帰省のついでに、黒部市近辺のお出かけスポット巡り| トラベルダイアリー

帰省のついでに、黒部市近辺のお出かけスポット巡り

黒部旅行体験記

コロナ禍で帰省の頻度が限られる中、人込みを避けてちょっと早めの夏休みで実家のある富山県黒部市に3泊4日で行ってきました。ちなみにマイカーによる安心安全のバブル方式での移動です(笑)。

黒部旅行について

おすすめのポイント
  1. 縦に長い市なので海と山、両方の自然が楽しめます。
  2. 魚が美味しい!スーパーの刺身もお寿司も採れたてです。
  3. 田舎あるある!混雑と言ってもたかが知れています。

黒部市は有名な黒部ダムを擁する山岳地域から、日本海沿岸まで縦に長い市です。今年は行きませんでしたが宇奈月温泉からトロッコ電車で黒部峡谷を楽しむ定番の観光スポットが有名です。スキー場もありますが、海水浴場もあるという山と海の遊びが両方楽しめます。そして日本海と言えば魚!黒部にも生地漁港と黒部漁港の2つの漁港があり、魚は新鮮なままスーパーに卸されるので、スーパーのお寿司も刺身も侮れません。移動は車中心ですが、都会ではおなじみの渋滞がないので予定を立てやすいというメリットがあります。観光名所も都会のように数時間待ち、ということはありえません。「密」にならずに、安心安全で快適な観光ができます。

黒部旅行のおすすめのスポット

石田浜海水浴場で波際チャプチャプ遊び

やって来ました~。海水浴場!

到着した日の午前は雨でしたが午後から晴天になり、黒部市で唯一の公認ビーチに繰り出しました。監視員さんもいて、遊泳可能範囲にはロープが張られているので安心です。とはいえ、太平洋の海とは違いここは日本海。浜辺から数歩でズボっと深くなります。また、台風接近に伴い風が強く、波も強めで正に日本海の荒波状態でした。うちの子は怖さ半分興味半分で、波打ち際で寄せてくる波と戯れて満足気。

吉田科学館でプラネタリウム鑑賞と工作遊び

吉田科学館。エメラルド色のドームがプラネタリウムです。

いろんな工作が展示されており、思い思いに遊べます!

私が小学生だったころに完成した科学館。当時は日本で2番目に大きなプラネタリウムで一躍有名になりました。30年ぶりくらいに再訪です。夏休みということもありプラネタリウムは1日4本上映(1回約40分)されており、毎回違うストーリーです。お値段も大人300円とかなりお安め。ストーリーは子供向が多いですが、リクライニングの利く椅子で満点の星空を見上げていると300円の元は十分取れたかなと思います。そして館内には面白い工作おもちゃがずらりと並んでおり、子供たちを魅了していました。例えば、ビー玉の入ったアルミのコーヒー缶を斜めに立てられるか?鏡トリックによる、掴めそうで掴めない貝殻とか。大人もそれなりに楽しめ、来てよかったです!

お隣、魚津市の魚津水族館で日本海の魚を鑑賞

魚津水族館のエントランス。

富山湾の水槽にて。エイもいます。

ペンギンも見られます。

県民であれば一度は来たことがあるであろう、水族館です。こちらも30年ぶりくらいの再訪でした。エントランスはちょっとさびれていましたが、中に入ると関係ありません。大人1000円、3歳以上200円(安い!)。富山の川や田んぼで見られる生物コーナーから始まり、富山湾の魚(ドームになっている大水槽)、深海の魚やジャングルの魚コーナーもあります。面白かったのは角質を食べてくれる魚の水槽に手を入れてエステできること。よく海外で足を入れてエステ、っていうあれです。無料でできるんです。ツンツン食べてくれて面白かったです。個人的にはリュウグウノツカイの標本や水揚げされた記録のコーナーが面白く、魅入ってしまいました。他にもサメやペンギンコーナーもあり、充実しています。水族館の外のお土産屋さんは、魚グッズがかなり充実しています(どちらかというと子供向け?)。昔私もここで貝殻詰め合わせを買った記憶が(笑)。うちの子もイルカのハートリングを買ってご満悦。私もリュウグウノツカイのイラストのハンドタオルを買いました。旦那はウミウシのマグネットに惹かれていましたが1000円だったので断念!残念!

黒部でのおすすめグルメ

不思議な食感と優しい甘さのとりこになる、富山名物の水だんご

スーパーで売られている水だんご。

水だんごソフト!黄緑色のはきな粉です。

小さい時からおやつに、デザートにと日常的に食べていたので、地域限定だと知ったのは大人になってからです。富山の夏の風物詩といえば「水だんご」。富山県産のお米から作っただんご(これがモチモチしているくせに簡単に噛み切れ、そしてのど越しツルリで美味しい)を適当な大きさに切り、流水で洗って冷やして、その上に甘味の入ったきなこ(黄緑色ですがこれが普通です)をたっぷりかけて頂きます。きなこのシャリシャリ感とだんごのモチっと感のマッチがたまりません。水だんごは普通のスーパーでも売っていますし、下記のとれたて館などお土産屋さんでも置いています。できたて館では、水だんごをアレンジした「水だんごソフト」が食べられますので、夏の黒部では是非食べてみてください。

黒部でのおすすめのショッピングスポット

お土産と海鮮ならここ!とれたて館とできたて館

積まれたお土産。冷蔵コーナーにはかまぼこや佃煮、黒作りなどの海産加工品もあります。

岩ガキ!時価で、今日は500円でした。

帰省のお土産はいつもここで買っています。とれたて館は物品販売メインで、バラエティ豊かな富山土産(海産物多め)が揃うのと、生のお魚も売っているので、自分で調理できる方にお勧めです。その場で食べられる岩ガキ(生)や甘えび(生)もあり、旦那はいつもここでぺろりと岩ガキを食べてから、実家へ向かっています。できたて館はお食事処になっていて、できたての海鮮料理を楽しめます。数年前にここで白エビのかき揚げ丼を食べたことがありますが、磯の香り漂いとても美味しかったのを覚えています。コロナが終わったら晴れてまた食べに来たいです!

黒部にて宿泊したホテル

ホテルバーデン明日

ホテルエントランス。

ホテルのお部屋。

大人用の夕食。こちらは前菜です。加えて刺身、天ぷら、ステーキ、ご飯、デザートが出ます。

お子様ランチ御前!おいしそう!

朝ごはんも盛りだくさん。

宇奈月温泉に行く途中にあるホテルで、日帰り温泉も兼ねています。富山に住んでいたときから日帰り温泉はしょっちゅう利用させてもらっていました。宿泊は今回2回目ですが、大人2名子供1人、朝夕食込みで約32,000円とリーズナブル。コロナ対策もしっかりされており、昨年に引き続き快適な滞在をさせて頂きました。食事はお食事処にて。大人は懐石料理、子供はお子様ランチプレート(かなり豪華)。朝は定番の和朝食です。このホテルのいいところは、スタッフの方が丁寧なところです。お風呂はとてもきれいに掃除されていて、脱衣場には雫ひとつ落ちていません。夕食時も子供が喜ぶようなくじ引きを用意してくださったり、チェックインからチェックアウトまで外に出てお出迎え&お見送りしてくださったり。また来年も来たいと思わせてくれます。

黒部旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

マイカーを使っての個人旅行でした(帰省を兼ねているので旅行と言っていいのかどうか…)。富山のツアーと言えば五箇山、立山、黒部峡谷が定番ですが、個人旅行ではツアーではいけないところに行ける、というのが最大の魅力です。とはいえ、黒部にはそこまでして行くほどの観光スポットに乏しいのも事実ですが…。黒部人ならだれもが言ったことがある定番スポット中心に回ってみました。

黒部旅行での注意点
  1. お盆やお正月のドピークは漁師さんもお休みなので地元のお魚が手に入らない。
  2. 車は必須。公共交通機関はないと思ったほうが良い。

スーパーに並ぶ「黒部産」の鮮魚が消えるのがお盆と正月。漁師さんもお休みで、この時期は他県産や海外産のお魚が並びます。地産のお魚を狙うならピークを外すのがベストです。また、黒部には一応電車は走っているものの、1時間に1,2本と少な目です。バスもありますがバスでどこへでも行けるほど路線網は発達していませんので、車は必須です。

まとめ

地元の30年ぶりのスポットを訪れてみて、小学生だった当時の記憶が懐かしく思い出されました。当時は大きく思っていた水族館も意外と小さかったのにはびっくりです(でも中身は充実していました!)。科学館は採算度外視で30年前と変わらぬ料金でプラネタリウムを上映しているし…。いつもは身近にありすぎてスルーしていましたが、再訪してみて良かったです。今回は行けなかった黒部の定番スポットがまだまだありますので、また来年以降紹介できればと思います!

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. メルボルン旅行体験記知人が留学中ということで誘われて行くことになったメルボルン。オシャレな街並み…
  2. プラハ旅行体験記チェコの首都プラハ。世界最古で最大のお城があり、街のシンボルとも言える天文時…
  3. セブ旅行体験記短期英語留学で英語を学びにセブ島に行ってきました。英語を学ぶ環境も素晴らし…
  4. シェムリアップ旅行体験記今度の旅行は東南アジアに行きたいと何となく選んだカンボジア、シェムリアッ…
  5. 女子一人旅 in イギリス 友人を訪ねてバーミンガムへ| トラベルダイアリー
    バーミンガム旅行体験記いよいよヨーロッパ最後の国、イギリスへ。まずは留学中の友人を訪ねてバーミン…
  6. 石灰岩をくり抜いてできた街!イタリアのマテーラの洞窟住居| トラベルダイアリー
    マテーラ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  7. フィレンツェ旅行体験記 後の文学や芸術に大きな影響を与えたルネッサンスの中心地、フィ…
  8. シンガポール旅行体験記日本を飛び出し、異国の地に行きたい。中華、マレー、インドなど多文化でとても…
  9. 福岡旅行体験記今回は開業40周年を迎えた福岡市地下鉄の1日乗車券、「ファミちかきっぷ」を使って市…
  10. ケアンズ旅行体験記オーストラリアは南半球に位置するため日本とは季節が逆になります。冬が厳しい日本…

国内旅行おすすめ

  1. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  2. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  3. 鳥取旅行体験記夫が「鳥取に行こう」と言い出したのは新婚一年目のことでした。てっきり目的地は砂丘か…
  4. 時の鐘と蔵づくりの街 小江戸川越で食べ歩き| トラベルダイアリー
    川越旅行体験記時折テレビの特集で見かけていて一度行ってみたかったので。東京からも割とアクセスがよく…
  5. 京都旅行体験記京都はこれまで2回旅行をしたことがありましたが、何度でも訪れたくなるのが京都です♪…
  6. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…
  7. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  8. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…
  9. 博多旅行体験記新幹線、飛行機など、どこからでもアクセスの良い福岡、博多!!!博多といえば、もつ鍋…
  10. 石垣島旅行体験記日本の果てに行ってみたい…それが石垣島に行こうと思ったきっかけです。石垣島は沖縄…

最新記事

  1. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  2. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  3. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  4. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  5. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  6. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  7. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  8. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  9. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  10. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…

Archive



PAGE TOP