さあ絵本の世界へ♪スウェーデンの首都ストックホルムで癒され女子旅| トラベルダイアリー

さあ絵本の世界へ♪スウェーデンの首都ストックホルムで癒され女子旅

ストックホルム旅行体験記

初めての海外旅行先に選んだのがスウェーデンでした。
スウェーデン北部に住んでいる友達に会うのが主な目的でしたが、その前にストックホルムを一人旅することにしたのです。
私の人生初、ドキドキワクワクの海外一人旅の思い出をお伝えします。

ストックホルム旅行はこんなに楽しい♪

おすすめのポイント
  1. 【旧市街・ガムラスタン】まるで絵本の世界♡かわいい街並みを散策
  2. 【ヴァーサ号博物館】17世紀の戦艦が目の前に!大航海時代のロマンを体感
  3. 【ストックホルム市庁舎】荘厳な美しさの中に、“知の祭典”の熱気を感じて

北欧・スウェーデンの首都、ストックホルム。海と川に囲まれ、たくさんの橋が架かり、石畳の道沿いには色とりどりの可愛らしい建物が並ぶ様子は、さながら絵本の世界です。私が訪れたのは、そんなストックホルムの中でも特に観光地として名高いスポット。美しい中世ヨーロッパへ連れていってくれる旧市街、17世紀のスウェーデン海軍の威信を今に伝える戦艦、名建築と名高い荘厳な市庁舎。洗練されたおしゃれな雰囲気の中に、どこかほっこり優しい空気が漂うこの街で、癒しの旅を楽しんできました♪

ストックホルム旅行のおすすめスポット

ガムラスタン

ストックホルム空港から高速バスで約30分。最初に訪れたのはスウェーデン観光の目玉スポット「ガムラスタン」です。
ストックホルムの旧市街にあたるガムラスタンは、中世の面影を今に残すとっても魅力的な街。
「魔女の宅急便」のモデルとしても有名で、時計塔のある「ストックホルム大聖堂」や「ドイツ教会」が街を飾っています。
細い石畳の道を抜けた先には「ノーベル博物館」に「ストックホルム宮殿」などの名所旧跡がめじろおし!
カラフルでかわいい建物を眺めながら散策したら、絵本の中に入ったようで心弾みました♪

ヴァーサ号博物館

続いては「ヴァーサ号博物館」へ。
1628年に沈没したヴァーサ号は、333年も海底で眠っていたにも関わらず、1961年に驚くほど良い状態で引き上げられました。
ほぼ原型通りに復元され、“現存する唯一の17世紀の戦艦”として世界中から訪れる観光客を迎えています。
豪華な装飾や人骨など、大航海時代のロマンに満ちた展示物はどれも必見です!
アクセスは「ストックホルム中央駅」からバスで約15分ですが、私はガムラスタンから1時間ほど歩きました。途中の街並みもとってもきれいでしたよ。

ストックホルム市庁舎

次にやってきたのは「ストックホルム市庁舎」です。
これが市庁舎?と目を疑うほど、美しく格式高い佇まい。湖を背景にレンガ造りの建物が悠然とそびえています。
こちらでは専門ガイドが案内する見学ツアーに参加しました。ノーベル賞晩餐会の会場となる「青の間」や舞踏会が開催される「黄金の間」は豪華絢爛かつ荘厳。流れる空気が別格です。
ちなみに、見学ツアーの時間や料金はシーズンごとに異なります。
また、絶景ポイントとして有名な市庁舎の塔は冬季閉鎖です。塔を見学したい方は、6~8月が◎

ストックホルムでいただく、春を告げる国民的スイーツ❀

セムラ

私がスウェーデンを訪れたのは1月の末。ちょうどその季節にスウェーデンで多く食べられるスイーツがあります。
その名も「セムラ」。生クリームたっぷりのシュークリームのようなお菓子です。とっても甘いのですが、ほんのりスパイスが効いていて大人もおいしくいただけます。
長かった冬がもうすぐ終わる頃、イースターの前にセムラを食べるのがスウェーデンの昔ながらの風習です。春を呼ぶスイーツとして愛されていて、喫茶店はもちろん、街中のコンビニやスーパーでも売られています。ぜひ食べてみてください♪

ストックホルムの「市」で心躍るお買い物☆

ヒョートリエット広場

ストックホルムでは、ガムラスタン・ヴァーサ号博物館・市庁舎はじめ、かわいいお土産を買えるお店ばかりです。
そこで!ここではお土産屋さんではなく、とても心躍った「市」をご紹介します。
ストックホルム中心部の中でも繁華街にあたるセルゲルガータン通り。その通り沿いにある「ヒョートリエット広場」では蚤の市が開催されています。日本ではめったにお目にかかれない食材や軽食がズラリと並び、見ているだけで楽しい!
ときにはオシャレな北欧食器や衣類がお値打ちで手に入ることも。おすすめです。

ストックホルムはホテルステイもオシャレに可愛く♡

デン ジュルダ ブアテン

14の島々からなる海上の街・ストックホルムには、海に浮かぶ“舟のホテル”がたくさんあります。
「デン ジュルダ ブアテン」もその一つ。赤くて丸くて小さくて、可愛らしさ満天!見た目はこじんまりしていますが、オシャレなバーやレストラン、シャワールームが完備され、Wi-Fiやコンセントもあります。私はチェックイン後にレストラン街へ出ましたが、ホテル内で夕食・朝食をいただくことも可能です(宿泊費とは別料金)。
海の上ですが揺れもなく、波の音を聞きながら眠る快適なホテルステイでした☆

ストックホルム旅行は自由気ままに♪

個人手配

「自由気まま、気の向くまま」が好きなので、個人手配にしました。
スウェーデンは「クレジットカード・インターネット決済」社会です。そのため、バスのチケットなどは日本にいるうちに事前予約しておきました。予約時に登録したメールアドレスに届くQRコードをピッとして乗るんです!はじめは緊張しました…。
どの通りも街並みが似通っていて、私は何度か迷子になりましたが、それも楽しめるほどステキな街です。
治安が良く交通網も東京並なので、Googleマップを見ずに歩き回っても問題なしでした。

ストックホルム旅行の必需品はこの3点!

①防寒具
私は1月に訪れたので防寒具は必須でした。ヒートテックの下着にタイツ、その上から長袖長ズボン。靴下は2枚履きにしました。ただ、2019年は記録的な雪の少なさで、靴はブーツでなくてもOKでした。
②クレジットカード
スウェーデンでは、たいていの支払いをクレジットカードで済ませることができます。現金でも支払えますが、クレカなら両替の手間が省けます。
③スマホ
連絡手段や地図機能だけでなく、バスや電車に乗る際にスマホアプリが必要になる場合があります。

ストックホルム旅行でゼッタイ注意してほしいポイント

ストックホルム旅行での注意点
  1. 8時間の時差
  2. 長時間フライト
  3. 乗り換え時間

日本とスウェーデンの時差は8時間と大きいため、時差ボケする方は要注意です。
また、本やアイマスクを用意しておくと12時間に及ぶフライトを快適に過ごせます。
最重要なのが「乗り換え時間」。私は乗り換えの場所で、パスボートの読み込みに手間取っている日本人の団体に巻き込まれ、危うく飛行機を逃すところでした。余裕を持った乗り換え時間を!

まとめ

北欧・スウェーデンの首都、ストックホルム。ちょっぴり遠くてドタバタもあった旅でしたが、物語の中にいるようなドキドキとワクワクがいっぱいでした。優しいファンタジーの世界へとつながっているようなこの街を訪れたなら、きっとあなたもほんわか暖かい気持ちに包まれるはず。街全体に癒されるストックホルムの旅へ、あなたも出かけてみませんか?

おり子

投稿者の過去記事

元バスガイド・添乗員・リゾートバイター。「楽しいことを楽しみたい」をモットーに、“楽しい”を共有できる旅行記事を執筆しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 友人に会いにサンフランシスコへ・・・観光客より観光しました②| トラベルダイアリー
    サンフランシスコ郊外旅行体験記①に引き続きサンフランシスコの紹介をさせて頂きます。①ではサンフラ…
  2. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  3. チュニス近郊・遺跡の街カルタゴとシディブサイドへ| トラベルダイアリー
    カルタゴ旅行体験記カルタゴは首都チュニスから車で30分ほどの距離にある遺跡の街です。紀元前 10…
  4. パリ旅行体験記「フランス行ったことない」「なんとっ!」…ということで、私は7度目、旦那は人生…
  5. フェズブー・ジュルード門 | トラベルダイアリー
    モロッコ【フェズ】旅行体験記モロッコ北部に位置する【フェズ】ですが、ここではフェズブルーが用いら…
  6. 台湾をもっともっと楽しむ!ローカル台中旅行| トラベルダイアリー
    台中旅行体験記人気の海外旅行先である、台湾。せっかく遊びに行くのなら、メジャーな台北や台南だけでな…
  7. ロンドン
    ロンドン旅行体験記英語を勉強するにあたって、一番行きたかったのがイギリス。英語発祥の地でしっかり…
  8. トロント旅行体験記カナダ最大の都市のトロントは、移民が多いので各国の本格料理が楽しめたり、アート…
  9. ローマ旅行体験記10代の時に初めてローマ旅行をして以来、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった私…
  10. 優雅な建築やカフェにうっとり♪伝統感じる中欧ウィーンを街歩き| トラベルダイアリー
    ウィーン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…

国内旅行おすすめ

  1. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…
  2. 【東洋のガラパゴス】美しい海に囲まれた奄美で絶対外せないスポット| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記 九州南方にある奄美大島は、別名「東洋のガラパゴス」ともいいます。…
  3. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  4. お城から映えスポットまで。今行きたい〜愛知・犬山〜| トラベルダイアリー
    犬山旅行体験記以前もご紹介した名古屋。東京、大阪からすぐに行ける場所にありますが、今回は、そんな…
  5. 石垣島旅行体験記日本の果てに行ってみたい…それが石垣島に行こうと思ったきっかけです。石垣島は沖縄…
  6. 鳥取旅行体験記夫が「鳥取に行こう」と言い出したのは新婚一年目のことでした。てっきり目的地は砂丘か…
  7. 大人女子旅に最適‼【1人旅でも楽しめる】広島のおすすめスポット| トラベルダイアリー
    広島旅行体験記美しい瀬戸内海に魅力たっぷり広島グルメ・・・旅行雑誌で特集されていた「広島」に…
  8. 【一人旅】日本屈指のリゾート地・箱根で4泊5日の美術館めぐり| トラベルダイアリー
    箱根町旅行体験記シルバーウィークをのんびり過ごすリゾート地として、箱根を選びました。ご存知のとお…
  9. 自然と歴史に触れながら、美味しいものを満喫!黒豆発祥の地「丹波篠山」| トラベルダイアリー
    丹波篠山旅行体験記兵庫県の中東部に位置し、京都や大阪からのアクセスもよく、日帰りでも行くことがで…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP