人生で一度は訪れたい!華麗なるフランス旅行 ~パリ編~

目次

パリ旅行体験記

「フランス行ったことない」「なんとっ!」
…ということで、私は7度目、旦那は人生初となるフランス旅行へ。
彼にとって初のフランス旅行となるとやはり行き先は、花の都パリ!
目に飛び込んでくるものすべてが魅力的で斬新な街。
今回もやっぱりパリが大好きでした。

パリ旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界最大級の美術館が密集!心ゆくまでアート作品を楽しめる街
  2. 最高レベルのフレンチや美味しすぎる本場のフランスパンを味わえる街
  3. 最新ファッション発信地でいち早くオシャレや流行を楽しめる街

100年以上も前から変わらない石造りの街並み、そして颯爽と通り過ぎていくスタイリッシュなパリジェンヌ。
そんな風景ををカフェから眺めているだけでも、パリという街を肌で感じることができます。
そして言うまでもなく、ルーブル美術館を筆頭に世界に誇る美術館が立ち並び、
さらに、通りすがりのパン屋さんで適当に買ってみるバゲットでさえ必ず美味しい、そう、必ず。
ミシュランガイドに載るようなレストランともなれば、なおさら忘れられない一皿に。
ファッションに関しても、パリは世界の流行の発信地。
アートもグルメもファッションも。なんとも欲張りな街、それがパリなんです。

パリ旅行のおすすめのスポット

フランスのシンボル、エッフェル塔


2019年に建設130周年を迎えたフランスのランドマーク。
わざわざ見に行かずとも、その姿はパリ市内の至る所から眺めることができます。
隣接するシャン・ド・マルス公園から見るもよし、
エレベーター(行列に並ぶのが嫌な人は思い切って徒歩で)登ってエッフェル塔の上からパリの街並みを一望するもよし、
日が暮れた後にライトアップされた姿も素敵です。
滞在期間中にぜひ様々なアングルからエッフェル塔を鑑賞してみてください。
ちょっと意外なアングルですが、セーヌ川のクルーズ船から見上げてみるとさらに迫力を増して見えるのでオススメですよ。

エッフェル塔に並ぶランドマーク、凱旋門


ナポレオンの勝利を記念して1836年に完成。
横断歩道のない孤立した広場の真ん中に建っているため、
凱旋門の足元に行くためには地下通路を通る必要がありますが、
近くで見ると掘りこまれた彫刻に圧倒されること間違いなしです。
また、屋上のテラスからは凱旋門からルーブル美術館に真っ直ぐ伸びるシャンゼリゼ通りを一望することができますよ。
写真を撮るときは少し離れてシャンゼリゼ通りから撮ると綺麗に映ります。

入場者数世界一!ルーブル美術館

絵画や彫刻に詳しくなくても、人生で一度は立ち寄っていただきたい美術館。
世界史の教科書に載っている作品もたくさん所蔵されているのできっと楽しめるはずです。
ちなみに、すべての作品を見ようとすると毎日通い詰めても1週間はかかると言われているコレクション。
特に見逃せない至宝だけを厳選して効率よく鑑賞するコース案が館内に設置してあるフロアマップに記載してありますので
事前にコースを選んで鑑賞を楽しむことをオススメします。
(最短は1時間コース、他に2時間コース、4時間コース等があります)

パリでのおすすめグルメ

パリの老舗「アンジェリーナ」でいただく絶品モンブラン


アンジェリーナ、と言うと「日本でも食べられるよ?」と思われるかもしれません。
それでもパリの本店でいただきたい理由はズバリ、
サロンの優雅なインテリアの中であの味を味わっていただきたいから!
フランスを代表するファッションデザイナー、ココ・シャネル氏も若いころから愛していたというサロン。
ちなみに、日本人には甘すぎるほどの濃厚なモンブランに、
さらに甘~~~いショコラ・ショー(ココア)を合わせて注文するのがパリジェンヌ流だそう。
思い切ってお試しください。

パリでのおすすめのショッピングスポット

自分用も友達用もお土産は「ギャラリー・ラファイエット」で!

高級ブランド品から日常使いの可愛らしい雑貨まで、
フランスらしいものがすべて集まったフランス最大規模のデパートです。
日本にまだ上陸していないアイテムを一足先にゲットできたり、
家族や友達へのばら撒き土産まで、多種多様なお土産が揃っています。
言葉に不安がある場合でも、デパート1階に日本語フロアガイドがあるので
免税の手続等も含めてスムーズにお買いものができますよ。

パリにて宿泊したホテル

ロートレックオペラ

上述した「ギャラリー・ラファイエット」から徒歩10分圏内、
オペラ座や最寄りの地下鉄駅までは徒歩3分、と
観光するにも買い物するにもなにかと便利な場所にあります。
また、ホテル名にもなっていますが画家「トゥールーズ・ロートレック」氏の旧宅を利用しているため
フロントを始め内装がとてもオシャレで、
ホテルに戻ってきてからもパリを感じることができました。

パリ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S)

良かった点
  1. 他社と比較すると割安な航空券・ホテル・ツアープラン
  2. 海外旅行の商品を重視していることもありスタッフ皆さんのアドバイスが的確
  3. メールでのやりとりも可能なので毎回店頭に足を運ばなくても行程が決定
残念だった点
  1. 安い代わりに日本の航空会社のマイルが付かない便だった
  2. 安い代わりにホテルのランクは全体的に少し低め
  3. 安さが売りだけどシーズンによっては他社とあまり大差ない時期も

パリ旅行に必要な持ち物

・クレジットカード
日本以上にキャッシュレス化が進んでいて、ちょっとした個人経営の雑貨店でもクレジット払いができることがほとんどです。
・パジャマ(寝具)
日本では寝具の用意はホテル側のことがほとんどですが、フランスでは宿泊客の持参品のひとつ。
パジャマを忘れたために現地で厚手のTシャツを買ったこともありました。
・フード付きのコート(秋~春)
フランスでは雨が降っても、長く降り続けることはあまりなく、すぐに止むことがほとんどです。
傘をさすよりも、雨が降ったらサッとフードを被って移動したほうがスムーズかもしれません。
年間通して乾燥しているので、撥水性のコートだとあっという間に乾くことも多いです。

パリ旅行での注意点

フランスの中でも特にスリが多いエリアです。
ガイドマップを広げる時や写真を撮るときはバイクなどで引ったくりが近寄ってこないか注意が必要です。
高級ブランドの袋を持ち歩いているときはスリに目を付けられやすいので極力タクシーに乗るといいでしょう。
また、移動に欠かせないメトロ(地下鉄)は便利な一方で治安がとても悪いです。
メトロを待っているときに近づいてきた子どもによるスリ被害に遭うことも珍しくありません。
できるだけ軽装で身の回りに気を付けながら観光を楽しんでください。

まとめ

何度訪れてもやっぱり期待を裏切らないパリ。
今回ご紹介するにあたってオススメ順を決めるのににとても悩みました。
本当は、荘厳な雰囲気のノートルダム大聖堂もご紹介したかったのですが、
ちょうどこの旅行の半月後に、テレビで火災で燃え落ちたことを知り。
今後の見通しは立っていませんが、また見に行けることを信じて
少しでも早い復興を祈っています。

こさい たろフォトグラファー

投稿者の過去記事

小学生の頃フランスに住んでいました。現在、0才児の育児に追われる新米ママ。
プロ野球・プロバスケ、音楽ライブ、演劇を撮影させていただいています。
【website】 https://tarophoto.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ウィーン旅行体験記親友の海外フォトウェディングのお手伝いで訪れたウィーン。写真撮影後「きょうは甘…
  2. カトマンズ旅行体験記子どもの頃に見た、大きくてカラフルな、怖い顔なのにどこかユーモラスな神様。ず…
  3. スミニャック地区のプールヴィラをメインにしたバリ旅行♪| トラベルダイアリー
    バリ旅行体験記リゾート地でも一度ヴィラに泊まりたいという思いがありました。バリだとわりとリーズナ…
  4. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  5. ナイアガラ旅行体験記イエローナイフにオーロラを見に行こうと決めた時に、ナイアガラの滝を一緒に見に…
  6. ドゥブロヴニク旅行体験記テレビや雑誌でこれまで何度も目にした事のある、城壁に囲まれた小さな街ドゥ…
  7. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  8. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  9. 首都チュニス散策&世界遺産ドゥッガ遺跡へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    チュニス旅行体験記地中海に面したチュニスは北アフリカでありながらもどこかヨーロッパのような雰囲気…
  10. まるで映画の世界‼憧れの街【ニューヨーク】でやりたいこと| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記 「海外ドラマ」や「海外映画」様々な作品で舞台になっている街「ニ…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  2. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  3. 白浜旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神を観光。次なる目的地は「南紀・白…
  4. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  5. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  6. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…
  7. 味を占めた一人旅第二弾!キレイな水が見たいぞ忍野八海| トラベルダイアリー
    忍野八海旅行体験記 第一弾の三重旅行からしばらく経ち、桜の季節が少し過ぎた頃『どこか…
  8. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  9. 日本の美しさを。北陸 石川県「金沢」を感じる癒しの旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記日本庭園が好きで、日本三名園である金沢の兼六園に以前から行ってみたいと思っていたの…
  10. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…

最新記事

  1. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  2. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  3. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  4. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  5. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  6. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  7. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  8. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  9. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  10. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…

Archive



PAGE TOP