アジアとヨーロッパが混在する街 トルコ・イスタンブール

イスタンブール旅行体験記

不思議な縁があり、4回も訪れたことのあるイスタンブール。1回目は友達と、2回目は1人で、3回目はまた友達と、4回目は主人と。たまたま旅行先がかぶったり、長期旅行の通過地点だったりと様々ですが、イスタンブールには運命的なものを感じざるを得ません。何度行っても飽きることのない、大切な人に紹介したくなるような街です♩

イスタンブール旅行について

おすすめのポイント
  1. 東洋と西洋が混在し、イスラム教とキリスト教が共存する街!
  2. 乙女心をくすぐるかわいいトルコ雑貨!
  3. 国内バスのクオリティが高い!ひとり旅や女子旅もおすすめ!

トルコの首都イスタンブールは、ボスポラス海峡を挟んでアジアとヨーロッパにまたがるように位置しています。そのため東洋と西洋の文化が混在し様々な宗教が共存する、オリエンタルな雰囲気漂う街です。乙女心をくすぐる豊富なトルコ雑貨も必見です。トルコは国内バスのクオリティが高いこともあり、ひとり旅や女子旅でも快適に旅することができます。イスタンブールを起点にして、トルコ周遊の旅に出てみませんか?

イスタンブール旅行のおすすめのスポット

歴史に翻弄された美しいモスク 「アヤソフィア」

キリスト教とイスラム教が入り混じる、なんとも不思議で、そして美しいモスクです。もともとはキリスト教聖堂でしたが、19世紀にオスマン帝国のメフメット2世がこの地を攻略すると、すぐにモスクへと転用されました。アヤソフィアの美しさや建築技術に感銘を受けたメフメット2世は、聖堂を建て替えるのではなく、キリスト教の美しい装飾を残しつつ、今のモスクへと変えたのでした。
2階部分には、キリスト教聖堂の時に残された精緻なモザイクがたくさん展示されていて、こちらも必見です。2階からはアヤソフィア内を全体的に眺めることができます。日本語のオーディオガイドの貸し出しもあるので、強くおすすめします!

荘厳な雰囲気が漂う ブルーモスク「スルタン・アフメット・モスク」

1616年、オスマン帝国時代に建設されたモスクです。内部や外観が青いことからブルーモスクの名で親しまれています。モスク内は土足厳禁、女性はスカーフで髪を覆う必要があり、スカーフがない場合は貸し出しもされています。天井の美しいモザイクタイル、鮮やかな色合いのステンドグラス、煌びやかな照明が、荘厳な空間を作り出しています。礼拝の時間には、多くのイスラム教徒が熱心に祈りを捧げている姿を見ることができ、イスラム教の国を旅している実感が湧いてきます。

旧市街と新市街を結ぶ 「ガラタ橋」

イスタンブールの旧市街と新市街を結ぶ橋で、二階建ての構造になっています。橋の下の階にはレストランや鯖サンドの店が立ち並び、橋の上を車や路面電車が走ります。両側は、歩行者が歩けるようになっており、ここは朝早くからたくさんの釣り人で賑わいます。橋の両側はフェリーターミナルになっており、地元の人の重要な移動手段となっています。ガラタ橋からの眺めも素晴らしいので、モスクの集まる旧市街だけではなく、ぜひ、ガラタ橋、ヨーロッパ色の色濃い新市街にも足を伸ばしてみてください。

イスタンブールでのおすすめグルメ

イスタンブール名物「鯖サンド」

イスタンブールのソウルフードといえば、鯖サンドです。フランスパンのようなパンに鯖と少しの野菜を挟み、レモンと塩を振りかけて食べる、いたってシンプルなものです。古くからパン食文化であるからなのか、トルコのパンはとても美味しく、そのパンと焼いた鯖が良く合います。ガラタ橋のたもとには、鯖サンドの屋台が並んでいます。橋の周辺を歩いていると、どことなく懐かしいような魚を焼く香りがしてきます。ガラタ橋観光のついでにぜひ、イスタンブール名物を食べてみてください♩

イスタンブールでのおすすめのショッピングスポット

グランバザール

アヤソフィアやブルーモスクのある旧市街の中心地に位置する、大きなバザールです。トルコ土産は、どれも可愛く乙女心をくすぐります。色鮮やかな雑貨が並び、歩いているだけでも心が躍る空間です。トルコランプやモザイク柄の陶器、シーシャやスカーフなど、トルコならではのお土産は大抵ここで揃います。値引き交渉もOKなので、地元の人とのコミュニケーションを楽しみながらショッピングしましょう♩

イスタンブールにて宿泊したホテル

アゴラ・ゲストハウス

ブルーモスクやアヤソフィアなど観光名所が集まるエリアにあり、かなりの好立地です。バックパッカー向けの安宿ではあるものの、クオリティが高い人気の宿です。掃除が行き届いていて清潔感◎、設備も申し分なく◎、宿泊費に含まれる朝食は安宿とは思えない豪華さ◎。居心地の良い共有スペースからの眺めも◎。宿泊者は多国籍なので、他国の友達ができるチャンスも◎

イスタンブール旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

1回目の友達との旅行は、JTBのツアーを利用しました。その後の3回は、個人旅行です。ツアーでは、ガイドさんの豊富な知識とともに歴史的建造物を回ることができ、より理解が深まりました。その場で質問ができるのも、ツアーのメリットです。個人旅行のメリットは、自分のペースで旅行できる点が大きいでしょう。ブルーモスク内の美しい装飾を気が済むまでじっくり眺めたり、バザールで時間を気せずお店の人とのコミュニケーションを楽しみながら買い物をすることができます。個人的には、基本は個人で回り、モスクなど歴史的建造物では日本語のオーディオガイドを借りることがベストなのかな、と思っています。

イスタンブール旅行に必要な持ち物

「長ズボン必須」「スカーフ」「羽織り」
イスラム教の国なので過度な露出は禁止、女性は長ズボン必須です。戒律の緩いイスタンブールでは、タンクトップの欧米旅行者も多く見かけますが、モスクに行くときはトップスも袖の長めのものを選びましょう。スカーフも1本カバンに入れておくと便利です。国内バスは冷房が効きすぎていることもあるので、軽い羽織も用意しておきましょう。

イスタンブール旅行での注意点

イスタンブール旅行での注意点
  1. あくまでイスラム教の国です、節度のある行動を!
  2. 服装にも注意!過度な露出はトラブルの元!
  3. 日本人女性が狙われている?!下心のあるトルコ人男性に注意!

周辺の中東諸国と比較すると戒律が緩いトルコ、中でもイスタンブールは特別イスラム色が薄く、飲酒をするイスラム教徒もいます。そんな雰囲気につい忘れてしまいがちですが、あくまでイスラム教の国。イスラム教の禁止事項を理解し、節度ある行動を心がけましょう。女性は長ズボン必須です。トルコ人は親日家が多いうえに、日本人観光客の多いイスタンブールでは、日本人女性をターゲットに下心を持っているトルコ人男性がいます。声をかけられたからと言って、ノコノコと着いていかないようにしましょう。

まとめ

アジアとヨーロッパの交わる街、イスタンブール。なんだか少し落ち着くような居心地の良さを感じるのは、アジアの雰囲気が漂っているからなのでしょう。そして何度訪れても、新鮮さを感じ楽しめるのは、ヨーロッパや中東のような異国情緒溢れる街だからなのかもしれません。すでに4回も訪れたことのあるイスタンブールですが、それでも、またいつか行けたらいいな、とそう思わせてくれる街です♩

 

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ウビン旅行体験記シンガポールは人気の目的地ですが、ウビン島という名前は聞いたことがないのでは?実…
  2. ベルリン旅行体験記ドイツ旅行は何度も経験があったものの、なかなか行く機会のなかった首都ベルリン。…
  3. 観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫| トラベルダイアリー
    ビクトリアフォールズ旅行体験記世界三大瀑布であるビクトリアフォールズに一度は訪れてみたかったので、…
  4. ギリシャの首都アテネからも日帰りで行けちゃう穴場!エギナ島| トラベルダイアリー
    エギナ島旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  5. チェンマイ旅行体験記タイの古都チェンマイは美しいお寺や自然が豊かで、 田舎町のような雰囲気があり…
  6. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…
  7. 花蓮旅行体験記花蓮に行こうと思ったのは、職場の先輩からおすすめされたのがきっかけです。これまで台…
  8. まるでファンタジーの世界のよう スコットランドの都エディンバラ| トラベルダイアリー
    エディンバラ旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に…
  9. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  10. 美しい湖の数々に癒される、プリトヴィッツェ湖群国立公園| トラベルダイアリー
    プリトヴィッツェ旅行体験記世界遺産を紹介するテレビ番組で見た、「女王の涙」と呼ばれるプリトヴィッ…

国内旅行おすすめ

  1. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記三世代旅行で熱海へ行ってきました。以前熱海駅前の観光案内所で子連れにオススメのスポ…
  3. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  4. [すごいよ高松]庭園&倉庫街&鬼も楽しめる| トラベルダイアリー
    高松旅行体験記皆さん、こんにちは!今回は、香川県高松市をご紹介します。2019年秋に訪れた際には…
  5. はじめての香川・小豆島!王道コースで島のいろはを知る旅| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記関西に在住することになったのをキッカケにせっかくなので関西から行きやすいスポット…
  6. 静岡寸又峡 夢のつり橋で空中散歩!~絶景×スリル体験~ | トラベルダイアリー
    寸又峡夢のつり橋旅行体験記「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊橋10」に選ばれた夢のつり橋の存在をネ…
  7. 静岡・山梨旅行体験記静岡県と山梨県と言えば、世界文化遺産である富士山と思い浮かびますね。…
  8. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  9. 一人旅ファイナル!思い立ったが吉日、GoToで行こう倉敷へ| トラベルダイアリー
    倉敷旅行体験記緊急事態宣言下でも私は生活必需品を供給する施設として、休みは増えたものの出勤せざる…
  10. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP