街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火| トラベルダイアリー

街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火

年越し花火に行ってきました!

新年の迎え方は国によって様々で、日本と全く異なる過ごし方に驚くことも多いですよね。今回は以前にアイスランド旅行で訪れた年越し花火を紹介します。BSの紀行番組で知って以来ずっと見てみたかった憧れの景色を実際に目にして、忘れられない新年の幕開けとなりました。

年越し花火とは

おすすめのポイント
  1. 一般家庭や街中から打ちあがる「感謝」の花火
  2. アイスランド全人口の2/3が暮らすレイキャビクは特に圧巻
  3. 展望台ペルトランからは360度の花火が見渡せる

美しくも厳しい自然環境のアイスランドでは、レスキュー隊の存在が欠かせません。雪崩や海難事故に巻き込まれた住人や旅行者の救助活動を、なんとボランティアで行っています。そんなレスキュー隊への感謝のしるしとして、人々は毎年末に打ち上げ花火を大量購入。その売り上げがレスキュー隊の活動維持費になるという仕組みです。花火は大みそかの夜~年明けにかけて各家庭から打ち上げられ、特に人口の集中する首都・レイキャビクのものは圧巻!街全体が花火の光に包まれます。

年越し花火の見どころ

ペルトランから見る360度の花火!

私はアイスランド旅行中に現地発着バスツアーを利用し鑑賞しました。レイキャビク中心部にあるピックアップ場所から花火を見渡せる展望台ペルトランに連れて行ってもらえます。ペルトランはレイキャビク市街地から少し離れた高台にあり、360度の花火を見渡すことが出来ます。日本の花火大会の様にプロが打ち上げる訳ではないので、花火の形はいびつだったり、たまに不発だったり(笑)。でも街の至る場所から打ちあがる無数の花火は、鳴り止むことがなく大迫力でした。

待ち時間はあたたかい館内で過ごしてもOK

展望台ペルトランにはバスツアー参加者に配られるチケットで入館。花火は暗くなると常に街のどこかしらで打ち上がっているのですが、数が増えてくるのは23時を過ぎてから。なので開始を待つあいだコーヒーを飲みながら館内で過ごしてもOKです。1番盛り上がりを見せるのは23:45頃~年が変わる瞬間!シャンパンが配られ、みんな知らない参加者同士で新年を祝う姿が印象的でした。

かがり火の鑑賞もオススメ

アイスランドには大みそかの夜にその年の不用品を燃やす風習があり、レイキャビク郊外ではかがり火イベントも開催されます。私が参加したツアーにも「かがり火鑑賞」が含まれており、レイキャビクでのピックアップ後、花火が始まる前の時間に案内されました。かがり火の炎は想像していた以上に大きく燃えさかっていて見応えたっぷり!寒いアイスランドの夜に火のぬくもりと偉大さを感じられました。

レイキャビクの中心ハットルグリムス教会

レイキャビクの中心にそびえる白い大きな建物はハットルグリムス教会。溶けて固まったマグマにインスピレーションを受けてデザインされた外観が特徴的で、レイキャビクのランドマークとなっています。花火が本格的に始まるとこの辺り一帯近づくことが難しいほどの賑わいなので、ゆっくり見たい方は日中や夕方の間に訪れておきましょう。なお筆者が訪れた際は、大みそかの礼拝のタイミングだったため内部見学できませんでした。内部や塔からの展望を見たい方は公式サイトで営業日時の確認をオススメします。

前後の日程はオーロラチャンス!?

北極圏の国アイスランドでは10~2月頃にかけてオーロラが発生します。アイスランドはカナダのイエローナイフなどと比べ気温が低すぎず体力面においては比較的楽にオーロラを待てる場所だといわれています。 年越し花火の日は空が賑やかすぎるためオーロラを見るのは難しいですが、前後の日程でチャレンジしてみても良いかもしれません♪ 自力で光が少ない郊外へ行くか、現地発着のオーロラ鑑賞ツアーを利用する方法もアリ。ちなみに筆者は花火の翌日にケプラヴィーク空港周辺から見ようと数時間外で粘ったのですが、残念ながら見られず。(写真は鑑賞のために宿泊したケプラヴィークのホテルです) 見れるかどうかはその日の気候と運任せですが、もし見れたらきっと一生の思い出になるはず。

年越し花火で見つけたグルメ

ホットドッグ店バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

日本の花火大会のようなグルメ屋台がずらっと並ぶ様子は見られませんが、レイキャビクの港の近くに人気のホットドッグスタンドがあります。ぜひ花火ツアー参加前の腹ごしらえとして訪れてみてはいかがでしょう。クリントン元アメリカ合衆国大統領やヘビーメタルバンド・メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドも訪れたことがあるという有名店。羊肉をベースとしたソーセージに合わせた少し甘みのあるソースが特徴的で、クセになる美味しさです。

年越し花火に必要なアイテム・服装・その他

オーロラが見れる街の中では温暖といえど、やはり夜は0℃を下回る気温なので防寒対策を十分おこなっていきましょう。丈の長いコート・手袋・マフラー・帽子(できれば耳まで覆えるもの)。カイロもあると便利です。ただし移動中のバスやペルトラン館内は温かいので調節しやすいものが良いと思います。また、透明のゴーグルを持って行っておくと火の粉から目を守れるうえに防寒にもなるのでオススメです。

年越し花火での注意点

展望台から鑑賞するにはあまり危険は感じませんでしたが、レイキャビク中心部は色んな方向から火の粉が飛んでくるカオスな状態。ゴーグルを装着し、あまり花火が乱発している場所には近づかないなどして、自分の身を守りましょう。また、年越し花火ツアーは真夜中に終了するためツアーバスから降りた後ホテルに戻る手段を考えておきましょう。ツアーバスが近くに停車してくれるホテルに宿泊するのが無難です。

まとめ

大みそかという限られた夜に、一斉に打ち上がる無数の花火。360度花火の光に包まれるレイキャビクの街は言葉にならない絶景でした。国民の「今年も無事に過ごせて良かった」という思いや新年への希望が詰まっているからだと思います。また安心して海外に行けるようになったら、私も「無事に来れて良かった」という感謝を持って参加したいと思います。

 

なっつヨーロッパ弾丸→国内長期旅

投稿者の過去記事

ヨーロッパが大好きで仕事の休みを見つけては弾丸で旅立っておりましたが、現在は国内旅にシフトチェンジ。リモートワークしながら暮らすような旅を実践中。ヨーロッパ旅の思い出と最近の国内旅をつづっています。
ブログとSNSはコチラ ↓
blog / https://1week-europe.com/
instagram / @1week_europe
twitter / twitter.com/nattu_sampo?s=09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. モナコ公国についてモナコ公国といえば世界各国の富裕に人気で、治安が良い国として知られていますよね!も…
  2. カッパドキア旅行体験記トルコ旅行と言えば絶対に外せないのが、カッパドキアの奇岩群巡りです。カッパ…
  3. 白夜の季節にぜひ訪れて!ヘルシンキで暮らすように旅する| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記この都市を訪れる人の大半が映画「かもめ食堂」にあこがれて、ではないでしょうか…
  4. ソレント旅行体験記イタリアの中でも有数のレモンの産地、ソレント。周辺にある、アマルフィやカプリ島…
  5. パリ旅行体験記「フランス行ったことない」「なんとっ!」…ということで、私は7度目、旦那は人生…
  6. ポートディクソン旅行体験記クアラルンプールを訪れた際、近郊のリゾート地、ポートディクソンへも行っ…
  7. 世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在| トラベルダイアリー
    ワディ・ラム旅行体験記会社の同僚がいつか行ってみたいと言っていたワディ・ラム。いつも言っていたの…
  8. ★【カナダ】人生初一人旅 in 都会と自然の街 バンクーバー★| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記今回ご紹介するバンクーバー旅行に行ったきっかけは、前から一人で海外旅行に行…
  9. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  10. ミコノス島旅行体験記 大学時代の友人と、念願の5泊7日ギリシャ旅行。せっかくなら白の…

国内旅行おすすめ

  1. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  2. あゝ美しき和歌山!~自然溢れる絶景スポット巡りの旅~ | トラベルダイアリー
    那智旅行体験記2018年GW、以前から気になっていた和歌山県へ旅行に行ってきました。行きたい場所…
  3. ♪インスタ映えスポット♪友達と日帰りぶらり旅 in 京都| トラベルダイアリー
    京都市内旅行体験記こんにちは!今回は、京都市内にあるインスタでよく見かけるあの有名スポットやレス…
  4. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  5. 友ヶ島旅行体験記2018年GWに友ヶ島へ旅行に行ってきました。そこはまるでジブリの世界に迷い込ん…
  6. 直島旅行体験記 美術館やアート作品が数多くある直島で”映える”写真を撮りたい!と思い…
  7. [すごいよ高松]庭園&倉庫街&鬼も楽しめる| トラベルダイアリー
    高松旅行体験記皆さん、こんにちは!今回は、香川県高松市をご紹介します。2019年秋に訪れた際には…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ湯沢中里の旅| トラベルダイアリー
    湯沢中里旅行体験記子供の雪遊びでゲレンデデビューさせたいと思い、キッズパークのあるスキー場ランキ…
  9. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  10. アフター6を満喫しよう!新橋・銀座で食べて楽しむプチ旅行!| トラベルダイアリー
    新橋・銀座旅行体験記仕事終わりに飲みに行くと、帰ってくるのが面倒…と思っていました。なので、…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP