ラオスの古都-ルアンパバーンでゆったりとした時間の流れを感じる旅

ルアンパバーン旅行体験記

ラオスについて聞いたことはあるものの、日本人にはあまり馴染みのない国なので、どんな国なんだろう?と思っていました。行ったことのある知人に話を聞き、「一度行ったら忘れられない、まるで時が止まっているようだよ。」と教えてもらい、すぐに行こうと決めました!

ルアンパバーン旅行について

おすすめのポイント
  1. ゆったりと流れるメコン川を見ながら時間を忘れてリラックス!
  2. 名所、プーシーの丘から素晴らしい夕日を眺める!
  3. 至るところにお坊さん発見、仏教文化が色濃く残る生活を体験できる!

ルアンパバーンはラオスの古都です。魅力は何といっても、メコン川を眺めながら時間を忘れ、ゆったりとした時間を過ごすこと。普段お仕事や子育てで忙しくても、ここに来た時は何もかも忘れてリラックスさせてくれる魅力があります。また、この地域には高い建物なども一切なく、ありのままの自然や夕日を楽しむことができます。さらに、仏教文化が色濃く残っており、街を歩いていると鮮やかなオレンジ色の袈裟を着たお坊さんに何度も出会い、とても神聖な気持ちになります!

ルアンパバーン旅行のおすすめのスポット

メコン川を眺めながらカフェでゆったりと過ごす!

ルアンパバーンのメイン通りから中道へ入り、少し歩いたところにあるカフェ「ユートピア」。ここは、メコン川を見ながらゆったりと過ごせることもあり、お客さんはご飯を食べたり、アルコールやコーヒー、スムージーなどを飲んだりしながら思い思いの時間を過ごしていました。実はこのカフェ、テーブル席だけではなく、ベッドもあるんです。ベッドの上で横になりながら、メコン川を眺めることができ、なんとも贅沢な時間を過ごしました。

プーシーの丘から眺める夕日!

こちらもルアンパバーンの有名観光地。丘の頂上まで登るには、328段の階段を上らなければいけないのですが、意外とあっさりと上ることができました。そして、頂上には現地の方ももちろん、世界中からの旅行客が夕日を見るためにやってきます。私のおすすめは、日が落ちる前に頂上まで上り、日が落ちていく様子を眺めることです。日が落ちるのを見るなんて、普段ではなかなかできない、旅行ならではの楽しみですよね。

お坊さんにもち米やお菓子などを渡す、托鉢を体験!

ルアンパバーンで絶対に見たいのが「托鉢」。托鉢とは仏教において僧侶が信者から必要最低限の食料などを乞うことをいいます。日が昇る時間に合わせて、お坊さんが列をなしてやってきます。そこで、お米やお菓子などのお布施を渡します。私自身も、この托鉢を見学するだけでなく実際に体験しました。日本では見ることのない習慣を体験でき、なんだか神聖な気持ちになりました。

ルアンパバーンでのおすすめグルメ

タイ料理やベトナム料理とはまた違う味わいのラオス料理

ルアンパバーンのメイン通りである、シーサワンウォン通りにあるレストランで食べました。この日は、ラオス北部で主に食べられている米粉麺の「カオ・ピヤック・セン」と、代表的な肉料理「ラープ」を注文しました。どちらも聞きなれない料理だと思いますが、少し辛みがありながらも刺激はそこまで強くなく、最高の味わいでした!それから、マンゴーのジュースがとんでもなく大きかったです!

ルアンパバーンでのおすすめのショッピングスポット

メイン通りで毎晩開催されるナイトマーケット

夕方6時~夜10時まで毎日やっています。ラオスは大きな商業施設などはありませんが、ナイトマーケットに行けば、現地でしか購入することのできない工芸品や可愛い雑貨を見つけることができます!もちろんお土産だけでなく、新鮮なフルーツやスムージー、ローカルフードも味わうことができますよ!お値段も、日本の物価に比べると断然安いので、いろいろと買ってみてお土産に配るのもよいかと思います!

ルアンパバーンにて宿泊したホテル

ビューケムコーンホステル

今回は2人で宿泊し、2人部屋、シャワー付きのお部屋に泊まりました!ルアンパバーンは、古都の景観を守るため、茶色い建物が多く、こちらのホステルも茶色の伝統的な建物でした。内観も暖色系の柔らかい色味でまとめられていて、とても過ごしやすかったです。新しい建物ではないですが、清潔感があり、何よりお手頃な価格で宿泊できたのがよかったです!一つ注意点ですが、朝ごはんはついていないです。しかし、ホステルのすぐ近くに朝からやっているカフェがいくつもあったので朝カフェを楽しんでいました!

ルアンパバーン旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

現地についてから、メコン川のクルーズツアー・ゾウに乗ることのできるツアーに参加しました。どちらも、ルアンパバーンのメイン通りにあるツアー会社で申し込みました。ツアー会社の方は、ほとんどの方が英語を話せます。しかし、観光客慣れしていることもあってか、すぐにツアーを決め、代金を払わせようとしてくる場所もあります。メイン通りには、いくつかツアー代理店があり、値段も異なりますので、勧誘されてもきちんと比較してから決めることをお勧めします。

ルアンパバーン旅行に必要な持ち物

ツアーに参加する場合、参加するものにもよりますが、自然豊かな場所で楽しむアスレチックなどが多く、洋服が汚れたり濡れてしまう可能性があります。普段の街中散策では好きなお洋服で出かけ、ツアーに行く日は動きやすい服を着て、帰りの着替えを持っていくことをおすすめします!それから、虫よけスプレーもあったほうがいいです。私は、蚊に刺されまくりました…!

ルアンパバーン旅行での注意点

ルアンパバーン旅行での注意点
  1. 両替所での換金は、計算が合っているか絶対にチェックするべき!
  2. 寺院を訪れるときや托鉢をするときは肌の露出を避ける!
  3. 日本人が珍しいから?しつこく話しかけてくる男性には注意!

日本円1万円=約832,000キープ(ラオス通貨)になります。1万円両替しただけで、とんでもない札束が渡されます。私はきちんと計算せず、数千円分ぼったくられました…。また、仏教を重んじる国なので、肌の露出はできるだけ避けたほうがいいかと思います。最後に、日本人観光客はまだほかの東南アジアに比べると珍しいのか、声をかけてくるラオス人男性が多いので、注意しましょう!

まとめ

ラオスの古都、ルアンパバーンは日本人にはまだあまり馴染みのない場所かもしれませんが、実際に行ってみると何か引き付けられるものを感じます。現地のゆったりとした生活やラオス人の穏やかな性格が多くの観光客を魅了しているのではないかと思います。東南アジアといえばタイやベトナムが定番ですが、一度ラオスの古都-ルアンパバーンに足を運んでみるのはいかがでしょうか?

yuka旅行大好き会社員

投稿者の過去記事

海外・国内問わず、旅行が大好きな会社員です(*^^*)
海外は、大学在学中だけで13か国旅行しました!
旅行前に知っておくべきお得情報や、あまり日本人に馴染みのない旅行先の情報もお伝えしていきます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 幼児連れでも楽しめた!2歳児との海外旅行はグアムで正解!| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記子連れ海外に関しては2歳になってすぐハワイに行き惨敗。ロングフライトと時差がきつ…
  2. 魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー
    マラケシュ旅行体験記誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友…
  3. ペーザロ旅行体験記オペラ好きの両親の「行ってみたい!」の気持ちにこたえるべく向かったマルケ州、ペ…
  4. 初心者さんでもオッケー!フランス、ヴァル・トランスでスキー体験| トラベルダイアリー
    ヴァル・トランス旅行体験記海外でスキーをしてみたい!その想いを叶えるべく、春休みを利用して、フラ…
  5. ウビン旅行体験記シンガポールは人気の目的地ですが、ウビン島という名前は聞いたことがないのでは?実…
  6. スイスらしさがぎゅぎゅっと詰まった街、ベルンお散歩旅♪| トラベルダイアリー
    ベルン旅行体験記春休みを利用して祖母が若き日に祖父と旅した思い出の地、スイスの首都ベルンへ、祖母…
  7. メルボルン旅行体験記知人が留学中ということで誘われて行くことになったメルボルン。オシャレな街並み…
  8. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…
  9. ボツワナ・チョベ国立公園にて初めてのサファリ体験! 間近でゾウの水浴びを観察| トラベルダイアリー
    チョベ旅行体験記南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れました。チョベ国立公園では動物たちがのんびり…
  10. デルフト旅行体験記今回ご紹介するデルフトは、伝統的なオランダの街並みが楽しめる小さい古都です。青…

国内旅行おすすめ

  1. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  2. 時の鐘と蔵づくりの街 小江戸川越で食べ歩き| トラベルダイアリー
    川越旅行体験記時折テレビの特集で見かけていて一度行ってみたかったので。東京からも割とアクセスがよく…
  3. 夏の北海道・旭川で~アナと雪の女王&絵画の世界へ~_トラベルダイアリー
    旭川旅行体験記夏は北海道へ行くことが多い中、今回は旭川を巡ることにしました。旭川は美術館や動物園…
  4. 伊勢旅行体験記 名古屋から日帰り旅行で行ける場所を…と思い探していたら、お伊勢さんが…
  5. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…
  6. 箱根旅行体験記箱根は神奈川県南西に位置しており、関東方面から週末のリフレッシュに最適な場所です!…
  7. 青い海とスポーツ選手のキャンプ、宮崎の青島で素敵な時間を過ごせる♪| トラベルダイアリー
    青島旅行体験記宮崎へは仕事で2週間ほど滞在しました。青島と宮崎駅周辺ですが、休日は観光地的な場所…
  8. 兵庫「城崎温泉」の源泉で作る、最高の温泉たまごを。| トラベルダイアリー
    城崎旅行体験記本格的に寒くなる前に、城崎の温泉街で外湯巡りを楽しみたかったため、冬になるまえに旅…
  9. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  10. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP