女子一人旅 in ペルー ついに南米へ!インカ帝国を感じるクスコ| トラベルダイアリー

女子一人旅 in ペルー ついに南米へ!インカ帝国を感じるクスコ

クスコ旅行体験記

キレイで快適なヨーロッパを後にして次に向かったのは南米、ペルー。もちろんメインはマチュピチュです。マチュピチュに行く玄関口であるここクスコはマチュピチュの前後に滞在し、観光しました。インカ帝国の跡が残る素敵な古都でした。

クスコ旅行について

おすすめのポイント
  1. 移動の飛行機から見る茶色い風景に感動
  2. インカとスペイン統治時代古い街並みを堪能
  3. 陽気な南米人と太陽で街中ニコニコ

クスコへは首都リマから飛行機で1時間ほどかかります。飛行機の上から見たペルーは茶色くごつごつしていて今まで見てきたどの風景とも違っていました。
クスコの街は茶色い山、建物と大きな太陽、陽気な人たちで町全体が元気いっぱいです。街もインカの時代の石組みと、スペインに侵略されていた時代の建物がうまくミックスされていて、歩いても歩いても飽きることがありませんでした。有名な12角の石組みを探しながら歩くのもおススメです。

クスコ旅行のおすすめのスポット

アルマス広場と中心にあるカテドラル


街の中心は、アルマス広場です。大きな教会、カテドラルとその前が広場になっていて噴水があり市民と観光客の憩いの場です。インカのお祭りもこの広場で行われるようで、偶然見ることができました。
カテドラル内部は撮影禁止ですが、南米風のお顔をしたキリスト像がありました。カテドラルのクーポラ部分へ登ることができたので階段を登っていくと、広場をはじめクスコの街が一望できました。茶色い山、茶色い家、何もかも茶色い風景に真っ青な空、大きなペルーとクスコの旗のコントラストがほんとうにきれいでした。

インカの石組みの土台の上に建てられたサントドミンゴ教会


広場から数百メートル離れたところにあるサントドミンゴ教会は、もともとインカ時代に建てられたコリカンチャ(太陽の神殿)の後に建てられたそうで、インカ時代の「剃刀の刃1枚も通さない」ほどぴっちりと隙間なく積まれた石組みの土台をそのまま使用しています。中はちょっとした博物館が併設されていて内部の石組みの部分を見せるような作りになっています。
街のあちこちでインカ時代の石組みを見ることができますが、本当に隙間が全くなく、それが600年も前の手作業でこんなに緻密にできるのかとびっくりします。その緻密さに侵略してきたスペイン人も驚き、石組みを破壊することなく利用したという話も納得でした。

ガイドに連れられクスコ郊外のサクサイワマンへ


クスコ周辺にも有名な観光遺跡がたくさんあります。午前中に到着してから、夕方の次の移動までの間はガイドさんとドライバーのまさにプライベートツアーでした。
車で移動した先はサクサイワマン、広い広い要塞跡で、大きな石組みの跡が残るだけですが、街では見たこともないような巨大な石がきれいにカットされ、ピッタリと重ねられているその精密さと、緑いっぱいの広場のコントラストに圧倒されます。
こちら以外にもケンコー、タンボマチャイなど周辺の遺跡をサクサクっと案内してもらいました。

クスコでのおすすめグルメ

現地の人しか行かないザ・ローカルレストラン

現地のガイド、ドライバーとクスコ郊外へ向かっていた時、現地の人が普段食べている料理が食べてみたいと言う私のために予定を変更して、ランチは自分たちがいつも行く観光客は絶対に来ない店に連れて行ってくれました。
町はずれの道沿いにある看板も無いレストランでしたが、彼らは常連なのだそうです。
チチャロンという豚肉を揚げた料理とインカコーラなどをいただきました。
日本に出稼ぎに来ていたことのあるガイドさんは日本人観光客をいつも案内しているそうで、普通観光客はきれいなレストランで食べたがるのに珍しいねと言い、何の抵抗もなくおいしく食べる私をみてとても喜んでくれていました。

クスコでのおすすめのショッピングスポット

アルマス広場周辺


アルマス広場の周辺には観光地とレストラン、おみやげ屋などのお店がたくさん並んでいます。広場の中心にあるカテドラルを眺めながら広場を囲むようにあるお店を眺めていると楽しいです。
たまに、ネズミのような生き物の丸焼きがいくつも並んだ屋台に出くわしたりします。
ここは南米とはいえ観光地で比較的安全のようで、夕ご飯を食べに1人で広場まで外出しましたが問題ありませんでした。

クスコにて宿泊したホテル

HOTEL MIDORI

こちらはツアーで用意されたホテルです。名前の通り日系人が経営するホテルで、そのため少しだけ日本語も通じるとても快適なホテルでした。
作りが少し面白く、フロントがパティオのようになっていて天井がありません。ちょうど寒い時期でしたのでチェックイン時は寒かったです。
部屋の暖房があまり効かず、ブランケットをもらいに行ったところヒーターも持ってきてくれました。
久しぶりの個室にテンションが上がりました。シャワールームもトイレもテレビも全部ひとり占めできるってサイコーです。

クスコ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

南米を個人で行動するのはやはり怖いと思い、ここはツアーを申し込むことに。バーミンガム滞在時に友人のパソコンを借りて現地の旅行代理店を検索し、予約をしました。
ツアーとはいえ、完全に個人ツアーで日程と希望を伝えるとホテルや送迎(ガイド)、移動手段、観光チケットなどを全て手配してくれました。途中の観光施設で他のツアー客と合流することはありますが基本的に自由行動できます。移動などの要所要所を助けてくれ、お値段もリーズナブルでした。現地の日系人スタッフと日本語でやり取りができるのもとてもありがたかったです。

クスコ旅行に必要な持ち物

日本と季節が反対なので服装選びを間違いないようにしましょう。
私は日本でいう初夏のころに訪れたのですが、そのころペルーはちょうど秋から冬に向かう頃でした。さらに、クスコはとても標高が高く朝晩はびっくりするほど気温が下がるので持って行ったフリースですら寒いほどでした。
また、古い石畳の道が多くツアーなどではちょっと山を登ったりしますので歩きやすいスニーカーがあるといいでしょう。

クスコ旅行での注意点

クスコ旅行での注意点
  1. 南半球なので日本と季節が逆になってしまいます
  2. 標高が高いので高山病に気を付けましょう
  3. 高山病予防とはいえコカ製品には注意しましょう

クスコは標高が3000mを超える高地にあります。私はなぜか高いところに強く、走った時に少し息苦しいなと思う程度でしたが症状の重い人は高山病で動けなくなるそうです。そのため街のあちこちに高山病の薬や酸素が売っていますが、ゆっくり歩くなどして体調管理には気を付けたほうが良いようです。
高山病と言えば気を付けたいのが「コカキャンディー」。アンデス地方では高山病予防のため現地の人にも勧められるほどポピュラーなものなのですが、やっぱり食べないに越したことはないですよね。幸いにも私には全く必要のないものでした。

まとめ

日本とは全く違う、どこを見ても茶色い景色がとても新鮮です。
観光地だけあって中心部は治安も良く、ポリスも大勢巡回しているので1人で歩いても怖いことはありませんでした。インカとスペインがうまく融合した古い街並みと、日に良く焼けたペルー人の明るい笑顔を見ているだけで幸せな気分にしてくれる素敵な場所でした。
マチュピチュへの通過点だったのですが、もっと長く滞在していたかったです。

 

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. おとぎ話の世界にタイムスリップ!南イタリアのアルベロベッロ| トラベルダイアリー
    アルベロベッロ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシ…
  2. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  3. 【アメリカ★テネシー州】年越し!1日中楽しめるガトリンバーグの旅| トラベルダイアリー
    ガトリンバーグ旅行体験記2019年の年末年始は、恋人が住んでいるテネシー州へ!その中でも家族連れ…
  4. 韓国・済州島の芸術とカフェでヒーリングタイム!| トラベルダイアリー
    済州島旅行体験記済州島にある展示会を見に行きたくて、2泊3日で行きました。済州島には電車がありま…
  5. ヘルシンキ旅行体験記うだるような都会の夏を抜け出して、北欧の大自然のクーラーを、体いっぱい浴びた…
  6. バンコク旅行体験記バンコクには2019年秋に友人と二人で訪れました。成田空港からの直行便で格安ツ…
  7. ブエノスアイレス旅行体験記南米の旅のスタート地点として、この街を訪れました。ヨーロッパのような街…
  8. シンガポール旅行体験記日本を飛び出し、異国の地に行きたい。中華、マレー、インドなど多文化でとても…
  9. インドへ行ってみて分かったこと。初めてのデリー1人旅、3泊4日| トラベルダイアリー
    デリー旅行体験記旅行者の「聖地」インド。旅行好きを語るからにはインドを避けては通れません。たまた…
  10. 台北旅行体験記短い休みで海外に行こう!となったらやっぱりアジアに限られてしまいます。その中で…

国内旅行おすすめ

  1. 名古屋旅行体験記愛・地球博が行われた際の公園に2022年にジブリパークが開園します。今はトト…
  2. 気の向くままにのんびりと島根県の離島、隠岐諸島を旅行!| トラベルダイアリー
    隠岐諸島旅行体験記中ノ島で開催されるキンニャモニャ祭りに参加するため行きました。お祭りの陽気な雰囲…
  3. Dlofre's Campus日帰り旅体験記休日にカフェを新規開拓するべく訪れた「Dlofre'…
  4. 京都紅葉✖︎鍬山神社!〜絶景ビュースポット巡りしませんか?〜| トラベルダイアリー
    鍬山神社旅行体験記11月に見頃を迎えた鍬山神社へ行ってきました。京都市外ということもあり、京都の…
  5. 浜松・天竜日帰り旅行体験記以前から気になっていた、立須峰・白倉挟へ絶景を求めて行ってきました。登…
  6. 道後旅行体験記はじめての四国旅行でどこに行こうかと考えた時に一番に思い浮かべたのが道後温泉でした…
  7. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  8. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  9. ~祝!世界遺産登録“三保松原”~絶景富士山&絶品苺で静岡を満喫♪ | トラベルダイアリー
    三保松原&いちご狩り旅行体験記2020年2月三保松原と久能石垣いちご狩りへ行ってきました。天女の…
  10. 小江戸・栃木の「蔵の街」&足利の「フラワーパーク」をめぐる旅!| トラベルダイアリー
    栃木・足利旅行体験記ドラマ「JIN-仁-」などのロケ地となった栃木市の「巴波川(うずまがわ)」と…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP