青春18きっぷで行く!和歌山・新宮の旅

新宮旅行体験記

青春18きっぷ初の旅!
日本の真ん中岐阜県から、電車を乗り継ぎどこまで行けるか試したくなり青春18きっぷでの鈍行旅行にチャレンジ。
岐阜→三重→和歌山なのでそんなに遠くないと高をくくっていた筆者。
しかしそれは長い乗車旅行の始まりだった…。

新宮旅行について

おすすめのポイント
  1. 目を疑うほどの鮮やかなエメラルド色!清流「熊野川」
  2. 全国3000ある熊野神社の総本宮「熊野本宮大社」
  3. 朱色の社が艶やか甦りの地「熊野速玉大社」

岐阜県から和歌山の最東、新宮へ行くには一度愛知県(名古屋)へ出なければいけません。
名古屋→亀山(三重県)→多気(三重県)→新宮(和歌山県)概ねこの流れですが、これで所要時間なんと6時間。
むむむ、長い、長いぞ。
線路が単線の為、特急の通過待ちで駅滞在20分などありました。
颯爽と風を切り走っていくワイドビュー・南紀を見送るのもまたオツです。
岐阜駅はJR東海、新宮駅からJR西日本の管轄へ変わるようです。
こんな遠いところまで来たんだなあと感慨深くなる移動でした。

新宮旅行のおすすめのスポット

和歌山の自然が育んだ天然のエメラルドグリーン「熊野川」


新宮駅に到着し、昼食を掻きこんで飛び乗った熊野本宮行きの路線バス。
新宮の街を抜け、くねくね山道を1時間ほど登っていきます。
深い山々を縫って進むバスの窓は生憎の雨天で曇っていましたが、
窓の向こうに広がっていたのは眩いほどのエメラルドグリーン。熊野川。
にごり湯の入浴剤でも溶かしたのかと3度見くらいしましたが、どこまで遡っても一向に濁る気配のない圧倒的な翡翠。
嘘みたいな鮮やかさに、熊野の自然ってすごい…と思わず身震いしました。

全国3000社の頂点!「熊野本宮大社」とヤタガラス




新宮駅から1時間のバス旅。山道をくねくね揺られながらたどり着いたのは「熊野本宮大社」しかしここも滞在時間が1時間ありません。無駄にタイトスケジュール。
本来、本宮大社へのお参りのあと、大鳥居(大斎原)へ参る流れなのですが、時間と悪天の都合で今回は熊野本宮のみ。
千年続く熊野詣の荘厳な雰囲気や神の遣いヤタガラスの話など、心がシャンとなる場所だと思いました。
大社までは階段や坂が続くので、足元に気を付けて頑張ってお参りします。

鮮やかな朱色が映える「熊野速玉大社」甦りの旅


新宮駅前へ戻り時刻は夕方。宿にチェックインしたのち、近くにある熊野三山の一つ「速玉大社」へ。
橋や鳥居、本殿もすべて朱色に彩られた美しい神社です。
決して幸福ばかりでない生きる道の中、別け隔てなく与えられる救いを求め、険しい旅路を往く。
昔の人々は、熊野詣を経て、迷わず人生の再出発を踏み出す勇気と覚悟の加護を得ていた…それが速玉大社が「甦りの場所(旅)」と呼ばれる理由なんだそうです。
駅から約1キロほど、新宮の街中に近いところにあるのでぜひ訪れてみてください。

新宮でのおすすめグルメ

新宮名物・めはり寿司の「総本家 めはりや」


新宮名物・めはり寿司は”目を見張るほど口を開けないと食べられないほど大きい”ためにその名がついたという説があるそう。
実際、1玉が筆者のげんこつほどあり本当に驚きました。Too big…Oh…
お酢が苦手なので心配していましたが、めはりやのめはり寿司は酢飯でなく、
高菜の漬物が中に入ったごはんのようです!(酢飯のお店もある)
おっきい1玉を目を張ってばくっとかぶりついて頂きます!
バスの時間が迫り困っていたところ、お店の方が包んで下さったので後でいただきました。
おなか満点、おいしさ満点!

新宮でのおすすめのショッピングスポット

オークワ 新宮仲之町店



新宮駅から歩いて5分ほどの距離にあります。オークワへ行く途中にレトロな純喫茶も。
今回自由時間がなく、あまり街を歩けなかったのでこちらでお土産や夕食を購入しました。
関西~静岡にしかないスーパーです。旅行先で地元スーパーに立ち寄ると、自分の住んでいる地域との生活の違いを感じられて楽しいです。
オークワは和歌山県新宮市で主婦の店として始まったこともあるので、ゆかりの地でもあります。
和歌山の新鮮なお刺身やお土産、柑橘類が手ごろに揃いますので、今回の旅行ではとてもお世話になりました!
デラックスケーキはレトロな包装がかわいいくちどけのいい半生菓子。

新宮にて宿泊したホテル

熊野速玉大社すぐそば「熊野荘」


速玉大社すぐそばにある、料理旅館です。
和風な佇まいが素敵で、玄関を入ると古き良き日本の旅館の姿に一瞬で引き込まれます。
2Fの広い部屋に宿泊しました。本当に広くて、一人で泊まるには寂しいくらいでした(笑)
ふすまを外せば大広間として、宴会にも使われているようです。
隣接の割烹では海の幸をふんだんに使った料理や名物さんま寿司なども食べられるようです。
今回は予約でいっぱいだったので利用できませんでしたが、またの機会にはぜひおいしい料理に舌鼓を打ってみたいですね。

新宮旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配(青春18きっぷ)

良かった点
  1. タイトスケジュールも自分の都合でサクサク回れる
  2. 急な予定変更にも臨機応変に変更できる身軽さ
残念だった点
  1. 移動距離がとにかく長く時間がかかる
  2. 各移動手段の時間に振り回されがち

新宮旅行に必要な持ち物

熊野本宮は山の中にあるので長い階段を上がります。歩きやすい靴は必須。
速玉大社、新宮駅周辺以外を行く際には水分は忘れずに。
御朱印ももらえるので、集めている方は御朱印帳必須!

新宮旅行(青春18きっぷ)での注意点

青春18きっぷでの移動なので、JRしか利用できません。
始発から終点までの移動×3パターンという長距離移動なので、席の確保が出来ないと何時間も立ちっぱなしの可能性も…。
車両によってはトイレがない車両もあるので注意!

まとめ

片道6時間の長旅でしたが、景色が変わっていく道中も楽しむことができました。
人気のないひっそりとした駅を何駅も見送ると見えてくる熊野灘や熊野の森の雄大な自然の風景。
新宮の街に根付く熊野信仰の神秘的な雰囲気はどこか非日常的で、ノスタルジック満載の旅。
喧騒に疲れた心が癒える素敵な旅行になりました。

 

川瀬あきの

川瀬あきの川瀬あきの

投稿者の過去記事

青春18きっぷや夜行バスでののんびり旅行が好き。
食べることや地方スーパーが好き。
その土地にしかない風習や工芸品を漁ったりしながら、今日もふらふら旅してます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ポツダム旅行体験記ドイツの首都ベルリンから日帰りで足を延ばせる「ポツダム」。学校で勉強した「ポツ…
  2. ヴェナリア・レアーレ旅行体験記雑誌で見て、一生に一度行ってみたかったヴェナリア・レアーレ(ヴェナ…
  3. ペーザロ旅行体験記オペラ好きの両親の「行ってみたい!」の気持ちにこたえるべく向かったマルケ州、ペ…
  4. 友人に会いにサンフランシスコへ・・・観光客より観光しました①| トラベルダイアリー
    サンフランシスコ旅行体験記友人に会いにサンフランシスコへ行きました。会うつもりで2週間ほど滞在さ…
  5. 韓国・済州島の芸術とカフェでヒーリングタイム!| トラベルダイアリー
    済州島旅行体験記済州島にある展示会を見に行きたくて、2泊3日で行きました。済州島には電車がありま…
  6. 台湾・台北で朝から晩までしっかり食べる!遊ぶ!買う!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記近場で美味しいものが食べられる海外に行きたい!という理由から、台湾の台北へ!東…
  7. ホーチミン旅行体験記ホーチミンはハノイよりも活気があり、また美しい街でした。首都はハノイだけど発…
  8. サンフランシスコ旅行体験記何回か行ったことのあるアメリカ。実はあまり好きではないのですが、友人に…
  9. バンフ旅行体験記根っからのアウトドア好きの私。いつか世界中の山を制覇出来たら・・幼いころから、そ…
  10. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  2. 松山旅行体験記 愛媛県の新居浜市への出張3日間を終え、移動日まるまる使って松山に観光…
  3. 兵庫「城崎温泉」の源泉で作る、最高の温泉たまごを。| トラベルダイアリー
    城崎旅行体験記本格的に寒くなる前に、城崎の温泉街で外湯巡りを楽しみたかったため、冬になるまえに旅…
  4. モザイクタイルミュージアム旅行体験記岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザ…
  5. 1泊2日をエキサイティングに楽しむには淡路島で決まり!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記淡路島は山の自然と海の自然の両方が楽しめる、観光には非常におすすめのスポットです…
  6. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  7. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  8. 友ヶ島旅行体験記2018年GWに友ヶ島へ旅行に行ってきました。そこはまるでジブリの世界に迷い込ん…
  9. 鹿児島旅行体験記「レベル3くらいじゃ驚かんよ。」そう語ったのは鹿児島出身の先輩。“レベル3”…
  10. 石垣島旅行体験記日本の果てに行ってみたい…それが石垣島に行こうと思ったきっかけです。石垣島は沖縄…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP