まるでファンタジーの世界のよう スコットランドの都エディンバラ| トラベルダイアリー

まるでファンタジーの世界のよう スコットランドの都エディンバラ

エディンバラ旅行体験記

隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ました。スコットランドの首都であり、歴史ある都エディンバラは、あの人気ファンタジー小説のモデルと言われている通り、どこか秘密めいた感じがする街です。

エディンバラ旅行について

おすすめのポイント
  1. イングランドとは異なる文化を感じる事ができる
  2. 暖かくて質の良いウール製品が豊富にある
  3. ウイスキーの種類が豊富でお酒好きはたまらない

エディンバラでは至る所にスコットランドの旗が掲げられています。ベタですが、キルトスカートをはいた男性や、バグパイプの街頭演奏を見たり、なまりの強い英語を聞くと”違う国”であること感じます。そして、寒い所であるので、ウールの製品が多く売られており、おしゃれなものも多く見られました。また、お酒好きな人にはスコッチウィスキ―は外せないでしょう!何気なく入ったパブでも、多くの銘柄のウィスキーが取り揃えられています。

エディンバラ旅行のおすすめのスポット

エディンバラ城

エディンバラのシンボルであり、街を見下ろす高台に築かれたお城は、市街地に到着すると真っ先に目に入ります。要塞としての機能もあった為、優雅さよりは厳つさが際立ちます。私はこのお城を見て、あ~エディンバラにきたと実感しました。とても人気があり、チケットを買うのに30分ほど並びました。内部はその歴史が分かるよう展示がされています。ここからのエディンバラの街の見晴らしは最高です。ちなみに毎日1時になると大砲が放たれるそうですが、聞きそびれてしまいました。

オールドタウン

エディンバラの中心部は19世紀に造られたニュータウンと、それ以前からのオールド
タウンに分かれています。綺麗に区画整理されたニュータウンに比べ、斜面にせめぎあ
うように建物が建つオールドタウンは中世の雰囲気が漂います。エディンバラ城や目抜き通りのロイヤル・マイルもオールドタウン側にあります。中世にはあまりに人口が増えすぎて地下にも住宅が作られていたそうで、地下都市を巡るツアーもあるそうです。

スコッチウイスキー博物館

スコットランドといえばスコッチウイスキーが有名です。スコットランドには見学ができる蒸留所も随所にあるようですが、時間がない場合は、ここに行くことをおすすめします。場所はエディンバラ城手前のロイヤル・マイルの観光しやすい所にあります。ディズニーのアトラクションのようなゴンドラに乗り、スコッチウイスキーの歴史や作り方を見て、最後は試飲ができ、色々な銘柄のウィスキーを購入する事ができます。ちなみに日本語のオーディオ解説があり分かりやすかったです。

エディンバラでのおすすめグルメ

意外とおいしい! ハギス

スコットランドの伝統食「ハギス」(写真一番上左の茶色のもの)。羊の内臓をミンチして、オートミール、玉ねぎ、スパイスと羊の胃袋に詰めて茹でる料理です。内臓系はかなり苦手ですが、せっかくの名物だしと思い恐る恐る食べた所、意外と難なく食べられました。(お店の味付けが濃いめだったのが、よかったのかもしれませんが…。)その他、オィンクという店の豚肉サンドも美味でした。イギリスは食事がイマイチとよく聞きますが、そんなことはない、と思った次第です。(でも、大味のものが多いかも?)

エディンバラでのおすすめのショッピングスポット

ロイヤル・マイルのウールショップ

ロイヤル・マイルには多くのお土産屋が立ち並んでいますが、中でも多いのがウールやカシミア製品を扱うお店です。店先には所狭しとタータンチェックのマフラー、ストールが並べており、タータンチェックってこんなに種類があるのかと驚きます。伝統衣装のキルトスカートも多く見られました。私はジョンストンやロキャロンのストールを、日本で買う半額で買う事ができました。

エディンバラにて宿泊したホテル

オールドウェイバリーホテル

ウェイバリー駅、空港行きバス停に近い中級のホテルです。ニュータウン側にあり、建物は雰囲気のある古い建物で、部屋もヨーロッパ調でレトロな感じでしたが、設備は整っています。窓ガラスが潜水艦のように丸くユニークで、エディンバラ城を眺める事ができました。夜遅く朝早かったので滞在時間は短かったのですが、観光には便利な場所でした。

エディンバラ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

アイルランドも回る周遊旅行だったので、個人手配しました。飛行機はヘルシンキ、エディンバラ間の季節臨時便があった為、地元空港から便のあるフィンエアを選びました。ダブリンからエディンバラへはエアリンガスをネットから予約し、1時間ほどで飛ぶ事ができました。早期予約で、かなりお安く買えましたが、荷物の大きさによって値段が変わります。ホテルは会社の福利厚生割引が効いたアップルワールドから予約しました。

エディンバラ旅行に必要な持ち物

エディンバラは、かなり北に位置するので冷えます。私は9月半ばに行きましたが、日本の晩秋のような気候で、海も近いので風が冷たく、ユニクロの折りたためるダウンが活躍しました。夏でもジャケットを持っていくのが良いと思います。あと、基本的に曇天が多く、雨も降りやすいので、フード付きの物が便利です。もちろん、現地にウールマフラーやストールが豊富に売っているので、購入するのもおすすめです。

エディンバラ旅行での注意点

エディンバラ旅行での注意点
  1. ユーロは使えず独自の紙幣が流通している。両替時に注意。
  2. オールドタウンは坂が多い。歩きやすい靴が必要。
  3. 水道水は硬水で飲みにくい。ミネラルウォーター必要。

イギリスなのでユーロは使えませんが、スコットランドではスターリング・ポンドという独自の紙幣が発行されています。日本で両替はできないので、現地で使い切る必要があります。また、観光スポットが点在するオールドタウンは坂道と石畳の道が多いので歩きやすい

まとめ

イギリスはどこも重厚な建物が多いですが、エディンバラは特に重厚で歴史の重みを感
じる建物が多く、本当に魔法使いがひょこっと出てきそうな雰囲気の街です。今回はいけませんでしたが、ホリールードハウス宮殿やカールトンヒルなど見所も多く、もう少し足を延ばせば、ネス湖などハイランド地方の雄大な自然も見る事ができます。ロンドンから遠いからか、日本人観光客はほとんど見なかったですが、もっと知ってほしい魅力的な街でした。

takanabe

takanabe

投稿者の過去記事

小心者で語学力もないですが、外国の色々な文化に興味があります。何回か海外旅行に行く内に、こんな自分でも、なんとか旅できると分かってきました。早くコロナが収束して、旅に出られる日を楽しみにしています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 人生に一度じゃ勿体ない!もう一度行きたくなるニューヨークの街| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記「一度は行ってみたい!」と旅だった先は、大都市ニューヨーク。一度行けば満足…
  2. お気軽ハイキング♡スイス、スネガ・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    スネガ・パラダイス旅行体験記マッターホルンのお膝元、スイス・ツェルマットにある「スネガ・パラダイ…
  3. 眠らない街タイ・バンコク〜朝から夜まで楽しめるおすすめスポット〜| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記一度足を踏み入れるとハマってしまい、何度も訪れるようになる人が多いというタイ。…
  4. ロサンゼルス旅行体験記アメリカは昔から行ってみたかった国のひとつ。夢のつまった国でした。私た…
  5. ハノイ旅行体験記初めての一人旅、最初の地はベトナム、ハノイでした。一人旅のスタートはハラハラドキ…
  6. ラヴェンナ旅行体験記イタリア人のインスタで見た、美しいモザイク画の風景。ずっと気になっていたイタ…
  7. クアラルンプール 旅行体験記アジアな雰囲気と英国統治時代の歴史を感じられるクアラルンプール。…
  8. ゴットランド旅行体験記ジブリ映画「魔女の宅急便のキキが住んでいたモデルの家がある」と数年前に聞き…
  9. 「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ| トラベルダイアリー
    アントワープ旅行体験記ベルギー北東部の街・アントワープ。名作「フランダースの犬」の舞台ということ…
  10. ハワイ旅行体験記今回は、ハワイ旅行体験記「親子で行くハワイ 食べて飛んで楽しむ “オアフ” 母娘…

国内旅行おすすめ

  1. 鳥取旅行体験記夫が「鳥取に行こう」と言い出したのは新婚一年目のことでした。てっきり目的地は砂丘か…
  2. 名古屋旅行体験記愛・地球博が行われた際の公園に2022年にジブリパークが開園します。今はトト…
  3. 静岡 掛川花鳥園 可愛い鳥たち大集合♡~癒しの楽園へようこそ~| トラベルダイアリー
    掛川花鳥園体験記静岡の掛川花鳥園へ鳥と戯れに行ってきました。実際に鳥たちに触れながら観察が出来た…
  4. 直島旅行体験記 美術館やアート作品が数多くある直島で”映える”写真を撮りたい!と思い…
  5. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  7. 兵庫「城崎温泉」の源泉で作る、最高の温泉たまごを。| トラベルダイアリー
    城崎旅行体験記本格的に寒くなる前に、城崎の温泉街で外湯巡りを楽しみたかったため、冬になるまえに旅…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  9. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ浅草の旅| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記「東京ソラマチ」で開催していた「こいのぼりフェスティバル」が気になっていて、ちょう…

最新記事

  1. 脱日常!ヒマラヤ山脈の絶景広がるポカラでリフレッシュ| トラベルダイアリー
    ポカラ旅行体験記毎日仕事に疲れ果てていた時。3連休に2日有給を足して5日間の休みが取れそうで、の…
  2. ヴィース教会&お城観光に便利!ロマンティック街道の町フュッセン| トラベルダイアリー
    フュッセン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  3. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原旅行体験記一年振りのスキー旅行。コロナの影響でスキー場の営業を縮小していたり、ホテルでのキッ…
  4. タイ・バンコクで遺跡寺院巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記東南アジアへの渡航歴があまりなかったので行って見ました。ベトナムやカンボジアと…
  5. 年末年始のニューヨークにて、タイムズスクエアのカウントダウン| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記憧れのホリデーシーズンのニューヨーク。年末年始ともあり飛行機代14万、ホテ…
  6. 美味しいものがいっぱい!歴史と自然も満喫できる兵庫の穴場「赤穂」| トラベルダイアリー
    赤穂市旅行体験記兵庫県の南西部、岡山県との県境にある「赤穂」。” 忠臣蔵 ”や” 赤穂の塩 ”で…
  7. ガーデンアイランド カウアイ島のワイルドな自然に触れる| トラベルダイアリー
    ハワイ・カウアイ島 旅行体験記オアフ島とハワイ島へ行き、まだまだハワイ諸島の色々な顔を知りたい!…
  8. エッサウィラ旅行体験記モロッコといえば、一般的には砂漠やラクダのイメージですよね。今回は、パリに…
  9. 買い物だけじゃない!色んな顔を持つ街バンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記友人が留学していた事があり、バンクーバー良いよと聞いていたのでずっと行って…
  10. ちゅらさんの舞台!どこまでも素朴な島 小浜島| トラベルダイアリー
    小浜島旅行体験記とにかく島好きなので、沖縄の離島を制覇したい!綺麗な海を目の前にしてただのんびりす…

Archive



PAGE TOP