想像超えのビックスケール!ロンドン・ハー・マジェスティーズ劇場

ハー・マジェスティーズ劇場体験記

これまでロンドンに行った際は、博物館巡りやショッピングを楽しむことが多かったのですが、今回はあえて「ハー・マジェスティーズ劇場(ハー・マジェスティーズシアター)」にて、ミュージカル鑑賞を満喫してきました★ここではその時の感動体験をレポします!

ハー・マジェスティーズ劇場について

おすすめのポイント
  1. あの、「オペラ座の怪人」の聖地である点
  2. ロンドンの中心街でアクセス抜群な点
  3. 重厚感ある歴史的劇場である点

「女王陛下の劇場」の意味を持つ「ハー・マジェスティーズ劇場」は、ロンドンの中心部にある由緒正しき劇場。あの大人気ミュージカル「オペラ座の怪人」の初演が行われた場所としても有名です。ロンドンの中心部に位置する劇場は、歴史の重厚感あふれる外観がとにかくカッコイイ!そして、一歩中に足を踏み入れれば、そこはもう「オペラ座の怪人」のための舞台が整っています!

ハー・マジェスティーズ劇場のおすすめポイント

歴史の重みを感じる、重厚感たっぷりな外観

「ハー・マジェスティーズ劇場(英:Her Majesty’s Theatre)」は、1705年にロンドンの「ヘイマーケット」というエリアにあります。残念ながら、2度の火災に見舞われ、現在ある施設は1869年に再建されたものだそうですが、それでもかなりの歴史を感じる建物は、一見の価値ありです!(余談ですが、日本でいうと、長崎にある世界遺産、大浦天主堂とほぼ同時期に建てられたものになります。)

入り口付近にある怪しげなレリーフ

ハー・マジェスティーズ劇場の入口付近には、写真のような怪しげなブロンズのレリーフが埋め込まれていました。そう!これは、人気ミュージカル「オペラ座の怪人」の怪人のマスク。ハー・マジェスティーズ劇場といえば1986年10月9日にここ、ハー・マジェスティーズ劇場で初演されたことで有名。レリーフはその事実を記したものとなります。

オペラ座の怪人ファンにはたまらない、館内の雰囲気

1986年の初演以来、オペラ座の怪人を公演し続けているハー・マジェスティーズ劇場。いまでは27カ国以上で公演され、日本でも1988年以来劇団四季が上演を重ねていますが、やはり一生に一度は聖地で観たい!ハー・マジェスティーズ劇場は、そんなファンたちの想いに応えるべく、一歩中に入ると、オペラ座の怪人にまつわる展示がずらり。劇が始まる前から、本場ならではの雰囲気に、興奮が抑えられませんでした。

ハー・マジェスティーズ劇場でのおすすめグルメ

Fortnum & Mason

フォートナム&メイソンは、ミントグリーンのパッケージが愛らしい英国きってのグルメブランド。特に紅茶が有名な為、ロンドン土産としてもらったことのある方もいるかもしれません。フォートナム&メイソンの本店は、なんと、ハー・マジェスティーズ劇場から歩いて500メートルほどのところにあります。こちらも1707年創業の老舗中の老舗。上品な雰囲気がとても美しいので、是非立ち寄ってみてください。

ハー・マジェスティーズ劇場でのおすすめのショッピングスポット

Piccadilly Circus周辺

「ピカデリー・サーカス」はロンドンはもちろん、世界を代表する繁華街です。ハー・マジェスティーズ劇場と同じ地区にあるため、劇場に行く予定の方は、特に意識しなくとも、何度も足を踏み入れることでしょう。世界を代表する有名メーカーのネオンサインが昼夜輝き、夜中でもまるで昼間のよう!買い物予定のない方も、是非雰囲気だけでも味わいに行ってみてください。

ハー・マジェスティーズ劇場にて宿泊したホテル

Hyatt Regency LondonーThe Churchill

私たちは米チェーン系ホテルの「ハイアット・リージェンシー・ロンドン・ザ・チャーチル」に泊まりました。ハー・マジェスティーズ劇場からは、歩くと30分ほどかかりましたが、ロンドン市内はどこも交通の便が良いので、ほとんど気になりませんでした。とにかくホテルの数が多いので、ご予算や旅の目的に合わせて豊富な選択肢の中からホテル選びをしてみてください。

ハー・マジェスティーズ劇場にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちは個人手配でハー・マジェスティーズ劇場へ行きました。オペラ座の怪人のチケットは事前に公式ホームページから予約。日本で映画やコンサートのチケットを手配するのとほぼ同じ感覚で手配出来たため、ストレスフリーだったように思います。公式ホームページは英語ですが、日本人の方がつくった「チケット予約に関する解説サイト」などもたくさんあるので、多少英語が出来る方は、個人手配でも十分かと思います。

ハー・マジェスティーズ劇場旅行に必要な持ち物とは

「ちょっとした軽食」
オペラ座の怪人を夜、御覧になる予定の方は、上演終了が22時過ぎになります。出来たら劇場に入る前に、ささっと食べられるパンやクッキーお菓子などがあると◎私たちはお腹いっぱいになると眠くなてしまいそうだった為、チョコやクッキーを食べてから劇場に向かいましたが、もちろん、時間が取れる方は食事を済ませてから劇場へ向かうのもアリです!

