アジアとヨーロッパが混在する街 トルコ・イスタンブール

イスタンブール旅行体験記

不思議な縁があり、4回も訪れたことのあるイスタンブール。1回目は友達と、2回目は1人で、3回目はまた友達と、4回目は主人と。たまたま旅行先がかぶったり、長期旅行の通過地点だったりと様々ですが、イスタンブールには運命的なものを感じざるを得ません。何度行っても飽きることのない、大切な人に紹介したくなるような街です♩

イスタンブール旅行について

おすすめのポイント
  1. 東洋と西洋が混在し、イスラム教とキリスト教が共存する街!
  2. 乙女心をくすぐるかわいいトルコ雑貨!
  3. 国内バスのクオリティが高い!ひとり旅や女子旅もおすすめ!

トルコの首都イスタンブールは、ボスポラス海峡を挟んでアジアとヨーロッパにまたがるように位置しています。そのため東洋と西洋の文化が混在し様々な宗教が共存する、オリエンタルな雰囲気漂う街です。乙女心をくすぐる豊富なトルコ雑貨も必見です。トルコは国内バスのクオリティが高いこともあり、ひとり旅や女子旅でも快適に旅することができます。イスタンブールを起点にして、トルコ周遊の旅に出てみませんか?

イスタンブール旅行のおすすめのスポット

歴史に翻弄された美しいモスク 「アヤソフィア」

キリスト教とイスラム教が入り混じる、なんとも不思議で、そして美しいモスクです。もともとはキリスト教聖堂でしたが、19世紀にオスマン帝国のメフメット2世がこの地を攻略すると、すぐにモスクへと転用されました。アヤソフィアの美しさや建築技術に感銘を受けたメフメット2世は、聖堂を建て替えるのではなく、キリスト教の美しい装飾を残しつつ、今のモスクへと変えたのでした。
2階部分には、キリスト教聖堂の時に残された精緻なモザイクがたくさん展示されていて、こちらも必見です。2階からはアヤソフィア内を全体的に眺めることができます。日本語のオーディオガイドの貸し出しもあるので、強くおすすめします!

荘厳な雰囲気が漂う ブルーモスク「スルタン・アフメット・モスク」

1616年、オスマン帝国時代に建設されたモスクです。内部や外観が青いことからブルーモスクの名で親しまれています。モスク内は土足厳禁、女性はスカーフで髪を覆う必要があり、スカーフがない場合は貸し出しもされています。天井の美しいモザイクタイル、鮮やかな色合いのステンドグラス、煌びやかな照明が、荘厳な空間を作り出しています。礼拝の時間には、多くのイスラム教徒が熱心に祈りを捧げている姿を見ることができ、イスラム教の国を旅している実感が湧いてきます。

旧市街と新市街を結ぶ 「ガラタ橋」

イスタンブールの旧市街と新市街を結ぶ橋で、二階建ての構造になっています。橋の下の階にはレストランや鯖サンドの店が立ち並び、橋の上を車や路面電車が走ります。両側は、歩行者が歩けるようになっており、ここは朝早くからたくさんの釣り人で賑わいます。橋の両側はフェリーターミナルになっており、地元の人の重要な移動手段となっています。ガラタ橋からの眺めも素晴らしいので、モスクの集まる旧市街だけではなく、ぜひ、ガラタ橋、ヨーロッパ色の色濃い新市街にも足を伸ばしてみてください。

イスタンブールでのおすすめグルメ

イスタンブール名物「鯖サンド」

イスタンブールのソウルフードといえば、鯖サンドです。フランスパンのようなパンに鯖と少しの野菜を挟み、レモンと塩を振りかけて食べる、いたってシンプルなものです。古くからパン食文化であるからなのか、トルコのパンはとても美味しく、そのパンと焼いた鯖が良く合います。ガラタ橋のたもとには、鯖サンドの屋台が並んでいます。橋の周辺を歩いていると、どことなく懐かしいような魚を焼く香りがしてきます。ガラタ橋観光のついでにぜひ、イスタンブール名物を食べてみてください♩

イスタンブールでのおすすめのショッピングスポット

グランバザール

アヤソフィアやブルーモスクのある旧市街の中心地に位置する、大きなバザールです。トルコ土産は、どれも可愛く乙女心をくすぐります。色鮮やかな雑貨が並び、歩いているだけでも心が躍る空間です。トルコランプやモザイク柄の陶器、シーシャやスカーフなど、トルコならではのお土産は大抵ここで揃います。値引き交渉もOKなので、地元の人とのコミュニケーションを楽しみながらショッピングしましょう♩

イスタンブールにて宿泊したホテル

アゴラ・ゲストハウス

ブルーモスクやアヤソフィアなど観光名所が集まるエリアにあり、かなりの好立地です。バックパッカー向けの安宿ではあるものの、クオリティが高い人気の宿です。掃除が行き届いていて清潔感◎、設備も申し分なく◎、宿泊費に含まれる朝食は安宿とは思えない豪華さ◎。居心地の良い共有スペースからの眺めも◎。宿泊者は多国籍なので、他国の友達ができるチャンスも◎

イスタンブール旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

1回目の友達との旅行は、JTBのツアーを利用しました。その後の3回は、個人旅行です。ツアーでは、ガイドさんの豊富な知識とともに歴史的建造物を回ることができ、より理解が深まりました。その場で質問ができるのも、ツアーのメリットです。個人旅行のメリットは、自分のペースで旅行できる点が大きいでしょう。ブルーモスク内の美しい装飾を気が済むまでじっくり眺めたり、バザールで時間を気せずお店の人とのコミュニケーションを楽しみながら買い物をすることができます。個人的には、基本は個人で回り、モスクなど歴史的建造物では日本語のオーディオガイドを借りることがベストなのかな、と思っています。

イスタンブール旅行に必要な持ち物

「長ズボン必須」「スカーフ」「羽織り」
イスラム教の国なので過度な露出は禁止、女性は長ズボン必須です。戒律の緩いイスタンブールでは、タンクトップの欧米旅行者も多く見かけますが、モスクに行くときはトップスも袖の長めのものを選びましょう。スカーフも1本カバンに入れておくと便利です。国内バスは冷房が効きすぎていることもあるので、軽い羽織も用意しておきましょう。

イスタンブール旅行での注意点

イスタンブール旅行での注意点
  1. あくまでイスラム教の国です、節度のある行動を!
  2. 服装にも注意!過度な露出はトラブルの元!
  3. 日本人女性が狙われている?!下心のあるトルコ人男性に注意!

周辺の中東諸国と比較すると戒律が緩いトルコ、中でもイスタンブールは特別イスラム色が薄く、飲酒をするイスラム教徒もいます。そんな雰囲気につい忘れてしまいがちですが、あくまでイスラム教の国。イスラム教の禁止事項を理解し、節度ある行動を心がけましょう。女性は長ズボン必須です。トルコ人は親日家が多いうえに、日本人観光客の多いイスタンブールでは、日本人女性をターゲットに下心を持っているトルコ人男性がいます。声をかけられたからと言って、ノコノコと着いていかないようにしましょう。

まとめ

アジアとヨーロッパの交わる街、イスタンブール。なんだか少し落ち着くような居心地の良さを感じるのは、アジアの雰囲気が漂っているからなのでしょう。そして何度訪れても、新鮮さを感じ楽しめるのは、ヨーロッパや中東のような異国情緒溢れる街だからなのかもしれません。すでに4回も訪れたことのあるイスタンブールですが、それでも、またいつか行けたらいいな、とそう思わせてくれる街です♩

 

fuki22

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. アルプスの美味しい空気をいただきます♡フランス・シャモニー 旅行 | トラベルダイアリー
    シャモニー旅行体験記ヨーロッパの名峰モンブランのふもとにある、フランスの山岳リゾート「シャモニー…
  2. クラビ旅行体験記一度タイへ旅行した人なら、タイが大好きになりますよね。バンコクの街を巡ったら、次…
  3. 友人に会いにサンフランシスコへ・・・観光客より観光しました②| トラベルダイアリー
    サンフランシスコ郊外旅行体験記①に引き続きサンフランシスコの紹介をさせて頂きます。①ではサンフラ…
  4. 独自の文化や伝統が残る☆アイルランドの首都ダブリンを観光| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記豊かな自然と独自の歴史文化あふれるアイルランド。首都ダブリンをメインに観光した…
  5. ハバナ旅行体験記メキシコのカンクンからキューバの首都ハバナまでは、飛行機で1時間ほどです。たった…
  6. バンフ旅行体験記根っからのアウトドア好きの私。いつか世界中の山を制覇出来たら・・幼いころから、そ…
  7. 眠らない街タイ・バンコク〜朝から夜まで楽しめるおすすめスポット〜| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記一度足を踏み入れるとハマってしまい、何度も訪れるようになる人が多いというタイ。…
  8. おもしろ楽しい!アイルランドの街、ブラーニーでお城探訪★| トラベルダイアリー
    ブラーニー城観光体験記テレビで見て以来気になっていたアイルランドにある一風変わったお城「ブラーニ…
  9. サンペドロ・ラ・ラグーナ旅行体験記日本での知名度はかなり低いサンペドロ・ラ・ラグーナですが、バッ…
  10. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…

国内旅行おすすめ

  1. ポップカルチャーも織り交ぜて、大人の原宿&表参道で遊ぶ!| トラベルダイアリー
    原宿・表参道旅行体験記原宿ってガチャガチャしてるからなんだかとっつきにくい…と思っていたのですが…
  2. 青ヶ島
    青ヶ島旅行体験記元々離島旅行に興味があり、インターネットで秘境して紹介されていたこと、美しい青い…
  3. 尾道旅行体験記広島の尾道は瀬戸内海に面した港町です。広島の小京都とも呼ばれ、古い町並みが残り、お寺…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  6. 都会だけど落ち着いている?気ままにのんびり名古屋旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 今回は私が2回目に名古屋を訪れた際の体験記です。初めて名古屋を訪れ…
  7. お買い物天国の新宿!大都会で思いっきり楽しもう!| トラベルダイアリー
    新宿旅行体験記東京の代表的な街と言えば新宿!大ターミナル駅周辺にはところ狭しと様々なお店が立…
  8. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  9. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…
  10. 鹿児島旅行体験記友人と電話していて、旅行に行きたいねという話になり、予定が合ったので弾丸女子旅を…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP