サンクトペテルブルグ弾丸観光と夜行列車で行ったキジー島| トラベルダイアリー

サンクトペテルブルグ弾丸観光と夜行列車で行ったキジー島

サンクトペテルブルク旅行体験記

実は今回の旅はキジー島がメインで、サンクトペテルブルクはそのついでです(笑)。旦那の知合いが駐在しており、その人に会うことを目的に、観光は軽目に。私は過去に2回来たからいいですが、芸術に無関心な旦那は天下のエルミタージュもスキップです(汗)。たったの1泊でゆる~く回ったサンクト+弾丸で行ったキジー島の旅行記です。

サンクトペテルブルク旅行について

おすすめのポイント
  1. ロシアだけどロシアじゃない⁉ヨーロッパのような街並みが楽しい。
  2. 有名な見どころが徒歩圏内に集中しているので、短期間でも楽しめる。
  3. 意外とアクセスが便利で行きやすい、サンクトペテルブルグ。

サンクトペテルブルクはロシアの中で一番ヨーロッパに近く、その影響を受けている都市です。目抜き通りであるネフスキー大通りを中心に観光名所が集まっているので、2日間でも徒歩で十分回れました。また、日本からの直行便はありませんが、モスクワからは1時間に1本は航空便があります。第3国経由で直接サンクトペテルブルクに入ることも可能です。私たちはドバイ経由でサンクト入りしました。陸路なら、モスクワから電車で(夜行列車もあり)、またはヘルシンキからの列車もあるので(所要たった2時間ほど!)、アクセスには不自由しません。ヨーロッパへ行くのと同じ感覚です。

サンクトペテルブルク旅行のおすすめのスポット

血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィ)

ネフスキー大通りの中央にある本屋、ドム・クニーギ。奥には血の上の救世主教会がうっすらと。

朝もやに浮かぶ血の上の救世主教会。

カラフルな玉ねぎ型ドームがシンボルのインパクトのある外見です。モスクワのワシーリー寺院と似ていますが、別物です。運河沿いに建っており、ネフスキー大通りから運河を見やると遠くに見えます。内部は装飾が美しいらしいのですが、残念ながら私たちはスルー。しかし、夜闇や朝霧に浮かび上がる幻想的な様子を眺められただけで満足です。次回は是非内部を見たいものです…!

展望台からはサンクトペテルブルクの街並みが一望できるイサク寺院

イサク寺院の外観。黄金ドームが目印です。

展望デッキからのビューです。

美しいイコンもあります。

イサク寺院の内部。巨大なキリストのステンドグラスが。

イサク寺院の内部。きれいな装飾。

黄金屋根が印象的な寺院です。観光客も多いですが、中は広いのであまり気になりません。内部は壁一面に描かれたイコン(宗教画)がとても美しく、一見の価値ありです。またこの教会は上に展望デッキがあり、有料で上ることができます。エレベーターがなく、徒歩でらせん階段を延々と上るので大変ですが、街を一望できるので是非上ってみることをお勧めします。

サンクトペテルブルクからキジー島への小旅行

フェリー乗り場にて。

ペトロザヴォーツクからキジー島への高速ジェット、コメッタ7。

遠目からみたプレオプラジェンスカヤ教会。アニメに出てくる要塞見たいです。

もっとも有名なプレオプラジェンスカヤ教会。全部釘なしで作られているのが信じられない大きさです。

教会の内部。こちらにもイコンがたくさん飾られています。

キジー島はサンクトペテルブルクから列車で8時間ほどのところにあるペトロザヴォーツクから、更に高速ジェット船で1時間ほどのところにある島です。往復とも夜行列車を利用し、現地滞在は日中のみという0泊3日の強行ですが、死ぬまでに行きたい場所の一つでした。この島にある教会群は釘を1本も使わず作られているのです。そしてその異形のシルエットのインパクトは見たらもう忘れられない…。現地ではガイドさんが案内してくれて1時間ほど周り、ランチとお土産屋さんを周って帰りのフェリーに乗り込みました。個人旅行でも行けますので、時間があれば是非!

サンクトペテルブルクでのおすすめグルメ

カリンカ・マリンカ

レストランの外観です。半地下にあります。

定番のロシア料理、ボルシチ。

生のロシア音楽を披露してくれました。

旦那の知人の駐在員が連れて行ってくれたお店です。半地下にあるこじんまりしたロシア料理店で、恐らく外国人向けなのでしょう。ボルシチなど典型的なロシア料理が楽しめます。途中でアコーディオンとバラライカを持ったミュージシャンによるロシア音楽の生演奏も披露されて、異国情緒を盛り上げてくれます。味は普通においしいのですが、接客が不愛想ですが(ロシアでは普通なのかも)、英語は通じるので外国人には入りやすいかもしれません。

コーフェ・ハウス

パニーニ(奥)とシルニキ(手前)。

ロシア版のドトール的な存在のチェーン店のコーヒーショップです。早朝から開いているので、朝近所を散歩した後に訪れました。雰囲気は正にカフェという感じで、セルフサービスではないものの、メニュー内容は想像を大きく外れません。旦那はパニーニ、私はロシアの朝食の定番・シルニキを注文しました。届いたパニーニ―を食べた旦那が微妙な表情をしているので理由を聞くと、チョコソースだと思ったのが酸っぱかった(バルサミコだった)ので驚いたようです。シルニキは酸味のあるパンケーキで、最初は酸っぱさに戸惑うものの、だんだん癖になる味です。ロシアの食はどうも酸味が多い気がします。

サンクトペテルブルクでのおすすめのショッピングスポット

ゴスチーヌィ・ドヴォール

ゴスチーヌィ・ドゥヴォルのアーケード。きれいになったのに閑散としていてもったいない…。

ネフスキー大通り沿いにある、老舗のショッピングモールです。15年ほど前に来たときはまだ昭和感?漂うちょっとレトロで薄暗く、ジメっとした感じの建物だったのですが、今は改装されてアーケードも綺麗になって…。ただ、歩ている人が思ったより少ない?昔はここが賑わいのトップでしたが、今はお店も増えていますからね。内部にはいろんな小売店が入っています。どこも綺麗にリノベーションされており、清潔で明るい雰囲気に生まれ変わっていました!今回はサックリとしか見られなかったのですが、日用品から高級品、お土産までありとあらゆるお店が並び、隅々まで見ると1日がかりのレベルです。

サンクトペテルブルクにて宿泊したホテル

ホテル・スリー・モスタ

ホテルの外観です。こじんまりしていますが部屋は清潔です。

1泊だけなので、観光名所に近くてお値段もほどほどなところ、という条件で選びましたが、当たりでした!立地は申し分なく「血の上の救世主教会」まで徒歩5分ほど。運河沿いにあり、静かで風光明媚な場所でした。また、予約した後にホテル⇔空港の送迎はどうですか?というメールまで届き、ちょうどお願いしようと思っていたので助かりました。無料のWi-Fiが使えたのもありがたかったです。部屋の写真は撮り忘れてしまいましたが、こじんまりとはしていましたがベッドは大きかったです!

番外編・夜行列車(サンクトペテルブルグ→ペトロザヴォーツク)

駅のホームにて、夜行列車に乗り込む人々。

列車内の通路。すれ違うのがやっとの狭さです。

寝台列車の内部。

ロシア旅には欠かせない夜行列車体験です。今回利用したのは4人用のコンパートメントとなった2等車で、1人分の広さしかない狭い通路沿いに、各「部屋」への扉が面しています。扉を開けると2段ベッドが両側に2つ。とはいえ、ベッド化するのは寝るときだけで、就寝時刻まではカウチとして使用。出発して間もなく車掌さんがシーツセットを配りに来るので、自分でベッドメイキングします。戸惑う私たちに、同室になったお姉さんがやり方を教えてくれました。まるで林間学校…。連結部分にはサモワール(ポット)もあり、紅茶など自由に作れます。

サンクトペテルブルク旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

自分の休みに合わせて自由に日程を決められるのが個人旅行の最大の長所だと思います。今回は9日間でキジー島含む5都市をめぐる強行軍でした。最も苦労したのはロシアの列車手配とキジー島のフェリー手配です。列車手配は公式サイトだとカード決済がうまくいかず、手数料を払って別サイトで手配。フェリー手配は現地代理店に予約を依頼したら、OKと返事が来て安心していました。が、出発前々日にリコンファームすると、「フェリーの運航はない」との返事が。慌てて何度かメールすると「フェリーが出ることになった」と二転三転し、結局何だったのか…⁉

サンクトペテルブルク旅行に必要な持ち物

先進国でインフラも整っていますし、特に用意するものはないですが、一般市民には英語は浸透していないので、ロシア語会話帳的なものは必須です。また、夜行列車に乗る場合は紅茶を飲むためのコップやティーバッグ、車内で飲食するためのカトラリー類、カップ麺や非常食用ご飯、スナックがあれば気分も盛り上がりますし、同室の人と仲良くなれるきっかけにもなるかもしれません。ちなみに食堂車もあるので、無くても飢えることはありません。

サンクトペテルブルク旅行での注意点

サンクトペテルブルク旅行での注意点
  1. 入国カードは自動で印刷されて渡されるので、なくさないように。
  2. 地下鉄に乗るときは切符ではなくジェトンを買います。
  3. 地下鉄の入口・出口は分かれていて逆流不可。

普通出入国カードは手書き記入して入国時に提出しますが、サンクトペテルブルク含むロシアの空港ではパスポートを出すと係員が印字して半券を渡してくれます。出国時に必要なのでなくさないように!また、地下鉄乗車時は切符ではなくジェトンというゲーセンのコインみたいなものを購入し、改札口に入れて通過します。距離関わらず1乗車1ジェトンです。地下鉄の入口・出口はしっかり分かれていて逆流不可なので、流れに沿って進みましょう。

まとめ

サンクトの街並み。

サンクトの街並み。

サンクトペテルブルクで1泊、車中2泊の強行軍で心配でしたがふたを開けてみるととても楽しかったです!特に夜行列車は同室者との一期一会や、何気に居心地の良い車内、そして窓からの景色に旅情そそられ、また乗りたくなること請け合いです!サンクトペテルブルク自体はロシアというよりヨーロッパなので、ロシアに旧ソ連のイメージを持っているとびっくりすると思います。それほど垢ぬけた街ですが、町中にトロリーブスが走っていたりとロシアの片鱗は多々見られるので、エルミタージュや観光名所だけではなく、街並み堪能も楽しいと思います。

 

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 台湾・台北で朝から晩までしっかり食べる!遊ぶ!買う!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記近場で美味しいものが食べられる海外に行きたい!という理由から、台湾の台北へ!東…
  2. エレバン旅行体験記 アルメニアは、世界で初めてキリスト教を国教と定めた国です。旅に出…
  3. グアム旅行体験記日本から約4時間。時差もたった1時間。気軽に行けてビーチアクティビティを楽しめる…
  4. まるでファンタジーの世界のよう スコットランドの都エディンバラ| トラベルダイアリー
    エディンバラ旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に…
  5. 一度は行ってみたい世界の中心都市 ニューヨーク| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記 世界中の人、物が集まる都市と言えば、まず浮かぶのがニューヨー…
  6. 女子一人旅 in スペイン 黒いマリア様に会いにモンセラットまで| トラベルダイアリー
    モンセラット旅行体験記この日は友人が休みを取ってくれ、モンセラットまでドライブしました。テラ…
  7. ペーザロ旅行体験記オペラ好きの両親の「行ってみたい!」の気持ちにこたえるべく向かったマルケ州、ペ…
  8. 台北旅行体験記短い休みで海外に行こう!となったらやっぱりアジアに限られてしまいます。その中で…
  9. ロッテルダム旅行体験記オランダ第二の都市ロッテルダムは近代的な街並みで国際港としても有名です。街…
  10. ジェノヴァ旅行体験記青い海、降り注ぐ太陽。横浜や神戸にも似た雰囲気を持つ港町ジェノヴァは、なんと…

国内旅行おすすめ

  1. 別府旅行体験記 普段国内、海外を問わず旅行中は動き回ることが多いのですが、たまにはの…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  3. 鹿児島旅行体験記九州地方の最南端となる鹿児島県!沖縄までは飛行機を利用するとフライト時間も長…
  4. 美味しいものもいっぱい!家族でも楽しめる穴場スポット長野・駒ヶ根| トラベルダイアリー
    駒ヶ根旅行体験記青年海外協力隊で派遣前の研修生活で約3カ月間過ごした長野県の南部に位置する駒ヶ根…
  5. 道後旅行体験記はじめての四国旅行でどこに行こうかと考えた時に一番に思い浮かべたのが道後温泉でした…
  6. 新緑の那須高原!パワースポット&美術館をめぐる日帰り旅| トラベルダイアリー
    那須旅行体験記新緑の綺麗な那須高原へ行ってきました。那須温泉神社と殺生石を1時間かけてじっくりと…
  7. ~磯山神社の「あじさいまつり」&アンブレラスカイ~in栃木・鹿沼| トラベルダイアリー
    鹿沼旅行体験記神社巡りが好きで情報収集をしていたところ、鹿沼市の「磯山神社」はあじさいの名所で、…
  8. 美味しいものがたくさん〜食倒れの旅!in 三重県伊勢市| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記 2019年12月、伊勢神宮の参拝を目的に、恋人と伊勢旅行に行きました…
  9. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  10. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…

最新記事

  1. 北九州で異国気分☆レトロな洋風建築が建ち並ぶ門司港散策| トラベルダイアリー
    北九州旅行体験記横浜や函館、神戸など異国情緒ある港町が大好きでずっと気になっていた北九州市門司港…
  2. 田川旅行体験記福岡県の炭鉱で栄えた町、田川を走る平成筑豊鉄道は、平成元年に誕生し、令和には新しく…
  3. 3000本のモミジにうっとり♪秋の京都は【永観堂】に行くべし!| トラベルダイアリー
    永観堂旅行体験記永観堂(禅林寺)はみかえり阿弥陀様で有名なお寺ですが、それだけではなく秋の紅葉の…
  4. 歴史と自然が調和する港町☆福山市鞆の浦へ日帰りサイクリング| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記リモートワークしながら広島県の尾道に長期滞在中、週末どこかへお出かけしたくなってお…
  5. 初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ノースショア編~| トラベルダイアリー
    ノースショア旅行体験記結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めて…
  6. tabihituji_pavirion2
    東京美術館巡りの旅【青山・渋谷周辺】東京の青山周辺のアートイベント「パビリオン東京2021」の展…
  7. 温泉天国・山形県で、東根温泉と銀山温泉をはしごする旅| トラベルダイアリー
    東根旅行体験記もともとは、同じ山形県にある銀山温泉のノスタルジックな街並みに憧れて、泊まる旅館を探…
  8. 一度は行ってみたいと憧れる!日本三景の1つ広島・宮島の旅| トラベルダイアリー
    宮島旅行体験記関西在住中に岡山と広島の県境に住んでいる友人を訪ねながら、せっかくなので周辺の観光…
  9. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  10. 小豆島で暮らすような旅!豊かな食材と穏やかな自然に癒された| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記リモートワークしながら香川県小豆島の古民家に10日間滞在しました!仕事の始まりと…

Archive



PAGE TOP