ハー・マジェスティーズ劇場で気を付けることとは!?

ハー・マジェスティーズ劇場旅行での注意点
  1. 清潔感のある服装で行きましょう。
  2. 開始時刻に間に合うように向かいましょう。
  3. 上演中、スマホの電源はオフにしておきましょう。

ハー・マジェスティーズ劇場は外国人観光客も多い為、ドレスコードはほとんどありません。デニムやTシャツといった、カジュアルな格好の方もたくさんいましたが、出来れば多少フォーマルな格好を心がけましょう。また、言わずもがな、上演中はスマホを出したり写真を撮ったりするのは厳禁。周りの方への迷惑にもなる為、必ず開始時刻に間に合うように、劇場へ向かいましょう。

まとめ

世界を代表する劇場地区”ロンドン・ウエストエンド”にあるハー・マジェスティーズ劇場。エリア一帯では、オペラ座の怪人の他にも有名な作品が数多く公演されており、それぞれの劇場前には、大きなポスターが張り出されています。観劇予定のない方も、一見の価値アリですので、是非近くまで行った際はハー・マジェスティーズ劇場や周辺を散策してみてください。

 

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ノスタルジックでカワイイ街!クロアチアの首都サグレブ| トラベルダイアリー
    ザグレブ旅行体験記ヨーロッパと言えばフランスやイギリス、イタリアなど観光客に人気の国がたくさんあ…
  2. アントワープ旅行体験記小さい頃、母に読んでもらったおはなし・フランダースの犬。いつか見たいと思っ…
  3. 台北旅行体験記千と千尋の神隠しの舞台にもなったとも言われる九份へ行ってみたいと思い、台北へ旅行し…
  4. イスタンブール旅行体験記不思議な縁があり、4回も訪れたことのあるイスタンブール。1回目は友達と、…
  5. ラヴェンナ旅行体験記イタリア人のインスタで見た、美しいモザイク画の風景。ずっと気になっていたイタ…
  6. メルボルン旅行体験記知人が留学中ということで誘われて行くことになったメルボルン。オシャレな街並み…
  7. ボラボラ島旅行体験記モルディブのブルーラグーンに感動し、それ以上のきれいな海を見たい!!と思い念…
  8. ローマ旅行体験記イタリアの首都「ローマ」とローマ市内にある世界最小の国「バチカン市国」へ行ってき…
  9. ペーザロ旅行体験記オペラ好きの両親の「行ってみたい!」の気持ちにこたえるべく向かったマルケ州、ペ…
  10. 女子一人旅 in イタリア ここもデモ!そして体調不良、ローマ| トラベルダイアリー
    ローマ旅行体験記風邪をひいたまま到着したローマ。治るどころか悪化させてしまい、体調は絶不調。それ…

国内旅行おすすめ

  1. 尾花沢旅行体験記一度訪れてみたかった大正の情緒溢れる温泉街。1泊2日でゆっくりできる旅先を探して…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  3. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…
  4. 静岡・山梨旅行体験記静岡県と山梨県と言えば、世界文化遺産である富士山と思い浮かびますね。…
  5. あゝ美しき和歌山!~自然溢れる絶景スポット巡りの旅~ | トラベルダイアリー
    那智旅行体験記2018年GW、以前から気になっていた和歌山県へ旅行に行ってきました。行きたい場所…
  6. 松山旅行体験記 愛媛県の新居浜市への出張3日間を終え、移動日まるまる使って松山に観光…
  7. 佐久島旅行体験記アートの島として有名な佐久島に仲の良い友達3人で行ってきました。とても手軽に離島へ…
  8. 兵庫「城崎温泉」の源泉で作る、最高の温泉たまごを。| トラベルダイアリー
    城崎旅行体験記本格的に寒くなる前に、城崎の温泉街で外湯巡りを楽しみたかったため、冬になるまえに旅…
  9. 京都旅行体験記関西方面に旅行される方には京都観光はマストですよね!大阪、京都とは一風変わった雰囲…
  10. 不要な縁は切りたい!過去の思い出に京都の縁切り神社でさようなら| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記転職をしようと決めた。会社に今後の進退を報告する書類を出した所、引き留めるために何…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP