爆笑必至!?イタリア・ポンペイ遺跡で大人の社会科見学

ポンペイ旅行体験記

数年前、団体ツアーで初めて訪れたポンペイ遺跡。その時は残念ながら、滞在時間が1時間だったので、消化不良のままの帰国でした。「もっとじっくり見たい!」今回、思い切って足を伸ばしましたので、その時の旅行記をご紹介します。

ポンペイ旅行について

おすすめのポイント
  1. ポンペイ遺跡の中にみる、当時の人たちの愉快な人間模様
  2. 悠久の時を感じる遺跡×ヴェスヴィオ山とのコラボレーション
  3. 日本とイタリアの当時の生活の違いを比べられる点

歴史の時間に学んだポンペイ遺跡は、どことなく悲しい印象。79年にヴェスヴィオ山が噴火し、逃げ遅れた人たちの姿形がわかる遺跡がある、悲しくて怖い場所のように思っていました。しかし、いざ行ってみるとなんだかクスッと笑える遺跡もたくさん!当時の人たちの今とほとんど変わらない人間模様や生活スタイルを見て取ることができ、あっという間に帰りの時間となってしまいました。遺跡から望むヴェスヴィオ山の風景も必見。日本の弥生時代との違いも味わいながら楽しめる点も魅力です。

ポンペイ旅行のおすすめのスポット

パン屋さんに居酒屋さん!ポンペイにある日常風景

ポンペイ遺跡の中で、特に驚いたものの一つが、当時のお店の跡。パン屋さん(Casa del Forno/カーザ・デル・フォルノ)や居酒屋さん(Taberna/タベルナ)といった、今でも日常生活に欠かせないお店たちが、当時のポンペイにもあったそうで、その跡がしっかりと残っていました。パン屋さんのかまどに、鍋代わりの穴。想像以上にしっかりと残っているため、見ているだけで一瞬でポンペイの人たちの時代へ、タイムスリップすることが出来ます。

巨大な円形闘技場(アンフィテアートロ・ディ・ポンペイ)

円形闘技場(Anfiteatro di Pompei)は、入口のあるマリーナ門(Porta Marina/ポルタ・マリーナ)見て、一番奥にあります。初ポンペイの時は、手前しか見て回れなかった為、奥にこんな素晴らしいものがあるということに、今回本当に驚きました。この闘技場はなんと現役で野外劇場として利用されており、この日も裏に、コンサート用の音響設備がたくさん置いてありました。入口からゆっくり歩いて30分ほどで行くことが出来ますので、時間がある方は、是非足を伸ばしてみてください。

愛犬家の方は共感できること間違いなし!「猛犬注意」のモザイク

ポンペイ遺跡の中で、特に人気のもののひとつが豪邸の家の前に敷かれた「CAVE CANEM (カウェー・カネム/猛犬注意)」のモザイクです。ポンペイ遺跡にあるものは実はレプリカなのですが、1000年以上前の人が、犬を飼っていたということ自体に私はとにかく驚きました。このモザイクは、家や車用のサインプレートとなってお土産としてたくさん売られていました。ワンちゃんを飼っている方へのお土産に最適!ぜひ合わせてチェックしてみてください。

ポンペイでのおすすめグルメ

ポンペイ遺跡内の休憩所

ポンペイ遺跡はとにかく広い!外でゆっくりご当地メニューを食べるのもですが、個人的にはこの日はサクっとエネルギーチャージして、遺跡見学に時間を割いた方が良いかと思います。遺跡内にはベネトン社が経営する休憩ポイント(Punto ristoro)の「オートグリル(Autogrill)」があります。イタリアの高速のパーキングエリアなどではお馴染みの施設で、ピザ、ジェラート、ドリンクといった、ひととおりのメニューが食べられますよ!味もおいしいのでオススメです。

ポンペイでのおすすめのショッピングスポット

駅前の土産物店

ポンペイ遺跡の内のお土産物やさん(BOOKSHOP)も魅力的でしたが、ちょっとしたお土産品を手頃な値段で買いたい方は、ポンペイ遺跡駅(Pompei Scavi/ポンペイ・スカーヴィ)から遺跡入口までの道に、縁日のようにたくさんテント小屋の土産物店が出ているので、そちらも便利です。写真はこの地に伝わる魔除けのお守りとマグネット。これ以外にもポンペイ遺跡をモチーフにしたマグネットや置物などもたくさんあります。「あぁ、これ見たね!」なんて、見て回るだけでも楽しめました。

ポンペイにて宿泊したホテル

Eurostars Hotel Excelsior(ユーロスター・ホテル・エクセルシオール)

私たちは翌日ナポリ観光を楽しみたかったため、ナポリ市内に宿泊しました。ユーロスター・ホテル・エクセルシオールは、駅からタクシーで20分ほど。サンタルチア港沿いのホテルです。本当は駅前の方が楽かとも思ったのですが、ナポリ市内はサンタルチア港周辺の方が駅前よりもまだ治安が良いと聞き、こちらのホテルにしました。駅からのアクセスは決して良いとはいえませんが、朝食会場からの眺めが素敵&なにより怖い思いもせず、安心して宿泊出来たので、ここで良かったと思っています。

ポンペイ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちはナポリ・ガリバルディ駅(Napoli Garibaldi)から列車でポンペイ遺跡駅に行きました。乗り換えなしで40分ほどで到着し、駅から遺跡の入口までも徒歩で1-2分ほどの距離だったので、全く迷わず行くことができました。一方で、ナポリ・ガリバルディ駅構内と車内の雰囲気が結構悪い印象…。海外旅行経験があまりない方や、少しでも不安のある方は、迷わずタクシーや現地発着の団体ツアー等で行くことをオススメします。

ポンペイ旅行に必要な持ち物

「日本語のガイドブック」
遺跡周辺にはイタリア語、英語の案内板がたくさんあります。また入口で簡単な案内パンフレットももらえます。しかしながら、専門用語が多い!ということで、予習復習するためにも、ポンペイ遺跡にまつわる日本語のガイドブックを1冊用意しておくとさらに理解が深まると思います。当日までに手に入らなかった場合は、施設内の「BOOKSHOP」でもお買い求めいただけます。

ポンペイ旅行での注意点

ポンペイ旅行での注意点
  1. 春~秋は男性も日焼け止めを塗って行くと安心です
  2. ペットボトル、水筒など、水分補給アイテムをお忘れなく
  3. スニーカーで行くと安心安全に散策出来ます

春先から秋にかけてポンペイ遺跡に行く方は、日焼け止めを是非お持ちください。遺跡は全体的に白っぽいため、想像以上に照り返しがキツいです。また、給水エリアも少ないのでペットボトルの水や水筒を持っていると安心です。加え、スニーカーで行くのが大正解。遺跡はいわずもがな、石畳です。1つ1つの石が大きいため、ヒールが溝にすっぽりはまると、なかなか取り出すことができません。

まとめ

今日も修復や発掘作業が続けられているポンペイ遺跡は、実はまだまだ見学できないエリアがたくさんあります。ということで、これから先も、行く度に新しいポンペイ遺跡の姿に出会えることでしょう。行く季節や年齢によっても違った印象を持つポンペイ遺跡は、まるで、噛めば噛むほど味が出てくるスルメのよう。是非「一生に一度!」と言わず、機会があれば何度でも足を運んでみてください。

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子一人旅 in イギリス 友人を訪ねてバーミンガムへ| トラベルダイアリー
    バーミンガム旅行体験記いよいよヨーロッパ最後の国、イギリスへ。まずは留学中の友人を訪ねてバーミン…
  2. ロンドン旅行体験記ずっと憧れがあって行ってみたかったロンドンですが、どこを切り取っても写真になる…
  3. カナダで世界三大瀑布ナイアガラの滝を飽きるまで堪能!| トラベルダイアリー
    オンタリオ旅行体験記自然が大好きなので日本では見ることの出来ない壮大な景色に憧れがあり、カナダ旅…
  4. 逆さマッターホルンを求めて…。スイス・リッフェル湖への旅| トラベルダイアリー
    リッフェル湖旅行「逆さ富士」ならぬ「逆さマッターホルン」が見られるといわれる、スイスの景勝地「リ…
  5. ルアンパバーン旅行体験記ラオスについて聞いたことはあるものの、日本人にはあまり馴染みのない国なの…
  6. 【ガイドおすすめ】死ぬまでに見たい!加計呂麻島で絶景スポット巡り| トラベルダイアリー
    加計呂麻島旅行体験記今回は、奄美在住のガイドさんと一緒に“この世の楽園”と称される加計呂麻島へ行…
  7. HAWAII_FRA_DOLL
    ハワイ【ワイキキ】旅行体験記南国ハワイへ行ってきました!オアフ島にあるワイキキはとてもにぎわって…
  8. 市内のシンボル台北101とノスタルジックな雰囲気の九份へ| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台北市内の観光スポットを網羅しつつ、滞在中は現地オプショナルツアーにも参加しました…
  9. メルボルン旅行体験記知人が留学中ということで誘われて行くことになったメルボルン。オシャレな街並み…
  10. 女子一人旅 in カナダ 英国?中国?いろんな顔を持つバンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記メキシコを離れ、その後はアメリカで友達と合流してバンクーバーに行きました。…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  2. 富士山旅行体験記 "♪富士は日本一の山〜" 小さい頃から馴染みのある日本のシンボル「…
  3. 岐阜の小京都!1泊2日で巡る秋の飛騨高山~白川郷の旅| トラベルダイアリー
    高山旅行体験記11月初旬。1泊2日の休みを使って、まだ行ったことがない土地に行ってリフレッシュを…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ箱根の旅| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記首都圏で手軽に行ける温泉地として人気の箱根。素敵な温泉地や温泉宿は大人が嬉しい場所…
  5. 春夏秋冬を楽しめる!観光客が絶えない京都・嵐山の旅| トラベルダイアリー
    嵐山旅行体験記関西に住むことになったのきっかけに、休みがあれば周辺の観光名所を散策して過ごしまし…
  6. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  7. 上高地
    松本旅行体験記松本は、長野県第二の都市。日本アルプスへの中継地点という事もあり、山へ登りに行…
  8. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…
  9. 【一人旅】都内のオアシス三鷹で3連泊。緑とセミの鳴き声に囲まれる| トラベルダイアリー
    三鷹旅行体験記3連休に乗じて旅行したいと思ったものの、感染症対策のため遠出ははばかられるご時世。…
  10. 博多グルメと糸島ドライブで身も心も満たす! | トラベルダイアリー
    博多旅行体験記最近、徐々に知名度を上げている糸島で、いろんなきれいな写真を撮りたくて福岡旅行を決…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP