★【カナダ】人生初一人旅 in 都会と自然の街 バンクーバー★| トラベルダイアリー

★【カナダ】人生初一人旅 in 都会と自然の街 バンクーバー★

バンクーバー旅行体験記

今回ご紹介するバンクーバー旅行に行ったきっかけは、前から一人で海外旅行に行ってみたいという夢があり、どうせなら行ったことのない英語圏の国に行きたいと思い、当時バンクーバーにワーキングホリデーをしていた友達が居たのでその子に会いに行くがてら、行き先をカナダのバンクーバーに決めました。

バンクーバー旅行について

おすすめのポイント
  1. 自然と都会が程よく調和された街でどちらも楽しめる!
  2. 空港からバンクーバーまでの交通アクセスが良い!
  3. アメリカのシアトルにも日帰りで行けちゃう!

1つ目のポイントは、バンクーバーは西海岸に面しており、海と緑の両方の自然を堪能できます。1つの市に様々な街並みが見れるので観光もしやすいです。2つ目は、バンクーバー国際空港から市内のVancouver city centre駅(私が降りた駅)まで電車で乗り換えなしの約30分程で着いたので、非常に便利だと感じました!最後は、バンクーバーからシアトルまでバスで片道4時間ほどで行くことができます。事前にネットでバスの予約が必要なのと、アメリカに入国する際にESTAというVisaが必要だったので、国境での荷物検査の際に書類を記入し、ESTAを取得して入国しました。

バンクーバー旅行のおすすめのスポット

Granville Island(グランビルアイランド)




港に面した観光スポットとして人気のある場所で、地元の人々にも人気だそうです。私はここの「Public Market」の中にある人気の「A La Mode Pie」と言うポットパイ屋さんの人気商品、クラムチャウダーポットパイを頂きました!パイはサックとしていて、中には熱々のクリーミーなクラムチャウダーが入っていました。ヨットが並ぶ街並みを目の前に食べたこのポットパイは、一段と美味しかったです!他にも、新鮮なお野菜が計り売りで売っていたり、カロリーが高そうなデザートが売っていたり、あとは子供向けの玩具屋さんやポストカード専門店などお土産に最適なグッズもありました。

Gastown (ガスタウン)


バンクーバーの北東あたりに位置する湾沿いのスポットです。レトロな雰囲気が特徴のこの街並みは、観光客で賑わっていました。ここで有名なのが「蒸気時計」。これは世界に1つしかない非常に珍しい時計で、15分毎に汽笛が鳴ると時計から蒸気が出てきます。その瞬間を写真に収めようとする人々が、カメラを片手に時計周辺に集まってきます。私もシャッターチャンスを逃すことなく、蒸気が出る瞬間を捉えました!(写真だと少し分かりにくいかもですが笑)

UBC(The University of British Colombia)


当時学生だった私の大学のチューターがカナダ人の方で、その先生の母校でもあるUBCを覗いてみました。敷地がとても広く、日本の大学とは比べ物にならないくらいの大きさに驚愕しました!1枚目の写真は大学の入り口付近です。キャンパス数も多く、中にはマクドナルドなどの学生がよく集まりそうなファストフード店もありました。不幸なことに、私が訪れた日はThanks giving Dayと言う祝日だったので学生の姿はあまりなく、寂しい雰囲気でした…(笑) ですが、海外の大学に興味のある方は是非足を運んでみてほしいです!

バンクーバーでのおすすめグルメ

49th Parallel coffee roasters


外観がとてもオシャレでドーナツが有名なカフェで朝食を取りに行きました。オフィス街にあったので、会社員の方々もちらほら見かけました。私が頼んだ”Apple Bacon Fritter”というドーナツで、リンゴ甘味とベーコンのしょっぱい味の組み合わせが最高でした。海外ならではの味がして、甘塩っぱい味が好きな方にオススメです!また、店内のテーブルも大理石の柄で、フォトジェニックなドーナツと一緒に写真が映えるのもポイントです!

バンクーバーでのおすすめのショッピングスポット

Robson street/Nelson street


これらのストリートにはお土産屋さんやカフェ、レストランなど、数多く揃っていたので困ることが無かったです。また、駅も近くてバスステーションも至る所にあったので、移動もしやすい場所だったのが印象的です。ただ、夜になるとバーから流れてくる音楽が街に響き渡り、道端に泥酔している人や酔った若者が居たりしたので、1人や女子同士で歩き回ると少し危ないかな?と感じました。出歩く時は十分に気をつけて頂きたいです!

バンクーバーにて宿泊したホテル

Hotel Belmont Vancouver




Vancouver city centre駅から徒歩で約10分の場所にあるカジュアルなホテルでした。部屋の中はブルーをベースにしたデザインのお部屋で、シャワールームは白と黒を基調としたシンプルな雰囲気でした。ホテルのスタッフさんも優しくてカジュアルな感じで、全体的に雰囲気が良かったです!ただ、写真でもお分かり頂けるかと思いますが、ベッドの真上に電気がなく天井のサイドにしか電気がなかったので、朝も夜も少し暗い感じだったのが残念でした。それ以外はとても良かったです!一人旅行者にもカップルやお友達との旅行でもオススメです!

バンクーバー旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私は海外旅行も国内旅行も関係なく、個人手配が基本です。理由としては、自分が好きなホテルと好きな飛行機(海外の場合)に乗りたいからです!(笑) 旅行代理店に依頼するとセットでお得なプランを紹介してくださったり特典も付いたりするケースが多く、とにかく手間が省けて楽なのですが、私の場合は自分だけのオリジナルプランを作りたい気持ちが強く、大好きな旅行を自分で手配した方がより満喫できる気がします。

バンクーバー旅行に必要な持ち物

私は10月に行ったのですが、この時期日本より少し肌寒さを感じたので薄手のシャツやパーカーは必須だなと思いました。あと、突然雨が降ることもあったので、折り畳みもあった方がいいです。

バンクーバー旅行での注意点

バンクーバー旅行での注意点
  1. 治安はいいが、夜の繁華街に出歩く際は最新の注意を!
  2. バスに降車ボタンはなく、代わりに黄色のロープを引っ張る!
  3. 海外のホテルではデポジット(預金)を求められる

私は重視していただきたいのがホテルでのことで、他の国のホテルも同様、デポジットと呼ばれる「預かり金」をチェックインの際に必要です。預かり金とは、バウチャーに含まれていない食事代やその他ホテルでかかった費用を保証するためにクレジットカードを提示する必要があることです。クレジット内の金額の下限もあるので、渡航前に確認しておくと良いと思います。

まとめ

最後までご覧いただき有難うございました!初めての一人旅ということもあり、終始ワクワクした旅行でした!3泊4日の旅で友達とは1日しか過ごせなかったのですが、その分一人で行動する楽しさを学べましたし、自分の行きたいところにふらっと行けちゃうので気が楽でした。治安も良く、自然豊かで観光客に人気のスポットが集まっているので行動もしやすく、一人旅にはもってこいの国だと思います!この記事が参考になったと思っていただければ幸いです。

Mai

投稿者の過去記事

Name:Mai
Hobbies: 旅行(主に海外)、ダンス、料理、ワークアウト
高校生の時、ニュージーランドに海外研修に参加したのを機に英語に目覚め、翌年にはセブの語学研修にも参加した経験あり!そこから毎年のように海外旅行に行くようになり、大学時には単独で再びニュージーランドへ半年間の海外留学へ♪
近い将来、ワーキングホリデーor海外プチ移住を考えており、日々勉強中^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. エスファハーン旅行体験記かつて、巨万の富と人が集まり交易の都市として栄えていたエスファハーン。そ…
  2. 白夜の季節にぜひ訪れて!ヘルシンキで暮らすように旅する| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記この都市を訪れる人の大半が映画「かもめ食堂」にあこがれて、ではないでしょうか…
  3. 東京23区で唯一の渓谷【等々力渓谷】| トラベルダイアリー
    東京【等々力渓谷】旅行体験記東京23区にある唯一の渓谷【等々力渓谷】へ日帰りで行ってきました!渋…
  4. 一生に一度は行ってみたい!ケープタウンで都会と自然を楽しむ旅!| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記アフリカ大陸最南端の国、南アフリカ共和国。日本からの直行便はなく、到着にお…
  5. おもしろ楽しい!アイルランドの街、ブラーニーでお城探訪★| トラベルダイアリー
    ブラーニー城観光体験記テレビで見て以来気になっていたアイルランドにある一風変わったお城「ブラーニ…
  6. 香港旅行体験記インスタ映えスポットが目白押しの香港。離れて住む大好きな友人と現地集合にて弾丸女子…
  7. ナイアガラ旅行体験記イエローナイフにオーロラを見に行こうと決めた時に、ナイアガラの滝を一緒に見に…
  8. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  9. 美味しいギリシャスイーツが買える!アテネ市内の観光スポット紹介| トラベルダイアリー
    アテネ旅行体験記アテネは古代遺跡もある上、買い物場所もたくさんあり、どこへ行っても観光客を楽しま…
  10. ローマ旅行体験記10代の時に初めてローマ旅行をして以来、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった私…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ伊豆の旅| トラベルダイアリー
    伊豆旅行体験記海鮮が大好きな私は伊豆へ行くことも多いですが、今回は「星野リゾート界 伊東」に泊ま…
  2. 期間限定の絶景を楽しむたび!~in 茨城・桜川「雨引観音」~| トラベルダイアリー
    桜川旅行体験記先日のテレビ番組で、あじさいの絶景SPに「雨引観音」が紹介されているのを観ました。…
  3. 北九州で異国気分☆レトロな洋風建築が建ち並ぶ門司港散策| トラベルダイアリー
    北九州旅行体験記横浜や函館、神戸など異国情緒ある港町が大好きでずっと気になっていた北九州市門司港…
  4. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  5. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  6. 友ヶ島旅行体験記2018年GWに友ヶ島へ旅行に行ってきました。そこはまるでジブリの世界に迷い込ん…
  7. 石垣島旅行体験記日本の果てに行ってみたい…それが石垣島に行こうと思ったきっかけです。石垣島は沖縄…
  8. 車がなくても楽しめる那覇と瀬長島で過ごすリゾート時間| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記昨年の10月頃に行きましたが、気温が高く夏気分で夏服を着て過ごせたので、非日常感を…
  9. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…
  10. グループや家族でワイワイ!魅力たっぷりな鬼怒川を遊び尽くそう!友人達と温泉旅行をするため、都心か…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP