シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー

シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」

サマルカンド旅行体験記

ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友達に会いに行ったのがキッカケ。歴史に興味のなかった私でもその壮大な建造物や霊廟とは思えない美しいタイル装飾に感動 ! そんな世界遺産「サマルカンド」をご紹介します。

サマルカンド旅行について

おすすめのポイント
  1. 雲一つない青空と建造物の青いドームが描き出す”青の都”の絶景
  2. かわいいものたくさん ! 知られざる雑貨天国
  3. 安くて美味しい果物と料理に感激のウズベキスタン

シルクロードの中心都市として栄えてきた「サマルカンド」。”青の都”、”イスラーム世界の宝石”、”東方の真珠”などさまざまな異名をもっています。紀元前4世紀から知られていた「サマルカンド」は一度滅び、再びこの地を蘇らせたのはアミール・ティムール。その彼が手掛けた600年以上の歴史を誇る圧倒的な建築群。その見たことのない壮大な景色に感動すること間違いないでしょう。また、意外と知られていない雑貨天国 ! 物価が安いのであれもこれも欲しくなっちゃう人も多いでしょう。

サマルカンド旅行のおすすめのスポット

3つの豪華なメドレセ(神学校)による見事な共演 ! レギスタン広場

左側には天文学者であったウルグベクが建てたウルグベク・メドレセ。3つのメドレセ(神学校)の中で最も古く、入り口のアーチには天文学者らしい青い星をモチーフにしたタイル模様が描かれています。正面のティラカリ・メドレセは礼拝所としても使われていたそう。メドレセに入って天井を見上げると細かな遠近法で描かれた金箔の模様に息をのむこと間違いなし ! 右側のシェルドル・メドレセにはイスラム教ではタブーとされる動物が描かれています。そのため、さまざまな伝説が残されています。あなたはどのメドレセが好み ? !

霊廟とは思えない豪華なタイル装飾に圧倒 ! シャーヒズィンダ廟群

正面の門をくぐり、階段を上っていくと、サマルカンドの地を蘇らせたアミール・ティムールにゆかりのある人々の霊廟が立ち並びます。その1つ1つの霊廟の鮮やかなタイル模様や装飾に釘付けになること間違いなし ! そこが霊廟であることを忘れてしまうくらいの美しさです。その装飾の多様さや美しさは中央アジアでも指折りの名所と言われています。あなたはどのデザインの霊廟がお好み ? !

中央アジアで最も大きなモスク ! ビビハ二ム・モスク

サマルカンドの地を蘇らせたアミール・ティムールが愛した妃ビビハニムの名がつけられたモスク(礼拝所)。かつてのイスラム世界で最大の規模を誇ったモスクであるがためにさまざまな伝説が残されています。正面の門をくぐって、モスクのある中庭中央には大理石で作られたコーラン(イスラム教の聖典)を置くための大きなラウヒ(書見台)があります。そのラウヒの回りを3周すると願い事が叶うとか ?

サマルカンドでのおすすめグルメ

サマルカンドでしか食べられない「サマルカンド ノン(パン)」

ウズベキスタンの主食はノン(パン) ! そのノン1つをとっても地域でさまざまです。「サマルカンドのノン(パン)」は、他の地域のノン(パン)とは違って厚くて重さもあり、中もギッシリ ! 真ん中にはブラッククミンシードが付いていて食べた時の風味が絶妙で、食べ応えのあるノン(パン)です。サマルカンド市内ではどこでも目にすることができるので、ぜひご賞味してみては ? !

サマルカンドでのおすすめのショッピングスポット

レギスタン広場の横 タシケント通りでお気に入りを手に入れて !

レギスタン広場の3つのメドレセの中でもスザ二(刺繍を施された布)や陶器類、雑貨など魅力的な品々がたくさん ! さらに時間に余裕がある人はレギスタン広場の横のタシケント通りを歩いてみては ? ! 通りに面して、アトラス(シルク製の布)やスザ二(刺繍が施された布)を使った洋服やバック、ポーチなど女性にとっては嬉しい品々がたくさんです! ぜひ、立ち寄ってみては ? !

サマルカンドにて宿泊したホテル

グーリ・アミール廟から徒歩圏内のマリカプライムホテル

サマルカンドの地を蘇らせたアミール・ティムールをはじめ、彼の息子たちが眠っているグーリ・アミール廟が目の前に見え、レギスタン広場からも徒歩圏内という好立地にあるホテル。落ち着いた雰囲気で3階のテラスからは写真のグーリ・アミール廟が眺望できます。4つ星ホテルのため、ウズベキスタンのホテルの中では料金が少し高めですがホテルでゆっくりしたい人にはピッタリ !

サマルカンド旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ウズベキスタンでは、基本現地語のウズベク語かロシア語。地方に行くとなかなか英語やロシア語も通じない地域も多いです。タシケントをはじめ、ここサマルカンドは観光客も多く、比較的英語も通じやすい地域になります。ガイドブックを見ながら、個人旅行が好きという方は、ぜひゆっくり周遊してみてください。また、人とはちょっと違った旅行をと考えている方には、サマルカンド在住の日本人が旅行会社を開いているのでご紹介することも可能です。投稿者までお気軽にご連絡ください。

サマルカンド旅行に必要な持ち物

日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・日傘・帽子・サングラス等)、ウエットティッシュ、エコバック、歩きやすい靴、胃腸薬。ウズベキスタンは日本と比較すると日差しが強いので、日焼け・日差し対策は必須です。また、ついつい美味しい果物を食べすぎてしまったり、全体的に油っぽい料理も多いので、胃腸の調子が乱れやすいことも・・・胃腸薬を持参して、快適な旅行を !

サマルカンド旅行での注意点

サマルカンド旅行での注意点
  1. 夏の美味しい果物や生野菜料理は控えめに !
  2. 油っぽい料理が多いので胃腸の管理を !
  3. 乾燥しているため、汗の量は少ないけれどこまめに水分補給を !

甘くておいしい果物や生野菜、伝統料理の「パロフ」や「シャシリク」など比較的日本人の口に合い、ついつい食べ過ぎ・飲みすぎてしまいますが、油っぽい料理が多いので胃腸の調子が乱れやすくなります。胃腸薬を持参し、食べ過ぎ・飲みすぎには要注意を ! 乾燥しているため、汗の量は少ないけれど脱水になりやすいため、こまめに水分補給を忘れずに!

まとめ

実は、”青の都”「サマルカンド」周辺にもまだまだ見どころがたくさんあります。歴史のあるサマルカンド・ペーパーの復興を試みた「コ二ギルメロス(紙すき工房)」やスザ二(刺繍された布)で有名なウルグット(村名)のバザール(市場)などお時間に余裕がある人にはぜひ一度訪れてみて欲しい場所です。さらに「ウズベキスタンの生活や料理にご興味がある方」「人とは違う旅を計画・満喫したい方」はぜひ投稿者のサイトからご相談ください。現地在住の日本人がお手伝いさせていただきます。

 

アバター

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. プラハ旅行体験記チェコの首都プラハは、西洋と東洋の文化が絶妙に混ざり合った、とても独特かつ、ミス…
  2. 友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー
    ゴム旅行体験記イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行き…
  3. 幻想的なランタンにうっとり!世界遺産ホイアンを楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ホイアン旅行体験記南北に長いベトナムのほぼ中央に位置する港町ホイアン。ここはランタンで有名で、柔…
  4. カトマンズ旅行体験記子どもの頃に見た、大きくてカラフルな、怖い顔なのにどこかユーモラスな神様。ず…
  5. イエローナイフ旅行体験記まとまった休みがとれることになり、滅多に行けない所に行こうとなりました。…
  6. イヴレア旅行体験記2018年に世界遺産に登録されたイヴレア。人気番組「世界の果てまでイッテQ!」…
  7. ミュンヘン旅行体験記「バイエルン」や「ミュンヘン」といった文字を見ると、優雅な景色や、美味しいも…
  8. シェーンブルン宮殿旅行体験記親友の海外フォトウェディングの応援・お手伝いも兼ねて向かった、オース…
  9. 興味ありから大好きになりました・・・!!UAE・アブダビ編| トラベルダイアリー
    アブダビ旅行体験記UAEドバイ編で申し上げました通り、中東の文化に興味がありました。その中でUA…
  10. フェズブー・ジュルード門 | トラベルダイアリー
    モロッコ【フェズ】旅行体験記モロッコ北部に位置する【フェズ】ですが、ここではフェズブルーが用いら…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原スキー旅行体験記すっかりゲレンデの雪遊びにハマった娘に、キッズパークが人気の「岩原スキー場」へ…
  2. 知床旅行体験記世界遺産に登録されている北海道の知床は、アクセスが大変で気軽に行けないので北海道の秘…
  3. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  4. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…
  5. 下田旅行体験記海を眺めて癒されたい!忙しさで気持ちがすり減ってしまうと、ふと思います。 でもリゾ…
  6. 都会だけど落ち着いている?気ままにのんびり名古屋旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 今回は私が2回目に名古屋を訪れた際の体験記です。初めて名古屋を訪れ…
  7. 京都旅行体験記関西方面に旅行される方には京都観光はマストですよね!大阪、京都とは一風変わった雰囲…
  8. 彫刻の森美術館旅行体験記SNSなどで有名な「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」が一目見たくて、日帰りで訪…
  9. 宮城旅行体験記私の大好きな場所宮城県。おばあちゃんちが宮城県ということもあって小さいころから度々…
  10. 神戸旅行体験記関西旅行の中でも私はとにかく神戸がお気に入りです!今回は山側、海側どちらも堪能でき…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP