想像超えのビックスケール!ロンドン・ハー・マジェスティーズ劇場

ハー・マジェスティーズ劇場体験記

これまでロンドンに行った際は、博物館巡りやショッピングを楽しむことが多かったのですが、今回はあえて「ハー・マジェスティーズ劇場(ハー・マジェスティーズシアター)」にて、ミュージカル鑑賞を満喫してきました★ここではその時の感動体験をレポします!

ハー・マジェスティーズ劇場について

おすすめのポイント
  1. あの、「オペラ座の怪人」の聖地である点
  2. ロンドンの中心街でアクセス抜群な点
  3. 重厚感ある歴史的劇場である点

「女王陛下の劇場」の意味を持つ「ハー・マジェスティーズ劇場」は、ロンドンの中心部にある由緒正しき劇場。あの大人気ミュージカル「オペラ座の怪人」の初演が行われた場所としても有名です。ロンドンの中心部に位置する劇場は、歴史の重厚感あふれる外観がとにかくカッコイイ!そして、一歩中に足を踏み入れれば、そこはもう「オペラ座の怪人」のための舞台が整っています!

ハー・マジェスティーズ劇場のおすすめポイント

歴史の重みを感じる、重厚感たっぷりな外観

「ハー・マジェスティーズ劇場(英:Her Majesty’s Theatre)」は、1705年にロンドンの「ヘイマーケット」というエリアにあります。残念ながら、2度の火災に見舞われ、現在ある施設は1869年に再建されたものだそうですが、それでもかなりの歴史を感じる建物は、一見の価値ありです!(余談ですが、日本でいうと、長崎にある世界遺産、大浦天主堂とほぼ同時期に建てられたものになります。)

入り口付近にある怪しげなレリーフ

ハー・マジェスティーズ劇場の入口付近には、写真のような怪しげなブロンズのレリーフが埋め込まれていました。そう!これは、人気ミュージカル「オペラ座の怪人」の怪人のマスク。ハー・マジェスティーズ劇場といえば1986年10月9日にここ、ハー・マジェスティーズ劇場で初演されたことで有名。レリーフはその事実を記したものとなります。

オペラ座の怪人ファンにはたまらない、館内の雰囲気

1986年の初演以来、オペラ座の怪人を公演し続けているハー・マジェスティーズ劇場。いまでは27カ国以上で公演され、日本でも1988年以来劇団四季が上演を重ねていますが、やはり一生に一度は聖地で観たい!ハー・マジェスティーズ劇場は、そんなファンたちの想いに応えるべく、一歩中に入ると、オペラ座の怪人にまつわる展示がずらり。劇が始まる前から、本場ならではの雰囲気に、興奮が抑えられませんでした。

ハー・マジェスティーズ劇場でのおすすめグルメ

Fortnum & Mason

フォートナム&メイソンは、ミントグリーンのパッケージが愛らしい英国きってのグルメブランド。特に紅茶が有名な為、ロンドン土産としてもらったことのある方もいるかもしれません。フォートナム&メイソンの本店は、なんと、ハー・マジェスティーズ劇場から歩いて500メートルほどのところにあります。こちらも1707年創業の老舗中の老舗。上品な雰囲気がとても美しいので、是非立ち寄ってみてください。

ハー・マジェスティーズ劇場でのおすすめのショッピングスポット

Piccadilly Circus周辺

「ピカデリー・サーカス」はロンドンはもちろん、世界を代表する繁華街です。ハー・マジェスティーズ劇場と同じ地区にあるため、劇場に行く予定の方は、特に意識しなくとも、何度も足を踏み入れることでしょう。世界を代表する有名メーカーのネオンサインが昼夜輝き、夜中でもまるで昼間のよう!買い物予定のない方も、是非雰囲気だけでも味わいに行ってみてください。

ハー・マジェスティーズ劇場にて宿泊したホテル

Hyatt Regency LondonーThe Churchill

私たちは米チェーン系ホテルの「ハイアット・リージェンシー・ロンドン・ザ・チャーチル」に泊まりました。ハー・マジェスティーズ劇場からは、歩くと30分ほどかかりましたが、ロンドン市内はどこも交通の便が良いので、ほとんど気になりませんでした。とにかくホテルの数が多いので、ご予算や旅の目的に合わせて豊富な選択肢の中からホテル選びをしてみてください。

ハー・マジェスティーズ劇場にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちは個人手配でハー・マジェスティーズ劇場へ行きました。オペラ座の怪人のチケットは事前に公式ホームページから予約。日本で映画やコンサートのチケットを手配するのとほぼ同じ感覚で手配出来たため、ストレスフリーだったように思います。公式ホームページは英語ですが、日本人の方がつくった「チケット予約に関する解説サイト」などもたくさんあるので、多少英語が出来る方は、個人手配でも十分かと思います。

ハー・マジェスティーズ劇場旅行に必要な持ち物とは

「ちょっとした軽食」
オペラ座の怪人を夜、御覧になる予定の方は、上演終了が22時過ぎになります。出来たら劇場に入る前に、ささっと食べられるパンやクッキーお菓子などがあると◎私たちはお腹いっぱいになると眠くなてしまいそうだった為、チョコやクッキーを食べてから劇場に向かいましたが、もちろん、時間が取れる方は食事を済ませてから劇場へ向かうのもアリです!

ハー・マジェスティーズ劇場で気を付けることとは!?

ハー・マジェスティーズ劇場旅行での注意点
  1. 清潔感のある服装で行きましょう。
  2. 開始時刻に間に合うように向かいましょう。
  3. 上演中、スマホの電源はオフにしておきましょう。

ハー・マジェスティーズ劇場は外国人観光客も多い為、ドレスコードはほとんどありません。デニムやTシャツといった、カジュアルな格好の方もたくさんいましたが、出来れば多少フォーマルな格好を心がけましょう。また、言わずもがな、上演中はスマホを出したり写真を撮ったりするのは厳禁。周りの方への迷惑にもなる為、必ず開始時刻に間に合うように、劇場へ向かいましょう。

まとめ

世界を代表する劇場地区”ロンドン・ウエストエンド”にあるハー・マジェスティーズ劇場。エリア一帯では、オペラ座の怪人の他にも有名な作品が数多く公演されており、それぞれの劇場前には、大きなポスターが張り出されています。観劇予定のない方も、一見の価値アリですので、是非近くまで行った際はハー・マジェスティーズ劇場や周辺を散策してみてください。

 

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ウユニ塩湖旅行体験記SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目…
  2. グリンデルワルドからベルン・ヌーシャテル・グリュイエールへ弾丸日帰り観光| トラベルダイアリー
    グリュイエール旅行体験記グリンデルワルドから日帰りでベルン、ヌーシャテル、グリュイエールへ日帰り…
  3. モナコ公国についてモナコ公国といえば世界各国の富裕に人気で、治安が良い国として知られていますよね!も…
  4. 台北旅行体験記千と千尋の神隠しの舞台にもなったとも言われる九份へ行ってみたいと思い、台北へ旅行し…
  5. 女子一人旅 in アメリカ 最先端なのに穏やかな街シアトル| トラベルダイアリー
    シアトル旅行体験記バンクーバーから友達と一緒にシアトルに来ました。シアトルと言えばイチローのいた…
  6. ラヴェンナ旅行体験記イタリア人のインスタで見た、美しいモザイク画の風景。ずっと気になっていたイタ…
  7. ローマ旅行体験記10代の時に初めてローマ旅行をして以来、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった私…
  8. アテネ旅行体験記ヨーロッパ第1ヵ国目はギリシャでした。初のヨーロッパにうきうきしていたのです…
  9. ロンドン旅行体験記ずっと憧れがあって行ってみたかったロンドンですが、どこを切り取っても写真になる…
  10. トリニダー旅行体験記素朴なキューバの田舎町であるトリニダーでは、街歩きや森林浴、ビーチ、キューバ…

国内旅行おすすめ

  1. 北海道での夏休み!~小樽運河&定山渓温泉&札幌の白い恋人パーク~| トラベルダイアリー
    小樽・札幌旅行体験記小樽運河に行ってみたい!温泉にも行きたい!美味しいもの食べたい!など皆の意見…
  2. 国営ひたち海浜公園で青の絶景を楽しむ旅~in 茨城・ひたちなか~| トラベルダイアリー
    ひたちなか旅行体験記ネモフィラとチューリップどちらも観賞できる日に「国営ひたち海浜公園」へ行って…
  3. 彫刻の森美術館旅行体験記SNSなどで有名な「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」が一目見たくて、日帰りで訪…
  4. 小江戸・栃木の「蔵の街」&足利の「フラワーパーク」をめぐる旅!| トラベルダイアリー
    栃木・足利旅行体験記ドラマ「JIN-仁-」などのロケ地となった栃木市の「巴波川(うずまがわ)」と…
  5. 上高地
    松本旅行体験記松本は、長野県第二の都市。日本アルプスへの中継地点という事もあり、山へ登りに行…
  6. ハイカラな街!横浜でゆる〜くハマ歩きをして気分爽快!| トラベルダイアリー
    横浜旅行体験記何度も訪れたことのある横浜ですが、異国情緒溢れる街を散策して気分をリフレッシュしたい…
  7. 大神神社・やまのべの道旅行体験記お天気に誘われて、奈良は大神神社のご神体「三輪山」登拝の旅へ…
  8. ~磯山神社の「あじさいまつり」&アンブレラスカイ~in栃木・鹿沼| トラベルダイアリー
    鹿沼旅行体験記神社巡りが好きで情報収集をしていたところ、鹿沼市の「磯山神社」はあじさいの名所で、…
  9. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  10. 訪れる価値あり!現代アートと大自然を体感できる街・十和田市!| トラベルダイアリー
    十和田旅行体験記一度行ってみたかった青森県十和田市。あまり知らない人も多いかもしれませんが、ここ…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP