イタリア人とオリーブオイルとの関係、日本との違いとは!?

イタリア人とオリーブオイルとの関係について徹底解説します!

オリーブオイルといえばイタリア料理の象徴、味の決め手となる重要なファクターです。イタリアに行ったらお土産として買いたい!という方も多いのではないでしょうか?ここではイタリア人のオリーブオイルとの関係について、日本との違いをご紹介します。

イタリア人とオリーブオイルとの関係とは、いったいどのようなもの!?

イタリア人にとってのオリーブオイルとは
  1. オリーブオイルは、毎日の生活に寄り添う調理油
  2. オリーブオイルは、イタリアの郷土色が色濃く出る一品
  3. 辛いものから甘いものまで、オリーブオイルの好みは十人十色

イタリア人にとってのオリーブオイルは、日本人にとってのサラダ油のようなもの。基本的にはどんな料理を作る時も、調理油としてオリーブオイルを使う人が多いです。その一方で、イタリアのオリーブオイルには、日本の味噌や醤油のような側面があるのも興味深いところ。地方によってその味わいは少しずつ異なり、こだわる人はとことんこだわります。

イタリア人とオリーブオイルとの関係、チェックポイント5選

基本的にはなんでもオリーブオイルで作ります。

日本でオリーブオイルというと、高級食材のイメージですよね。例えば、上の写真のような揚げ物をする時にオリーブオイルを使うなんて、贅沢過ぎて、かなりの勇気と覚悟が必要です。しかし、イタリアでは調理油として、炒め物から揚げ物まで、オリーブオイルを躊躇なく、ガンガン使う方が一般的。スーパーの調理油コーナーに行くと、棚の半分以上がオリーブオイル!日本で私たちがよく使う、サラダ油や菜種油の方が、探すのが難しいほどです。

調味料としても欠かせない、イタリアのオリーブオイル。

実はイタリア人、ほとんどの人が食事の際に「ドレッシング」「ケチャップ」「マヨネーズ」「ソース」といった調味料を使いません。というのも、これらを一手に引き受けているのがオリーブオイルだからです。サラダ、フライドポテト、カツレツ…たいていの料理にかけるものと言えばオリーブオイル。あまりに好きすぎて、日本人にとってのお醤油のように、ほとんどかけなくても良さそうなものに対しても、ついつい、ぐるりとひとまわししてしまう人もたくさんいます。

オリーブオイルは、家に数本あるのはあたりまえ。

イタリア人の家には、オリーブオイルが2本以上常備されているコトが少なくありません。というのも、料理によって使うオリーブオイルを変えている人が多いからです。魚料理には辛みの少ないもの、シチリア州の料理にはシチリア州のオリーブオイル!といった具合に、こだわる人はトコトンこだわります。日本でいう「濃口しょうゆ」「薄口しょうゆ」「刺身しょうゆ」といったものと、同じようなものだと思ってもらえると、実感が沸きやすいかもしれません。

搾油所から買うこだわり派もいる、オリーブオイル。

写真はオリーブオイルの木。日本で味噌や醤油を蔵や直売所から直接買うように、イタリア人もオリーブオイルを搾油所から直接買うこともあります。観光農園のようになっている所だと、隣にお店を構えているので、私たち観光客でも気軽に買うことができますよ!特に10月中旬から11月にかけてはその年にできた新しいオリーブオイルが出回り始める為、フレッシュな一品を求めて、多くの人が足を運びます。

生産地によって驚くほど味が異なるオリーブオイル。

オリーブオイルは実はイタリアのどこで生産されるかによって、味わいが大きく変わります。とても簡単に言うと、北イタリアの方が柔らかくてマイルドな味わい。南に行けば行くほどピリっと辛く、濃厚な味わいになるそう。なんだか日本で、醤油が南に行けば行くほど甘口になるのに似ていて面白いですね!もちろんこれらのオリーブオイルの特長を生かした調理方法も地域毎に存在するため、その土地の郷土料理を作る際はオリーブオイルも同じ土地のものを使うのがベストとされています。

イタリアのオリーブオイル、見逃せないポイントとは

Extravergine

イタリアのオリーブオイルには、ワインのような側面もあります。それは「お値段」の違い。御覧のようにスーパーにオリーブオイルを買いに行くと数百円のものから数千円のものまで幅広くラインナップされているのです。メーカーによる値段の違いもありますが、「Extravergine(エクストラヴェルジネ)」の一言がつくと、値段が高くなる傾向あり。これはオリーブの実を搾ってろ過したあと、何も加えずに出荷するピュアなオイルを表す言葉で、雑味がなく香り高い点などが支持され、値段が高くなります。

イタリアのオリーブオイル、お役立ちグッズとは

「味付きオリーブオイル」
先ほどイタリアではオリーブオイルがあらゆる調味料の役割を一手に引き受けていると、ご紹介しました。しかし、そうはいっても時には少しだけ味に変化を付けたい時もある!そんな時にイタリア人たちが使うお役立ちグッズが「味付きオリーブオイル」です。これはオリーブオイルにトリュフや唐辛子などの風味を付けた商品。ボトルラベルに、中に入っているものの絵が描いてあるので、私たち日本人も、お土産として手に取りやすい一品だと思います。

イタリアのオリーブオイルで注意点するべき点とは

「保存方法にご注意」
イタリア人がよく言うオリーブオイルの保存方法は「光に当てない(暗闇で保管)」「冷蔵庫に入れない(14~18度くらいがベスト)」「キャップをしっかりしめる(酸素から守る)」の3点です。オリーブオイルは光や温度、酸素によって風味が失われてくのだそう。毎日の生活の中でそこまで手が回らない方も多いかもしれませんが、余裕がある時だけでも是非意識してみてください!

まとめ

日本でも気軽に買えるようになったオリーブオイル。しかしイタリアに比べるとまだまだ高級食材です。少し荷物にはなってしまいますが、イタリアに行ったら是非、お土産に1つ買ってみたはいかがでしょうか?ボトルやラベルも可愛いので、使い終わった後も、置いておくだけで素敵なインテリアになるでしょう。オリーブオイルを使った基礎化粧品類も人気なので、女性の方にはそちらもオススメです。

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ビエッラ旅行体験記織物の街として古くから栄え、多くの有名ブランドを輩出してきたイタリア・ビエモン…
  2. アテネ旅行体験記ヨーロッパ第1ヵ国目はギリシャでした。初のヨーロッパにうきうきしていたのです…
  3. ちょっとリッチにタイ航空のビジネスクラスでバンコクへ♪| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記妹(短大)と私の就職祝いにと大学卒業時におばあちゃんがプレゼントしてくれました…
  4. キーカーカー旅行体験記当初、私の中米旅行の予定にはなかったベリーズ、キーカーカー。しかし、メキシ…
  5. ポートディクソン旅行体験記クアラルンプールを訪れた際、近郊のリゾート地、ポートディクソンへも行っ…
  6. プナカ旅行体験記近年は「世界一幸せな国」としても有名になった国、ブータン。そんな風に言われるもっ…
  7. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  8. ワッフルの焼ける甘~い匂い!ブリュッセル散策| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記フランスへ旅行したときにパリから赤い列車のタリスに乗ってブリュッセルまで移…
  9. ハマメットとナブール経由で古代のフェニキア都市ケルクアンへ| トラベルダイアリー
    ケルクアン旅行体験記ケルクアンはボン岬に位置するフェニキア人がつくったカルタゴ時代の遺跡です。こ…
  10. 南アフリカケープタウンで過ごした充実した日々、観光&買い物♪| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記ジンバブエ、ザンビア、ボツワナも回る南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れ…

国内旅行おすすめ

  1. あゝ美しき和歌山!~自然溢れる絶景スポット巡りの旅~ | トラベルダイアリー
    那智旅行体験記2018年GW、以前から気になっていた和歌山県へ旅行に行ってきました。行きたい場所…
  2. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  3. ~北の国から「五郎の石の家」と「最初の家」~in北海道・富良野| トラベルダイアリー
    富良野旅行体験記富良野には何度か訪れていますが、北の国からのロケ地へは行ったことがありませんでし…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ箱根の旅| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記首都圏で手軽に行ける温泉地として人気の箱根。素敵な温泉地や温泉宿は大人が嬉しい場所…
  5. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  7. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  8. 港区旅行は大人こそ楽しめる!新しい刺激にも出会えるチャンス!| トラベルダイアリー
    港区旅行体験記 私の誕生日祝いとして連れが用意してくれた旅行です。GO TO トラベ…
  9. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  10. グループや家族でワイワイ!魅力たっぷりな鬼怒川を遊び尽くそう!友人達と温泉旅行をするため、都心か…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP