初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ノースショア編~| トラベルダイアリー

初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ノースショア編~

ノースショア旅行体験記

結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めての海外旅行先として選んだのがハワイです。せっかくならレンタカーを借りて遠出もしようということになり、オアフ島の北部「ノースショア」まで行ってきました。賑やかなワイキキとはまた違う、ゆったりとした時間が流れるとても素敵な場所でした。子供も一緒に楽しめたノースショアの旅をご紹介します。

ノースショア旅行について

おすすめのポイント
  1. オールドハワイを感じられる。
  2. サーファーの聖地!ワイキキとは違う海が見られる。
  3. 静かに夕日を眺めるなら絶対ノースショア!

オアフ島の北部に位置し、ワイキキからは車で約1時間ほどの位置にあります。賑やかで活気あるワイキキとは対照的に、古き良きハワイの雰囲気が漂うノースショア。ビッグウェーブがやってくることでも有名で、サーファーの聖地とも言われています。ワイキキに比べ観光客も少なく、青い海・白い砂浜・風に揺れるヤシの木といった自然のままのビーチを堪能できます。
ノースショアでのおすすめは、ビーチから眺める夕日。ゆっくりと水平線に沈む夕日、そして夕日に照らされオレンジ色に染まる海はまさに絶景です。

ノースショア旅行のおすすめのスポット

ウミガメに会える♡ 「ラニアケアビーチ」

ウミガメに高い確率で会えることで有名なビーチです。事前の調べでは「99%の確率でウミガメに会える!」と書いてあったので、心弾ませビーチを訪れたのですが、待てど暮らせどウミガメは現れず…。私達は残念な1%になってしまいました(涙)。
運よくウミガメが現れた場合、ビーチを並んで歩く姿や、日光浴をする姿も見られるそうです。ビッグウェーブが来る冬よりも、比較的波が穏やかな春・夏の方が遭遇する確率は高いようなので、その時期に旅行をする方は訪れてみてはいかがでしょうか。

パイナップルのテーマパーク「ドール・プランテーション」


フルーツブランド「Dole」が経営する人気観光地。広大なパイナップル農園の中に、列車ツアー、ガーデンツアー、ガーデン迷路など、大人も子供も楽しめるアトラクションがあります。列車ツアーでは、広大な農園を20分ほどかけて周りながら、パイナップルの歴史や育て方などを聞くことができます。


場内にはフードカウンターもあり、せっかくなので人気のパイナップルソフトを食べることに。パイナップルの果肉もゴロゴロ入って美味しい~♪
お土産ショップには、パイナップル製品やDoleグッズもたくさんあります。とても広く、ここでしか買えないレアなお土産も多いので、何を買おうか迷ってしまいます。

大自然の中をドライブ

ノースショアへ行くにはバスやタクシーもありますが、せっかくならレンタカーを借りて自分達で行ってみるのもおすすめです。今回はホノルルからフリーウェイを経由して、オアフ島の中心を抜けていくルート。フリーウェイを降りればハワイの自然豊かな道が続きます。両側にパイナップル畑が広がる長い一本道を越えると、目の前に広がるのはノースショアの美しい海!窓を開けて清々しいハワイの風を感じながらのドライブは爽快です。

ノースショアでのおすすめグルメ

カラフルワゴンの人気店「MACKY’S」ガーリックシュリンプ


ノースショアグルメで有名なガーリックシュリンプ。今回は人気店の1つ「MACKY’S」に行ってきました。6種類あるメニューから、バターガーリックをチョイスしてみました。


出てきたのがこちら。ガーリックシュリンプに、ライス、サラダ、パイナップルも添えられています。こんがりと炒められたエビは皮までサクサク!大ぶりでプリプリのエビにはしっかりとガーリックバターのソースが絡められ、エビ好きにはたまらない美味しさです。添えられたライスにもエビの風味たっぷりのソースがかけられているので、これまた美味しい!
こちら以外にもガーリックシュリンプの有名店はいくつかあるようなので、食べ比べしてみるのも楽しそうです♪

カラフルなかき氷「マツモトシェイブアイス」

創業70年にもなる老舗のかき氷屋さん。地元紙のアワードを受賞し続ける有名店らしく、私達が訪れた時も行列ができていました。こだわりのシロップは40種類もあり、どの味にしようか迷います。私達がチョイスしたのはハワイらしいレインボーカラーのシロップ。フワフワのかき氷に、甘すぎず爽やかな味のシロップがよく合い、サラっと食べることができました。
店内ではTシャツやストラップなど、カラフルで可愛いオリジナルグッズも販売しているので、お土産にも良さそうです。

ノースショアでのおすすめのショッピングスポット

ノースショアマーケットプレイス

ハレイワにある「ノースショアマーケットプレイス」は、古き良きハワイを感じられる、人気のショッピングセンターです。ワイキキのような大型ショッピングモールはなく、木造の小さな店舗が並び、どこか懐かしい雰囲気が漂います。
アウトドアブランドで有名な「パタゴニア」では、ハレイワ店限定のTシャツやトートバッグが人気。子供用サイズも置いてあるので、私達も親子お揃いのTシャツを購入しました♪
他にも、リゾートファッションのお店や、ハワイ雑貨のお店、カフェもあり、のんびりと散策するだけでも楽しいです。

ノースショアにて利用したレンタカー

Hertzレンタカー

日本の旅行代理店経由で、現地のレンタカーを予約しました。予約から支払いまでは事前に日本で行うことができ、予約詳細の確認も日本語で確認できたのは便利でした。
1つ残念だったのがカーナビです。この会社に限ったことではないですが、性能の良い日本のカーナビに慣れている私達にとっては、日本語対応しているカーナビとは言え、海外のものは情報量も少なく、画面も見にくいものでした。スマホでGoogle mapなどのアプリを利用するのも良いかもしれません。

ノースショア旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

旅行代理店で、飛行機・ホテルだけのパッケージツアーを利用し、オプションで同じ旅行代理店の現地レンタカーを予約しました。全て同じ代理店を利用したため、予約確認や支払いなどをまとめてできたのは便利でした。

ノースショア旅行に必要な持ち物

レンタカーの部分でも記載しましたが、私達の場合カーナビが利用しづらかったので、スマホのアプリも併用しました。カーナビ代わりに使ったり、現地で色々と検索をしたりとスマホを利用する機会が多かったので、モバイルバッテリーやレンタルWi-Fiはとても重宝しました。

ノースショア旅行での注意点

ノースショア旅行での注意点
  1. 車は右側走行。安全運転で!
  2. チャイルドシート着用条件が日本と違う。
  3. 車上荒らしに注意!

・レンタカーを利用する場合、ハワイは日本とは逆の右側走行です。特に右折・左折時は反対車線に入ってしまわないよう慎重に運転しましょう。
・子連れ旅行の場合、チャイルドシートは身長・体重でシートの着用が細かく義務付けられています。また、チャイルドシートは必ず後部座席に装着する必要があります。事前に確認してシートのレンタルも忘れないようにしましょう。
・レンタカーを狙った車上荒らしが多いようです。スマホ、サングラス、お土産品の袋も狙われるそうですので、車から離れる時は持ち歩くかトランクに入れるようにしましょう。

まとめ

初めて訪れたノースショア。手付かずの自然が残ったビーチや、懐かし雰囲気が残る街並み。「こんなハワイもあったんだ!」と感じさせてくれる、とても素敵な場所でした。刺激が多いワイキキも楽しいけれど、ゆっくりとした時間が流れるノースショアも大好きになりました。息子にとっても「ドール・プランテーション」や、残念ながらウミガメに会えなかった「ラ二ケアビーチ」など、大きくなった今もしっかりと思い出として心に残っているようです。
たくさんの魅力が詰まったノースショア。ハワイを訪れるなら1日はノースショア観光に充ててみてはいかがでしょうか。

 

saranoahmama

投稿者の過去記事

若い頃から旅好きで、大好きで何度も訪れた沖縄に移住してしまいました。
今は母になり、2匹のワンコも飼っていますが、子連れ・ワンコ連れと、独身時代とはまた違った旅のスタイルを楽しんでいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. チェコの首都プラハ「市民会館(スメタナホール)」で音楽鑑賞ツアー | トラベルダイアリー
    プラハ市民会館 (スメタナホール)体験記音楽の都としても名高いチェコの首都、プラハでやりたかった…
  2. クラビ旅行体験記一度タイへ旅行した人なら、タイが大好きになりますよね。バンコクの街を巡ったら、次…
  3. ウラジオストク旅行体験記2019年令和最初の夏。たまたま読んだブログでウラジオストクが日本から近…
  4. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で洗練された街だ…
  5. 眠らない街タイ・バンコク〜朝から夜まで楽しめるおすすめスポット〜| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記一度足を踏み入れるとハマってしまい、何度も訪れるようになる人が多いというタイ。…
  6. インドネシア島旅行体験記インドネシア=バリ島やウブドなどのイメージがありますが、世界最多の島数が…
  7. サマルカンド旅行体験記私にとってイスラム圏のウズベキスタンは未知の世界でした。ビザはいるし(当時…
  8. 初サンフランシスコ・アルカトラズ島で恐怖に慄く…. 海と魚貝を楽しむ素敵な街*。| トラベルダイアリー
    初めてのサンフランシスコ旅サンフランシスコに行った日は、あいにくの雨のち曇りのお天気。たまに降り…
  9. フランスいちのビックスケール♡フォンテーヌブロー宮殿 旅行| トラベルダイアリー
    フォンテーヌブロー宮殿旅行体験記「フランスいち大きな宮殿」と聞いて以来ずっと行ってみたかった、フ…
  10. タスマニア旅行体験記オーストラリアへ住んでいた頃、たくさんの人にタスマニアを訪れることをおすすめ…

国内旅行おすすめ

  1. モザイクタイルミュージアム旅行体験記岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザ…
  2. 浜松・天竜日帰り旅行体験記以前から気になっていた、立須峰・白倉挟へ絶景を求めて行ってきました。登…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  4. Dlofre's Campus日帰り旅体験記休日にカフェを新規開拓するべく訪れた「Dlofre'…
  5. 四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ! | トラベルダイアリー
    四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ!癒しを求め、自然と温泉…
  6. 最強のパワースポット伊勢神宮へお参りする〜三重・伊勢旅行〜| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記今回1泊2日の旅行で、お伊勢さんへお参りしてきました。小学生以来の三重県・伊勢旅行…
  7. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  8. 名古屋旅行体験記新幹線でアクセス便利な名古屋!今回は日本で唯一のミュージアム、フライトオブドリー…
  9. 1泊2日をエキサイティングに楽しむには淡路島で決まり!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記淡路島は山の自然と海の自然の両方が楽しめる、観光には非常におすすめのスポットです…
  10. 夏の涼しい時期に美味しいご飯と美しい景色の街、函館で満足旅♪| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記函館も2週間ほど滞在しました。北海道はやはり大きいなあ。空気が綺麗だなあ。魚介類美…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP