フィリピン “バコロド”仮面のお祭り〜マスカラフェスティバル〜

マスカラフェスティバルに行ってきました!

フィリピンのバコロドへ1ヶ月半滞在していたのですが、バコロド到着日がたまたま「マスカラフェスティバル」の最終日でした。
お祭りをしていることを全く知らずに行ったので少しだけでしたが、参加できとてもラッキーでした。

マスカラフェスティバルとは

おすすめのポイント
  1. マニラやセブから飛行機で約1時間のバコロドで開催される!
  2. パレードやダンスコンテストなど見どころがいっぱい!
  3. 地元の人に混ざって参加するだけでハッピーな気分に。

「マスカラフェスティバル(MassKara Festival)」はフィリピンのネグロス島にあるバコロドという都市で開催されます。「Mass」は英語で「たくさんの」、「Kara」はスペイン語で「顔」を意味し、「MassKara」は造語で「多くの人の顔、笑顔の人々」という意味が込められています。
ここからはマスカラフェスティバルの見どころをお伝えしていきます!

マスカラフェスティバルのチェックポイント

マスカラフェスティバルの由来

マスカラフェスティバルはカラフルなマスクとゴージャスなコスチュームから、ハッピーなイメージを持つことと思います。しかし、その裏には悲しい過去が…。
それは1980年代のことです。砂糖の市場価格が暴落し、サトウキビの生産が主要な産業であったバコロドは打撃を受け、大きな危機に直面することになりました。また、船の事故で多くの地元民の命が失われたこともあり、そんな悲しみから元気になろうと始まったのが、このマスカラフェスティバルなのです。

マスカラフェスティバルの開催場所と時期

マスカラフェスティバルは「微笑みの都市」と呼ばれているフィリピンのネグロス島にあるバコロドで開催されます。10月19日がバコロド市の創立記念であり、毎年10月に3週間かけて行われています。
フェスティバルの期間は、周りの道路が交通規制により渋滞することもあるので、ご注意を。フィリピン最大規模とも言われているフェスティバルは一度は参加して損はありません!

マスカラフェスティバルのメインイベント

マスカラフェスティバルは、地元の人たちが地域単位や学校ごとにパフォーマンスを披露するストリートダンスコンテストやパレードなど見どころがたくさん。
お昼は小さな子どもたちも暑そうな中頑張っていました。夜はネオンでさらにカラフルに。メインイベントはクライマックスのパレードで、最後は花火まで上がり、思い出に残ること間違いなしです。

マスカラフェスティバルのお土産

マスカラフェスティバルでは、お祭りにちなんだお土産もたくさん売られています。カラフルなマスクやTシャツ、マグカップ、キーホルダーなど、どのグッズにも笑顔のマスクが描かれていました。
私は、Tシャツやキーホルダーをお土産に購入。この写真のカラフルなキーホルダーは名前を無料で掘ってくれ、旅の記念になること間違いなしです。

せっかくバコロドに来たなら、ローカルなマーケットへ

マスカラフェスティバルに来たなら、ぜひローカルなマーケットへも寄ってみてください。バコロドはまだまだ日本人観光客になじみがない場所ですが、フィリピン全土にある大きなショッピングモール「SMモール」もあり発展している都市です。
発展している都市ではありますが、まだまだローカルな市場も残っており、衣料品やフルーツがとってもリーズナブルなお値段で購入できます。ぜひ、見るだけでも楽しいので、立ち寄ってみてくださいね。

マスカラフェスティバルで見つけたグルメ

チキンイナサル

フィリピンの名物料理「チキンイナサル」。チェーン店でもチキンイナサルは食べられますが、私が3つのお店で食べ比べて一番美味しかったのが「Manokan Country」というSMモールの近くにあるお店です。
黄色く色づいたフライドライスとともに味わうチキンはジューシーで、バコロドを訪れる人には是非ともおすすめしたいお店です。

マスカラフェスティバルに必要なアイテム・服装・その他

フィリピンは暑いので、お昼にフェスティバルへ参加される方は特に、水をたくさん持って行ってください。熱中症にはくれぐれもご注意を!日焼け対策として、帽子やサングラス、日焼け止めなどもマストです。
服装は、地元の人たちとなじめるような、Tシャツに動きやすいパンツスタイル、サンダルか靴がおすすめです。10月は雨季まっただ中なので急な雨に備え、折り畳み傘もあると便利でしょう。

マスカラフェスティバルでの注意点

バコロドへ行くには、日本からの直行便はないため、マニラかセブなどで乗り継ぎする必要があるのでご注意を。マニラやセブからは国内線で約1時間程度です。空港からは約15分で市内まで行くことが可能です。配車アプリのGrabをあらかじめダウンロードしておくと、ぼったくりなどにあわずに済むでしょう。トライシクル(バイクタクシー)の運転手さんと交渉して連れて行ってもらうのもおすすめです。
また、フェスティバルには大勢の人が集まるため、スリなどにもお気をつけください。

まとめ

奇抜なマスクにカラフルな衣装の「マスカラフェスティバル」。読んでいて、参加してみたい!楽しそう!と思っていただけたら、嬉しい限りです。
私はフェスティバルを全く知らない状態でバコロドへ行き、たまたま参加することができたので本当にラッキーでした。長く滞在していたこともありますが、バコロドの歴史にも触れ、フィリピンが好きになりました。みなさんも、機会があればバコロドを目的地の選択肢に入れてみてくださいね♪

 

Anaフリーライター

投稿者の過去記事

趣味は旅することと食べること。
美味しいものを見つけるために旅しているAnaです。
国内旅行も海外旅行も大好き!将来的には暮らすように旅し、旅するように暮らしたい!
みなさまが行ってみたくなるようなアクティブなトラベルダイアリーを更新していきます♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. プーケット旅行体験記私のお気に入りの国""Thailand”のアンダマン海に浮かぶタイ最大の島リ…
  2. キューケンホフ旅行体験記一生に一度、チューリップが咲き誇る時期にオランダに行ってみたいと思ってい…
  3. ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー
    ヒヴァ旅行体験記ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「…
  4. ドブロクニク旅行体験記魔女の宅急便の舞台とも言われている、ドブロブニクの旧市街。昔からジブリ映画…
  5. 【人気観光地】海!自然たっぷり!絶景!ゴールドコーストの旅| トラベルダイアリー
    ゴールドコースト旅行体験記私は以前オーストラリアのブリスベンに住んでいて、ゴールドコーストからは…
  6. ランカウイ島 旅行体験記アジアンビーチリゾートの魅力は、何と言ってもコスパが良い事です。物価が安…
  7. 女子一人旅 in イギリス 友人を訪ねてバーミンガムへ| トラベルダイアリー
    バーミンガム旅行体験記いよいよヨーロッパ最後の国、イギリスへ。まずは留学中の友人を訪ねてバーミン…
  8. 日帰りで行けてしまう観光スポットがたくさん!「メキシコシティ」へ! | トラベルダイアリー
    メキシコシティ旅行体験記はじめての中南米旅行で、メキシコに行きました。文化が全然違ったり、言…
  9. グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

国内旅行おすすめ

  1. 小樽旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  2. 新宮旅行体験記青春18きっぷ初の旅!日本の真ん中岐阜県から、電車を乗り継ぎどこまで行けるか試…
  3. 湯布院旅行体験記 「温泉入りに行きません?」残業続きでクタクタの金曜深夜に、ふと…
  4. 白浜~串本・那智勝浦旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神~白浜を観光。次…
  5. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  6. グループや家族でワイワイ!魅力たっぷりな鬼怒川を遊び尽くそう!友人達と温泉旅行をするため、都心か…
  7. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 浜松・天竜日帰り旅行体験記以前から気になっていた、立須峰・白倉挟へ絶景を求めて行ってきました。登…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ伊豆の旅| トラベルダイアリー
    伊豆旅行体験記海鮮が大好きな私は伊豆へ行くことも多いですが、今回は「星野リゾート界 伊東」に泊ま…

最新記事

  1. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  2. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  3. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  4. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  5. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  6. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  7. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  8. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  9. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  10. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…

Archive



PAGE TOP