ベルガモットの故郷 イタリア ベルガモ旅日記

ベルガモ旅行体験記

アールグレイティに欠かせない香料、ベルガモットの故郷が北イタリアの中都市ベルガモです。ある日、人気TV番組のロケで、大好きなふなっしーがロケをしており興味津々!行ったら想像以上に素敵な所でしたので、是非皆さまにご紹介させてください★

ベルガモ旅行について

おすすめのポイント
  1. 観光地化され過ぎていないイタリアに出会える点
  2. ミラノから電車で50分行けば出会える、穏やかな風景
  3. 北イタリアで治安が良く、快適な街歩きが出来る点

ベルガモは北イタリアのロンバルディア州というところにあります。ロンバルディア州と言えばミラノが州都。

ベルガモはその、ミラノから電車で約50分(約40キロ)のところにあります。

日本のベッドタウンのように、都会的な雰囲気の中にローカルな雰囲気が絶妙に混ざりあっていている点が魅力。

行けば、まるで現地で暮らしているかのような気分で旅を楽しむことが出来るハズです。

ベルガモ旅行のおすすめのスポット

ムーラ・ヴェネテ(Mura venete)

ベルガモに行って驚いたのが、見事な中世の城壁の風景です。

歩けば歩くほど、まるでロールプレイングの主人公になったかのような気分に浸れます。
城壁の名前は「ムーラ・ヴェネテ」で、直訳すると「ヴェネチアの壁」。

「え、どうしてヴェネチアなの!?」

聞けば、昔、ベルガモはあの、水の都ヴェネチアの統治下にあったからなのだとか。

ヴェネチアの統治を離れた現在でも壁は町の人たちに大切に守られており、写真のようにチャーミングなモニュメントもあります!

是非じっくりご堪能ください。

サンタ・マリア・マッジョーレ教会(Basilica di Santa Maria Maggiore)

人口のほとんどがカトリック教徒の国イタリア。ベルガモにも、いたるところに教会や礼拝堂がありました。

その中で、私が特に心惹かれたのがサンタ・マリア・マッジョーレ教会です。無料で中に入ることが出来るのですが、

私が訪れた時はたまたまミサの最中。観光地の大聖堂では味わうコトのできない、ローカルな雰囲気を味わうことが出来ました。

ミサは遠くからであれば、観光客の見学もオッケー。イタリア人の日常の一コマを垣間見ることが出来る素敵な場所へぜひ、行ってみてください。

公園(Parchi di Bergamo)

ベルガモはいたるところに街の人たちの憩いの場がありました。私が旅行した日は日曜日だったこともあり、

公園の緑の芝生の上には家族連れやカップルがいっぱい!パニーニを食べたり、読書に日焼けにサッカー!思い思いの週末を過ごしていました。
レストランでの食事もアリですが、スーパーやテイクアウト店で食料を調達してピクニックをするのオツですよ!

個人的には、先ほどご紹介したヴェネチアの壁周辺の芝生が一押し。高台からの見事なヨーロッパの街並みも一緒に味わうことが出来ます。

ベルガモでのおすすめグルメ

ポレンタ・エ・オゼイ(Polenta e Osei)


北イタリア人にとって、パンやお米のような存在のポレンタ。これを使って作られたケーキがポレンタ・エ・オゼイです。

オゼイはベルガモの方言で「小鳥」。実は、この料理はもともとポレンタの上に小鳥の丸焼きが乗った野鳥料理で、

これをケーキ風にアレンジしたものも同名で呼ばれているのです。

元祖の方もおいしいそうなのですが、丸焼きがニガテな私は、3秒見るのがやっと。

ケーキバージョンも鳥の丸焼きに見立てたチョコレートがちょっぴり不気味なのですが、味はお墨付きですので、是非試してみてください。

ベルガモでのおすすめのショッピングスポット

ネッシ(Nessi)


ネッシはベルガモの高台にあるお菓子屋さんです。ベルガモはバッソ(低いという意味)とアルタ(高いという意味)の2つのエリアに分かれており、

両エリアはケーブルカーで行き来できます。ケーブルカーで高台にあがってスグのところにあるのがネッシ。

看板にはお菓子屋さんと書かれていますが、切り売りのピッツァやポレンタ・エ・オゼイなどをいただくこともできます。

ネッシの最大の魅力は買ったものを2階でつまめる点。フードコートのような気楽な場所なので、

お味見をして気に入ったものを買えた点が良かったです。

ベルガモにて宿泊したホテル

ベスト・ウエスタン・ホテル・ピエモンテーゼ(Best Western Hotel Piemontese)


ベスト・ウエスタン・ホテル・ピエモンテーゼは駅から50メートルほどのところにあります。

一般的なチェーン系ホテルのしつらえなのですが、1階に素敵なカフェレストランがあり、それだけでテンションアップしました。

フロントの方も愛想がよくてイタリア語も英語も通じます。ちなみに同じ通りをさらに50メートルほど進むと同系列のホテルがあるのでご注意。

私たちは間違えて、最初そちらのフロントに向かってしまいました。

ベルガモ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

良かった点
  1. 自由に宿泊先と街を行ったり来たりできた点
  2. 日本人との接点がゼロで、ベルガモに暮らしているような気分に浸れた点
  3. ツアーバスでは入れないような小道を散策出来た点
残念だった点
  1. レストランのメニュー表が基本イタリア語のみで注文に苦戦した点
  2. 街中のお手洗いの場所がわからず、都度ホテルに戻った点
  3. この土地ならではのプチ情報を収集できなかった点

ベルガモ旅行に必要な持ち物

「ヒールなしの靴」
美しいヨーロッパの風景に惹かれ、ついヒールのある靴で出かけてしまった私。3センチのローヒールにしたものの、

それでも石畳にポコポコはまってしまいました。しまいには、足元ばかり見て歩くように…。

その分、素敵な景色や建物を見るチャンスを逃していたのかと思うと、少しだけ残念です。街歩きを全力で楽しみたい方は、

バレエシューズやスニーカーなどのヒールなしの靴が絶対オススメです。

ベルガモ旅行での注意点

「お手洗いは行ける時に行きましょう♪」
ローマやミラノといった大観光地ならば、街中で気軽に入れるお手洗いがたくさんあります。

しかし、ベルガモではそうは行きません。教会やバールに行った時など、とにかく建物に入った時に、ちょこちょこ行っておくのが吉。

芝生や公園等、屋外でリラックスされたい方は、初めにお手洗いの場所を確認しておくと安心です。

まとめ

「ベルガモットのふるさと」という印象くらいしかなかった、ベルガモ。

実際行ってみると紅茶は全く推されておらず…(さすがコーヒーの国イタリア!)その分、何の知識もない真っ白なキャンパスの中に、

生のベルガモ情報をたっぷり埋めることが出来ました!ローカル感が強いので、少し旅慣れた方や、多少イタリア語(もしくは英語)が分かる方には

特にオススメです。是非、現地ですっぴんのイタリア人たちとの触れ合いを楽しんでみてください。

 

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. プーケット旅行体験記私のお気に入りの国""Thailand”のアンダマン海に浮かぶタイ最大の島リ…
  2. メルボルン旅行体験記世界一住みやすいと言われているメルボルン!今回はワイナリーやビール工場などお…
  3. アントワープ旅行体験記小さい頃、母に読んでもらったおはなし・フランダースの犬。いつか見たいと思っ…
  4. ゲント旅行体験記ベルギーはEUの中心でありながら小さな国。アクセスが良くて他の国との周遊の際にも…
  5. 初心者さんでもオッケー!フランス、ヴァル・トランスでスキー体験| トラベルダイアリー
    ヴァル・トランス旅行体験記海外でスキーをしてみたい!その想いを叶えるべく、春休みを利用して、フラ…
  6. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  7. バリ島旅行体験記以前からバリ島に行きたいと思っており、連休が確保できたので行きました。リゾート地…
  8. モナコ公国についてモナコ公国といえば世界各国の富裕に人気で、治安が良い国として知られていますよね!も…
  9. 香港旅行体験記 日本から僅か4時間程、気軽に訪れることのできるのに世界でも有数の観光…
  10. ティンプー旅行体験記プナカから峠を超えてついに首都ティンプーにやってきました。首都だけあり、…

国内旅行おすすめ

  1. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…
  2. 淡路島旅行体験記小さい頃何度か訪れた淡路島。あれから時は流れ、また新たな観光スポットがたくさ…
  3. 鹿児島旅行体験記九州地方の最南端となる鹿児島県!沖縄までは飛行機を利用するとフライト時間も長…
  4. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…
  5. お寺も自然も近代遺産も!京都の哲学の道~南禅寺・蹴上を観光| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記紅葉前の京都を旅行してきました!一言に京都といっても広く見どころが多いので、この記…
  6. 道後旅行体験記はじめての四国旅行でどこに行こうかと考えた時に一番に思い浮かべたのが道後温泉でした…
  7. ポップカルチャーも織り交ぜて、大人の原宿&表参道で遊ぶ!| トラベルダイアリー
    原宿・表参道旅行体験記原宿ってガチャガチャしてるからなんだかとっつきにくい…と思っていたのですが…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記三世代旅行で熱海へ行ってきました。以前熱海駅前の観光案内所で子連れにオススメのスポ…
  9. 尾道旅行体験記広島の尾道は瀬戸内海に面した港町です。広島の小京都とも呼ばれ、古い町並みが残り、お寺…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ軽井沢の旅| トラベルダイアリー
    軽井沢旅行体験記秋の紅葉を楽しめて、買い物もグルメも充実、そして子供の遊び場も豊富な観光エリアは…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP