ヨーロッパ最大級のカーニバル!ロンドンのノッティングヒル・カーニバル&テムズ川フェスティバル| トラベルダイアリー

ヨーロッパ最大級のカーニバル!ロンドンのノッティングヒル・カーニバル&テムズ川フェスティバル

ヨーロッパ最大のパレード!ノッティングヒル・カーニバル&テムズ川フェスティバル

英国ロンドンの夏のイベントといえば、映画の舞台にもなったノッティングヒル地区で毎年開催される【ノッティングヒル・カーニバル】、もう一つはテムズ川沿いで行われる【テムズ川フェスティバル】が有名です。どちらも地元の人々や観光客に人気で、子どもから大人まで思いっきり楽しむことができ、街全体が盛りあがるパレードです。

ノッティングヒル・カーニバル&テムズ川フェスティバルとは

おすすめのポイント
  1. ヨーロッパ最大級のカーニバル【ノッティングヒル・カーニバル】
  2. ロンドン夏のフェスティバル【テムズ川フェスティバル】
  3. テムズ川フェスティバルの打ち上げ花火も必見!!

ロンドンの西部にあるノッティングヒル地区で行われるノッティングヒル・カーニバルは、ヨーロッパ最大級のカーニバルと言われています。世界最大級のブラジルのリオのカーニバルに次ぐパレードと言われているため、かなりの迫力が期待できるのではないかと思い訪れました。テムズ川フェスティバルは、ダンサーの華やかな衣装が楽しみでしたが、パレード終了後の打ち上げ花火もなかなかの迫力でした。

ノッティングヒル・カーニバル&テムズ川フェスティバルの見どころ

ヨーロッパ最大級のカーニバル【ノッティングヒル・カーニバル1】

ロンドン西部地区の閑静な住宅街ノッティングヒル周辺で毎年行われている【ノッティングヒル・カーニバル】は、子どもから大人まで参加できるパレードです。華やかな衣装をまとって音楽にあわせダンスをしながらとてもにぎやかで観客も楽しめます。ヨーロッパ最大級のパレードのライブ感を体験できるチャンスを逃すまいと、ダンサー達が通過するエリアに開始時刻の1時間前には行きましたが、すでに人が集まっていました。皆気合が入っているようです。

ヨーロッパ最大級のカーニバル【ノッティングヒル・カーニバル2】

パレードをしている道路は住宅街なのでそれほど道幅がないのですが、ダンサーの後を大きなトラックが一定間隔で徐行しています。これらのトラックには巨大なスピーカーが積まれていて、ダンサーに併せて爆音で音楽を流していきます。至近距離での爆音ミュージックは体にバンバン音が響くほどの迫力でした。アフリカ系移民から始まった歴史あるパレードと聞いていましたが、アフリカ系音楽だけではなく欧米のヒットチャートの曲も多くてトラックに乗っているDJも観客もノリノリでした。

ロンドン夏のフェスティバル【テムズ川フェスティバル1】

ロンドンの夏のフェスティバルに【テムズ川フェスティバル】があり、こちらはテムズ川の川沿いをパレードする大規模なフェスティバルです。夜のパレードを観にいきましたが、やはり人混みは半端なかったです。最寄りの駅からの移動は人混みを避けることはできませんでした。パレードの衣装は、民族系のものから、お姫様のようなドレス姿、サンバスタイル、アニメキャラクターの模倣スタイルなど、様々なテーマで着飾っていてどのチームも個性的でした。

テムズ川フェスティバル3

中でも竹馬のようなものを乗りながらカメラ片手にパレードに参加しているチームがありと、パレード参加者も写真を撮りながら楽しんでいるようでした。また某テーマパークのようなエレクトリカルパレードに似たLEDが装飾された、きらびやかな乗り物などもありました。

ロンドン夏のフェスティバル【テムズ川フェスティバル2】

【テムズ川フェスティバル】は夜に訪れたため、フェスティバルの最後にテムズ川からの花火の打ち上げを見ることができました。思ったより花火の打ち上がった場所が近かったせいか、花火が頭上に広がり迫力がありとても綺麗な光景でした。ロンドンのテムズ川からの打ち上げ花火は初めてだったので良い体験になりました。できれば人混みを避けて花火だけを楽しみたいという方には、パレードが行われているテムズ川のセントポール大聖堂側ではなく、対岸から見ることをお勧めします。

ロンドン夏のフェスティバル【テムズ川フェスティバル3】

パレードが行われるテムズ川周辺にはロンドンの主要な観光スポットがあるので、パレードの前日などに下見を兼ねて観光をするのも良いかもしれません。おすすめの観光ルートはセントポール大聖堂を見学後、ロンドン アイという巨大な観覧車に乗ってテムズ川付近を眺めます。そしてロンドンブリッジを渡ってテムズ川を超え対岸に行くと、写真のように大聖堂全体を眺めることもできます。天気の良い日のテムズ川付近の散歩はとても心地が良いです。

ノッティングヒル・カーニバル&テムズ川フェスティバルで見つけたグルメ

ノッティングヒルのパブ「The Churchill Arms・チャーチルアームズ」

カーニバルの当日は人混みが半端ないこともあり、危険回避のためパレード沿いのお店はほぼクローズします。エキサイトした観客によってお店の窓が壊されることがあるようで、パレード沿いのほとんどのお店は写真のように板などで覆われ保護されています。ノッティングヒルでの当日の飲食は諦め、後日カフェやパブにいきました。一番のお勧めパブは建物の壁が花で埋め尽くされている「The Churchill Arms・チャーチルアームズ」です。店内は天井からいろいろオブジェがぶら下がっていたりして、計算された可愛らしいインテリアは必見です。

「フェスティバル」と「カーニバル」って何が違うの?

フェスティバルとカーニバルは何が違うのか?と、ふと疑問になり調べたところ…「カーニバル」は謝肉祭を意味する宗教的なイベントの一つだそうです。「フェスティバル」は一般的なイベント全般を指すようです。「ミュージックフェスティバル」や「肉フェス」など「〇〇フェス」として日本でもフェステイバル は多用されているため馴染みがありますね。

ノッティングヒル・カーニバル&テムズ川フェスティバルに必要なアイテム・服装・その他

ロンドンは夏でも夜になると肌寒かったりするので、羽織れるものを持っていくと良いかもしれません。また人混みは避けられないためドリンクを買うのも一苦労です。どこも並びますので飲料など持参しておくと便利です。自撮り棒は便利でした、背の高い人々や肩車をした子連れさんなどにどうしても視界を遮られるので、見えない時は自撮り棒越しに見ることができました。

ノッティングヒル・カーニバル&テムズ川フェスティバルでの注意点

カーニバルもフェスティバルも当日は広範囲にわたり交通規制が早めに行われるため、車での移動は困難かもしれません。また観たい場所にも早めにいかないと数時間前に目的地への歩道の侵入が規制されているところがあるようです。事前にパレードのコースと時間を調べていくことをお勧めします。

まとめ

日本ではなかなか観られなかった、ラテンなパレードを2つも見ることができとても感動的でした。衣装とダンスは本当に見応えがあり熱気を感じました。できることなら毎年様々なパレードを観てみたいと思いました。また世界一の規模といわれるブラジルのリオのカーニバルも気になるところです。機会があればリオも訪れて、ヨーロッパ最大のパレードの迫力と見比べてみたいと思いました。

 

旅するひつじフリーライター

投稿者の過去記事

トラベル・アート・フードを中心に活動しているフリーランスライターの旅するひつじです。ヨーロッパ旅行&アート巡りの旅の楽しみ方をご紹介。
得意分野:海外旅行・フード・アート・WEBマーケティングetc
Instagram:tabihituji

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ハロン湾旅行体験記ハノイの街を気の向くままに観光をしていたら何人もの人にハロン湾をおススメされま…
  2. 天空に浮かぶ世界遺産メテオラの修道院を訪れる| トラベルダイアリー
    メテオラ旅行体験記メテオラはカランバカという街を観光の玄関口とし、奇岩の上に建つ修道院で知られて…
  3. MALTA_VALETTA_EYE_CITY
    マルタ共和国【ヴァレッタ】旅行体験記街が丸ごと世界遺産の【ヴァレッタ】、ヨーロッパではとても人気の…
  4. 一人旅・女子旅にもおすすめ!台北の魅力!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記初めて海外旅行に行く友人と台湾に行ってきました。安くて美味しい料理がたくさんで、1…
  5. 魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー
    マラケシュ旅行体験記誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友…
  6. ビエッラ旅行体験記織物の街として古くから栄え、多くの有名ブランドを輩出してきたイタリア・ビエモン…
  7. スファックスからガベス経由で砂漠の街ドゥーズへ| トラベルダイアリー
    ガベス旅行体験記今回はスファックスからドゥーズへの中間地点としてガベス立ち寄りました。ここでは昼…
  8. セブ旅行体験記短期英語留学で英語を学びにセブ島に行ってきました。英語を学ぶ環境も素晴らし…
  9. 西の果ての街 遥かなる憧れのリスボンと近郊の名所巡り| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記隅っこの国になぜか惹かれる習性があり、日本から見て最果ての地、ポルトガルにいつ…
  10. ボラボラ島旅行体験記モルディブのブルーラグーンに感動し、それ以上のきれいな海を見たい!!と思い念…

国内旅行おすすめ

  1. 時の鐘と蔵づくりの街 小江戸川越で食べ歩き| トラベルダイアリー
    川越旅行体験記時折テレビの特集で見かけていて一度行ってみたかったので。東京からも割とアクセスがよく…
  2. 富士山旅行体験記 "♪富士は日本一の山〜" 小さい頃から馴染みのある日本のシンボル「…
  3. 鎌倉旅行体験記 昔から、いつか行ってみたいと憧れていた鎌倉と江ノ島。神奈川に住む…
  4. 歩いて、学んで、食べて、休憩して。琴平町の魅力を発見!| トラベルダイアリー
    琴平旅行体験記2019年の秋、恋人と旅行をすることに。どこに行こうか?と話し合った結果、大阪から…
  5. 訪れる価値あり!現代アートと大自然を体感できる街・十和田市!| トラベルダイアリー
    十和田旅行体験記一度行ってみたかった青森県十和田市。あまり知らない人も多いかもしれませんが、ここ…
  6. 愛媛松山の「道後温泉」と「千と千尋の神隠し」のあの名場面を! | トラベルダイアリー
    松山旅行体験記雰囲気のある道後温泉をインターネットで見つけ、日帰りで楽しめるということで行くこと…
  7. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  8. 兵庫「城崎温泉」の源泉で作る、最高の温泉たまごを。| トラベルダイアリー
    城崎旅行体験記本格的に寒くなる前に、城崎の温泉街で外湯巡りを楽しみたかったため、冬になるまえに旅…
  9. 大人女子旅に最適‼【1人旅でも楽しめる】広島のおすすめスポット| トラベルダイアリー
    広島旅行体験記美しい瀬戸内海に魅力たっぷり広島グルメ・・・旅行雑誌で特集されていた「広島」に…
  10. 1泊2日をエキサイティングに楽しむには淡路島で決まり!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記淡路島は山の自然と海の自然の両方が楽しめる、観光には非常におすすめのスポットです…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP