワッフル

軽食や\美味しいワッフルが頂けるカフェ。ノートルダム大聖堂や中世の小径からも近いです。ベルギーにはリエージュ風とブリュッセル風という2種類のワッフルがあり、日本でもよく知られる丸くて甘いワッフルはリエージュ風と呼ばれるそう。このお店ではブリュッセル風ワッフルを食べたのですが、四角い大きな生地にたっぷりの苺と生クリームがトッピングされていて本当に美味しかったです。外カリ中ふわの食感を是非味わってみてください。

アントワープでのおすすめのショッピングスポット

メイル通り(駅前~大聖堂の大通り)

アントワープ中央駅から市庁舎やノートルダム大聖堂に向かうMeir メイル通りは、デパートや多くのショップが並ぶ繁華街。アントワープはベルギーにおける「ファッションの街」と言われていて国内外のファストファッションから高級ブランドまで幅広く楽しめます。またアントワープは世界最大のダイヤモンド取引量を誇っており、中央駅の周りではジュエリー店も見かけました。もちろんアントワープ発祥のチョコレート店もあるのでお土産調達にも困りません。

アントワープにて宿泊したホテル

ブリュッセルの駅近ホテルWarwick Brussels

私はブリュッセルのホテルに宿泊し日帰りでアントワープに訪れました。Warwick Brusselsはブリュッセル中央駅からなんと徒歩約2分!便利な立地が魅力です。ブリュッセルからアントワープは鉄道で40分ほどの距離なので、日帰りトリップにはもちろん、半日ほどふらっと訪れることも可能。荷物をホテルに置いて身軽な状態でアントワープ観光を楽しめました。

アントワープ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

航空券+ブリュッセルのホテルは予約サイトExpediaにて手配。ブリュッセル~アントワープの列車ICは現地にて購入しました。個人で訪れたことで、自分の行きたい観光スポットやお店をゆっくり重点的に周れたので良かったです。「フランダースの犬の聖地めぐり」なんてマニアックな楽しみ方も、個人旅行だから出来ることかなと思います(笑)

アントワープ旅行に必要な持ち物

ベルギー旅行で重宝するのが保冷バッグ!ベルギーのお土産といえばやはりチョコレートがはずせませんが、夏場の暑い日に持ち歩くと溶けてしまいそうで心配。私は保冷機能付きのエコバッグを持って行ったことで気温を気にせずお土産を買うことができ、帰りはバッグごと機内に持ち込んで無事日本まで持ち帰ることも出来ました!

アントワープ旅行での注意点

アントワープ旅行での注意点
  1. フランス語ではなくオランダ語が話されます
  2. 鉄道は遅延・運休が多いので余裕を持った計画を
  3. 街歩きの際はスリ・ひったくり対策はしっかりと

フランス語圏ブリュッセルから日帰りするとウッカリお店などで「ボンジュール」「メルシー」と挨拶してしまいがちですが、実はアントワープはオランダ語圏。ベルギーは同じ国の中で言語が異なるので要注意です!「アントワープ」という地名も実は英語で、現地の人は「アントウェルペン」とオランダ語で呼んでいることのほうが多いです。またベルギーの鉄道は日本ほど正確に来ないこともよくあり遅延や運休も念頭に入れて計画の際はぜひとも余裕を持った時間配分を!アントワープは落ち着いた雰囲気がありましたが、それでも街歩きの際はスリやひったくり等にご注意ください。

まとめ

「フランダースの犬」ではのどかな地方都市というイメージだったアントワープ。そのため「モードの発信地」「ファッションの街」と呼ばれている事実が意外でした!とは言っても街並みが完全に現代的という訳ではなく、市庁舎や大聖堂周辺には古い街並みも残っているし、例えばロココ様式の宮殿を利用したチョコレートショップなど伝統ある建築の中に新しいお店がうまく溶け込んでいる印象を受けました。伝統と流行が調和した退屈しない街です♪

 

なっつヨーロッパ弾丸→国内長期旅

投稿者の過去記事

ヨーロッパが大好きで仕事の休みを見つけては弾丸で旅立っておりましたが、現在は国内旅にシフトチェンジ。リモートワークしながら暮らすような旅を実践中。ヨーロッパ旅の思い出と最近の国内旅をつづっています。
ブログとSNSはコチラ ↓
blog / https://1week-europe.com/
instagram / @1week_europe
twitter / twitter.com/nattu_sampo?s=09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ロンドン「ケンジントン・ガーデンズ 」に行ってきました♪ | トラベルダイアリー
    ケンジントン・ガーデンズ 旅行体験記ロンドンっ子の憩いの場ケンジントン・ガーデンズ 。緑豊かな公…
  2. ビエッラ旅行体験記織物の街として古くから栄え、多くの有名ブランドを輩出してきたイタリア・ビエモン…
  3. 初心者さんでもオッケー!フランス、ヴァル・トランスでスキー体験| トラベルダイアリー
    ヴァル・トランス旅行体験記海外でスキーをしてみたい!その想いを叶えるべく、春休みを利用して、フラ…
  4. 上海旅行体験記中国「上海」へは2019年の秋に友人と二人で訪れました。あまりみんなが行っていない…
  5. 首都チュニス散策&世界遺産ドゥッガ遺跡へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    チュニス旅行体験記地中海に面したチュニスは北アフリカでありながらもどこかヨーロッパのような雰囲気…
  6. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  7. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  8. モロッコのもう一つの青の町・エッサウィラがかわいすぎる!| トラベルダイアリー
    エッサウィラ旅行体験記エッサウィラという名前も聞いたことがなかったけど、せっかく遠いモロッコまで…
  9. 一度は行ってみたい世界の中心都市 ニューヨーク| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記 世界中の人、物が集まる都市と言えば、まず浮かぶのがニューヨー…
  10. 初の中東でカルチャーショック!ドーハは衝撃の連続!| トラベルダイアリー
    ドーハ旅行体験記初の中東はカタールの首都ドーハでした。ドーハは「世界一退屈な街」なんて言われてい…

国内旅行おすすめ

  1. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  2. 沖縄旅行体験記「沖縄に行こう」旦那がそう言いだしたのは2月。沖縄といえば、どこまでも広がる海…
  3. 自然と歴史に触れながら、美味しいものを満喫!黒豆発祥の地「丹波篠山」| トラベルダイアリー
    丹波篠山旅行体験記兵庫県の中東部に位置し、京都や大阪からのアクセスもよく、日帰りでも行くことがで…
  4. 大神神社・やまのべの道旅行体験記お天気に誘われて、奈良は大神神社のご神体「三輪山」登拝の旅へ…
  5. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  6. 旭川旅行体験記仕事の都合で札幌に行くことになり、どうせ行くなら観光も出来て、食事も美味しくて、遊…
  7. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  8. 気の向くままにのんびりと島根県の離島、隠岐諸島を旅行!| トラベルダイアリー
    隠岐諸島旅行体験記中ノ島で開催されるキンニャモニャ祭りに参加するため行きました。お祭りの陽気な雰囲…
  9. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…
  10. 温泉もBBQもプライベートな空間で楽しみたい!贅沢な温泉グランピングの旅| トラベルダイアリー
    四万旅行体験記「キャンプらしいこともしたいけど、温泉にも浸かりたい・・・」ということで、四万温泉…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP