女子一人旅 in カンボジア シェムリアップでアンコール遺跡巡り

シェムリアップ旅行体験記

ものすごく有名な観光遺跡、アンコールワットのある街シェムリアップ。まさにそのアンコールワット見たさに行ってきました。アンコールワット以外にもたくさんの遺跡があり、たっぷりとクメール文化に触れてきました。

シェムリアップ旅行について

おすすめのポイント
  1. アンコールワットをはじめ、魅力的な遺跡がたくさん
  2. 遺跡以外にもナイトマーケットや市場でショッピング
  3. 優しく穏やかな笑顔の地元の人たちがたくさん

アンコールワット以外にもたくさんの遺跡が点在していて見どころだらけです。1日では回り切れません。また、ナイトマーケットが開催されていたり、地元の人や観光客に人気の市場もあり、カンボジアらしいおみやげも揃っています。
だけど、なんといっても常に優しい笑顔で接してくれる地元の人たちがあたたかくて、幸せな気分になれます。

シェムリアップ旅行のおすすめのスポット

アンコールワット

まずはド定番のアンコールワット。ドライバー君から降ろしてもらいゲートに向かって歩いているとあの3本の塔(?)が見えてきて、その時点で大興奮です。敷地はとても広く、遺跡の中を登ったり下りたりするのでなかなかハードですが、壁面をかざる美しいレリーフをゆっくりと見ながら回っているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。建物は大きな正方形でほぼ左右対称なので何も考えずにぼーっとレリーフを眺めながら歩いているとどの方向にいるのかわからなくなってしまいます。

バイヨン


こちらは名前は聞きなれないけれど、なぜかよく見る風景なのです。なぜだろうと考えていたら、某クイズ番組とバラエティ番組のセットにそっくりなんです。
こちらはいくつもある塔のそれぞれに大きな仏様のお顔が掘ってあります。その大きさにびっくりするのですが、それぞれすべて優しい笑みを浮かべていて見ていると幸せな気分になります。こちらも正方形の左右対称の建物になっていてやはり美しいレリーフが壁一面に施されています。じっくり見るとちゃんとストーリーになっているんです。

バンテアイ・スレイ


少し郊外にある、赤茶けた色をした遺跡です。暑い日差しの中に燃えるような赤い建物がとても印象的です。郊外だからなのか観光客がほとんどだれもいません。ほぼ貸し切り状態でゆっくりとみることができました。壁のレリーフがびっくりするほど精密で美しく、それでいて風化も進んでいてなんだか切なくなりました。きちんと保存されることを願いながら眺めていました。
郊外にあるのですがこのあたりにもまだまだたくさん見どころがあるのでぜひ時間があれば訪れてほしいおススメスポットです。

シェムリアップでのおすすめグルメ

超ローカルフード、遺跡巡りの途中で食べたヌードル

ツアーじゃないので食事も決まっていません。ドライバー君に君が普段食べているものが食べられるお店に連れて行ってとお願いしたところ、こんなヌードルが出てきました。名前を聞いたのですが、聞き取れませんでした。コシのないやわらかい麺でしたが優しい味付けで暑い中でもモリモリ食べることができました。
ゲストハウスの周りも観光客向けのレストランばかりが立ち並んでいるため、こんなローカルフードを食べることができて大満足でした。(無事、おなかも壊さずに済んだし・・・)

シェムリアップでのおすすめのショッピングスポット

日用品からお土産まで何でも売っているオールドマーケット

ホテルなどが並ぶ市街地には大きな市場、オールドマーケットがあります。中は主に生活用品や食料品を扱う市民のためのエリア、外側には私たち観光客のためのお土産屋さんエリア。夜も営業しているので昼間は遺跡巡り、夜は市場でおみやげ探しととても便利です。
また、ナイトマーケットも開催されているのでこちらでもおみやげ探しに最適です。素敵なデザインのカンボジアシルクのスカーフがたくさん売っていて値切りながら何枚も買ってしまいました。

シェムリアップにて宿泊したホテル

心から癒されたVictory Guesthouse

事前にネットから予約をしていたとあるゲストハウスに空港までの送迎もお願いしていました。ちゃんと迎えに来てくれ、宿に到着し、オーナーからウエルカムドリンクをいただきながら言われた言葉は「オーバーブッキング」。すぐ近くのゲストハウスに頼んでおいたからそっちに泊まってとのこと。衝撃でしたが、お詫びに夕食をフリーにしてくれたりと、サービスをしてくれました。紹介されたホテルは、家族経営でアットホームでした。日本に興味のある若い娘さんがニコニコと接客してくれたことで私の傷ついた心(前話参照)は少し癒されました。

シェムリアップ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

シェムリアップまでの飛行機とゲストハウスは個人で手配しました。現地ではツアーには申し込まない代わりに、送迎してくれた若い男の子が、バイクで遺跡を巡るドライバーもしているということでお願いしました。ガイドをするわけではなく、各遺跡の入り口まで連れて行ってくれて私が出てくるまで外で待つ。そんなスタイルでしたが、ガイドブックを持っているので十分に堪能できました。結局泊まっていないのにいろいろと気にかけお世話をしてもらいました。

シェムリアップ旅行に必要な持ち物

日焼け対策が欠かせません。遺跡はほぼ屋外なので日焼け止めはもちろんのこと、帽子、長袖があったほうがいいです。
遺跡の周辺にある小さい露店でも買えますが、お水は必携です。1Lサイズのボトルがあっという間になくなるくらい暑い中を歩き回ります。

シェムリアップ旅行での注意点

シェムリアップ旅行での注意点
  1. とにかく熱いので熱中症に注意が必要です。
  2. 安すぎる宿にはエアコンがないことが多いです。
  3. 安すぎる宿はシャワーが水です。お湯は出ません。

治安はとても良いのであまり心配はいりません。
上でも書きましたが熱中症には気を付けましょう。こまめな水分補給が大切です。
実は、もう一軒別のゲストハウスにも泊まったのですが、あまりに安いその部屋は何とエアコンがありませんでした。夜になっても全然涼しくならないのに天井で大きなファンが回っているだけでした。また、他の旅行者の部屋は水シャワーのみだったそうです。

まとめ

世界的に有名な観光地なのはもちろんですが、とにかく人が温かくて優しくて癒されます。遺跡の外は市民の普通の生活があるのですがみんな微笑んでくれます。観光地の街なので夜出歩いても安全ですし本当に過ごしやすいです。
遺跡はとてもたくさんあちこちに点在しているので2-3日じゃ全部見回ることなんてできません。次に行く機会があればもっとたくさん滞在してゆっくりと遺跡を堪能したい、そしてあの優しい笑顔にまた会いに行きたいと思われてくれる街でした。

 

jamon

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. セムク・チャンペイ旅行体験記基本的にノープランだった中南米旅行。ガイドブックは持たずに、実際に行…
  2. ロンドン旅行体験記昔からハリーポッターが好きで、いつかロンドンに行ってみたいと思っていた夢が叶い…
  3. モナコ公国についてモナコ公国といえば世界各国の富裕に人気で、治安が良い国として知られていますよね!も…
  4. カンクン旅行体験記カンクンは、メキシコのラテン文化漂う陽気なエキゾチック感と、リゾートならではの…
  5. ポルト旅行体験記このポルトガル旅行でポルトの街に行こうと思った理由ですが、ソムリエの資格を取った…
  6. バルセロナ旅行体験記建築好きは必見のアントニ・ガウディの作品が街のあちらこちらにあるバルセロナ。…
  7. クアラルンプール 旅行体験記アジアな雰囲気と英国統治時代の歴史を感じられるクアラルンプール。…
  8. シェムリアップ旅行体験記今度の旅行は東南アジアに行きたいと何となく選んだカンボジア、シェムリアッ…
  9. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  10. 【アメリカ★テネシー州】年越し!1日中楽しめるガトリンバーグの旅| トラベルダイアリー
    ガトリンバーグ旅行体験記2019年の年末年始は、恋人が住んでいるテネシー州へ!その中でも家族連れ…

国内旅行おすすめ

  1. 静岡・山梨旅行体験記静岡県と山梨県と言えば、世界文化遺産である富士山と思い浮かびますね。…
  2. 車がなくても楽しめる那覇と瀬長島で過ごすリゾート時間| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記昨年の10月頃に行きましたが、気温が高く夏気分で夏服を着て過ごせたので、非日常感を…
  3. モザイクタイルミュージアム旅行体験記岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザ…
  4. 伊勢旅行体験記 名古屋から日帰り旅行で行ける場所を…と思い探していたら、お伊勢さんが…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  6. 石垣島旅行体験記日本の果てに行ってみたい…それが石垣島に行こうと思ったきっかけです。石垣島は沖縄…
  7. 白浜~串本・那智勝浦旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神~白浜を観光。次…
  8. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…
  9. 湯布院旅行体験記 「温泉入りに行きません?」残業続きでクタクタの金曜深夜に、ふと…
  10. 横浜旅行体験記ハワイで最もラグジュアリーな名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が、この度2…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP