ウズベキスタンで最も華やかな春のお祭り!3月21日はナヴルーズ!| トラベルダイアリー

ウズベキスタンで最も華やかな春のお祭り!3月21日はナヴルーズ!

ナヴルーズに行ってきました!

ウズベキスタンの祝日の中でも毎年最も華やかで盛大にお祝いされる3月21日のナヴルーズ。ナヴルーズは春のお祭りになります。ナヴルーズではさまざまなイベント毎が各地で開かれます。現地に住んでいるので、毎年私自身も体験しているナヴルーズをご紹介します!

ナヴルーズとは

おすすめのポイント
  1. クプカリやスマラック作りでウズベキスタンの人々と一緒に楽しめる
  2. 春にしか採れないクックで期間限定ウズベク料理を堪能!
  3. 春に咲く桜に似た杏の花でウズベキスタンの春の景色を観賞!

ウズベキスタンは、イスラム教徒が多い地域になります。ナヴルーズはイスラム教よりも古いゾロアスター教が起源といわれており、中央アジアや中東地域の一部に残っている独特なお祭りになります。2010年にはユネスコの無形文化遺産にも登録されているナヴルーズは春を祝うお祭りになります。各地でコンサートが開かれたり、クプカリと呼ばれる競技、大きな鍋でスマラックを作ったり、春に採れるクックでのお料理などさまざまなイベント事があり、ウズベキスタンの人々が1年で最も楽しみにしている祝日になります。

ナヴルーズの見どころ

サマルカンドやカシュカダリョで開催される競技「クプカリ」

クプカリの「クプ」はウズベク語で「たくさん、多く」を意味し、「カリ」はペルシャ語で「仕事」を意味します。熟練した馬に乗った騎手が山羊や羊の死骸をゴールに運ぶために競い合う競技をクプカリといいます。クプカリは、中央アジアの人々が伝統的に結婚式を祝う春または秋と、春のお祭りであるナヴルーズに開催されます。ウズベキスタンでも開催される地域が限られており、サマルカンドやカシュカダリョという地域で主に開催されます。ウズベキスタンの各地から多くの人々が観戦に来られ、賑わいます。勝者には以前は絨毯や雄牛、羊、山羊などでしたが、最近では車や電化製品などが贈呈されています。

大きな鍋で24時間かけて作られる「スマラック作り」

古くから伝わってきたナヴルーズの伝統料理の1つである「スマラック」。スマラックは、麦芽に含まれるビタミンがとても豊富で栄養価が高い料理と伝えられてきました。大きな鍋に麦芽、小麦粉、油を入れ、24時間焦がさないように願い事をしながら、かき混ぜて作る料理です。鍋を囲んで談笑したり、歌ったり、踊ったりして過ごします。出来上がったスマラックの表面の模様も占われます。スマラックは砂糖が入っていないにも関わらず、麦芽糖による甘さがあり濃厚な味わいです。ウズベキスタンのノン(パン)と一緒に食べるとクセになってしまう味わいです。

ウズベキスタン各地で開かれる音楽や踊りのコンサート

ナヴルーズの3月21日には、ウズベキスタン中の各地の公園やコンサート会場などでウズベキスタンの有名なアーティストやプロのダンサーから、子供たちまで幅広いジャンルの歌や踊りのコンサートが開かれます。テレビでもコンサートの様子が放送され、会場に足を運べない人々も春のお祭りを感じられるようにと国中がお祭りモード一色になります。

春に採れる野草「クック」を使ったウズベク料理

ウズベク語で「クック」とは緑色という意味。3月上旬くらいから1ヵ月ほど採ることが出来る春の野草「クック」。クックを塩茹でし、玉ねぎとクックを混ぜ合わせた具を入れたクックソムサ(総菜パン風)や玉ねぎとクックに卵を混ぜ合わせた具を小麦粉の生地で包み、茹でたクックバラク(具が入ったワンタン風)というウズベク料理が期間限定で堪能できます。ウズベキスタンの人々はこのクックソムサやクックバラクを食し、春が到来したことを実感します。

桜の花に似たウズベキスタンの杏の花を観賞

日本人が春にウズベキスタンへ訪れると誰もが ” 桜の花? ” と思うくらい似ている花。3月中旬くらいからウズベキスタンの各地で開花するこの花は杏の花なんです。日本でも桜が開花すると春の到来を感じますが、ウズベキスタンでもほぼ同じ時期に開花する杏の花を見て、春の到来を感じます。ウズベキスタンでは日本のようにお花見の習慣はありませんが、ウズベキスタンの雲一つない青空と薄いピンク色の杏の花の下でお花見をしてみるのも良いかもしれません。

ナヴルーズで見つけたグルメ

ナヴルーズの伝統料理「スマラック」やクックを使った料理

町内の人々や親戚たち、同級生などが集まってさまざまな場所で作られるナヴルーズの「スマラック」と春の約1カ月間のみ採れる野草クックを使ったソムサやバラクのウズベク料理。ウズベキスタンの人々もテーブルにこの料理が並び、食すことで春の到来を感じるといわれるほど伝統的な料理です。どれも3月中旬から4月中旬までの約1カ月間にしか味わえない料理です。

ナヴルーズに必要なアイテム・服装・その他

3月中旬くらいから日中は暖かくなってきますが、朝晩はまだまだ冷え込む時期のため、パーカーやカーディガンなど重ね着できる服装が良いでしょう。また、ウズベキスタンは年間を通して雨が少ない国ですが、春は天候が不安定で雨が降ることも多い時期になります。折り畳み傘もあると良いでしょう。さまざまなイベントもあり、クプカリ観戦などは足場も悪いので、履きなれた靴やスニーカーなどがベストです。

ナヴルーズでの注意点

ナヴルーズを満喫したい!という方は、旅行会社などでナヴルーズ時期のウズベキスタン観光ツアーなども企画されているのでそちらを利用するのが便利です。個人旅行が好きな方は、ナヴルーズの時期はウズベキスタンの人々も各地に国内旅行をしたりと交通期間が込み合うので、国内線や電車などを利用する場合は事前の予約が必須です。「クプカリ」観戦は、大抵郊外などで行われることが多いため、現地語(ウズベク語やロシア語)ができないと難易度が高めです。個人や少人数でナヴルーズを満喫したいという方は投稿者のほうからお気軽にご相談ください。

まとめ

ウズベキスタンで最も華やかな春のお祭りナヴルーズについてご紹介してきましたが、各地でさまざまです。この時期にしか体験できないイベントや料理、景色を観賞しながら、よりウズベキスタンの人々と交流できるナヴルーズ。中央アジア好き、イスラム建築好きな方はぜひ、この時期に訪れでみてはいかがでしょうか?普段と違ったさらに充実した思い出深い旅になること間違いなしです!

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. メルボルン旅行体験記知人が留学中ということで誘われて行くことになったメルボルン。オシャレな街並み…
  2. 女子一人旅 in フランス パリでついに念願の美術館巡り| トラベルダイアリー
    パリ旅行体験記 お世話になりっぱなしだった友人とお別れをして次に向かった先は、パリで…
  3. チェコの首都プラハ「市民会館(スメタナホール)」で音楽鑑賞ツアー | トラベルダイアリー
    プラハ市民会館 (スメタナホール)体験記音楽の都としても名高いチェコの首都、プラハでやりたかった…
  4. 台北旅行体験記台湾は日本よりも小さな島国で、一周1000kmほど。有名な自転車メーカーがあり、自…
  5. チュニス近郊・遺跡の街カルタゴとシディブサイドへ| トラベルダイアリー
    カルタゴ旅行体験記カルタゴは首都チュニスから車で30分ほどの距離にある遺跡の街です。紀元前 10…
  6. 南アフリカケープタウンで過ごした充実した日々、観光&買い物♪| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記ジンバブエ、ザンビア、ボツワナも回る南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れ…
  7. 上海旅行体験記中国「上海」へは2019年の秋に友人と二人で訪れました。あまりみんなが行っていない…
  8. ティンプー旅行体験記プナカから峠を超えてついに首都ティンプーにやってきました。首都だけあり、…
  9. 香港旅行体験記インスタ映えスポットが目白押しの香港。離れて住む大好きな友人と現地集合にて弾丸女子…
  10. アントワープ旅行体験記小さい頃、母に読んでもらったおはなし・フランダースの犬。いつか見たいと思っ…

国内旅行おすすめ

  1. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  3. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  4. 伊東日帰り旅行体験記5年前に見た城ケ崎海岸からの景色が忘れられず、日帰り旅行へ行ってきました。伊…
  5. 宇治旅行体験記 京都らしい街並みや風光明媚な景色を楽しみ有名な社寺仏閣を巡り、歴…
  6. 奄美大島 断崖絶壁!宮古崎で絶景散歩を楽しもう♪| トラベルダイアリー
    宮古崎旅行体験記鹿児島県奄美市にある宮古崎へ行ってきました!道のりは少し険しかったのですが、たど…
  7. 熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー
    熊本旅行体験記夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐ…
  8. 博多旅行体験記新幹線、飛行機など、どこからでもアクセスの良い福岡、博多!!!博多といえば、もつ鍋…
  9. 鹿児島旅行体験記友人と電話していて、旅行に行きたいねという話になり、予定が合ったので弾丸女子旅を…
  10. 大自然に飛び込もう!奄美大島マングローブカヌーツアー| トラベルダイアリー
    マングローブカヌーツアー体験記人生初のマングローブカヌーツアー。初心者の私でもカヌーを漕いでマン…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP