聖母マリアと世界三大織物のまち、イタリア・ビエッラ旅物語

ビエッラ旅行体験記

織物の街として古くから栄え、多くの有名ブランドを輩出してきたイタリア・ビエモンテ州の都市ビエッラ(ビエラ)。友人の出張に同行する形で日帰り旅をしました。ここではその時の様子をレポします♡

ビエッラ旅行について

おすすめのポイント
  1. きれいな水で体の中からデトックスできる!
  2. 実は世界三大生地生産地のひとつ!
  3. 郊外では世界遺産の聖母マリアに会える!

ビエッラ(Biella)は、いにしえよりアルプスからの綺麗な水を貴重な資源として発展を遂げてきました。街を見渡せば、ビールやミネラルウォーターなどの特産品がたくさんあります。とりわけ世界的に有名なのが織物。日本でも知られるアパレルブランドも実はビエッラ発祥のものが多数あるほど、この地にとって欠かせない需要産業です。郊外のオローパ(Oropa)にある世界遺産も必見。時間が許す限り、是非訪れてほしいオススメスポットです。

ビエッラ旅行のおすすめのスポット

Battistero San Giovanni Battista

「バティステロ・サン・ジョバンニ・バッティスタ(サン・ジョバンニ・バッティスタ洗礼堂)」は、イタリア各地にある有名な洗礼堂に比べると、かなり素朴なもの。しかし、それがかえって周りの豪華絢爛な教会群と一線を画す、特異な存在感を放っていて、じわじわ心を掴んで離しませんでした。まるで他の景色から取り残されてしまったかのような佇まい。赤レンガを基調とした建物は、なんと9世紀に建てられたものだそうです。すぐ傍にあるビエッラ大聖堂との対比も見事でしたので、セットでご鑑賞ください。

Funicolare di Biella

みなさま「フニクリ・フニクラ」というイタリアの合唱曲をご存知でしょうか?曲の中で歌われる「フニクラ」は、この「フニコラーレ(ケーブルカー)」の愛称。イタリアでは、現在でも日常的に使われている交通手段の一つで、ここ、ビエッラにある「フニコラーレ・ディ・ビエッラ」も、人々の生活に欠かせない存在です。ふもとから高台に向かう際の、街並みは最高!日本ではなかなか乗れないものですので、是非ビエッラに来たら乗ってみてください♪

Santuario di Oropa

「サントゥアリオ・ディ・オローパ」はビエッラからバスで40分ほど走った所にある世界遺産です。ここはカトリック教徒にとって、マリア様を信仰するためのとても重要な場所なのですが、その背景を知らなくとも、山の中に突如現れるたくさんの教会群には、誰もが心を奪われることでしょう。上の写真は新しい教会(Basilica Superiore)で、少し離れた所にある古い方の教会(Basilica Antica)の中にある「黒いマリア様(Madonna Nera/マドンナ・ネーラ)」も必見です。

ビエッラでのおすすめグルメ

Polenta

「ポレンタ」は、とうもろこしの粉をお湯で伸ばして作る、マッシュポテトのようなメニューで、イタリア中にたくさんのレシピが存在します。特にビエッラでは、チーズやバターでさらにとろっとろにした「ポレンタ・コンチャ」が有名。上の写真は、ポレンタ・コンチャを型に入れて焼いた「焼きポレンタ(Polenta grigliata/ポレンタ・グリリアータ)」というレシピです。地元産の乳製品をたっぷり使ったポレンタは食べれば、一気に身体の中から温まりますよ!冬は特にオススメです。

ビエッラでのおすすめのショッピングスポット

Centro Commerciale Gli Orsi

「チェントロ・コメルチャーレ・イ・オルシ」はいわゆるイタリアの大型ショッピングセンター。街中から車で10分ほど離れたところにあるのですが、日本の大型ショッピングモールと同じような感覚で過ごすことが出来るので、特に家族連れや小さなお子様がいるご家庭にオススメです。入口には街のシンボルの熊(イタリア語でオルソ)のモニュメント!ここへ来たら是非旅の記念に一緒に写真撮影もお忘れなく♪

ビエッラにて宿泊したホテル

Starhotels Majestic

私たちはピエモンテ州の州都トリノから日帰りでビエッラに行った為、宿泊先はトリノのターミナル駅「ポルタ・ヌォーヴァ(Porta Nuova)」の目の前のスターホテルズ・マジェスティックに宿泊しました。帰宅が夜22時半を過ぎてしまったのですが、それでも安心して駅から向かうことが出来たのでオススメ。駅ナカも発達しており、営業時間が長い店もいくつかあった為、飲み物や食べ物も便利に調達することが出来ました。

ビエッラ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちはトリノに宿泊し、日帰りでビエッラに行きました。友人がいたので個人的には気楽でしたが、途中、電車の乗り換えなどもあったため、1人で旅行するとしたら、ツアーで参加していたような気がします。世界遺産のオローパまで巡りたい方は、ビエッラについてからも市営バスを利用する必要があるため、場合によってはツアーの方が安心&効率よくまわれるかもしれません。

ビエッラ旅行に必要な持ち物とは

「ビエッラに関する観光情報」
ビエッラはとても素敵な街。特に郊外にある世界遺産オローパは、その宗教的背景を知らなくとも、姿を見るだけで心が洗われる思いがしました。しかし背景を知っていれば、さらに街への魅力は増すもの。残念ながら、書店で売られているイタリアの観光ガイドには、ビエッラの紹介ページはないので、インターネットから、事前に街の情報を収集しておくと良いでしょう。特にビエッラは、群馬県桐生市と国際姉妹都市のため、桐生市のホームページにあるビエッラの紹介ページが大変参考になります。

ビエッラ旅行で気を付けることとは!?

ビエッラ旅行での注意点
  1. レストランやホテルは事前予約が吉
  2. 出来たらレンタカーがおすすめ
  3. オローパ行きのバスは発着時刻にご注意

ビエッラは大きなイベントがない限り、観光客でごった返すことはありません。しかし、逆に、レストランやホテルの数がそこまで多くないため、土日になると予約が一気に取れにくくなります。時間に余裕がある方は、どれか1つだけでも先に予約をしておくと安心でしょう。また、さらに効率良くまわるなら、マイカーの方が断然有利。特にビエッラ駅から、オローパへ行くバスは、朝夕以外本数が減るので、場合によっては1時間以上の待ち時間が発生してしまう場合があります。

まとめ

ビエッラの街は大きく高台の街(ピアッツォ/Piazzo)と、ふもとの町(ピアーノ/Piano)に分かれており、それぞれ異なる趣がある点も特長です。街のあちこちから望むことのできる雄大なアルプスの山並みも旅情をさらに高めますよ!私たちはトリノから向かいましたが、ミラノからも2時間程度で行くことができます。是非機会があれば足を伸ばしてみてください。

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力 | トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記年末年始休暇を使ってロシアのウラジオストクに一人旅をしてきました。マイナ…
  2. パリ旅行体験記留学含めてフランスに行くのは3回目。現在はパリに妹が住んでいるので、年末年始に訪れ…
  3. ウユニ旅行体験記前回、ウユニ①の記事でご紹介したツアーでは、乾季と雨季それぞれ違ったウユニ塩湖を…
  4. 人生に一度じゃ勿体ない!もう一度行きたくなるニューヨークの街| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記「一度は行ってみたい!」と旅だった先は、大都市ニューヨーク。一度行けば満足…
  5. 台湾・台北で朝から晩までしっかり食べる!遊ぶ!買う!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記近場で美味しいものが食べられる海外に行きたい!という理由から、台湾の台北へ!東…
  6. 毎日がクリスマス♪ドイツ・ローテンブルク旅行記| トラベルダイアリー
    ローテンブルク旅行体験記フランクフルトで暮らす友人に誘われ、ローテンブルク(ローテンブルク・オプ…
  7. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  8. プノンペン旅行体験記シェムリアップからバスに揺られてプノンペンに行ってみました。ポルポト政権の時…
  9. フェズブー・ジュルード門 | トラベルダイアリー
    モロッコ【フェズ】旅行体験記モロッコ北部に位置する【フェズ】ですが、ここではフェズブルーが用いら…
  10. 普段見られない景色をみる 真夏のロンドンと近郊日帰り旅| トラベルダイアリー
    ロンドン旅行体験記ほぼはじめてのロンドンということもあって、バッキンガム宮殿と衛兵の交代式を見て…

国内旅行おすすめ

  1. 【一人旅】アジアの玄関口、福岡・太宰府で、歴史を学ぶお勉強気分に浸る| トラベルダイアリー
    太宰府旅行体験記土日に時間ができたため、1泊旅行に行こうとしたものの、季節は梅雨。なるべくなら雨…
  2. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…
  3. 鹿児島旅行体験記「レベル3くらいじゃ驚かんよ。」そう語ったのは鹿児島出身の先輩。“レベル3”…
  4. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  5. 広島旅行体験記広島県の竹原市から船で15分のところにある大久野島はうさぎ島と呼ばれています。戦時…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  7. 気楽に無料バスで行く☆スパリゾートハワイアンズ☆ホテルハワイアンズ編| トラベルダイアリー
    ふらっとハワイアンズへ水遊びに行く首都圏から無料送迎バスが出ているハワイアンズ。 私は新宿から乗…
  8. 美味しいものがいっぱい!歴史と自然も満喫できる兵庫の穴場「赤穂」| トラベルダイアリー
    赤穂市旅行体験記兵庫県の南西部、岡山県との県境にある「赤穂」。” 忠臣蔵 ”や” 赤穂の塩 ”で…
  9. 水上旅行体験記 群馬県には草津や伊香保などの温泉街が有名ですが、調べると水上…
  10. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…

最新記事

  1. ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー
    ゴール旅行体験記 仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことの…
  2. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  3. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  4. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  5. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  6. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  7. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  8. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  9. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  10. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…

Archive



PAGE TOP