グルメもパワースポットも大満喫!山口県下関市の日帰り旅

下関旅行体験記

私が住む福岡から新幹線でたった30分ほどで行ける山口県。
関東の友人が1週間ほど福岡に遊びに来たことをきっかけに、
福岡観光に加えて山口県にも日帰りで足を伸ばしました。
グルメ愛好家として何度通ったか知れない唐戸市場だけでも満足度100%なのですが
今回は壇ノ浦の戦いの舞台となった赤間神宮などパワースポットも含めて下関市を満喫しました。

下関旅行について

おすすめのポイント
  1. 午前中がねらい目!唐戸市場で鮮魚を味わい尽くす
  2. 美しい赤間神宮で壇ノ浦の戦いに思いを馳せる
  3. カメがたくさん!御朱印もユニークな亀山八幡宮

山口旅行で絶対に外せないのは唐戸市場です。
ぜひ味わっていただきたいのは「ふく刺し」。山口ではフグと言わずふくと言います。
胃袋に余裕がある方は山口発祥のグルメ「瓦そば」もぜひ味わってください。
さらに、下関市といえば平家物語でも有名なシーン・壇ノ浦の戦いで知られています。
パワースポットの赤間神宮や、そのすぐそばの亀山八幡宮で
美しい景色と歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

下関旅行のおすすめのスポット

山口に来たら絶対に食べて欲しい“ふく”


個人的には旅行というより 遠出のランチくらいの感覚で
唐戸市場にはしょっちゅう鮮魚を味わいに来ていました。
今回の日帰り旅でもそれは変わらず、迷いなく朝イチに立ち寄りたいスポットです。
毎週末限定のグルメイベント「活きいき馬関街」は営業時間こそ昼の15時までとなっていますが
売り切れ次第終了のため、人気商品はお昼にはほとんどなくなってしまいます。
常連は昼ごはんではなく朝ごはんを食べに来ると言われるほど、
人気のネタは午前中がねらい目です。
山口で「ふく」と呼ばれるふぐ刺しをぜひ味わってみてください。

壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇を祀る赤間神宮


「波の下にも都のさぶろうぞ」、日本史や古典で習う有名なフレーズです。
平安時代後期の壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平家が続々と入水する中、
8才の幼い安徳天皇も、二位尼に抱かれて壇ノ浦の急流に身を投じたと言われています。
赤間神宮はそんな安徳天皇を祀っている神社で、見た目はまるで竜宮城。


背景を思うとすこし物悲しい気持ちになりますが、
美しい朱塗りの門や、坂の上から見る輝かしい海は一見の価値ありです。
安産・恋愛のパワースポットとしても知られているため、
カップルや夫婦の参拝客で賑わっています。

ユニークな御朱印で話題!亀山八幡宮


赤間神宮から500mほど、徒歩で10分もかからないところにあります。
応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、仁徳天皇を祀っていて、境内の池ではたくさんのカメが大切に飼育されていました。
訪れたとき、たくさんの人が社務所に列を作っており、
覗いてみると「ふく」がデザインされたユニークな御朱印をいただけるんだとか。

さらに新型コロナウイルスで外出自粛ムードになってからは
郵送限定で金色や銀色の御朱印をいただけたり、
さらに最近では、疫病を退散するという妖怪アマビエが山口のシンボルふくを抱いた御朱印もいただくことができる、と
常に話題を呼んでいる神社です。
アフターコロナで参拝することはもちろん、
おうちから今限定の御朱印をいただいてみるのはいかがでしょうか。

お問い合わせは 亀山八幡宮 御朱印頒布について からどうぞ。

下関でのおすすめグルメ

瓦そばの名店「唐戸名物 藤屋」


朝ごはんを唐戸市場で食べ、昼ごはんをこちらでいただくプランがオススメです。
おすすめはなんといっても山口のソウルフード「瓦そば」!
その名の通り、熱い瓦の上に料理が乗ってきます。
瓦の熱で部分的にパリパリになった茶そば、肉、卵を
醤油をベースにした汁につけていただきます。
汁に使われている甘めの醤油が食欲をそそる一品です。
唐戸市場でお腹いっぱい食べても、きっと別腹でいただける美味しさです♪

下関でのおすすめのショッピングスポット

おみやげも唐戸市場で…!


鮮魚はぜひ唐戸市場で、そしておみやげにはふくのから揚げがオススメです!
ふんわりとして口の中でほぐれていくから揚げは唐戸市場ならでは。
昼酒で盛り上がるあまり今回はつい買いそびれてしまったので、
かわりに巨大なエビフライをおみやげに買って帰りました。

下関旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

福岡から山口までは新幹線で、市内の移動にはタクシーを使いました。
各スポット間の移動距離がそこまで長くないので
アルコールを楽しみたい方は手早くタクシー移動がおすすめです。

下関旅行に必要な持ち物

唐戸市場のお店によっては簡易お手拭きをくださる店舗もありますが、
割りばしのみのお店もあるためお手拭きやハンカチ、ティッシュがあるといいと思います。
また、飲食スペースというより市場の屋外に腰かけて飲食する人がほとんどのため、
芝生の上に直で座ることが気になる方や小雨が降っている日などは
レジャーシートがあると便利です。

下関旅行での注意点

下関旅行での注意点
  1. 激混みの唐戸市場、お子さま連れは迷子に注意!
  2. 足元が濡れているため夏場でもスニーカーがオススメです。

唐戸市場は朝はやくからたくさんのお客さんで賑わっています。
“戦利品”を両手に持って狭い通路を通り抜けている間に
両親とはぐれてしまった!という迷子もよく見かけます。
なんなら大人でもはぐれてしまうことは珍しくなく、スマホで電話をかけあうほどです。
また、水産市場のため足元は濡れて滑りやすくなっています。
人ごみで足元が悪いため、夏場でもサンダルよりスニーカーで行くことをおすすめします。

まとめ

本当は海響館にも寄るつもりが、唐戸市場で昼酒を楽しむあまり、
ついつい日が暮れていました(笑)
スケジュールを詰め込み過ぎないゆったりとした日帰り旅もおすすめです。
新型コロナウイルスがひと段落したら、
今度は味覚だけでなく視覚的にも魚に癒される旅行を計画しています♪

こさい たろフォトグラファー

投稿者の過去記事

小学生の頃フランスに住んでいました。現在、0才児の育児に追われる新米ママ。
プロ野球・プロバスケ、音楽ライブ、演劇を撮影させていただいています。
【website】 https://tarophoto.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子一人旅 in アメリカ 有名スポットだらけのサンフランシスコ| トラベルダイアリー
    サンフランシスコ旅行体験記旅のはじめ、ベトナムのハノイで偶然知り合い、半日一緒に観光をしていたと…
  2. タイ・バンコクで遺跡寺院巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記東南アジアへの渡航歴があまりなかったので行って見ました。ベトナムやカンボジアと…
  3. 台北旅行体験記短い休みで海外に行こう!となったらやっぱりアジアに限られてしまいます。その中で…
  4. バイロンベイ旅行体験記バイロンベイといえばオーストラリア最東端の街で、おしゃれで素敵な街!ヒ…
  5. 初サンフランシスコ・アルカトラズ島で恐怖に慄く…. 海と魚貝を楽しむ素敵な街*。| トラベルダイアリー
    初めてのサンフランシスコ旅サンフランシスコに行った日は、あいにくの雨のち曇りのお天気。たまに降り…
  6. 幼児連れでも楽しめた!2歳児との海外旅行はグアムで正解!| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記子連れ海外に関しては2歳になってすぐハワイに行き惨敗。ロングフライトと時差がきつ…
  7. 「時」を気にする旅に出る、ロンドン、グリニッジ天文台旅行★| トラベルダイアリー
    グリニッジ旅行体験記「グリニッジ天文台」「グリニッジ子午線」…誰もが一度は学校で習ったであろう超…
  8. バンクーバー最大の公園【スタンレーンパーク】| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記バンクーバーは他民族都市とも言われるほど移民の多い街と言われています。20…
  9. スイスらしさがぎゅぎゅっと詰まった街、ベルンお散歩旅♪| トラベルダイアリー
    ベルン旅行体験記春休みを利用して祖母が若き日に祖父と旅した思い出の地、スイスの首都ベルンへ、祖母…
  10. 女子一人旅 in メキシコ 友達の住む静かな街サンファンデルリオ| トラベルダイアリー
    サンファンデルリオ旅行体験記興奮しっぱなしだったペルーを後にして、次に訪れた場所はメキシコです。…

国内旅行おすすめ

  1. ~美瑛の青い池&パワースポット&花めぐり~北海道での夏休み!| トラベルダイアリー
    美瑛旅行体験記夏の北海道なら美瑛の花畑が見たい!と思い1泊2日で美瑛に行くことになりました。花畑…
  2. 白浜~串本・那智勝浦旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神~白浜を観光。次…
  3. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  4. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  5. 尾花沢旅行体験記一度訪れてみたかった大正の情緒溢れる温泉街。1泊2日でゆっくりできる旅先を探して…
  6. 【一人旅】都内のオアシス三鷹で3連泊。緑とセミの鳴き声に囲まれる| トラベルダイアリー
    三鷹旅行体験記3連休に乗じて旅行したいと思ったものの、感染症対策のため遠出ははばかられるご時世。…
  7. 車がなくても楽しめる那覇と瀬長島で過ごすリゾート時間| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記昨年の10月頃に行きましたが、気温が高く夏気分で夏服を着て過ごせたので、非日常感を…
  8. 岐阜の小京都!1泊2日で巡る秋の飛騨高山~白川郷の旅| トラベルダイアリー
    高山旅行体験記11月初旬。1泊2日の休みを使って、まだ行ったことがない土地に行ってリフレッシュを…
  9. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…

最新記事

  1. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  3. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  4. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  5. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  6. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  7. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  8. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  9. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  10. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…

Archive



PAGE TOP