世界遺産!イタリア・ランゲ地方で美味しいワインを探す旅

ランゲ地方旅行体験記

北イタリア・ピエモンテ州のランゲ地方は、イタリアきっての高級ワインの産地。友人の結婚祝いに、生まれ年のワインをプレゼントするべく、旅行してきましたので、その模様をご紹介します♪

ランゲ地方旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界遺産に選ばれたブドウ畑の景観を堪能できる点
  2. イタリア人とワインとの深い繋がりを感じることが出来る点
  3. 実はワインが飲めなくてもお楽しみポイントがたくさんある点

ランゲ地方は2014年に「ピエモンテのブドウ畑の景観 : ランゲ=ロエーロとモンフェッラート」として世界遺産登録を果たしました。コロッセオ!ドゥオモ!といった、イタリアを代表する世界遺産に比べるとなんだかインパクトが弱め!?いえいえ、行けばその美しい景観に感動すること間違いありません。現地での出会いを通じて、イタリア人とワインとの深い繋がりも感じられることでしょう。私のように、ワインに全く詳しくない方、ワインを一滴も飲めない方でも十分楽しめる点も魅力です。

ランゲ地方旅行のおすすめのスポット

Castello di Grinzane Cavour

グリンツァーネ・カヴール城(カステッロ・ディ・グリンツァーネ・カヴール)はイタリアをワイン王国にした立役者「カミッロ・カヴール氏」のお屋敷です。館内は7ユーロで見学可能。ワインが豊富に取り揃えられたお土産店や、ミシュランの星付きレストランなどもあるので、イタリア語や英語があまりわからない方や時間のない方は、そちらだけ立ち寄り利用するのも良いでしょう。個人的には外から眺める雄大なワイン畑の風景が一押し。特に初夏から秋頃は、どこを写真に収めても絵になります。

Castello di Barolo(カステッロ・ディ・バローロ)

イタリアの超一級ワインがつくられる、絶好の気候条件に恵まれた土地バローロ。ここにあるバローロ城も、風光明媚な休憩スポットとしてオススメです。こちらも中は、バローロワインミュージアム(ムゼオ・デル・ヴィーノ・デル・バローロ /Museo del Vino a Barolo)になっているのですが…ワインから醸し出される大人の余韻、重厚感とは裏腹な、ポップでシュールな展示が印象的な博物館となっております(笑)。お値段9ユーロ。爆笑必至なので、気になる方は是非入ってみてください!

Castello di Serralunga d’Alba

セッラルンガ・ダルバ城(カステッロ・ディ・セッラルンガ・ダルバ)は赤茶色な外観や、ごつごつとした形が、グリンツァーネ・カヴール城にかなり似ているのですが、車で約15分ほど離れたところにある別のお城です。6ユーロで見学もできますが、既出の2つのお城に比べると、観光客向けの要素はやや少なめ。ただ、その分眺望がとても見事です。車を降りて深呼吸したら全身の毒素が一気に抜けるハズ!特に日の入りの頃が最高に綺麗ですのでタイミングが合えば是非夕方に立ち寄ってみてください。

ランゲ地方でのおすすめグルメ

グリッシーニ

ピエモンテ州のご当地パン…というより、スナック菓子のようなグリッシーニ(Grissini)。プレッツェル風スティック(お菓子の”ヤンヤンつけボー”を大きくしたような見た目)で、イタリア人たちは頼んだ料理が出されるまでの間、ワイン片手にこのグリッシーニをぽりぽりかじります。スーパーなどでも簡単に手に入りますが、パン屋さんで売られる手作りのものは、小麦が香ってさらに美味!車中でも楽しめる一品ですので、是非見つけたら買ってみてください。

ランゲ地方でのおすすめのショッピングスポット

Fondazione Mirafiore

フォンダンツィオーネ・ミラフィオーレは、フォンタナフレッダ(Fontanafredda)というイタリアの名門ワイン生産者一族の手がける施設。入口に大きく掲げられた「Fontanafredda」の看板を抜けると、敷地内にはワイン畑、レストラン、土産物店、ホテルなどがずらり並んでいます。土産物店は、日本でもおなじみの食材店「イータリー(Eataly)」がプロデュースしており、旅行者でも気軽にあれこれ手に取って、お気に入りの1本を買うことが出来るのでオススメです。

ランゲ地方にて宿泊したホテル

Starhotels Majestic

私たちは、車をピエモンテ州の州都にあるトリノ空港で借りていた為、返却した後、トリノ空港からシャトルバスで市内に向かい、停留所のあるポルタヌォーヴァ駅の前のスターホテルズ・マジェスティックに宿泊しました。幸か不幸か皆、下戸だった為、トリノ市内の観光を満喫できるよう、トリノ泊を決めたのですが、ワインがお好きな方でしたら、ランゲ地方にあるホテルに泊まって、ゆっくりワインと自然の風景に酔いしれるのも良いと思います。

ランゲ地方旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちはイタリアでの車の運転経験があった為、個人旅行にしました。ランゲ地方の道は、起伏は激しいものの、ほとんどが綺麗に整備された一般道。道幅も広く、ひたすら田舎道で、歩行者もほとんどいないので、左側運転・右側通行の運転に慣れている方であれば、おそらく問題ないかと思います。逆に少しでも不安がある方は、ツアーでの旅行がオススメです。

ランゲ地方旅行に必要な持ち物

「国際運転免許証(マニュアル免許)」
現地でレンタカー旅行を計画されている方は、念のため当日運転予定のない方も、出来るだけ日本で国際免許証を取得してから行きましょう。ドライバーに何かあった時、運転が代われる人が1人でも多くいた方が安心な為です。その際、マニュアル免許を持っている方だと◎。イタリアではオートマ車はほとんど出回っていない為です。

ランゲ地方旅行での注意点

ランゲ地方旅行での注意点
  1. ドライバーは飲むべからず。イタリアでも飲酒運転は犯罪です
  2. イタリアでの飲酒は18歳になってから。未成年の方はご留意ください
  3. オートマ車をレンタルしたい場合は早めに手続きをしましょう

日本よりもだいぶ甘い!?ものの、イタリアでも飲酒運転は犯罪です。また、現地では18歳以上であれば飲酒することが出来ますが、未成年の方はお酒に慣れていないと思いますので、保護者の方とご相談の上、適切な行動をとってください。また、イタリア人は基本的にマニュアル車に乗っています。「オートマ車に乗りたい!」という方は、他店からの取り寄せになったり、専門店を事前に探す必要があるため、早めに準備をしましょう。

まとめ

私たちは、フォンダンツィオーネ・ミラフィオーレ社で友人へのプレゼントを無事ゲット。日本でお値段を(こっそり)見てみたら、私たちが買った値段の1.5倍ほどしました。お酒をたくさんたしなむ方は、お土産が入るよう、大きなスーツケースで行った方が良いかもしれませんね!もちろん、私たちのようにほとんどお酒が飲めなくても、雄大な世界遺産の景色を見て、美味しいご当地料理を食べたりするだけでも最高にリラックスできます。是非思い思いの楽しみ方でランゲ地方を巡ってみてください。

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. スタイリッシュなデザインが溢れるヘルシンキとタリン日帰り旅行| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 お隣ロシアのサンクトからたったの2時間で着けるなら、ついでに行…
  2. 友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー
    ゴム旅行体験記イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行き…
  3. 西の果ての街 遥かなる憧れのリスボンと近郊の名所巡り| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記隅っこの国になぜか惹かれる習性があり、日本から見て最果ての地、ポルトガルにいつ…
  4. サハリン
    ユジノサハリンスク旅行体験記樺太(サハリン)という、現在でも帰属が決まっておらず、日本に最も近い…
  5. シンガポール旅行体験記華やかな金融街、憧れのマリーナベイサンズホテル、高級ホテルでのアフタヌーン…
  6. カンクン旅行体験記カンクンは、メキシコのラテン文化漂う陽気なエキゾチック感と、リゾートならではの…
  7. ポルト旅行体験記このポルトガル旅行でポルトの街に行こうと思った理由ですが、ソムリエの資格を取った…
  8. 花蓮旅行体験記花蓮に行こうと思ったのは、職場の先輩からおすすめされたのがきっかけです。これまで台…
  9. モロッコ 赤い街‣マラケシュの旧市街を散策| トラベルダイアリー
    マラケシュ・メディナ旅行体験記今回はマラケシュのメディナにある観光スポットを巡りました。こちらの…
  10. ラップランドのリゾート地サーリセルカで雪遊びを楽しみつくす!| トラベルダイアリー
    サーリセルカ旅行体験記サーリセルカはラップランドと呼ばれ、フィンランド北部地方の中でも最も北に位…

国内旅行おすすめ

  1. ~美瑛の青い池&パワースポット&花めぐり~北海道での夏休み!| トラベルダイアリー
    美瑛旅行体験記夏の北海道なら美瑛の花畑が見たい!と思い1泊2日で美瑛に行くことになりました。花畑…
  2. 国営ひたち海浜公園で青の絶景を楽しむ旅~in 茨城・ひたちなか~| トラベルダイアリー
    ひたちなか旅行体験記ネモフィラとチューリップどちらも観賞できる日に「国営ひたち海浜公園」へ行って…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  4. 横浜旅行体験記ハワイで最もラグジュアリーな名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が、この度2…
  5. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  6. 夏の涼しい時期に美味しいご飯と美しい景色の街、函館で満足旅♪| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記函館も2週間ほど滞在しました。北海道はやはり大きいなあ。空気が綺麗だなあ。魚介類美…
  7. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  8. 小豆島で暮らすような旅!豊かな食材と穏やかな自然に癒された| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記リモートワークしながら香川県小豆島の古民家に10日間滞在しました!仕事の始まりと…
  9. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  10. 高知市・いの町旅行体験記日頃の疲れを癒したい、のんびりしてリフレッシュしたい!そんな時には、高知…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP