カオスだけど、カオスだけじゃない インド バラナシ

バラナシ旅行体験記

「臭い、汚い、けたたましい」頭文字のKをとって、インドの3Kと旅人の間では言われています。中でもバラナシは間違いなく最もカオスな街ですが、なぜか多くの人を惹きつけて離さない、不思議なパワーみなぎる場所です。今回はそんなバラナシの魅力をお伝えしていきます。

バラナシ旅行について

おすすめのポイント
  1. すべてを受け入れる聖なるガンジス川
  2. 思わず笑ってしまうほどにカオスな世界
  3. おちゃめで時々ウソもついちゃうインド人

ガンジス川沿いに位置するバラナシの街は、ヒンドゥー教の聖地です。ガンジス川で沐浴することを夢見て、国内中から多くのインド人が訪れます。街の様子はとにかくカオス。道は牛の糞だらけ、数えきれないほどの牛が我が物顔で街を歩き、行く手を防ぎます。そこら中で鳴り響くクラクション、「オレ、羽賀研二とトモダチ!」などと訳の分からない嘘で話しかけてくるインド人、混沌とした街中でのんびりとチャイを飲むインド人。バラナシを初めて訪れる人は、戸惑い尻込みしてしまうかもしれません。しかしバラナシを満喫するコツは、カオスを受け入れ思いっきり楽しむことです。

バラナシ旅行のおすすめのスポット

ガートをお散歩 ガンジス川と共に生きる人々

毎朝、川沿いのガートを散歩することがバラナシでの日課でした。ガンジス川で沐浴をし祈りを捧げる人、川で洗濯をする人、歯磨きをする人、体を洗う人、ガートに洗濯を干す人、新聞を読む人。バラナシの人々は、いつでもガンジス川に寄り添い、大切に思い、共に生きています。ガートを歩いているとそんな人々の暮らしを見ることができるのです。

ガンジス川で朝日を拝み 夕方のプジャーを見学する

ボートに乗り、ガンジス川の上で朝日を拝むことができます。もちろん岸からも朝日を見ることができますが、せっかくならば聖なるガンジス川の水上から朝日を見るのも貴重な体験になります。ボートに乗るには、岸にいるボート乗りと直接交渉するか、宿や旅行会社のツアーに参加する必要があります。日没後は毎晩、川沿いでプジャーという礼拝の儀式が行われています(時期によります)。多くのヒンドゥー教が集まり、蝋燭を灯し祈りを捧げる光景は、幻想的な雰囲気に包まれています。

電車に乗って次の街へ

ぜひ、ローカルな列車での移動にも挑戦してみてください。こちらももれなくカオスです。早朝や夕方に駅を訪れると、駅構内に乗客持参の布団が敷き詰められており、この時点でかなり衝撃的です。こうして列車の到着を待ちます。列車がホームに停まると、我先にと一斉になだれ込み、乗車率は150%以上。列車のドアは閉まりません。3人掛けシートに7人も座っていたりと、かなり面白い体験ができます。列車は車両ごとにクラスが区切られています。運賃もそれぞれ違いますが、上のクラスの列車を利用すればそれなりに快適な列車の旅をすることもできます。

バラナシでのおすすめグルメ

ブルーラッシー

バラナシでは有名なラッシー屋さんで、ガンジス川沿いの火葬場へ続く路地にあります。毎日のようにラッシーを飲みにいっていたのですが、バラナシの路地は迷路のように入り組んでいるので、いつも辿り着くのに苦労していました。とにかく種類が豊富なので日替わりで色々試してみてください。私のお気に入りはチョコレートラッシーです。値段は約120円ほどとかなりお得です。

バラナシでのおすすめのショッピングスポット

路地裏にある小さなお土産屋さん

写真はガートに続くメインストリートで、インド人向けのお店が並びます。外国人旅行者向けのクオリティ高いお土産屋は、細く入り組んだ路地にあります。バラナシは布製品が有名で、質の高いカシミアのお店が何件かあり、日本では1万円近くするようなカシミアの布を数千円で購入することができます。私は3本ほどストールに仕立ててもらい、数年経った今でも愛用しています。色々な種類のスパイスや、インドチャイもインドならではのお土産なのでおすすめです

バラナシにて宿泊したホテル

久美子の家

ガンジス川沿いにある日本人宿です。インド人と結婚し、バラナシに長いこと住んでいる日本人、久美子さんが経営しています。日本の旅番組などでも取り上げられており、昔、長渕つよしが宿泊したことでも有名です。宿は古く、清潔感はあまりありません。バラナシには次々と新しく宿ができているようなので、宿は新しく設備の行き届いたところのほうが良いかもしれません。

バラナシ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

朝日を見るボートツアーはトラブルを避けるために、ツアーに参加することを強くお勧めします。インド人との交渉はなかなか骨が折れますし、ツアー代金自体もそんなに高くありません。それ以外では、特にツアーに参加する必要はありません。バラナシでの滞在時間をたっぷりとって、自由にガートを歩き、のんびりガンジス川を眺め、気の向くままに旅をすることをおすすめします。

バラナシ旅行に必要な持ち物

強力な蚊よけスプレーは、絶対に必要です。また、バラナシでは多くの旅行者がかなりの確率でお腹を壊します。しかし日本の胃腸薬はあまり効き目がありません。インドに到着したら、予めインドの薬局で胃腸薬を購入し常備しておくことを強くおすすめします。抗生物質は日本から持っていきましょう。盗難も多いのでマネーベルトを付けて貴重品を管理しましょう。

バラナシ旅行での注意点

バラナシ旅行での注意点
  1. 治安はそんなに良くない!性犯罪が多発しています!
  2. 肌の露出は控えましょう!女性は長ズボン必須!
  3. バラナシではマリファナが合法ですが、安易に手を出さないように!

旅行者を狙った痴漢は日常的に見られます。近年、性犯罪による殺人なども起きています。夜道は絶対に1人で歩かないこと、肌の露出は控えるなど、自分の身は自分で守りましょう。女性は長ズボンは必須です。バラナシの街ではマリファナが合法化されておりで、マリファナ入りラッシーやクッキーが売られていたり、街中で売人から盛んに声をかけられます。安易に手を出さないようにしましょう。

まとめ

バラナシはただカオスなだけの街ではなく、不思議な魅力がありました。私もバラナシの魅力に取り憑かれた旅人の1人で、バラナシへの来訪歴は4度に上ります。この街には、ガンジス川と共に生き、ガンジス川と共に死ぬヒンドゥー教徒たちの姿がありました。そして輪廻転生を信じる彼らは、再び生まれ変わるのです。ヒンドゥー教の精神は私にはよく理解できないけれど、そんな光景を見ていて考えさせられるものがありました。

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 毎日がクリスマス♪ドイツ・ローテンブルク旅行記| トラベルダイアリー
    ローテンブルク旅行体験記フランクフルトで暮らす友人に誘われ、ローテンブルク(ローテンブルク・オプ…
  2. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…
  3. サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行体験記メキシコとグアテマラ国境にほど近い小さな町、サンクリ…
  4. ダナン旅行体験記アジアで安く行けて、リゾート感があって、食事も美味しくて、近い国はどこなのでしょ…
  5. チェコの首都プラハ「市民会館(スメタナホール)」で音楽鑑賞ツアー | トラベルダイアリー
    プラハ市民会館 (スメタナホール)体験記音楽の都としても名高いチェコの首都、プラハでやりたかった…
  6. 友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー
    ゴム旅行体験記イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行き…
  7. フィレンツェ旅行体験記 後の文学や芸術に大きな影響を与えたルネッサンスの中心地、フィ…
  8. 南国!セブ島で3泊4日の合同誕生日会!幼馴染み女子旅行!| トラベルダイアリー
    セブ島旅行体験記気の置けない幼馴染み3人と誕生日祝いで海外旅行に行きました。毎年、それぞれの誕生…
  9. 日帰り観光に最適なスロバキアで1番栄えてる都市ブラチスラヴァ!| トラベルダイアリー
    ブラチスラヴァ旅行体験記 ハンガリーのブダペストから列車で行けるスロバキアのブラ…
  10. パース旅行体験記西オーストラリアの州都パースは緑豊かでほどよく田舎、ほどよく都会な街。のんびりと…

国内旅行おすすめ

  1. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. ~ガラス&星の王子さまに癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記今回の箱根旅行は女性ふたり旅でしたので、カフェやガラスの森美術館などを中心に巡り、…
  4. 淡路島旅行体験記小さい頃何度か訪れた淡路島。あれから時は流れ、また新たな観光スポットがたくさ…
  5. [すごいよ高松]庭園&倉庫街&鬼も楽しめる| トラベルダイアリー
    高松旅行体験記皆さん、こんにちは!今回は、香川県高松市をご紹介します。2019年秋に訪れた際には…
  6. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  7. 知床旅行体験記世界遺産に登録されている北海道の知床は、アクセスが大変で気軽に行けないので北海道の…
  8. 名古屋旅行体験記新幹線でアクセス便利な名古屋!今回は日本で唯一のミュージアム、フライトオブドリー…
  9. 3ヶ月滞在して穴場〜人気スポットまで石垣島を味わい尽くす♪| トラベルダイアリー
    石垣島旅行体験記石垣島には仕事で3ヶ月間くらいいました。観光客に人気のスポットから穴場スポットま…
  10. 車で周る兵庫・淡路島のたっぷり充実 日帰りドライブ| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記大阪からも近くてドライブにはピッタリの淡路島。インスタグラムや、雑誌などで見かけ…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP