アジアとヨーロッパが混在する街 トルコ・イスタンブール

イスタンブール旅行体験記

不思議な縁があり、4回も訪れたことのあるイスタンブール。1回目は友達と、2回目は1人で、3回目はまた友達と、4回目は主人と。たまたま旅行先がかぶったり、長期旅行の通過地点だったりと様々ですが、イスタンブールには運命的なものを感じざるを得ません。何度行っても飽きることのない、大切な人に紹介したくなるような街です♩

イスタンブール旅行について

おすすめのポイント
  1. 東洋と西洋が混在し、イスラム教とキリスト教が共存する街!
  2. 乙女心をくすぐるかわいいトルコ雑貨!
  3. 国内バスのクオリティが高い!ひとり旅や女子旅もおすすめ!

トルコの首都イスタンブールは、ボスポラス海峡を挟んでアジアとヨーロッパにまたがるように位置しています。そのため東洋と西洋の文化が混在し様々な宗教が共存する、オリエンタルな雰囲気漂う街です。乙女心をくすぐる豊富なトルコ雑貨も必見です。トルコは国内バスのクオリティが高いこともあり、ひとり旅や女子旅でも快適に旅することができます。イスタンブールを起点にして、トルコ周遊の旅に出てみませんか?

イスタンブール旅行のおすすめのスポット

歴史に翻弄された美しいモスク 「アヤソフィア」

キリスト教とイスラム教が入り混じる、なんとも不思議で、そして美しいモスクです。もともとはキリスト教聖堂でしたが、19世紀にオスマン帝国のメフメット2世がこの地を攻略すると、すぐにモスクへと転用されました。アヤソフィアの美しさや建築技術に感銘を受けたメフメット2世は、聖堂を建て替えるのではなく、キリスト教の美しい装飾を残しつつ、今のモスクへと変えたのでした。
2階部分には、キリスト教聖堂の時に残された精緻なモザイクがたくさん展示されていて、こちらも必見です。2階からはアヤソフィア内を全体的に眺めることができます。日本語のオーディオガイドの貸し出しもあるので、強くおすすめします!

荘厳な雰囲気が漂う ブルーモスク「スルタン・アフメット・モスク」

1616年、オスマン帝国時代に建設されたモスクです。内部や外観が青いことからブルーモスクの名で親しまれています。モスク内は土足厳禁、女性はスカーフで髪を覆う必要があり、スカーフがない場合は貸し出しもされています。天井の美しいモザイクタイル、鮮やかな色合いのステンドグラス、煌びやかな照明が、荘厳な空間を作り出しています。礼拝の時間には、多くのイスラム教徒が熱心に祈りを捧げている姿を見ることができ、イスラム教の国を旅している実感が湧いてきます。

旧市街と新市街を結ぶ 「ガラタ橋」

イスタンブールの旧市街と新市街を結ぶ橋で、二階建ての構造になっています。橋の下の階にはレストランや鯖サンドの店が立ち並び、橋の上を車や路面電車が走ります。両側は、歩行者が歩けるようになっており、ここは朝早くからたくさんの釣り人で賑わいます。橋の両側はフェリーターミナルになっており、地元の人の重要な移動手段となっています。ガラタ橋からの眺めも素晴らしいので、モスクの集まる旧市街だけではなく、ぜひ、ガラタ橋、ヨーロッパ色の色濃い新市街にも足を伸ばしてみてください。

イスタンブールでのおすすめグルメ

イスタンブール名物「鯖サンド」

イスタンブールのソウルフードといえば、鯖サンドです。フランスパンのようなパンに鯖と少しの野菜を挟み、レモンと塩を振りかけて食べる、いたってシンプルなものです。古くからパン食文化であるからなのか、トルコのパンはとても美味しく、そのパンと焼いた鯖が良く合います。ガラタ橋のたもとには、鯖サンドの屋台が並んでいます。橋の周辺を歩いていると、どことなく懐かしいような魚を焼く香りがしてきます。ガラタ橋観光のついでにぜひ、イスタンブール名物を食べてみてください♩

イスタンブールでのおすすめのショッピングスポット

グランバザール

アヤソフィアやブルーモスクのある旧市街の中心地に位置する、大きなバザールです。トルコ土産は、どれも可愛く乙女心をくすぐります。色鮮やかな雑貨が並び、歩いているだけでも心が躍る空間です。トルコランプやモザイク柄の陶器、シーシャやスカーフなど、トルコならではのお土産は大抵ここで揃います。値引き交渉もOKなので、地元の人とのコミュニケーションを楽しみながらショッピングしましょう♩

イスタンブールにて宿泊したホテル

アゴラ・ゲストハウス

ブルーモスクやアヤソフィアなど観光名所が集まるエリアにあり、かなりの好立地です。バックパッカー向けの安宿ではあるものの、クオリティが高い人気の宿です。掃除が行き届いていて清潔感◎、設備も申し分なく◎、宿泊費に含まれる朝食は安宿とは思えない豪華さ◎。居心地の良い共有スペースからの眺めも◎。宿泊者は多国籍なので、他国の友達ができるチャンスも◎

イスタンブール旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

1回目の友達との旅行は、JTBのツアーを利用しました。その後の3回は、個人旅行です。ツアーでは、ガイドさんの豊富な知識とともに歴史的建造物を回ることができ、より理解が深まりました。その場で質問ができるのも、ツアーのメリットです。個人旅行のメリットは、自分のペースで旅行できる点が大きいでしょう。ブルーモスク内の美しい装飾を気が済むまでじっくり眺めたり、バザールで時間を気せずお店の人とのコミュニケーションを楽しみながら買い物をすることができます。個人的には、基本は個人で回り、モスクなど歴史的建造物では日本語のオーディオガイドを借りることがベストなのかな、と思っています。

イスタンブール旅行に必要な持ち物

「長ズボン必須」「スカーフ」「羽織り」
イスラム教の国なので過度な露出は禁止、女性は長ズボン必須です。戒律の緩いイスタンブールでは、タンクトップの欧米旅行者も多く見かけますが、モスクに行くときはトップスも袖の長めのものを選びましょう。スカーフも1本カバンに入れておくと便利です。国内バスは冷房が効きすぎていることもあるので、軽い羽織も用意しておきましょう。

イスタンブール旅行での注意点

イスタンブール旅行での注意点
  1. あくまでイスラム教の国です、節度のある行動を!
  2. 服装にも注意!過度な露出はトラブルの元!
  3. 日本人女性が狙われている?!下心のあるトルコ人男性に注意!

周辺の中東諸国と比較すると戒律が緩いトルコ、中でもイスタンブールは特別イスラム色が薄く、飲酒をするイスラム教徒もいます。そんな雰囲気につい忘れてしまいがちですが、あくまでイスラム教の国。イスラム教の禁止事項を理解し、節度ある行動を心がけましょう。女性は長ズボン必須です。トルコ人は親日家が多いうえに、日本人観光客の多いイスタンブールでは、日本人女性をターゲットに下心を持っているトルコ人男性がいます。声をかけられたからと言って、ノコノコと着いていかないようにしましょう。

まとめ

アジアとヨーロッパの交わる街、イスタンブール。なんだか少し落ち着くような居心地の良さを感じるのは、アジアの雰囲気が漂っているからなのでしょう。そして何度訪れても、新鮮さを感じ楽しめるのは、ヨーロッパや中東のような異国情緒溢れる街だからなのかもしれません。すでに4回も訪れたことのあるイスタンブールですが、それでも、またいつか行けたらいいな、とそう思わせてくれる街です♩

 

fuki22

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




海外旅行おすすめ

  1. カウアイ島旅行体験記いつもハワイに行く時はオアフ島のみでしたが、友人からカウアイ島の自然が凄い!…
  2. バラナシ旅行体験記「臭い、汚い、けたたましい」頭文字のKをとって、インドの3Kと旅人の間では言わ…
  3. 東京23区で唯一の渓谷【等々力渓谷】| トラベルダイアリー
    東京【等々力渓谷】旅行体験記東京23区にある唯一の渓谷【等々力渓谷】へ日帰りで行ってきました!渋…
  4. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  5. ランゲ地方旅行体験記北イタリア・ピエモンテ州のランゲ地方は、イタリアきっての高級ワインの産地。友…
  6. パリ旅行体験記留学含めてフランスに行くのは3回目。現在はパリに妹が住んでいるので、年末年始に訪れ…
  7. ヘルシンキ旅行体験記ヨーロッパへの旅行と聞くと移動に時間もかかり、時差もあり大変と思う方も多いで…
  8. マイナーだけど渋い見どころがいっぱい寧波(ニンボー)旅行| トラベルダイアリー
    寧波旅行体験記友人に遊びにおいでよと誘われ、どこに住んでいるかもよくわからないまま二つ返事で行く…
  9. ハー・マジェスティーズ劇場体験記これまでロンドンに行った際は、博物館巡りやショッピングを楽しむこ…
  10. マドリード旅行体験記マドリードではアートやグルメな旅が堪能できます。スポーツの印象が強いと思いま…

国内旅行おすすめ

  1. 鳥取旅行体験記夫が「鳥取に行こう」と言い出したのは新婚一年目のことでした。てっきり目的地は砂丘か…
  2. 京都駅からの景色
    京都市旅行体験記京都といえば、日本有数の観光都市。その玄関口は、新幹線も停まる「京都駅」です…
  3. アドベンチャーワールド旅行体験記2018年GWにまとまったお休みがあったため、以前から行ってみた…
  4. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…
  5. 静岡浜名湖ガーデンパークへ行こう~そこは花の楽園でした~ | トラベルダイアリー
    浜名湖ガーデンパーク体験記4月に知人から浜名湖ガーデンパークのネモフィラが見頃との情報を得たので…
  6. 癒し旅♪【大自然・歴史・温泉】はじめての松本観光!| トラベルダイアリー
    松本旅行体験記姉が住んでいる松本へ初めて行ってきました。松本と言えば、最初は松本城しか思いつかなか…
  7. 高野龍神旅行体験記和歌山県を故郷に持つ、友人夫妻によるナビゲーション。人の好い夫妻のナビと運…
  8. 伊勢旅行体験記お伊勢さんとして人気の観光地、伊勢志摩に一泊してきました!一生に一度はお伊勢参り、…
  9. はじめての一人旅・与論島で癒しの時間を過ごしてきた毎年10月の誕生日が近くなると、その年齢の目標…
  10. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ 自然と人間が作った世界遺産カッパドキア| トラベルダイアリー
    カッパドキア旅行体験記イスタンブールから夜行長距離バスに揺られてカッパドキアまで行きました。…
  2. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…
  3. サンディエゴ在住の友人のアメリカ式結婚式に参加しました♪| トラン
    アメリカ式の結婚式に行ってきました!友人の旦那様がアメリカ人で、今サンディエゴに住んでいる事から…
  4. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  6. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…
  7. ちょっとリッチにタイ航空のビジネスクラスでバンコクへ♪| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記妹(短大)と私の就職祝いにと大学卒業時におばあちゃんがプレゼントしてくれました…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…
  9. スミニャック地区のプールヴィラをメインにしたバリ旅行♪| トラベルダイアリー
    バリ旅行体験記リゾート地でも一度ヴィラに泊まりたいという思いがありました。バリだとわりとリーズナ…
  10. 奄美大島 断崖絶壁!宮古崎で絶景散歩を楽しもう♪| トラベルダイアリー
    宮古崎旅行体験記鹿児島県奄美市にある宮古崎へ行ってきました!道のりは少し険しかったのですが、たど…

Archive






PAGE TOP