街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火| トラベルダイアリー

街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火

年越し花火に行ってきました!

新年の迎え方は国によって様々で、日本と全く異なる過ごし方に驚くことも多いですよね。今回は以前にアイスランド旅行で訪れた年越し花火を紹介します。BSの紀行番組で知って以来ずっと見てみたかった憧れの景色を実際に目にして、忘れられない新年の幕開けとなりました。

年越し花火とは

おすすめのポイント
  1. 一般家庭や街中から打ちあがる「感謝」の花火
  2. アイスランド全人口の2/3が暮らすレイキャビクは特に圧巻
  3. 展望台ペルトランからは360度の花火が見渡せる

美しくも厳しい自然環境のアイスランドでは、レスキュー隊の存在が欠かせません。雪崩や海難事故に巻き込まれた住人や旅行者の救助活動を、なんとボランティアで行っています。そんなレスキュー隊への感謝のしるしとして、人々は毎年末に打ち上げ花火を大量購入。その売り上げがレスキュー隊の活動維持費になるという仕組みです。花火は大みそかの夜~年明けにかけて各家庭から打ち上げられ、特に人口の集中する首都・レイキャビクのものは圧巻!街全体が花火の光に包まれます。

年越し花火の見どころ

ペルトランから見る360度の花火!

私はアイスランド旅行中に現地発着バスツアーを利用し鑑賞しました。レイキャビク中心部にあるピックアップ場所から花火を見渡せる展望台ペルトランに連れて行ってもらえます。ペルトランはレイキャビク市街地から少し離れた高台にあり、360度の花火を見渡すことが出来ます。日本の花火大会の様にプロが打ち上げる訳ではないので、花火の形はいびつだったり、たまに不発だったり(笑)。でも街の至る場所から打ちあがる無数の花火は、鳴り止むことがなく大迫力でした。

待ち時間はあたたかい館内で過ごしてもOK

展望台ペルトランにはバスツアー参加者に配られるチケットで入館。花火は暗くなると常に街のどこかしらで打ち上がっているのですが、数が増えてくるのは23時を過ぎてから。なので開始を待つあいだコーヒーを飲みながら館内で過ごしてもOKです。1番盛り上がりを見せるのは23:45頃~年が変わる瞬間!シャンパンが配られ、みんな知らない参加者同士で新年を祝う姿が印象的でした。

かがり火の鑑賞もオススメ

アイスランドには大みそかの夜にその年の不用品を燃やす風習があり、レイキャビク郊外ではかがり火イベントも開催されます。私が参加したツアーにも「かがり火鑑賞」が含まれており、レイキャビクでのピックアップ後、花火が始まる前の時間に案内されました。かがり火の炎は想像していた以上に大きく燃えさかっていて見応えたっぷり!寒いアイスランドの夜に火のぬくもりと偉大さを感じられました。

レイキャビクの中心ハットルグリムス教会

レイキャビクの中心にそびえる白い大きな建物はハットルグリムス教会。溶けて固まったマグマにインスピレーションを受けてデザインされた外観が特徴的で、レイキャビクのランドマークとなっています。花火が本格的に始まるとこの辺り一帯近づくことが難しいほどの賑わいなので、ゆっくり見たい方は日中や夕方の間に訪れておきましょう。なお筆者が訪れた際は、大みそかの礼拝のタイミングだったため内部見学できませんでした。内部や塔からの展望を見たい方は公式サイトで営業日時の確認をオススメします。

前後の日程はオーロラチャンス!?

北極圏の国アイスランドでは10~2月頃にかけてオーロラが発生します。アイスランドはカナダのイエローナイフなどと比べ気温が低すぎず体力面においては比較的楽にオーロラを待てる場所だといわれています。 年越し花火の日は空が賑やかすぎるためオーロラを見るのは難しいですが、前後の日程でチャレンジしてみても良いかもしれません♪ 自力で光が少ない郊外へ行くか、現地発着のオーロラ鑑賞ツアーを利用する方法もアリ。ちなみに筆者は花火の翌日にケプラヴィーク空港周辺から見ようと数時間外で粘ったのですが、残念ながら見られず。(写真は鑑賞のために宿泊したケプラヴィークのホテルです) 見れるかどうかはその日の気候と運任せですが、もし見れたらきっと一生の思い出になるはず。

年越し花火で見つけたグルメ

ホットドッグ店バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

日本の花火大会のようなグルメ屋台がずらっと並ぶ様子は見られませんが、レイキャビクの港の近くに人気のホットドッグスタンドがあります。ぜひ花火ツアー参加前の腹ごしらえとして訪れてみてはいかがでしょう。クリントン元アメリカ合衆国大統領やヘビーメタルバンド・メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドも訪れたことがあるという有名店。羊肉をベースとしたソーセージに合わせた少し甘みのあるソースが特徴的で、クセになる美味しさです。

年越し花火に必要なアイテム・服装・その他

オーロラが見れる街の中では温暖といえど、やはり夜は0℃を下回る気温なので防寒対策を十分おこなっていきましょう。丈の長いコート・手袋・マフラー・帽子(できれば耳まで覆えるもの)。カイロもあると便利です。ただし移動中のバスやペルトラン館内は温かいので調節しやすいものが良いと思います。また、透明のゴーグルを持って行っておくと火の粉から目を守れるうえに防寒にもなるのでオススメです。

年越し花火での注意点

展望台から鑑賞するにはあまり危険は感じませんでしたが、レイキャビク中心部は色んな方向から火の粉が飛んでくるカオスな状態。ゴーグルを装着し、あまり花火が乱発している場所には近づかないなどして、自分の身を守りましょう。また、年越し花火ツアーは真夜中に終了するためツアーバスから降りた後ホテルに戻る手段を考えておきましょう。ツアーバスが近くに停車してくれるホテルに宿泊するのが無難です。

まとめ

大みそかという限られた夜に、一斉に打ち上がる無数の花火。360度花火の光に包まれるレイキャビクの街は言葉にならない絶景でした。国民の「今年も無事に過ごせて良かった」という思いや新年への希望が詰まっているからだと思います。また安心して海外に行けるようになったら、私も「無事に来れて良かった」という感謝を持って参加したいと思います。

 

なっつヨーロッパ弾丸→国内長期旅

投稿者の過去記事

ヨーロッパが大好きで仕事の休みを見つけては弾丸で旅立っておりましたが、現在は国内旅にシフトチェンジ。リモートワークしながら暮らすような旅を実践中。ヨーロッパ旅の思い出と最近の国内旅をつづっています。
ブログとSNSはコチラ ↓
blog / https://1week-europe.com/
instagram / @1week_europe
twitter / twitter.com/nattu_sampo?s=09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 日帰りで行けてしまう観光スポットがたくさん!「メキシコシティ」へ! | トラベルダイアリー
    メキシコシティ旅行体験記はじめての中南米旅行で、メキシコに行きました。文化が全然違ったり、言…
  2. サーファーズパラダイス旅行体験記いつか奇麗な海沿いに住んでみたいという夢がある私。一年中温暖…
  3. ジェノヴァ旅行体験記青い海、降り注ぐ太陽。横浜や神戸にも似た雰囲気を持つ港町ジェノヴァは、なんと…
  4. タスマニア旅行体験記オーストラリアへ住んでいた頃、たくさんの人にタスマニアを訪れることをおすすめ…
  5. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  6. グアム旅行体験記日本から約4時間。時差もたった1時間。気軽に行けてビーチアクティビティを楽しめる…
  7. おとぎ話の世界にタイムスリップ!南イタリアのアルベロベッロ| トラベルダイアリー
    アルベロベッロ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシ…
  8. ポートディクソン旅行体験記クアラルンプールを訪れた際、近郊のリゾート地、ポートディクソンへも行っ…
  9. ウィーン旅行体験記親友の海外フォトウェディングのお手伝いで訪れたウィーン。写真撮影後「きょうは甘…
  10. ハワイ
    ハワイ旅行体験記母とのふたり旅で国内旅行へは行くこともあったのですが、「今度は海外行きたいね…

国内旅行おすすめ

  1. 気の向くままにのんびりと島根県の離島、隠岐諸島を旅行!| トラベルダイアリー
    隠岐諸島旅行体験記中ノ島で開催されるキンニャモニャ祭りに参加するため行きました。お祭りの陽気な雰囲…
  2. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 尾道旅行体験記広島の尾道は瀬戸内海に面した港町です。広島の小京都とも呼ばれ、古い町並みが残り、お寺…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ湯沢中里の旅| トラベルダイアリー
    湯沢中里旅行体験記子供の雪遊びでゲレンデデビューさせたいと思い、キッズパークのあるスキー場ランキ…
  6. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  7. 富士山旅行体験記 "♪富士は日本一の山〜" 小さい頃から馴染みのある日本のシンボル「…
  8. 気楽に無料バスで行く☆スパリゾートハワイアンズ☆ホテルハワイアンズ編| トラベルダイアリー
    ふらっとハワイアンズへ水遊びに行く首都圏から無料送迎バスが出ているハワイアンズ。 私は新宿から乗…
  9. サミットが開かれ海外からも注目された三重・志摩の魅力に迫る旅| トラベルダイアリー
    志摩旅行体験記いつか一度は行ってみたいと憧れていた伊勢志摩へ、日頃の感謝の意味も込めて両親を招待…
  10. 鳥取旅行体験記夫が「鳥取に行こう」と言い出したのは新婚一年目のことでした。てっきり目的地は砂丘か…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP