「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ| トラベルダイアリー

「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ

アントワープ旅行体験記

ベルギー北東部の街・アントワープ。名作「フランダースの犬」の舞台ということで、張り切って出発前にアニメ鑑賞して訪れました(笑) 有名な大聖堂をはじめ、訪れて初めて知ったアントワープの見どころもご紹介したいと思います。

アントワープ旅行について

おすすめのポイント
  1. ベルギー第二の都市でショッピングスポットが多い
  2. 街並みは美しく見どころも集中していて歩きやすい
  3. 首都ブリュッセルからもオランダからも訪れやすい位置

アントワープは首都ブリュッセルに次ぐベルギー第二の都市。街にはアントワープ出身の画家ルーベンスに関する観光スポット、カフェやレストランが多く見られます。ファッションの街としても知られ国内外のブランドが軒を連ね、これらは中央駅から徒歩圏内に集まっているため観光しやすかったです。ブリュッセルから鉄道で約40分、またオランダの都市ロッテルダムからも約1時間なのでベルギーからもオランダからも訪れやすい街だと思いました!

アントワープ旅行のおすすめのスポット

ノートルダム大聖堂

アントワープの中心に堂々とそびえるローマ・カトリック教会のノートルダム大聖堂。近くに建つ市庁舎とともに世界遺産にも登録されていて、高い尖塔と金色の大きな時計が印象的です。日本では『フランダースの犬』に登場した大聖堂としても有名で主人公ネロが切望したルーベンスの作品を実際に鑑賞することができます。宗教画がずらりと並ぶ教会内部は美術館の様な雰囲気もあり、心洗われる空間でした。

アントワープ中央駅

アントワープの大聖堂といえば上述したノートルダム大聖堂が有名ですが、実はもうひとつ「鉄道の大聖堂」と呼ばれるアントワープ中央駅舎も必見です。鉄道でアントワープを訪れるとこの駅に到着するので是非時間をとって構内を見学してみてください♪ 巨大な鉄とガラスで建設されたドーム状の駅舎は、本当に大聖堂の様に美しく見応えたっぷりです!

中世の小径

ノートルダム大聖堂の近くに中世の面影が残る細い路地があります。かつては靴職人が集まる住居だったそうで、現在はレストランが数軒入る閑静な一角となっています。私は街全体が中世の様なブルージュを観光した後ここを訪れたので正直大きく感動したわけではないのですが「都会のアントワープで静かな趣ある雰囲気も見てみたい」という方は訪れてみても良いかもしれません♪ 路地への入り口がこじんまりとしているので見つけるのに苦労しましたが、地元の方や周辺のお店の方に尋ねたら親切に教えてくれました。

アントワープでのおすすめグルメ

Désiré de Lilleのワッフル

軽食や\美味しいワッフルが頂けるカフェ。ノートルダム大聖堂や中世の小径からも近いです。ベルギーにはリエージュ風とブリュッセル風という2種類のワッフルがあり、日本でもよく知られる丸くて甘いワッフルはリエージュ風と呼ばれるそう。このお店ではブリュッセル風ワッフルを食べたのですが、四角い大きな生地にたっぷりの苺と生クリームがトッピングされていて本当に美味しかったです。外カリ中ふわの食感を是非味わってみてください。

アントワープでのおすすめのショッピングスポット

メイル通り(駅前~大聖堂の大通り)

アントワープ中央駅から市庁舎やノートルダム大聖堂に向かうMeir メイル通りは、デパートや多くのショップが並ぶ繁華街。アントワープはベルギーにおける「ファッションの街」と言われていて国内外のファストファッションから高級ブランドまで幅広く楽しめます。またアントワープは世界最大のダイヤモンド取引量を誇っており、中央駅の周りではジュエリー店も見かけました。もちろんアントワープ発祥のチョコレート店もあるのでお土産調達にも困りません。

アントワープにて宿泊したホテル

ブリュッセルの駅近ホテルWarwick Brussels

私はブリュッセルのホテルに宿泊し日帰りでアントワープに訪れました。Warwick Brusselsはブリュッセル中央駅からなんと徒歩約2分!便利な立地が魅力です。ブリュッセルからアントワープは鉄道で40分ほどの距離なので、日帰りトリップにはもちろん、半日ほどふらっと訪れることも可能。荷物をホテルに置いて身軽な状態でアントワープ観光を楽しめました。

アントワープ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

航空券+ブリュッセルのホテルは予約サイトExpediaにて手配。ブリュッセル~アントワープの列車ICは現地にて購入しました。個人で訪れたことで、自分の行きたい観光スポットやお店をゆっくり重点的に周れたので良かったです。「フランダースの犬の聖地めぐり」なんてマニアックな楽しみ方も、個人旅行だから出来ることかなと思います(笑)

アントワープ旅行に必要な持ち物

ベルギー旅行で重宝するのが保冷バッグ!ベルギーのお土産といえばやはりチョコレートがはずせませんが、夏場の暑い日に持ち歩くと溶けてしまいそうで心配。私は保冷機能付きのエコバッグを持って行ったことで気温を気にせずお土産を買うことができ、帰りはバッグごと機内に持ち込んで無事日本まで持ち帰ることも出来ました!

アントワープ旅行での注意点

アントワープ旅行での注意点
  1. フランス語ではなくオランダ語が話されます
  2. 鉄道は遅延・運休が多いので余裕を持った計画を
  3. 街歩きの際はスリ・ひったくり対策はしっかりと

フランス語圏ブリュッセルから日帰りするとウッカリお店などで「ボンジュール」「メルシー」と挨拶してしまいがちですが、実はアントワープはオランダ語圏。ベルギーは同じ国の中で言語が異なるので要注意です!「アントワープ」という地名も実は英語で、現地の人は「アントウェルペン」とオランダ語で呼んでいることのほうが多いです。またベルギーの鉄道は日本ほど正確に来ないこともよくあり遅延や運休も念頭に入れて計画の際はぜひとも余裕を持った時間配分を!アントワープは落ち着いた雰囲気がありましたが、それでも街歩きの際はスリやひったくり等にご注意ください。

まとめ

「フランダースの犬」ではのどかな地方都市というイメージだったアントワープ。そのため「モードの発信地」「ファッションの街」と呼ばれている事実が意外でした!とは言っても街並みが完全に現代的という訳ではなく、市庁舎や大聖堂周辺には古い街並みも残っているし、例えばロココ様式の宮殿を利用したチョコレートショップなど伝統ある建築の中に新しいお店がうまく溶け込んでいる印象を受けました。伝統と流行が調和した退屈しない街です♪

 

なっつヨーロッパ弾丸→国内長期旅

投稿者の過去記事

ヨーロッパが大好きで仕事の休みを見つけては弾丸で旅立っておりましたが、現在は国内旅にシフトチェンジ。リモートワークしながら暮らすような旅を実践中。ヨーロッパ旅の思い出と最近の国内旅をつづっています。
ブログとSNSはコチラ ↓
blog / https://1week-europe.com/
instagram / @1week_europe
twitter / twitter.com/nattu_sampo?s=09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. インディ・ジョーンズの舞台となったペトラ遺跡を訪問| トラベルダイアリー
    ペトラ旅行体験記いつか行ってみたかったペトラ。ツアーで行くのも高いし…と躊躇していましたが、アン…
  2. カッパドキア旅行体験記トルコ旅行と言えば絶対に外せないのが、カッパドキアの奇岩群巡りです。カッパ…
  3. 初めての外国旅行におすすめ! 近い楽しい美味しい台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記 旅行へ行った人たちが口をそろえて良かった!と言っていた台湾。ならばぜ…
  4. 兵庫県明石公園の楽しみ方〜幸せスポット巡りをしてきました〜| トラベルダイアリー
    明石公園巡り体験記明石公園は日本百名城である明石城がある公園。景観もよく多くの人が訪れる憩いの場…
  5. 九份・十分旅行体験記短い休みで海外に行こう!となったらやっぱりアジアに限られてしまいます。そ…
  6. 女子二人旅 in アメリカ グランドゼロが切ないニューヨーク| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記旅の最後は友達と向かったニューヨークです。私も友達も初めてのニューヨーク。…
  7. どこか懐かしい雰囲気のハノイ旧市街とサパへの小旅行| トラベルダイアリー
    ハノイ旅行体験記ハノイには2度訪れました。最初は母との母娘旅。2回目は女一人旅。定番の雑貨ショッ…
  8. 台湾をもっともっと楽しむ!ローカル台中旅行| トラベルダイアリー
    台中旅行体験記人気の海外旅行先である、台湾。せっかく遊びに行くのなら、メジャーな台北や台南だけでな…
  9. モロッコ・ワルザザート近郊の観光スポットを訪れる| トラベルダイアリー
    ワルザザート旅行体験記メルズーガからマラケシュへ移動する途中の街、ワルザザートに立ち寄りました。…
  10. デン・ハーグ旅行体験記母も私も大好きな名画、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。本物を見るため…

国内旅行おすすめ

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 歩いて、学んで、食べて、休憩して。琴平町の魅力を発見!| トラベルダイアリー
    琴平旅行体験記2019年の秋、恋人と旅行をすることに。どこに行こうか?と話し合った結果、大阪から…
  3. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…
  4. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  5. ~バラ&彫刻&富士山に癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根に1泊2日の盛りだくさんな女子ふたり旅をしてきました。アートや花鑑賞、グルメ、…
  6. 地元民と行く!沖縄南部ドライブ~豊見城 ビーチ&ショッピング編~| トラベルダイアリー
    豊見城旅行体験記学生時代の仲良しグループが沖縄に来るということで、沖縄在住の私も旅行に同行させて…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  8. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  9. 浜松・新城日帰り旅行体験記浜松・新城へ日帰りで行ける涼しい観光スポットの新規開拓に行ってきました…
  10. 【淡路島おすすめスポット】うずしおクルーズ・鮎屋の滝・淡路おすすめグルメを満喫してきました!| トラベルダイアリー
    うずしおクルーズ・鮎屋の滝体験記淡路島のおすすめ観光としても有名な、うずしおクルーズ。どうせなら…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP